北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2012年03月31日 (土) | 編集 |
昨日から風のうなる音が響いているせたな町。
昨日より波は少しだけ穏やかになりましたが、それでも波はあります。
サケ・マス規制区の河川規制解除は今日いっぱいまで、
明日の4月1日からは規制が掛かります。
今週になってかけ込み・最期を惜しむかのように、
河口にはルアーマン達が立ち並んでいましたが、
さすがの昨日・今日は波が死んでいる場所に集結して竿を振っていました。
釣果はどうだったのかは分かりませんが、
明日からは河口規制により毎日見ていた、
河口近くのサーフや磯場で竿を振るルアーマンの姿が見られないのも、
ちょっと寂しく思えます。

嫁の話では、
『最後だと思ったんだろうね、
雪が吹いているなかでも、あっちこっち走り回っていたようだよ。
何台もそういう車とすれ違った。』
「なんで分かった?」
『だってルアーマンって恰好で運転していたから。』
だそうです。
TVニュースでは「列島各地に春の嵐」だとアナウンサーが言っています。
その春の嵐の中、最後の最後までチャンスを狙ってチャレンジするルアーマン、
とても真似が出来ません。
ヘタレの俺、そんな状況だったら、寒さに震えてすぐにウチに逃げ帰って、
ストーブの前で猫の様に丸くなって寝ていることでしょう。

明日は俺も休みとなりましたが、
とても釣りが出来るような天気ではないので、
久しぶりにゆっくり寝て、起きたら下娘と遊んでもらおうと考えています。
嫁は一日いっぱい仕事だから、下娘とデートするのも有りかも、
なんだか嬉しくなってきちゃいましたが、懐がさびしいのが難点かも・・・
ガソリンも高騰しているし、黙ってウチに居れってことなんでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月30日 (金) | 編集 |
近所の友達(同級生)の家でタコ焼きパーティーをしてきた下娘、
久しぶりに我が家へ帰還した。
俺が起きている時間内に帰って来たんですが、
「おっ! ソバージュかけたのか?」
「お父さん、それって古いよ。 いつの時代の話している?
今はデジタルパーマ(形状記憶パーマ)って言うんだよ。」
「お母さんも昔、ソバージュかけていたんだぞ。」
「お母さんの今の髪の毛、天然パーマで十分にうねっているんだけど。
必要ないんじゃない? パーマ。」
「当時流行りだったんだ。」
「へぇ~、似合っていた?」
などと、会話を楽しんでいます。

娘の話では、今は色んな種類のパーマがあって、
髪の毛にあまり負担を掛けないのがデジタルパーマだそうです。
もともと地毛が明るい茶色の髪の毛の下娘、
そこに柔らかいウエーブをかけたパーマをかけたので、
「春らしくふんわり軽やかにしたかったんだね。」
本人はそう言います。
俺としては、下娘には直毛の髪の毛が似合うと思うんですが、
若い内に楽しむのも有りだとも思うんです。
でも、小憎たらしい事に、
「お父さん、パーマかけたくてもかけれないよね、
その頭じゃ~、すごく残念よね、キャハハハ。」
俺の頭をチロリと見やがります。
誰に似たのか、その口の悪さ・・・あ~ぁ~。

嫁との会話は味気ないモノですが、それに娘が加わるだけで、
なんと華やくものなんでしょう。
明日から仕事から帰ってきたら何を話そうかな?
などと考えると、ちょっとだけワクワクする俺、
やっぱり娘達Loveなんだと実感。
学校が始まるまでの春休み、しばらく下娘が遊んでくれそうなので、
俺も思う存分楽しみたいと考えています。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月29日 (木) | 編集 |
数日前、地元の魚の移動販売車から、
「ホッケ・カレイあるよ」
とスピカ―からおっちゃんのしわがれた声が聞こえてきました。
知り合いのおっちゃんの声だと分かったので、
外に出ておっちゃんの車を止め、
おっちゃんも俺が客じゃないと分かりながらも話し相手になってくれました。
ありがとう、おっちゃん!

仕入れ先を聞いてみると、
「沖で獲れたホッケとカレイだ。」
「結構獲れた?」
「いいや、あまり獲れていない。
まったくダメな日も有れば、ちょこっとだけ獲れる日もあるようだ。
値段が高くて手が出せなかったが、今回、お得意さんに頼まれて仕入れたんだ。
そのついでに数箱だけ仕入れたんだ。」
「どの辺に網いれているんだろう?」
「遥か沖って言っていたぞ。」
「へぇ~、そうなんだ。」
昔から魚の移動販売している知り合いのおっちゃんで、
時々、色んな情報を頂いています。

今が旬のサクラマスの話しになって、おっちゃんは、
「漁師達の話ではよ~、水温が低すぎてよ、
仕掛け海底近くまで落とさないと喰いついてこないし、
落とし過ぎて引っ掛けてしまって、何本も失くしたってぼやいていたぞ。
サクラマスも良い日と悪い日の波があってよ、数もしれているし、
前みたいな大漁だって日はナイってよ。
俺達もなかなか手が出ない状態だ。」
「そう言えば、あまりサクラマスさ、スーパーの店頭に無いよな。」
「大手なら頑張れるが、俺達みたいな小売は売って幾ら、
売れなかったら損、客が手を出せそうな値段じゃないと仕入れできねえ。」
つぶやいてました。

おっちゃんが俺に、
「釣りになるか?」
「俺はダメだったけど、
何時間か粘ってカレイが数匹釣れるって感じだ。」
「そう言えばよ、お得意さんが言うには、
いつもなら沖防波堤に釣人がずらりと並んでいるのに、
今年はさっぱり居ねえって言ってたな。」
しばしこんな会話をして、
おっちゃんは次の客の所へ車を走らせて行っちゃいました。

今週末もあまり天気に恵まれないようで、
釣りになるかどうか分かりません。
その前に、少しだけ海水温が上昇して貰わないと、
魚たちが岸寄り出来ないでいるようです。
おっちゃんも俺もニコニコ顔できる日、早く来ないかな~。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月28日 (水) | 編集 |
仕事が休みだった嫁、春休みに入っている下娘を迎えに室蘭へ行てくれました。

IMGP4901.jpg
IMGP4902_20120328231636.jpg

今朝は周りの風景が雪一色になっていましたので、
峠を雪が融けた時間帯を見計らって出掛けたようです。
平日だけあって、今日の国道は大型トラックが多く走っていたそうで、
いつもよりも時間が掛ったようです。

IMGP4903.jpg
IMGP4905.jpg

残業で疲れた身体で帰って来た俺、
「ただいま~」
「あっ、お父さん、お帰り。」
下娘が明るい笑顔で出迎えてくれ、家族3人で少し遅い夕食を・・・
どんな話が聴けるか? ウキウキしながら玄関を開けると、
嫁の声しか聞こえません。
あれ? あれれ? えっ?
半信半疑になって居間に入ると、やはり嫁しかいないんです。
「○○(下の娘の名前)は?」
『あたしの実家。』
「なんで?」
『じいちゃんの話相手になるって言っていたわ。
それにいとこ達に渡したいモノもあるから、取りあえず数日泊まるって言ってたよ。』
「俺の話し相手は?」
『あたしじゃ不満なんだ~、へぇ~・・・・』
娘Loveの俺、決して嫁では不満なんて・・・
口が裂けても尻が裂けても、たてつくような言葉を吐いてはいけません、
と俺の犬並の脳みそが指令しますので、慌てて大げさに首を横に振り、
そんなことない! とTVに出てくる外人タレントのようにアピールしておきました。
これで一つ、身の安全が守られた気がします。

大切なオモチャを取り上げられた子供の様に大泣きしたかったのですが、
一応大人なので、グッと我慢する事にしました。
娘がウチに帰ってくるまで指折り数える事になりそうです・・・グスン。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月27日 (火) | 編集 |
昨日夜、残業で帰ってきた俺に、嫁が仕事帰りに車から見えたとかで、
『ねぇねぇ、見た?
お月さまと星が一列に並んでいたよ。
何だか凄く神秘的でさ、思わずデジカメで写真撮っちゃった。』
その写真を俺に見れって言うんです。

クリックすると画面が大きくなって星の位置が良く分かります。
IMGP4900_20120327235510.jpg

渋々写真を見ると、
『絶対ナマで見た方が感動するから。』
風呂上がりなのに、外に行けと薦めます。
湯ざめするのも嫌でしたが、数秒間だけ外に出て空を見上げたら、
雲が夜空を覆ってまったく見ることが出来なかったんです。
ほんの数秒だけ、ボクサーパンツと半そでシャツで外に出たので、
可愛い愚息は見る影も無く縮こまってしまい、
しばらく隠れん坊したままだったんです。
やべぇ~、情けないぞー、愚息!

IMGP4900 - コピー (2)
クリックすると画面が大きくなって星の位置が良く分かります。 

昨日見れなかったので、今日こそは見るぞー!って、
残業帰りに真剣に探したんですが、夜空を雲が覆いかぶさっていて、
月どころか星さえも見えません、残念!

