北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2012年07月31日 (火) | 編集 |
DSC_0014_20120731220631.jpg

この度、ブログの主さんから、
「いやぁ~、残念だったね、足(靴)一つで負けるとは。」
3Fの方に言われちゃいましたよ、3Fのひろしに。
ですが俺、ちゃんと入賞したので、
負け犬(ひろし)の遠吠えには、絶対に耳を貸さない事にしております。

通称・足一足分で負けた男、その差33㎝
DSC_0015_20120731220630.jpg

そうそう、ここのブログの主なんですが、
「あの奥さんを怒らす事って何やった?」
皆さんに興味津々で聞かれてましたが、
顔はじゃっかん引きつりながらも、
「大したことじゃないよ」
と強がっていたようだったと言う話が聞こえてきました。
俺が思うには良く言うと彼はチャレンジャーとも言えますが、
あの奥さんを怒らすとは命知らず、ただのド阿呆。
趣味はと訊かれると、以前は釣りと答えたと思われるが今は、
「嫁に土下座して謝る事。」
ドM化しているようだと俺はそうにらんでいる。

DSC_0010_20120731224620.jpg

負け犬の話はこの辺で終わり。
そろそろ本題に移ろうかと思います。
第6種目で全サーの日本記録を持つ竹村君が、
今大会でスピニングリールで第2種目に挑戦する事になっています。

第2種目

札幌サーフ 玉田選手
DSC_0610.jpg
DSC_0611.jpg
DSC_0612.jpg
DSC_0613.jpg
DSC_0614.jpg
①188.14 ②F ③F ④194.03 ⑤179.10 三投平均187.09

SC抜投会 竹村選手
DSC_0617.jpg
DSC_0618.jpg
DSC_0619.jpg
DSC_0620.jpg
DSC_0621.jpg
①209.67 ②F ③203.41 ④F ⑤204.80
三投平均205.96 最長飛距離209.67

キャストフリークス 神田選手
DSC_0623.jpg
DSC_0624.jpg
DSC_0625.jpg
DSC_0626.jpg
①196.53 ②201.83 ③192.92 ④187.55 ⑤184.01 三投平均197.09

キャストフリークス 佐藤(年)選手
DSC_0628.jpg
DSC_0629.jpg
DSC_0630.jpg
DSC_0631.jpg
DSC_0632.jpg
①196.20 ②F ③F ④185.64 ⑤195.25 三投平均192.36

表彰式
DSC_0696.jpg
1位 竹村選手 2位 神田選手 3位佐藤選手

スピニングリールでも、いいところ勝負になると言う証明をしたようです。
事の他に写真整理に手間取っているブログの持主・・・
コレから整理すると言いだしたので、
最後に竹村選手の投擲を最初から載せるそうで、
それでお茶を濁すという姑息な手段に出るもようです。

DSC_0645.jpg
DSC_0646.jpg
DSC_0647.jpg
DSC_0648.jpg
DSC_0649.jpg
DSC_0650.jpg
DSC_0651.jpg
DSC_0652.jpg
DSC_0653.jpg
DSC_0654.jpg
DSC_0655.jpg
DSC_0656.jpg

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月30日 (月) | 編集 |
ここ数日、さぼり癖がついたようで、昨日もブログを休んでしまいました。
私生活の方もだいぶ落ちついてきたので・・・と自分勝手に判断し、
そろそろブログも元の様に書き綴りたい考えています。

今大会で俺、人生初の3F(3投ファール)を出しちゃいました。
今までの競技の中で3Fは一度も無く、
毎回、飛ばなくても記録だけはしっかりと残してきていたんです。
ガッカリしている俺に嫁は、
『ヘェッ、ざまーみろ! ザビエルハゲ!
今回の3F、あんたの人生そのもんじゃない。
人生そのものがファールなんだから、
結婚生活もついでに失格したら?』
さらりと言うところをみると・・・まだ怒っているようです。

DSC_0001_20120731070958.jpg
DSC_0002_20120731070957.jpg
DSC_0003_20120731070957.jpg
DSC_0004_20120731070956.jpg

さて、気を取り直して。
いつもなら大会後のブログに、
速報と言う訳じゃありませんが、上位入賞者を記載させて頂きました。
一日経ちましたが、やはり今まで通りのパターンで載せていくのが、
自分的にはシックリとくるんです。
そう言う訳で、今日は上位入賞者を載せ、
明日はいつもの通り写真盛りだくさんで載せたいと思っています。

