FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。    
2012年03月18日 (日) | 編集 |
午前6時、
「さぁー起きなさい、釣りに出掛ける時間よ。」
目覚まし時計が嬉しい知らせをくれます。
今年初の投げ釣りにワクワクドキドキさせながら、
まだ見ぬ平べったい魚に恋こがれる俺。

釣場はもう決めています。
毎年、一番先にこの地で竿を出し、その年の運だめしする俺の儀式場でもあります。
場所は島牧村の磯場、ウチから車で30分で行けます。

IMGP4814.jpg
IMGP4815.jpg

釣場までの海の状況を眺めながら車を進めましたが、
沖にも白波が立っており、自分が思っていたよりも陸波があります。

IMGP4816_20120318224833.jpg
IMGP4818_20120318224832.jpg 

一抹の不安が横切りましたが、
「あの場所は湾内だから大丈夫だ!」
と自分に言い聞かせて、平べったい魚と遊ぶ事を想像していました。

IMGP4813.jpg

ガ~ン~
波が岩を洗っています。
10分程、道路から眺めていましたが、
高波が数回に1回の割で高いところまで昇って来ています。
ここで俺の中でダークな部分が、
「やれば出来そうじゃん?」
と誘うのですが、ヘタレの部分が、
「無理したっていい事なんてないよ。」
と言い出したんです。
さぁー困った俺、冷静に考えると、コレから天気が崩れる事は分かりきっていたので、
泣きながら諦める事にしました。

IMGP4820_20120318224830.jpg

その決断は正解で、帰り道で見た海は段々と時化が大きくなってきていました。

IMGP4825_20120318225143.jpg
IMGP4826.jpg
IMGP4823.jpg

せたな町の瀬棚新港で誰か竿を出していたら俺も出すつもりでしたが、
誰一人おりません。

IMGP4824.jpg
IMGP4821_20120318225140.jpg

沖防波堤をフッと見ると、俺の視界に微かに動く人影が見えたので、
デジカメの望遠で覗いてみたら間違いなく釣人がおりました。

IMGP4822_20120318225139.jpg

後で知ったのですが、はこだてサーフさんのクラブ員も渡っていたようです。
その方は昨年の全サ―の全カレイで同じ釣場(沖防波堤)で、
一緒に竿を出した方でした。
何とか平べったい魚さんと遊んで貰ったようです。

結局、竿を出すことなく、ヘタレの俺はスゴスゴとウチに逃げ帰りました。
その後、大の字で寝ていた嫁を布団から引きずり出して、
「耳鼻科に掛かったんだけど、左耳の通りが良くナイの。」
と言う下娘の所に様子を見に行ってきました。
その話は明日。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用