HI3H0152.jpg
HI3H0151.jpg

今年もせたな町の瀬棚区にある郵便局で、
金のなる木(ベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物)が、
見事な花を咲かせて、玄関ホールでお客さんの目を楽しませています。

HI3H0150.jpg

今日、仕事帰りに郵便局に用事を足しに行った嫁が、
携帯で撮って来てくれました。
職員の話では、この木は郵便局で35年くらい育てているとかで、
夏は数日おき、冬場は数週間に一度の割で水しか与えていないそうです。
凄い生命力で、もう一ヶ月以上、
次から次へと花を咲かせているとかで、まだまだ見られそうです。
さすがに5円玉を枝には刺していなかったようです。

北海道ではまだ水仙の葉がやっと見えたかどうか、
それも雪が融けた日当たりの良い極一部の土が見える場所に出てきています。
ですが、今年は雪解けが遅いので、外で花を見られるのは、
ズ~ッと先になりそうです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月26日 (月) | 編集 |
釣場から歩いて5分程の広場に車を停めていた俺、
後部座席に荷物を積み込み、運転席に座ってエンジンを掛けた時、
フロントガラスにヒビが入っているのを見つけました。
いつどこでどのような状況でこうなったのか?
俺、サッパリ分からないんです。
時計を見ると、某メーカー整備工場が開いている時間帯だったので、
釣場から直行で持ち込みました。

IMGP4895_20120325214324.jpg
天井から下にかけて20~25cm程ヒビが入っています。

整備士の話では、
「石が当たったようだね。 どうする?」
と言うんです。
俺、自動車保険の事は嫁任せだったので、
どんな保険に入っているのか?
車両保険、入っていたけど今も継続中なのか?
まったく分からない、担当者の電話番号さえ分かりません。
車を見てもらっている最中、車を見ながら所長と世間話をちょこっとだけし、
その場では結論が出なくていったんウチに引き上げ、
釣道具を片付けてのんびりとTVやPCで遊んでました。

お昼過ぎ、仕事を終えた嫁が帰宅したので、
「大変ださ~、フロントガラスにヒビ入っていた。
工場に持って行って見せたら、石が当たったって言われた。」
『昨日、あたし乗ったけど何でもなかった。 どこ走った?』
「島牧まで行って、せたなに戻って来て、蝋燭岩の広場に車を停めて釣りに行った。」
『砂利道の場所って蝋燭岩のところしかないじゃないの。
そこで石跳ねたんじゃないの? なんで分からなかったのさ?』
「俺のせいじゃない。 いつ跳ねたなんて分からないし・・・。」
嫁の態度が俺を責めているように感じたので、何とかそれを打破しようと、
「それよりあのな、この車、ガソリン車とディーゼル車があるんだって。」
所長から頂いて来た新車のカタログを嫁に差し出すと、
みるみる目がキツネの様につり上がり顔は酔っ払いのように真っ赤にして、
『てめー、ヘラヘラ笑いながら、新車の話しを出しやがって! ふざけるんな!』
仁王立ちになりながら大声でドヤされ、
『今問題なのは、フロントガラス、どうするのかって言うのが問題なの!
保険屋さんに電話した? したんでしょうね!』
有無を言わさぬ態度で圧を掛けてきやがります。
「いやぁ~、車両保険外したのかな?って思って・・・」
『はぁ~? いつ、誰が、何処で外したって言うのさ。 勝手に決め付けるな!』
俺、嫁の地雷を踏んだようで、
“怒髪、天を突く”と言う言葉がピッタリな風貌に変身してました、
ブルブル・・・身体の震えが止まりません。

大慌てで保険屋さんに電話を入れ、向こうが指定するモノを写メして送り、
保険でフロントガラスを直せる事になりました。
その後、整備工場に出向き、フロントガラスを注文して貰い、
後はブツが入荷してから直して貰う事になります。

ところが嫁の地雷を踏んだおかげで、
『ねぇ、ちょっと聞いてよ。
ウチのハゲ、フロントガラスにヒビを入れてさ、
コレからどうするかって言う状態なのに、あたしが保険屋に電話しなさいって言うまで、
何も手を打たないでのほほ~んと座っているんだよね。
フザケタ奴だと思わない?
それだけでも腹が立つのに、はらわたが煮えくり返るような行動するんだよね。
あのハゲ、天真爛漫な顔でさ、ニコニコしながら新車のカタログをあたしに見せて、
“この車、ガソリン車とディーゼル車があるんだ”って言うんだよ。
場の雰囲気読めないし、トンチンカンな事言い出したから、
グーで殴ってやろうかと思ったけど、あたしの手が痛いだけだから、
思いっきり文句言ってやったんだけどさ、どうも気が晴れないのよ。
この際、原因を取り除く事にしようと思ってさ、
ちょっとあんた、ウチのハゲ、タダで引き取ってくれない?』
あちらこちらに電話して愚痴ってました。
・・・・・誰も俺を引き取ってくれなかったようで、
まだ当分、このウチに居座る事が出来そうです・・・・・
喜んでいいのか悲しんでいいのか複雑な気持ちです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月25日 (日) | 編集 |
今日こそは!、何とか平べったいお魚さんと遊んで貰おうと、
ウキウキとしながら釣場に向かう俺。
車で走っていると、途中の虻羅漁港で、
いつもお世話になっている釣具屋さんが居たので、
ちょこっと顔を出してきました。
釣具屋さんの話では、
「昨日(24日)、船釣りでサクラマスが大漁だったんだ。
今日、社長が船出すって言うから一緒に行く事になったんだ。
ひろし、どこに行くんだ?」
「俺、投げ釣りに行ってこようと思って。 場所はあそこ。」
「あー、あそこなら風交わせるかもな。
俺、この間、鷹ノ巣(岬)に行って来たんだけど、カワガレイ1匹だけ釣れた。」
そんな会話をして俺は釣場へ車を走らせた。

IMGP4874.jpg
IMGP4877.jpg

ガーン!
前回同様、波が・・・岩を洗っている・・・無理じゃん。
沖も白波が立っています。

すぐにこの場を離れて、
波が死んでいる場所を探し求める事にしました。

IMGP4880_20120325212522.jpg

楽チンな釣りをするならせたな町の瀬棚新港、
誰かが竿を出していたら自分も出そう考えていたら、誰も居ません。

IMGP4882.jpg
IMGP4879_20120325212611.jpg

沖防波堤を見ると数人の釣人が竿を出していました。
この方々も釣果は、
寿喜丸(すきまる)船長のつぶやき
に出ていますのでそちらを参考にして下さい。

IMGP4881.jpg

フェリーターミナルから外防波堤を見て、その奥にある蝋燭岩に車を進めました。

IMGP4884.jpg
IMGP4885.jpg
IMGP4888.jpg

何とか釣りになりそうなので、
『今の時期、水温が低くて食いが渋いから柔らかい竿の方がいいよ。』
以前、嫁が言っていたのを思い出し、彼女の竿を勝手に拝借して来ました。

IMGP4890.jpg
IMGP4893.jpg
IMGP4894_20120325213714.jpg

今日のポイントは、北沖防波堤に向かって投げると砂地となりますので、
そこを攻める事にしたんです。

IMGP4889_20120325213836.jpg
IMGP4891_20120325213835.jpg

そこそこの深さがあります。
写真で見ると北防波堤が近くに見えますが、約1Km弱くらいあります。

IMGP4892.jpg
IMGP4886_20120325214045.jpg
IMGP4887.jpg

漁師さんの船が沖から帰ってきていました。
そのケッツを追いかける様に、段々と波が出始め、
平盤となっているこの蝋燭岩、すぐに波が乗って来るのが目に見えています。
危険を冒してまで釣りをする気も無いので引き揚げ。

俺の釣果は、平べったいお魚さんはまだ岸寄りしていないようで、
俺とは遊んでくれませんでした。
ガッカリして荷造りし、車に積み込んで運転席に座ると、
うん? アレ? なんでだ? 俺、ぶつけた記憶ないぞ?
やべ~、嫁に怒られる・・・ガーン!