DSC_0005_20120731071212.jpg
DSC_0006_20120731071212.jpg
DSC_0008_20120731071211.jpg
DSC_0009_20120731071211.jpg

2012 北海道夏季通信大会の結果
手打ちなので誤字脱字、数字打ち間違えも有ると思いますが、
その辺はこっそり指摘して下されば、こっそり直しておきますので、
ご寛大な配慮宜しくお願い致します。
なお、いつのも様にキャストフリークスをCFと省略させて頂きますので、
宜しくお願い致します。

第1種目           三投平均 最長飛距離
1位 高橋選手(北海サーフ) 163.22m 164.24m

第2種目
1位 竹村選手(SC抜投会)  205.96m 209.67m
2位 神田選手(CF)     197.06m
3位 佐藤選手(CF)     192.36m

第3種目
1位 菅原選手(札幌サーフ) 148.30m 151.01m
2位 桜庭選手(札幌サーフ) 141.34m
3位 宮内選手(NSC)     140.63m

第4種目
1位 濱谷選手(札幌サーフ) 178.15m
2位 太田選手(北海サーフ) 177.82m 180.55m
3位 太田選手(CF)     174.37m

5種目A
1位 鈴木選手(SC抜投会)  192.73m 203.61m
2位 佐藤選手(恵庭サーフ) 166.33m

5種目B
1位 古村選手(はこだてサーフ)164.23m 165.39m
2位 今村選手(札幌サーフ)  152.11m

女性種目
1位 外崎選手(札幌サーフ) 137.50m 138.36m
2位 阿部選手(SC抜投会)  123.89m
3位 佐藤選手(CF)     117.50m

ST-A
1位 橋野選手(北海サーフ) 176.35m 176.79m
2位 金澤選手(札幌サーフ) 168.66m
3位 蒲原選手(札幌サーフ) 154.64m

ST―B
1位 稲見選手(はこだてサーフ)168.35m 最長飛距離172.06m
2位 石田選手(はこだてサーフ)163.00m
3位 谷藤選手(北海サーフ) 162.74m

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月28日 (土) | 編集 |
.これからボチラボチラと明日の準備をしつつ、
財務省がいないと懐の淋しいオイラは、月末となれば財布もだいぶ軽くなり、
ガソリン代も工面できないので、嫁の機嫌を伺いながら・・・
一緒に苫小牧に行こうかと考えています。

IMGP6173_20120730221346.jpg

明日は全サーの夏季SC通信大会が、苫小牧の苫東で開催されます。
いつも出ている種目が俺一人だけだと分かった途端、
違う種目に挑戦する事にしました。
今回は私生活で色々・・・地獄を味わう事になったので、
練習どころではなかった・・・と、最初から言い訳しておきます。
では、行って来ま~す。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月27日 (金) | 編集 |
一昨日の続き。

娘とお昼ごはんを食べながら、コレからの将来について少しばかり訊いてみました。
以前は看護師の資格を取ってからすぐにスキルアップのタメ、
専門職の学校に進学希望していましたが、
「先輩に色々と訊いたらさー、働いてから考えた方がイイし、
ソレからでも十分間に合うし、
その専門職がその人に合う合わないって問題もあるから、
その方が賢明かも?って言われたの。
だから就職するわ。」
「札幌か?」
「函館方面かな? 
夏休みに3病院程見学? 職場体験、病院見学する事になっているの。
相手方の病院と日にちまで決めてあるんだ。
見学してから自分に合う病院を選んで、そこを受験しようかと思っている。」
その前に国家試験対策として、お姉ちゃんの所に連泊して、
ソコからアカデミー講座に行く事にしたから。」
「俺、何も聞いて無いけど・・・。」
「えっ、そうだっけ? お母さんには伝えてあるんだけどね。
詳しい事はあ母さんに訊いて!」
俺、娘ラブなのに、娘は父親ラブじゃなかったのね・・・グスン。