IMGP4895_20120325214324.jpg

この話は明日!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月24日 (土) | 編集 |
今日のお昼ちょっと前のせたな町のコンビニには、
雰囲気からして“釣り”と思われる人々で溢れていて、
サクラマス狙いと思われる方々が大半を占めていました。
河口規制が今月末まで解除のところが多いので、
今週の土日の休日に掛け込みと思われる人達が多いようで、
河口近くには車が沢山停まっています。
コンビニで観察していると、
釣りと思われる人達の恰好を一目見るなり、
ルアーマンか投げ釣りなのか大体分かります。
一番分かりやすいのが帽子、次に着ている衣服と言っても、
コンビニに入る時は殆どの方が防寒着やウエアーを脱いでいるので、
防寒着やウエアーの中に着る衣服の事になります。
それを比較すると、若い人達が多いルアーマンの方がちょっとだけオシャレなんです。
釣れたかどうかまでは分かりませんが、
冬日に戻った今日、寒かっただろうなぁ~と眺めていました。

そんな人達を車の中から見ながら、
「今週は早出残業だった。 
明日は休ませてやるから来週も働けよ!」
お殿様のお言葉を思い出してました。
平べったい魚とあんな事やこんな事が出来るのかと思うと、
嬉しくてついつい顔が勝手にほころんでしまい、
「明日こそは絶対に釣りに行くぞ―!」
と決心する俺。
ウチに帰って来てすぐに天気予報を確認すると、
朝方だけも何とか釣りになりそうな風模様なんです。
釣道具も車に積んだし、後は寝坊だけしなければ、
平べったいあのこに会えそうな予感。

俺のウキウキした姿を見た嫁が、
『妄想もほどほどにしておかないと宝くじのニノ前になるよ。』
水を差しやがります。
宝くじを買うたび、
「これで一等は俺の物!」
と断言し、あんな事やこんな事をしてやろうと妄想だけが先走りし、
当選日には毎回夢破れ現実に戻されちゃいます。
あ~ぁ~、夢くらい持たせてくれても良さそうなのに、
女の人は現実しか見ない、見ないようにしているんでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月23日 (金) | 編集 |
今年もお世話になっている釣好人見さんご夫婦から、
奥様の手作りのいかなごのくぎ煮と、
神戸で有名はお店のバームクーヘンも一緒に送ってくれました。
ありがとうございます。

IMGP4862.jpg

毎年、いかなごのくぎ煮が我が家に届くと、
「あー、春なんだな~。」
と実感できます、嬉しいですね~。

IMGP4864_20120323235849.jpg
IMGP4869.jpg

今日、残業で帰って来るのが遅かったので、
嬉しい事に丁度荷物が届く時間帯と重なり、
「ご飯山盛りーぃ!」
と嫁に催促していました。

IMGP4870_20120324000013.jpg

一口頂くと、
「うまい!」
ついついご飯の量のはかが行きます。
「お代わり!」
あまりの美味さにご飯二膳食べてしまいました。

IMGP4863_20120324000109.jpg
IMGP4867.jpg

せっかくデザートに食べようと思っていたバームクーヘン、
とても食べられそうにないので、明日以降に頂こうと思っています。

北海道では春先に小女子が獲れ、寿都町近辺では小女子の佃煮が有名です。
以前、嫁が島牧村の知り合いに作り方が教えて貰った時に、
小女子に照りと甘みを引き出す為に水飴を入れるそうです。
くぎ煮は水飴が入っていないバージョンとなりますが、
どちらも甲乙つけ難いのではないでしょうか。
これはあくまで市販品を比べた限りの話ですが、俺の頂いた手作りのくぎ煮は、
山椒がピリリと効いて魚の甘みを引き出しており、絶品の一品です。

コレからしばらくの間、
釣好人見さんの奥様の手作りのいかなごのくぎ煮、
ご飯のお伴にさせてもらいます。
御馳走様です!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月22日 (木) | 編集 |
今日、嫁の職場にある青年が訪れたそうです。
彼とサクラマスの話題になり、
『最近、サクラマス釣れている?』
「時化で無理。」
『この間3Kgのサクラマスも釣れたし(他の人が)、
アベレージサイズが50cm前後くらいかな~。 ぼちぼち釣れているよ。」
なんて挨拶代わりの会話をしていたようです。

彼は、
「ある新聞に、朝方に狙った方がいいって書いてあったから、
朝、竿を振るんだけどサッパリな時があるんだ。
諦めて帰ったら、9時過ぎにサクラマスの跳ねがあったりするし、
帰った途端、友達から「釣れたぁー」って電話が入ってきたりして、
いつまで振ったらいいのか分からない時がある。
要するに、一日いっぱい振っていれって事なんだよな~。」
ちょっと思案顔していたそうです。
サクラマスの跳ねで思い出したのか、続けて、
「この間さ、河口や川でサクラマスが跳ねているのが見えてさ、
こりゃー貰ったもんだ!
なんて思ってさ、フル装備してタモも持って跳ねている場所に向かったら、
何だか魚が違うんだよな。
よくよく見ると“うぐい”どこもかしこも“うぐい”のジャンプ。」
それを訊いた嫁、その時の彼の恰好と唖然とした顔を勝手に想像し、
思わず笑ってしまったそうです。
彼も嫁の吹き出した顔を見て、
「あのウグイの集団を見た時、俺も思わず笑ってしまったさ~。」
笑うしか出来なかったようです。

俺にもそんな記憶があります。
鮭釣りを始めたばかりの時、サケが跳ねた!と思ってその近くに行くとボラだった。
そのお陰で、ボラの跳ねとサケの跳ねの区別が出来る様になりましたが、
当時、サケだと思いこんで真剣に竿を振っていたのを、知り合いに、
「ボラ!」
と指摘され、恥ずかしく笑うしかなかった事のを思い出します。

その後、カレイ釣りの話になり、
「どこかでカレイ釣れていない?」
と質問されたので、
『まだ神社下(大成区太田)で釣れてきたって聞かないじゃない。
聞こえてきてからじゃないと無理じゃない? それに海水温が低すぎるしね。』 
「うん、まだ聞こえないよな~。
俺、カレイ釣りも好きなんだ。 
糸のふけるのを見たら、思わずニヤリとしちゃうんだ。」
嬉しそうに話していたそうです。

帰り際、彼に、
『サクラマス、まだウチに届かないんだけど? 釣ったら頂戴!』
しっかり催促を忘れなかったそうです。
図々しい家族の一員としては、
「俺も喰いたいので、宜しく!」
俺からもお願いしちゃおう(笑)

嫁は、
『今日、ウチに帰ってこの話、旦那に教えるときっとブログのネタにするよ。』
・・・余分な事を言ったようですが、生の情報、コレが一番だと思うんです。
なので自分勝手ですがネタにさせてもらいました。
また、嫁の所に寄って、情報提供お願いF君、宜しく!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月21日 (水) | 編集 |
娘達Loveの俺、昨日、下娘に電話を入れ、
「調子どうだ?」
ちょっとだけ心配しながら訊いてました。
「あれ? 言ってなかったけ?
左耳、ちゃんと聞こえる様になったわ、薬効いたようだよ。」
嬉しい報告があり、自然と顔がほころんでいました。

その後、嫁と電話を代わると、
『あんた春休みに入っているんだから、お父さんと遊んであげなさい。』
と言うのが聞こえました・・・
????春休み????
俺、そんな事一言も聞いてません。
『お姉ちゃんの所に泊まるの?
邪険にしないで話相手になってあげなさいよ。』
????札幌・・・上娘のアパート????
ガーン! 俺一人だけ蚊帳の外に置かれたようで、
冬山に裸で放り出された感じになり、
さっきまでの嬉しさが急に冷めてしまいました。

俺だけが娘達Love、娘達は口うるさい嫁には何でも言う・・・
俺が男だから? 
嫁よりは理解を示しているのになぜだ?
我が家の財政を司っているのは嫁だからか?
犬並の脳ミソで色々と考えてみましたが、何が原因なのかさっぱり分かりません。
やっぱり男親って損です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月20日 (火) | 編集 |
はこだてサーフさんから、「春季カレイ名人戦」の案内が届きました。
っていうよりある方から、
「ネタ提供!」とメールが添えてあり、PCに送らさって来ていました。
と言う事は、
「俺に宣伝をしろ!」
と言いたいようなので、なにかとお世話になっている、
はこだてサーフさんの函館つるさんの頼みとあれば、
どう考えても断る理由が見つかりません。

春季カレイ名人戦ハガキ

はこだてサーフさんが主体となって、はこだてサーフさんの大会に、
釣りに興味がある方々に参加して貰い、春季カレイ名人戦を開きます。
参加したい方は、釣具屋さんに強力してもらい窓口を設置してありますので、
4月8日までに参加費添えてエントリーをして貰います。
はこだてサーフさん以外の全サ―会員さんは、
はこだてサーフさんまで連絡をお願いします。

日  時 平成24年4月14日19時~4月15日13時 
集合場所 函館市若松町 船だまり巴大橋下
大会範囲 渡島檜山全域
対 象 魚 20cm以上のカレイ全種類 (カレイ3匹身長で競う) 
参 加 費 2000円

エントリーが出来るお店

函館市内
◎さかい釣具店
◎つり具天狗屋(海岸町店・新道店・七重浜店)
◎プロフィシャー・システムズ ナカジマ
◎釣具の二番

北斗市
◎フィシングHOKUTO

ざぶとんPARADAISUの 「イベント案内!」 にも記載されていますので、
そちらを参考にして下さい。
大会概要は、各お店においてある申込み書に詳しく書いてありますので、
それを読んでから申込みして下さい。
沢山の参加、お待ちしております。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月19日 (月) | 編集 |
IMGP4827.jpg
IMGP4828.jpg
↓内浦湾(噴火湾)
IMGP4829.jpg

金曜日のお昼過ぎに、
「お母さん、あのね、左耳の調子が悪いの。 だから耳鼻科に掛かっていい?」
と言う電話が嫁に掛かってきたそうです。
『付属の病院に行きなさい。』
「耳鼻科の診療時間過ぎちゃったから無理。
東室蘭の病院に行ってくるわ。 後で、どうなったか教えるね。」
その後の電話で、
「アレルギー性鼻炎っていう診断だったよ。
その他に色々と検査したから、その結果、月末に分かるって。」
報告を受けましたが、
「あのね、先生がどこの出身って訊くから、
せたな町って教えたんだけど、分からなかったみたい。
それでね、先生が言うには、
“他の地区から室蘭に移って来た人達が発症するのが多いんだ。”って言うんだよね。
考えてみれば、去年から鼻が詰まりだしたんだよね。
耳の通りが良くなる薬と鼻づまりの薬貰ってきた。」
と言います。
娘達Loveの俺、心配になり見に行く事にしたんです。

IMGP4830.jpg
IMGP4831_20120319233217.jpg
IMGP4834_20120319233216.jpg

室蘭のアパートを尋ねると元気そうな下娘が出てきましたが、容体を訊くと、
「まだ左耳の聴力落ちているわ。
それに薬の副作用で、ちょっと下痢気味。
それでね、薬を調べたら、やっぱり副作用で下痢になるって書いてあったわ。」
と答えます。
お腹がゆるい下娘を気分転換に買い物に誘って、食料調達して来ました。

IMGP4836_20120319233548.jpg
IMGP4839_20120319233547.jpg
IMGP4840_20120319233546.jpg
IMGP4842_20120319233545.jpg

あるスーパーの鮮魚売り場で嫁が一点を見据えています。
何を見ているのか? 
その視線を辿るとあるカレイを見てました。

HI3H0140.jpg

サメカレイです、綺麗に皮をむかれた状態で売っています。
嫁は、
『皮がついている状態が見たかった~、
本当にサメの様な肌しているのか確かめたかった。』
残念そうに言います。
ものの本によると、淡白で美味しいカレイだそうですが、
まだ一度も食べた事がないカレイでもあります。
見て見て見て穴が開くほど見ていたので、試しに買うのかと思えば、
見ただけで満足したのか、素早くその場を後にする嫁。
いったい何を考えているのかさっぱり分かりません。

娘との楽しい時間も終わりを迎え、下娘をアパートまで送り、
白鳥大橋を渡り崎守埠頭を覗いてきました。
今月末には下娘も一時帰省するので、それまで俺、
大五郎の様に我慢強く指折り数えて待っていようと思っています。

IMGP4845_20120319233941.jpg
IMGP4846.jpg

長いのべ竿を出している釣人が集まっています。

IMGP4848.jpg

何を釣っていたのかは分かりませんが、寒い中、御苦労さま。

IMGP4849.jpg

チップを荷降ろししていた大型船をしばらく見入ってしまいました。

IMGP4858.jpg
IMGP4851_20120319234439.jpg
IMGP4860.jpg

俺の住むせたなの町の漁港では見られない風景ですので、
暫し目の保養と言う訳ではないですが、興味深々でついつい見てしまうんです。

帰りの峠では雪がチラチラと降り始めてきており、
どうやら気温がグッと下がって来ているようです。
少し春らしい兆しが見えたと思ったら、また冬に戻りつつある北海道、
まだまだ春は遠いようです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月18日 (日) | 編集 |
午前6時、
「さぁー起きなさい、釣りに出掛ける時間よ。」
目覚まし時計が嬉しい知らせをくれます。
今年初の投げ釣りにワクワクドキドキさせながら、
まだ見ぬ平べったい魚に恋こがれる俺。

釣場はもう決めています。
毎年、一番先にこの地で竿を出し、その年の運だめしする俺の儀式場でもあります。
場所は島牧村の磯場、ウチから車で30分で行けます。

IMGP4814.jpg
IMGP4815.jpg

釣場までの海の状況を眺めながら車を進めましたが、
沖にも白波が立っており、自分が思っていたよりも陸波があります。

IMGP4816_20120318224833.jpg
IMGP4818_20120318224832.jpg 

一抹の不安が横切りましたが、
「あの場所は湾内だから大丈夫だ!」
と自分に言い聞かせて、平べったい魚と遊ぶ事を想像していました。

IMGP4813.jpg

ガ~ン~
波が岩を洗っています。
10分程、道路から眺めていましたが、
高波が数回に1回の割で高いところまで昇って来ています。
ここで俺の中でダークな部分が、
「やれば出来そうじゃん?」
と誘うのですが、ヘタレの部分が、
「無理したっていい事なんてないよ。」
と言い出したんです。
さぁー困った俺、冷静に考えると、コレから天気が崩れる事は分かりきっていたので、
泣きながら諦める事にしました。

IMGP4820_20120318224830.jpg

その決断は正解で、帰り道で見た海は段々と時化が大きくなってきていました。

IMGP4825_20120318225143.jpg
IMGP4826.jpg
IMGP4823.jpg

せたな町の瀬棚新港で誰か竿を出していたら俺も出すつもりでしたが、
誰一人おりません。

IMGP4824.jpg
IMGP4821_20120318225140.jpg

沖防波堤をフッと見ると、俺の視界に微かに動く人影が見えたので、
デジカメの望遠で覗いてみたら間違いなく釣人がおりました。

IMGP4822_20120318225139.jpg

後で知ったのですが、はこだてサーフさんのクラブ員も渡っていたようです。
その方は昨年の全サ―の全カレイで同じ釣場(沖防波堤)で、
一緒に竿を出した方でした。
何とか平べったい魚さんと遊んで貰ったようです。

結局、竿を出すことなく、ヘタレの俺はスゴスゴとウチに逃げ帰りました。
その後、大の字で寝ていた嫁を布団から引きずり出して、
「耳鼻科に掛かったんだけど、左耳の通りが良くナイの。」
と言う下娘の所に様子を見に行ってきました。
その話は明日。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月17日 (土) | 編集 |
昨日(3/16)は上娘の誕生日でした。
俺、朝にメールで誕生日のお祝いの言葉を入れたのに・・・
そのまま無視されたようです、グスン。

上娘は知り合い数人に誕生祝いをして貰ったようで、真夜中に嫁宛に、
『今日誕生日だね、おめでとう。』
「お母さん、産んでくれてありがとう~。』
酔っ払いの電話があり、
『あんた、お父さんメール入れたのに、返事が無いってイジケてたよ。』
「朝の5時40分にそんなメール貰ってもね・・・
もう少し時間考えてくれたらいいのに~。
それよりお母さん、あのね・・・」
ダラダラと戯言を言い始めたようで、アルコールを一切飲まない嫁は、
『酔っ払い、さっさと寝なさい。』
邪険にして電話を切ってしまいました。
俺、上娘と話したかったのに・・・グスン。

嫁の電話に布団の中で聞き耳を立てていた俺、
「産んでくれてありがとうって・・・何でおまえだけ言われるんだ?
作ってくれてありがとうって言葉ないのか? ムキッ。」
ついつい嫁に愚痴ってました。
嫁は、
『何ムキになっているの? まるでガキね。』
と言いやがり、俺から布団を取りあげ一人ヌクヌクしてやがります。
あ~ぁ~、父親って損な役割です。

3月16日というと、公立高校入試の合格発表の日でもありました。
多くの15歳が嬉し涙を流していたと思われます。
嫁の姪っ子も札幌の某有名進学校に無事合格でき、
親としてはホッと一息つけたようです。
おめでとう!

そうそう、数日前に知り合いのおばちゃんに、
「悪いけど旦那さんに訊いてくれるか? ホッケどこまで来ているか?って。」
お願いしていたら、今日、回答を頂きました。
「沖にホッケの姿が見えない。 網に掛からない。」
と、教えてくれ、
「海、おかしいんじゃないか?」
漁師の仲間内に話しているそうです。
まだ魚の岸寄りが少しずつ始まったばかりなので、
どうなるかは未知数ですから、コレからホッケやカレイの岸寄りに期待したいものです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月16日 (金) | 編集 |
昨日の続きとなりますが、今日の北海道新聞の一面を見て、
2年前に国土交通省に行政指導されていたのを無視し、
軽自動車に続き軽二輪車の所有者にも勝手に「協賛金」をせしめて、
「どこまでやれば気が済むんだ?」
新聞に向かって捨て台詞を吐いていました。
ぜひ、全国軽自動車協会連合会が
北海道の軽自動車や軽二輪車の所有者全員に納得のいく説明を求む!