下娘を無事アパートまで送り届け、後は我が家に帰るだけです。

IMGP6099.jpg
IMGP6100_20120727222537.jpg
IMGP6101.jpg

誰か釣りでもしているのではないかと思い、
崎守埠頭を覗いて来ましたが誰も居なかった。

IMGP6103.jpg

夜になると工場のあちらこちらに明りが灯され、
幻想的なんですがとても綺麗な夜景が浮かび上がり、
皆の目を楽しませてくれます。

IMGP6102_20120727222536.jpg

今度、娘と会えるのは来月の上旬。
その時には、どこの病院に決めたのか?
そんな話しが聞けると思われます。
ソレまで娘ラブの俺、寝る間にカレンダーに、
「今日も終わった。 後何日すれば。」
×印をつけて楽しみに待っているような気がします・・・やっています。

昨日、ブログの更新が出来なかったんです。
実は嫁の機嫌を取るのに・・・こっぴどく怒られてました。
言いたい事を全部吐き出したのが良かったのか、
今日になって少しずつですが話しかけたら、ぶっきらぼうですが応えてくれます。

俺の人生でこれだけ嫁に謝った事も無かったし、
怒り心頭になるまで人を怒らせて事も無かったので、
どう対処したらいいのか?
何でここまで怒られるんだ?
そんなに俺が日常何気なくやっていた事が悪かったのか、
100%どころか100万倍の非があり、
怒られても当然の事をしていたんです。
でも、そう簡単に認めたくない、
そんな屁の突っ張りにもならない意地がありまして、
ソレが俺自身をコーテングし、
指摘された時点で素直に謝って行動を正しておけば・・・
ここまで嫁を怒らせる事も無かったと後悔・・・遅かったけどね。

問題は俺の犬並の脳ミソが、どこまでそれを憶えているのか?
そこが一番問題なのかも。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月25日 (水) | 編集 |
本来なら、
第3回 全日本サーフ青森協会 『オープンキス投げ釣り大会』―
シリーズのすぐ後に書く予定だったんですが、
俺の取っていた行動が嫁の逆鱗に触れたタメ、書きそびれたネタです。
このブログは俺の健忘録も兼ねているので、
少し遅くなりましたが書きたいと思います。

IMGP6092_20120725231250.jpg

キス釣りの余韻に浸っていた16日、この日は帰省していた下娘が室蘭に帰る日。
従来なら俺、日曜日以外の休みがナイのですが、
暦通りに会社が休みとなったんです。
下娘が帰省した時に、
「お父さんとお母さん、遊びにいっちゃてウチ開けるけどイイのか?」
と念を押していたんですが、
「じいちゃんとばあちゃんの所に泊まるからイイよ。」
うううっ、娘ラブの俺、後ろ髪引かれつつ青森へ出掛けて行きました。
16日は嫁は一日いっぱい仕事、俺は休み、
必然的に俺が娘を送っていく事になり、
久しぶりの娘と二人っきりに小躍りしっちゃったんですが、
「お母さんついてこないの? 
アレやコレ、買ってもらうつもりだったのにー、あ~ぁ~残念!
親爺、金持って無いし、反対にたかられそうで嫌だな~。」
そんな素振りを見せていました。
まだ嫁の逆鱗に触れる前の事だったので、
『あたしも行きたいんだけど仕事だし・・・
コレでお昼ごはん食べてね。』
ガソリン代とお昼代を頂いたんです。
今思うと・・・この時はまだ優しかったなぁ・・・今と比べると・・・トホホホ。

IMGP6093_20120725231601.jpg
IMGP6094.jpg
IMGP6095_20120725231600.jpg
IMGP6096.jpg

室蘭に行く車の中での下娘との会話、
外の雨も気になら無いくらい娘ラブの俺には幸せなひと時でした。

IMGP6097_20120725231728.jpg

下娘の要望で、お昼ごはんはこのお店で。

CAM00293.jpg
CAM00294.jpg
CAM00295.jpg
CAM00296.jpg

この他にチョコレートパフェを頼むかどうか迷って、
メニュー表とニラメッコしていると、
「食べたい気もするけど、今度、お母さんも連れて来ようよ、
その時のお楽しみって事にしない? ねぇ~、お父さん」
何と親孝行な娘、そう思うと涙がとまりません。

コレから嫁との話し合いが待っています。
続きは明日。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月24日 (火) | 編集 |
昨日の続きです。