今日の卓上四季に、俺の代弁をするような事が書かれおり、
思わず“うんうん”頷いてました。

◆卓上四季 2012・3・16 北海道新聞朝刊
◎カネのしずく
「どうしたらあんたみたいにカネつくれんのか? ぜひ、聞かせてほしいなあ」。
国税局査察部・花村(津川雅彦)の問いかけに、
同伴旅館経営で脱税している権藤(山崎努)は酒のグラスを手に、こううそぶく。
「ぽたぽたと落ちてくる水の下にコップを置いて水ためるとするわね。
(中略)あふれて垂れてくるやつ。それをなめて我慢する」。
そうすればコップ1杯の水がたまると。
伊丹十三監督の映画「マルサの女」の名物シーン。

北海道の軽自動車所有者から長年にわたって集めたカネは、
コップ1杯どころか過去10年間だけで10億円に上るというから恐れ入る。
全国軽自動車協会連合会(東京)の道内各地の出先が、
車検証に関する事務手続きの際、了解を得ずに「協賛金」を徴収していた。
「協賛」とは「趣旨に賛同して協力すること」と辞書にある。
十分な説明と同意は不可欠なはずだが、「書類確認費」と説明したり、
それもせず請求した例もあるという。
1件当たり数百円の少額なら、ばれないと思ったか。
連合会には国交省OBが天下っている。
2年前に同省の行政指導を受けた後も“悪弊”は続いていたと聞けば、
なれ合い体質も臭う。
不当に得た金をユーザーに返還しないとの態度も解せない。
他人の「しずく」を手にするための仕組みは工夫しても、
返す段になると、知恵も絞らず、汗もかかないとは。

◆全軽自協の不当徴収、国が2年前に中止指導 その後も2億円受領
<北海道新聞3月15日朝刊掲載>

全国軽自動車協会連合会(全軽自協、東京)の道内の出先機関が、
自動車検査証(車検証)に関する事務手続きの際、
軽自動車の所有者から政令に定めのない「協賛金」を徴収していた問題で、
全軽自協が、
国土交通省から2010年3月にも徴収をやめるよう行政指導を受けていたことが14日、
同省への取材で分かった。
全軽自協は指導後も徴収を継続し、
今年2月末に同省から再び指導を受けて徴収をやめるまで、
道内で2年間に約2億5千万円の協賛金を集めていた。

◆軽二輪でも不当徴収 全軽自協 道内4事務所
<北海道新聞3月16日朝刊掲載>

全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が道内の窓口で、
軽自動車の自動車検査証(車検証)の手続きの際に
「協賛金」を徴収していた問題で、全軽自協の道内4事務取扱所が、
軽二輪車の車検証に相当する「軽自動車届出済証」の交付や
記載変更などの手続きでも協賛金を徴収していたことが15日、
全軽自協への取材で分かった。
軽二輪の届け出手続きは政令で無料と規定されているが、
約40年間にわたって道内でだけ協賛金として根拠のない“手数料”が集められていた。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月15日 (木) | 編集 |
昨日、新聞の一面を見た途端、
俺、久々に頭に血が上ったのと同時に、
「あ~ぁ~、まただよ、お役所の不正かよ。」
どこまで道民を小馬鹿にすれば気が済むのか?
寂しい気持ちになちゃいました。

俺も今までに3台の軽自動車を所有し、
全部中古車でしたので、業者さんに任せて名義変更や車検を受けてました。
もちろん業者さんを信頼してましたので、
「協力金・書類確認費用」などが含まれているとは知らずに、
掛かった経費を払ってました。
また業者さんも、その事が分かっていたのか? 知らずにいたのか?
払う義務の無いものまで徴収され払っていた事になります。
車の所有者と業者さんとの信頼関係にもヒビが入りかねません。
まさに寝耳に水とはこの事を言います。

「全国軽自動車協会連合会」という公の企業、
独占的な仕事で、払う義務の無いお金を巻き上げている、
それでもって、北海道新聞の記事には、
>これまで受け取った協賛金については
>「所有者の理解は得られていると考えており、返済は想定していない」と話した。
はぁ~? 他の人はどう思っているのかは分からないが、
俺、納得も理解も全然しておりません!
たかが数百円と言えども、働いて得たお金です。
ぜひ、道民が納得できる説明をしていただきたいものだと切に願う!


◆<不当徴収>車検巡り年1億円 社団法人の北海道窓口
毎日新聞 3月15日(木)1時58分配信

社団法人「全国軽自動車協会連合会」(東京都港区)の北海道内にある出先窓口が、
軽自動車の自動車検査証(車検)に関する事務手続きの際、
法令で定めのない「協力金」や「書類確認費用」などを車の所有者側から徴収していた。
同連合会によると、1973年から続けており、最近は年間1億円以上を集めていた。
国土交通省から「法定手数料と誤解を招きかねない」として
2月末に改善指導を受け、徴収をやめたという。
同連合会や国交省によると、
徴収していたのは札幌市や旭川市、函館市などにある7カ所の窓口。
車検証の名義・住所変更や継続などで訪れた所有者や代行業者から、
1件300~650円を徴収していた。
内容を説明しないケースもあったという。
08~10年度だけで計約3億7000万円に上り、人件費や施設維持費に充てていた。

返還しない方針 車検証の継続などは費用がかかるが、記載内容の変更は無料。
2月下旬に協力金を求められた札幌市の利用者が不審に思い、国交省に通報した。
同連合会の村上太助常務理事は
「道内は広いうえ、軽自動車の割合が少なく、運営が厳しかった。
窓口で協力を要請している場合もあるが、
忙しくて言わないケースもあったようだ。反省している」
と話したが、徴収分は返還しない方針という。

窓口を訪れるのは8割程度が業者。
札幌市東区で車検代行会社を経営する男性(37)は
「5年ほど、この仕事をしているが(支払う時に)説明を受けた覚えがない」
と話した。
同連合会は、国交省が認可した特別民間法人「軽自動車検査協会」から、
車検証の事務手続きを請け負っている。
全国53カ所に窓口がある。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月14日 (水) | 編集 |
俺が、
「ただいま~、腹減った。」
と居間の戸を開けると、待ってましたと言う顔で、
『ねぇねぇ、この世で生肉が似合う女って、
レディー・ガガとあたしくらいなものよね。』
満足そうに言います。
俺、何を言っているのかチンプンカンプンで、
遂にコイツ・・・逝っちゃったな~、憐れみの目で見てしまいました。
レディー・ガガの生肉のドレスは、確かにガガらしい個性が発揮されてましたが、
嫁がそのドレスを着たとしたら、
その辺で誰かを襲ってきた山んばの戦利品か、
ただの変態にしか見えないでしょう。

「レディー・ガガとお前に何の因果があるんだ?」
疑問に思った事を訊くと、
『夕食の支度をしていたら、手が滑ってトレーごと宙にふっ飛ばしたんだわ。
トレーのラップ外していたらか、見事に肉が綺麗にバラバラになって、
あたしの頭や顔や服や床にひっついたの。
一瞬何があったのか分からなかったんだけど、
振り向いて食器棚に写る自分の姿に笑ってしまった。
でもね、何だか、アラ、コレってレディーガガみたいって思えて、
思わずうっとりしてしまったわ。』
クスッと笑いながら一息入れて、
『ところがね、生肉の匂いに釣られて猫が側に来てさ、床の肉喰いやがるの。
もちろん、どちらが早くあり付くか競争よ。』
俺を見て勝ち誇った顔で、
『決まっているでしょ、あたしが勝利したわよ。
どこかでは3秒ルールって世間を騒がしていたけど、
我が家では30秒ルールだから覚えておいてね。』
二コリと頬笑みを浮かべ、目は反抗させないわよと訴えてました。

夕食はすき焼きでした・・・肉ってこの牛肉の事のようです。
嫁は牛肉を箸でつまみながら、
『あ~ぁ~、あたし、千手観音の手が欲しかったわ。
そしたら全部お肉受け止められたのに。』
悔しそうに言いやがり、生卵に思いっきり肉をくぐらせ、
美味しそうに口の中に放り込んでいます。
俺は野菜や焼き豆腐を物色しながら、
「千手観音って言ったら、あの千ある手で、
どんな民衆も漏らさず救済し慈悲と力を表しているそうだ。」
『へぇ~、そうなんだ・・・。』
俺の話には興味がないようです。
俺、しばらく嫁の動向を見てから、やっと箸を動かし肉にありつきましたが、
怖くてあの肉なのかは最後まで訊けませんでした。
知らぬが仏・・・きっと今の俺のタメにある言葉なんでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月13日 (火) | 編集 |
限定モノ、あ~ぁ~なんて好奇心を煽る言葉だろう。
ましてや自分の好きなモノとなれば、なおさら心躍る。
以前、嫁が限定で売られたシマノ・ステラの4000番を、
自分の貯めたお金で買い求めた事があった。
手に入れた事に満足し、付属品のナンバープレート、
名前入りプレートもステラにつけることなく、一度も使わず飾り棚に置いてある。
宝の持ち腐れとはこういう事を指すんだと思う。
俺も嫁の事は言えないが、
各号数限定のキャスティング競技用に売り出されたリョービの赤ボロン、
どうしても欲しくて、駄々をこねて手に入れましたが、
年に1~5回程、練習の時に振って終わり。
嫁は、
『毛布や布団を干すのに丁度いい硬さだから、
物干し竿って使って上げてもよくてよ。』
赤ボロンを見るたびチャンスを伺っている様子が伺えられる。
限定・・・この言葉に弱い俺、
きっと特別なモノだから自分も特別なモノになりたい願望なのか
何としても手に入れる事に喜びを感じる日本人気質なのかもしれない。

タックルとは違う話ですが、
アイス好きには堪らない一品、つい最近ネットで話題になっていたブツです。
3月6日に新発売されたのですが、すぐに売りきれてしまい、
その時には買えなかったのですが、リボン・ナポリンのアイスが売っていたので、
少し遅くなりましたが好奇心から買ってみました。

IMGP4808_20120313233139.jpg
IMGP4811_20120313233137.jpg

製造元を見ると、ガリガリ君を作っている会社・赤城乳業さん
値段も安い、レシートを見ると1本が60円。
赤城乳業HPより抜粋
「爽やかな柑橘系炭酸が特徴のRibbonナポリンの味をアイスで表現しました。
Ribbonナポリン味のアイスキャンディーの中にRibbonナポリン味のカキ氷が入った、
ガリガリ君タイプのアイスバーです。(北海道限定)」

リボンのナポリンの炭酸飲料水大好きの俺、
ガリガリ君を作っている会社が作っているので、
何となくガリガリ君を思わせる食感、コレはコレで美味しいのですが、
もう少し味が濃くてもよい感じがします。
ストーブで暖を取りながら食べたので、そう感じたのかも知れませんが、
案外、夏の炎天下で食べるとちょうど良いバランスなのかも?
と思っていたりします。
どちらにしても俺、きっとまた買って食べるでしょう、
だってアイス大好きなんですもん。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月12日 (月) | 編集 |
今日、知り合いの釣友が、
「俺、昨日さ~、マガレイ20匹釣ってきた。 
マカレイも走りだから全部型モノばかりだった。」
と言う報告の電話を頂きました。
俺、日曜出勤でカレイ釣りを諦めていたのに・・・
羨ましいのも有りますが、何だかちょっとだけ悔しいのも有ります。
「何処で釣ったの?」
問うと、
「何処だと思う?」
反対に問われてしまいました。
この時期に型の揃ったマガレイが釣れる場所となれば、
俺の乏しい記憶の中から数ヵ所浮かんできたので、探りを入れてみました。
今の時期にカレイが釣れる場所の特定となるヒントは、
海水温が低いので、磯場や岩場、海底までが深い事、沖は砂地となります。

彼も俺も知っている場所で一度は釣りに入っている場所となれば、
候補地は必然と狭まります。
俺がここだと思う場所を言うと、
「ブブ~ゥ~」
違う場所を言うと、
「ブブ~ゥ~」
まるでクイズ番組で間違った答えをいう回答者の気分です。
彼は、
「しゃないな~、ヒントは日本海!」
と言うので、何とか答えをみつけようと頑張ってみたのですが、
「ブブ~ゥ~」「ブブ~ゥ~」「ブブ~ゥ~」
・・・俺、落ち込みそうです。

結局、どれもこれも俺の回答は間違っていたようで、
「アハハハ、近い場所まで行っているんだけどな~、
そこから段々と離れた場所を言うんだもん、トンチンカンだぞー。
今度教えてやるよ。 それまでに考えておきな。 じゃーなー。」
プープープー・・・物悲しく電話が切れました。
日本海・・・昨日は東風(やませ)で海も凪ており、絶好の釣り日和。

ネタにするから写真を要求すると、
「俺の腹の中を取るか? 骨だけなら残っているぞ。」
・・・ただの報告だけだったんです。
マガレイの走りなので、殆どが25~35cmくらいで、
中には40cm近いものも釣れたようです。
何とも羨ましい、俺も釣りた~い・・・本音です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月11日 (日) | 編集 |
新聞のTV欄を見ると、
「東日本大震災」の特集が組まれ、朝からズ~ッと放映され、
俺もお昼ごはんを食べながら喰いいるように見ていました。
新聞を読むと、
避難生活・復旧が進まない被災地・復興の願い・原発問題・行方不明者の捜索・
火葬された部分遺骨や不明者遺骨の身元が確認出来ない状況 etc・・・
言葉を失ってしまいます。

昨年の俺のブログを覗くと、
津波の影響 という題で書いていました。
嫁の仕事場でも、今日と言う日の話題が出たそうですが、
南西沖地震の津波で親族を失っている方は、今にも泣きそうになりながら、
「出来ればその話題は避けたい・・・」
ポツリ漏らしたそうです。
彼女にもたらしたトラウマ、今年の7月12日で19年経ちますが、
この傷は何十年経とうとも綺麗に消え去る事はないと思われます。
ソレは彼女だけでは無く、
南西沖地震で被害を受けた人達にも言える事だと感じています。

今日、せたな町でも犠牲者に対する黙とうの意を込めて、
各家庭に取りつけている防火無線を通して、
午後2時46分にせたな町全域にサイレンが鳴り響きました。
俺の住む人口1万人を切った小さな田舎町の、
こんなせたな町にも東日本大震災から避難して来た人達がいます。
13日(火)から北海道新聞の道南版に、
道南に避難してきた方々(217人)の状況を紹介、
「震災1年 避難者はいま」を連載するようです。

黙とう 合掌!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月10日 (土) | 編集 |
「お前ら、明日は何の日か知っているか?
少しでも稼いで税金を納める、ソレが復興の手伝いになるんだ。
よって明日は仕事決定!」
お殿様から声を高らかに下々にお達しがありました。
もちろんソレに関しては何の不平不満もございません。
それどころかその意見に賛成でございます。

ですが・・・わたくしの気分は釣りモードに突入しておりまして、
平べったい魚と恋の駆け引きを楽しみ、
その夜にはわたくしの身体の中で泳いで貰う事しか考えてなかったので、
ちょっぴりガッカリでございます。

そしてお殿様は、
「明日も分かっておるな、早出、残業がもれなくついてくる。」
グリコのおまけみたいな事もおっしゃいます。
いいえ、今週は間違いなく早出をしており、
日曜日でも通常出勤は許されないと言う事を言いたいようでございます。
お殿様があっての会社、我々下々はお殿様の指一本で動く駒なので、決して、
「釣りに行きたい。 
ボ~ッと何も考えずに竿先と海を見てストレス発散したい。
マガレイと戯れたい。」
などという戯言は打ち首の刑でございます。

知り合いが友達の船でサクラマス狙いで出掛け、今一つの結果だったとかで、
五目釣りに変更してタラやカレイを釣って楽しい時を過ごし、
釣る場所によりますが、マガレイが数枚釣れたという報告を受けていたのでございます。
そろそろ岸寄りし始める頃だと睨んだわたくしですが、
「仕事があっての釣りだ、今週がダメでも来週があるさ。」
自分に言い聞かせて、布団に慰めて貰う予定でございます。

今、ただ一言申し上げるとしたら、
「釣りに行きて~!」
負け犬の遠吠えともとれる叫びでございます。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月09日 (金) | 編集 |
せたな町もやっと春らしくなって来ました。
数日前に降った雨で道路脇の雪もだいぶ融けましたが、
山間部はまだまだ雪がのっつり残っています。
日中は+気温でも夜から朝方に掛けては-気温が続いていますが、
農家の敷地内では、ビート用のハウスや早採り野菜のハウスを建てるようで、
少しでも雪解けを促そうと融雪剤の散布があちらこちらで始まっています。

日本海側の知り合いの漁師さんも、
「船底のペンキも塗り直したし、網も直した事だから、
そろそろ船を港に降ろそうと思っている。」
と言います。
話の内容から察すると、サクラマス用の網の様です。

国道5号線では、いつもよりも多くの引っ越し用のトラックが往来しています。
高校・大学卒業し、新天地に向かう様で、
きっとワクワクドキドキしているのでしょう。

何よりも嬉しいのは、若いオネーチャンの洋服が春バージョンになって事。
ついこの間までは冬バージョンで、がっちり露出を嫌ってましたが、
今はニーハイなどで一部肌を出し、白い太ももを露わにしています。
車を運転していると、
「寒くないんだろうか?」
ついつい要らぬ心配をしてしまう俺。
でも、しっかり見てしまうのは男のいやらしい性でしょう。
時々残念な方が居て、そのニーハイが太ももに負けて・・・
クルクルとめくれているオネーチャン。
それはそれでぽっちゃり型が好きな人には堪らないと思われます。

そろそろ俺も活動する時期になって来たようです。
儀式ではありませんが、毎年必ず一番最初に竿を出す場所が決まっていて、
そこで今年の魚の運試しをしないと、何だかお尻がムズムズして来ます。
決行は今度の日曜日と思っていますが、
問題は会社が休みかどうかで遂行できるかどうかでしょうね。

◆ラニーニャ現象が終息=今冬の低温・大雪の要因―気象庁
時事通信 3月9日(金)16時46分配信

気象庁は9日、
太平洋赤道域東部の海面水温が平年より低いラニーニャ現象が
2月に終息したとみられると発表した。
春から夏にかけては、
水温が平年より高いエルニーニョ現象も発生しない通常の状態が続くという。
ラニーニャ現象は昨年10月に発生したと推定されている。
この現象が起きた場合、
日本への影響として北海道・東北と東日本の低温が挙げられるが、
今冬はこの傾向と一致していた。 