IMGP6124.jpg
IMGP6126_20120724215435.jpg
IMGP6129_20120724215434.jpg

GFG会員の皆さんが数艘の船に分かれ、マコガレイ釣りに専念しております。

IMGP6125_20120724215434.jpg
IMGP6128_20120724215433.jpg
IMGP6134.jpg

どうしてなのか?
俺にはあまりカレイがアタックしてくれません。

IMGP6130_20120724215433.jpg
IMGP6133_20120724220041.jpg
嬉しそうに竿を曲げているナベ

IMGP6131_20120724220519.jpg
IMGP6135_20120724220519.jpg
IMGP6136.jpg
IMGP6138.jpg
IMGP6139.jpg

他の人は忙しそうに動いているんですが、
俺はまったりとした時間を過ごしていました。
釣り大会もも終盤に差し掛かった時、
ずっしりとした重みが竿を通じて手に伝わってきので、
自分にとって今日一番となるマコガレイだと信じ切ってリールを巻いていると、
「アレ? 腹の部分薄っすらとピンクぽいぞ~、あのシルエットはババカレイ?!」
目視出来るところまで浮いてきました。
年に数回しか乗らない船カレイ、ちょっとした竿捌きが命取りとなり、
推定50㎝くらいのババカレイは勝手に海に帰って行っちゃいました。
ガーン!

この光景を一部始終見ていた函館つるさんからガッカリしている俺に、
「○○○(嫁の名前)の呪いだー!」
なんとも確信をついたお言葉を頂きました。
どうやら函館つるさんは嫁の味方のようで、
そう言えばこの日の朝、嫁の琴線に触れた出来事を全て知る函館つるさんから、
「天然記念物来たな~、よっ、○○男参上。」
と、大変な誉め言葉を頂いた事を思い出しました。
やっぱり俺の取っていた行動、おかしかったんだろうな~、
今更ながらその時の事を振り返っても、自分でも摩訶不思議、
おキツネ様でものりうつったかのように、どうかしていたと思うんです。
やっぱり嫁が許してくれるまで、土下座三昧の日々を送るしかないようです

IMGP6137_20120724223817.jpg
IMGP6140_20120724223818.jpg

爆風に乗って知内町の涌元までやってきましたが、
楽しい現実逃避の時間が終わりを迎えました。

計測風景
IMGP6141_20120724225036.jpg
IMGP6142_20120724225035.jpg
IMGP6143.jpg
IMGP6144.jpg
IMGP6145_20120724225033.jpg
IMGP6146.jpg
IMGP6147_20120724225146.jpg
IMGP6148 - コピー
30cm以上のマコガレイの総量

表彰式
IMGP6151.jpg
IMGP6152_20120724225519.jpg 
IMGP6153.jpg
IMGP6154.jpg
IMGP6155.jpg
おめでとうございます。

IMGP6156.jpg
今回参加したGFGメンバー 大会御苦労さまでした

大会が終わり現実の世界に引き戻された俺、
マコガレイをお土産に我が家に帰る事にし、
「コレから帰る。」
メールを打つと、
『お前なんか帰って来るな!』
キツイ返答を頂きましたが、それでめげるような俺じゃありませんので、
まったく心とは裏腹なんだからと勝手に解釈し、
『早く帰って来て~』
そんな風に言っているように思えて仕方がありません。 

IMGP6159_20120724231056.jpg
IMGP6162.jpg
IMGP6164_20120724231055.jpg
IMGP6169.jpg

俺の頭の中では自分にとって最悪な状況を浮かべながら帰路についたんですが、
玄関先でちょうど仕事に出掛ける嫁と出くわしたら、
『チェッ、帰って来やがった。』
なんとも歓迎されたお言葉を吐かれたんです。
もちろん仕事から帰ってきた嫁にたっぷりとお説教を頂きましたが、
今現在もまだまだ許して頂ける状況まで至ってません。
ピンチをチャンスに替える事が出来るのか俺?
元の快適ライフを取り戻す事が出来るのか俺?
嫁の怒りをほぐれるまで、
何事もお百度参りの精神でブツかって行くしかないようです。
頑張れ俺!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月23日 (月) | 編集 |
7月22日・GFG涌元沖船マコガレイ釣り大会に参加してきました。
7月の予定を消化して行くうち、ポッカリと開いていた22日、
ヤボ用で掛けた電話でこの大会の事を知り、
「函館つるさ~ん、マコガレイ釣りた~い、俺も混ぜて~、お願い!」
と、まるで少女漫画の主人公のように目をキラキラさせ、
ちゃっかりオネダリし、返答も頂かない内に、
ユリ・ゲラーの念力に操られたかのように勝手に手が動き、
カレンダーに予定を書き込んでいました。