◆<寒冬>この冬、沖縄を除き6年ぶりに 気象庁発表
毎日新聞 3月1日(木)21時40分配信

気象庁は1日、
今冬(12~2月)は沖縄を除き6年ぶりに全国的な寒冬になったと発表した。
「ラニーニャ現象」に加え、
地球温暖化の影響で北極海の一部の海面が凍らないことが
偏西風の流れを変え、寒冬を招いた可能性があるという。

気象庁によると、今冬の平均気温は北日本(北海道、東北)で平年より1.3度、
東日本(関東甲信、北陸、東海)で0.9度、
西日本(近畿、中国、四国、九州)で0.7度低い。
全国的な寒冬は「平成18年豪雪」の05~06年冬以来。
北、東、西日本とも月平均気温が3カ月全て平年を下回り、
これは85~86年冬以来26年ぶり。
日本海側では、ここ10年では平成18年豪雪に次ぐ積雪となり、
全国の17地点で最深積雪の記録を更新した。

気象庁によると、今冬の寒さは、
偏西風のうち低緯度を吹く「亜熱帯ジェット気流」と
高緯度を吹く「寒帯前線ジェット気流」が日本付近で南に蛇行し、
大陸のシベリア高気圧からの寒気が流れ込みやすくなったことが原因。
亜熱帯ジェット気流の蛇行は、
南米ペルー沖の海面水温が下がるラニーニャ現象により、
インドネシア付近で海面水温が高くなったためだという。
一方、寒帯前線ジェット気流は、
北大西洋の海面水温が高く対流活動が活発になったことで蛇行が始まった。
また、詳しいメカニズムは不明だが、温暖化の影響でロシア北西のバレンツ海で
普段は凍っている海面が現れていることが蛇行を強めたとみられるという。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月08日 (木) | 編集 |
ここ数日、残業がない日を選んで仕掛け作りをしています。
一気に沢山作る予定だったんですが、
毎日1~2個程作ったら、勝手に上まぶたと下まぶたがひっついてしまい、
「今日も温めてあげるわよ、早くいらっしゃ~い。」
布団が甘い言葉で囁くので、ついつい犬のようにシッポを振って、
布団の中に潜り込んでしまうヘタレです。

IMGP4764_20120308235341.jpg

今作っているのは、普段使っているカレイ仕掛けです。

テンビン用のステンレスですが、岩場などで使う予定なので強度を保つため、
少し太めのステンレス棒を使っています。
ステンレス棒とクロスビーズの穴のサイズが合わないので、
あまり穴を大きくし過ぎない様に、
クロスビーズの穴を少しだけ広げる加工してから組み立ててます。

IMGP4769_20120304232129.jpg

このひと手間が良い釣果をもたらせてくれると信じて作っていますが、
こればかりは実釣で魚と戯れないと分からない事です。
コレが終わったら、次は釣り仲間が、
「コレ、○○に実績がある仕掛けだよ。」
と言って分けてくれた仕掛けを参考に、自分なりにちょっとだけ工夫して、
なんパターンか作ってみたいと考えています。
今年の春の雪解けが遅いと勝手に予想しているので、
釣りの最盛期までには間に合わせたいものです。

あっ、ヤバイ、
「ねぇ~まだ? 明日も早出でしょ、早く寝ないと遅刻するわよ。」
布団が俺の心配をしています。
コレからも死ぬまでお世話になる布団、布団に言われたら素直に従う事にしています。
コレが嫁が、
『ねぇ~まだ?』
なんて言った日には、考えただけでも身震いが止まりません。
若い時なら胸とアソコをときめまして向かったんですが、
20年も夫婦生活を送っていると、あのときめきはどこに行ったのか、
どこかに置き忘れてきたようで、きっとブラックホールに吸い込まれたんでしょう。
誘われもしないうちから、そんな要らぬ心配をするだけでも野暮ってもんですよね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月07日 (水) | 編集 |
そんな姿を見た近所のおばさんが、
「犬みたいなネコね~」
と、いつもあたしの事を指さして笑うのよ、失礼しちゃう。
最初は知らないオバチャンだったから、
威嚇しながら女主人の後ろに隠れて見ていたの。
そのうち、散歩に出掛ける度に見慣れてくると、
「番犬みたいねー。」
あたしを犬扱いしたから、
「あたしの名はハナ!」
教えてあげたんだけど、オバチャンは無反応。
あたしは人間語は分かるんだけど、
あの人達はネコ語が分からないみたい、不便よね~。
あたしが鳴く時は、エサと水が欲しい時と女主人に甘える時にだけだから、
その辺で一日中、ロープで繋がれてキャンキャン鳴いている犬と一緒にされるのは、
この上なく迷惑な話。
でもね、時々なんだけど、そんな姿のあたしを見て、
「番犬ハナちゃん、おいで。」って、
顔見知りのオバチャンがカニカマをくれるの。
犬と一緒にされるのはムカつくけど、
カニカマの誘惑には勝てないのが、動物の哀しい性ね。

あたしが一番うれしい時は、
『ハナおいでー。』
と呼ばれ、女主人と一緒に散歩に出る時なの。
でも、さすがのあたしも寒いのは苦手!
冷たい雪に足をつけた途端、あたしの綺麗な肉球がしもやけになったら大変でしょ?
冬は散歩はしないって決めているの。

日中、寒いからストーブの前で丸くなって寝ていると、
女主人が仕事から帰ってくる気配がわかるわ。
だから、食べ物欲しさに、ちゃんと玄関まで行って待っているの。
エヘ、あたし、今日も番犬じゃないけど、
番猫の役目も果たしていると自負しているの。
この頃、ちょっと気になることがあるのよ~。
なんだか体型が、女主人に似てきて、
お腹周りがタプタプして、顔も一回り大きくなちゃったわ、
やっぱり年頃だから気になるの!
女主人と一緒に食べるロールケーキの生クリームはとてもおいしいんだけど、
あの女主人と一緒の体型だと我が身を想うと、
あ~ぁ、なんだかメタボな・き・ぶ・ん。

そうそう、あたしの事を勝手に書いている男の人なんだけど、
なんだか、釣りブログの他に猫ブログってところにも登録しているとかで、
そんな訳であたしが登場したんだけど、出演料もらわなくちゃ割に合わないわ。
その内、我が家の猫社会で一番長老(元)のコトラばあちゃんと、
次に長生きしていたスズばあちゃんも登場するかもね。

おわり

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月06日 (火) | 編集 |
外に洗濯物を干す時にも、女主人のポケットの中からちょこっと顔を出すと、
『あら、ハナ、出てきたのかい、かわいいねー。』
って、女主人が額を撫でてくれたわ。
でも、あたしはこの時、外の世界を見ていたの。
今までポケットの中からしか見ていなかった外の世界、
どんなものなのかなぁ~?って思って、
怖かったんだけど勇気を出して、ある日、ポケットから勢いよく脱出したら、
『ハナ、外の空気、気持ちいい?』
と、女主人は言ったわ。
でも、あたし、それどころじゃなかったの。
だって、足の裏に土は付いて気持ち悪いし、目の前には草があって周りは見えず、
そこはジャングルにでも迷い込んだようだった。
ジャングルなんて見たことなかったけどね。
心細くて、ミャーミャー鳴いて助けを求めると、
頭上から女主人の大きな手が伸びて来て、あたしの首筋をひょいと掴んで、
『怖かったのね。』
って、笑いながらポケットの中に戻された時、
正直ホッとして、お漏らししてしまったわ。
その時、あたし、一生、この人に着いて行こうと決めた瞬間だったの。

自分では自覚がなかったんだけど、いつの間にか、
大好きなポケットに入れない大きさになったわ。
それでも何とかポケットに頭だけ突っ込むんだけど、
身体が収まらないのよ、おかしいわよね。
多分、女主人が自分だけ太るのが嫌だったから、
あたしにもたくさんエサをくれたせいね。
これだけは、確信をもって言えるわ。

だから、今度は後ろを付いて歩くことにしたの。
女主人に置いて行かれないように、
必死になって4本足で歩いては少しだけ小走りで追い抜き、
後ろを振り返り、確認してはまた歩くようにしていたわ。
外の世界って色んな音や虫や動物もいてビックリ!
あたしよりも何十倍、ううん、何百倍もあるでっかい機械・・・
確か車っていうものだったかしら?
アレ、あたしの側を通っただけで失神しそうになちゃうわ。
女主人がいつも傍に居てくれるんだけど、
それでも時々不安になって、胸元までジャンプして抱きつくの。
その度に必ず、
『大丈夫!』
って、言って撫でてくれるの。
魔法の言葉って訳じゃないけど、不思議と心落ち着くのよね。

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月05日 (月) | 編集 |
あたしの名前は「ハナ」。
近所の子供達はあたしの毛の色を見て、魔女の使いとか、
「黒ネコだー、呪われるぞ~」
と、トンチンカンな事を言って騒ぐけど、
あたし、そんな力持っていないのよね、残念だけど。
あたしのご主人様は、あのふてぶてしい大食いのデブの女。
皆、知っているでしょ。
そして、このウチにはもう一人、朝、仕事っていうモノに出掛け、
夜にしか帰ってこない男の人がいるんだけど、
この人、見るからに髪の毛が薄く、
少しあたしの抜け毛でも分けてあげたいくらいかわいそうなの。
皆、知っているでしょ。

この人、時々、冷たい布団に入る時、
「ハナ、来い。」
と、あたしを湯たんぽ代わりに使う気でいるんだけど、そんな時は無視。
あたしが反対に、この人を湯たんぽ変わりに使うことがあっても、
エサもくれないこの人のタメに、
どうしてあたしが役にたたなくちゃならないのって、いつも憤慨しているの。
そうそう、このウチには女主人の他に、この人の子供って人が2人いるんだけど、
あたしにとっては可でも不でもないので、どうでもいい話。

あたしがなぜ、この女主人と暮らすことになったか経緯を話すわね。
あたしね、子供の頃、親に見放された子供だったの。
他の兄妹はうまく母親に甘えられたんだけど、
どうしてかあたし、ソレが出来なかったのよ。
兄妹達も成長すると、一匹欠け、二匹欠けって具合に
どこかの家に貰われていったんだけど、
満足にお乳も飲めなかったあたしは他の兄妹に比べ小さく、
今にも死にそうに見えるくらい身体が弱かったわ。
母親も離乳っていう時期に入ってたから、あたしが側に行くと怒るし、
ソレを見た女主人が、
『おまえ、生きるのが下手ね。』
って、あたしを自分のエプロンのポケットに入れて、
母親代わりをしてくれたのが始まり。
それから、いつも女主人のエプロンのポケットで暮らしていたの。
ま、いってみれば、猫のカンガルー版ってとこかしら。

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月04日 (日) | 編集 |
今日の日曜日、数人の従業員は仕事でしたが、俺は休みを頂きました。
なんせ全サ―の本部に提出する書類が山積みで、
あちらこちらに電話をかけて内容の確認や打ち合わせやメールなどに
午前中いっぱい追われてしまいました。
それでもソレが終わって一安心。

お昼近くになって嫁が穴蔵から這い出して来て、
『お腹空いたんだけど何か作ってない?』
「あ″~ソレ、お前の仕事だろう?」
『え″~、いつどこで誰が決めた? 
今時の男、料理一つ出来なくてどうするの?
第二の人生歩む時、料理も出来ないと良縁に恵まれないわよ。』
俺に作れと言いやがります。
仕方がないのでカップ麺を出すと、
『あたしに早死にすれって言いたい訳?
あたし、カップ麺あまり得意じゃないの知ってワザと出したんだ~、
いい根性しているじゃない?』
眼光鋭い目で俺を睨みつけると仕方がナイわという諦め顔で台所に立つ嫁。
なぜ最初から文句言わずに立てないモノなんでしょうか・・フゥ~。
それよりも起きたすぐに食べ物を催促するとは、
まるで冬眠開けの飢えたグリズリ―そのものです。

IMGP4761.jpg
IMGP4769_20120304232129.jpg

午後からは、ボチボチ仕掛けの補充するのに、
小物の細工作りをちょこっとしました。
本格的な仕掛け作りは明日からと考えています。

IMGP4770_20120304232429.jpg
IMGP4771.jpg
↑ユーラップ岳が綺麗に見えます ↓狩場岳がくっきり見えています。
両山とも近くに見えてましたので、コレから天候が崩れそうな気がします。
IMGP4772.jpg

しばらくサイドカーを動かしていなかったので、
バッテリーが上がってしまい、嫁の実家に持ち込んで充電してもらったので、
その調子を見るために温泉まで足を伸ばしました。

IMGP4774_20120304232819.jpg
IMGP4776.jpg
IMGP4783.jpg
↓奥尻島もくっきりと見えます
IMGP4781.jpg

俺のお気に入りの温泉、隣村にある島牧村・栄浜地区のモッタ海岸温泉。

IMGP4805.jpg
IMGP4807_20120304233743.jpg
 
今日のお湯は乳白色で温度もちょうど俺好みの熱め、
ただ外気温との差が激しいのか浴槽場が湯気で周りが見えない状態でした。

IMGP4790.jpg
IMGP4788_20120304233937.jpg
↑露天風呂ですが湯気でなかなか綺麗に撮れませんでした。

IMGP4794_20120304234502.jpg
いつも嫁よりも先に上がっているので、ひと眠りしちゃった。

IMGP4793_20120304234503.jpg
IMGP4795_20120304234501.jpg
IMGP4798.jpg
IMGP4801.jpg
IMGP4802.jpg
IMGP4803_20120304234721.jpg
IMGP4804.jpg

帰る頃にはお月さまが神々しく照っていました。
IMGP4806.jpg

何だかこまごましたことばかりしていたので、
アッと言う間に一日が終わってしまった気がします。
さーて、明日からまた早出、残業が待っているので、少しだけ骨休みの一日でした。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月03日 (土) | 編集 |
今日のラジオは、ひな祭り一色に染まってました。
ラジオから今日の夕食にはハマグリのお吸い物や、
チラシ寿司・サクラ餅などの話題ばかりで、
それを聞いてお腹の虫がグ~グ~なっている俺。
子供が小さい時にはお雛様を飾り、一大イベントとして定着しており、
子供の好きな物が食卓に上りましたが、子供が巣立った今ではそんな事もない我が家。
ちょっと寂しいモノがあります。
あれ、一応嫁もまだ女の子だから、ひな祭りする予定はないんだろうか?
そしたら俺、チラシ寿司くらいありつけるのになぁ~。

ラジオからは、
「ハマグリはどれを合わせても一対以外にフタが合わないことから
良縁に恵まれるように祈りをこめる」だそうです。
ウチではそんな良縁の噂も無く、
上娘の同級生もちょっとづつですが結婚する者達も現れ、
幼馴染が結婚する事になり、
一家全員につい先日も結婚式の案内状を頂いたばかりです。
う~ん、破産しそうです。

IMGP4757_20120304002416.jpg
IMGP4758.jpg
3月2日の国道

3月に入ったばかりなのですが、どうも天候が今一つ。
日中はお日様が照って舗装道路が出ていますが、
夜~朝にかけてグッとシバレ、時々雪が降っています。

IMGP4759.jpg
IMGP4760.jpg
3日の道路

投げ釣りの釣人の姿は見る事がありませんが、
サクラマス・アメマス狙いのルアーマンの姿はチラホラ見ます。
今朝も暗い内から岩場に出て振っている姿が見られましたが、
前日よりもシバレの強い今日、俺には真似が出来ません。
仕事の帰り道上にあるコンビニの前には、
雰囲気からしてルアーマンだと思われる方々が期待を胸に秘めて、
お弁当などを買い込んでいる姿が見られます。
それを羨ましく眺めつつ、今年は雪解けも遅いようなので、
俺も後どのくらいしたらそんなワクワクした気分に浸れる?
早くそんな日がこないかなぁー!
なんて思っています。
釣りしてぇ~、カレイが釣りた~い、ホッケが釣りた~い!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年03月02日 (金) | 編集 |
約20年近くサクラマスを狙った事がない俺、
何となくジグやミノーの種類などには興味があっても、
手を伸ばす事がありませんが、
カラフルに飛んだブツを見るだけでも価値があるような気がして、
見るのが大好きなんです。
ちょっと私用があって大きな都市に出掛けた時に釣具屋さんに立ち寄ると、
ジグやミノ―が並んでいる棚に、時々、北海道に必要でないブツ、
「何でバス用のジグがあるんだ?」
疑問に思う事があるんです。
初めは物珍しさなのか数個しかなかったのが、
ここ近年、種類は少ないですが棚に鎮座しています。
ブラックバス用のジグやミノーを眺めながら、
「向こうの方が本場なんだから、向こうで買った方が安いかも?」
なんて思ってたりします。

いつもお世話になっている釣具屋さんに顔を出した時、
ブラックバス用のジグがカウンターに置いてあったので尋ねると、
「バス用のジグ、サクラマスも反応するし釣れるんだ。」
と教えてくれました。
本来ならバス用のジグなのにサクラマスのジグの代用・・・
不思議に思ったんです。

考えて見れば魚だって、その日の状況によって食いが良い時と悪い時があり、
ジグが良い時も有ればミノーが良い時も有ります。
どれだけ魚に小魚だと思わせるか?
タヌキとキツネの化かし合いに近い物があると思っています。
俺だって、春になれば素足の綺麗なオネーチャン、
夏になれば髪の毛をアップにした襟足の艶っぽい女性、
秋には浴衣が妙に似合う女性に目移り、
思わずついていちゃいたい衝動が起きて、リンダ困っちゃう状態です。
その度、我が家の悪食で牛の様になった嫁を見るたび、
現実に引き戻され、現実とはなんと残酷なモノだと痛感しています。

河口規制も今月いっぱいまで解除なので、
サクラマス・アメマス狙いで釣人も残り少ない日を満喫するように竿を振っています。
以前ほど小型のサクラマスの数釣りは出来ないようですが、
当たれば50アップが狙えるという話を聞いています。
釣人もせたな町よりも熊石方面の方に集中しているようです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用