IMGP6115_20120723231537.jpg
IMGP6120_20120723231651.jpg

この大会の数日前から俺の取っていた行動の事を嫁に指摘され、
自分の発した一言が彼女の過去最大級の逆鱗を引き起し、
最大のピンチに陥った自分。
余りにも身勝手な行動ばかりしていたので、
『今回は釣りに行かずにキチンと話しあいましょう。』
と言う言葉を釣りの前日に言われたんですが、
今まで釣りに出掛ける事を一度も止められた事が無かった俺、
言われた途端、目が空中を泳ぎ自分の口からポロリと漏れた言葉は、
「マコガレイが・・・・」
『あ″? 今なんて言った?』
「えっ?」
『だから何って言ったのさ?』
「マコガレイって・・・」
鬼のような迫力に負け、蚊の鳴くような小さな声で素直に言った途端・・・
彼女はブチ切れちゃいました。
コレはヤバいと思った途端、
「俺、函館つるさんに無理にお願いして参加させて貰ったんだから、
皆や函館つるさんに迷惑掛けられない。」
と告げると、
『じゃ~、あんたはあたし達の話しあいよりもマコガレイやジジィを取るんだ?!』
ギロリと凄まれ口は益々ひん曲がっていきます。
そう俺は、ここでも過去最大級の地雷を踏んだようで、
地雷から足を離すととんでも無い事になる予感。
でも踏んでしまった物はどうやっても爆発するので、
爆発ついでに爆風で飛んで行こうと考えたのです。
世間ではコレを逃避とも言うそうです。

爆風に乗った俺、嫁から逃げるように、
その足で知内町にある涌元漁港へ車を走らせてました。

IMGP6117_20120723232617.jpg
IMGP6118_20120723232617.jpg
IMGP6121_20120723232616.jpg

今大会のルールは皆からの意見を参考にし、
「30cm以上のマコガレイの総重量!」
当日の朝に決まり、涌元沖へ出港。

IMGP6122_20120723232615.jpg
IMGP6123_20120723232615.jpg

毎年、島ちゃん主催の
「青森でキスを釣ろう!
特に俺だけ(島ちゃんだけ)がサーフから遠投で沢山釣れれば最高!」
に参加してしている ↑ I氏も一緒の船でした。

IMGP6119_20120723232616.jpg

俺の初ヒットは、親友のシャーク君です。
久しぶりの対面でちょっとだけ感動しちゃいましたが、
次から次へと面会に来られても困ります。
次のヒットは、怒りん坊のフグ君、
まるで嫁のふくれっ面を想像させられ、ウチに帰った時の事を思うと、
「なぁ~、俺、コレからどうなると思う?
どうしたらいいと思う? やっぱり平謝りしかないような?」
ついつい彼らに愚痴ってしまいました。

長くなるので続きは明日!


良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月22日 (日) | 編集 |
今日はコレから嫁に怒られる予定(今現在も怒られている最中)なので、
釣果だけ報告させて貰います。
詳しい事は明日。

IMGP6171.jpg

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月21日 (土) | 編集 |
今週に入ってからこの準備をしていました。

IMGP6107_20120721234531.jpg
IMGP6109.jpg
IMGP6112_20120721234529.jpg

↓ コレ持って家出する事にしたんです。

IMGP6111.jpg

なんせ、今のオイラの状況は、
嫁の機嫌がすこぶる悪く針のむしろに座っている状態で、
下娘には、
「お父さん、コレから楽しい生き地獄あじわうんだね、キャハ。」
と言われる始末です。
嫁と対峙するためには、少し外の空気を吸って犬並の脳ミソを活性化させないと、
謝るのにも言葉を選びちょっとでもマズイ言葉は言っちゃいけないし、
何かの拍子に互いの理論をぶちまけた時にトコトン言い負けてしまいます・・・
情けない事に勝てる予想はほぼゼロなんですが。

そう考え出すと気分的にも落ち込みそうなので、少しだけリフレッシュしてきます。
では、行って来ま~す。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月20日 (金) | 編集 |
昨日はブログをさぼってしまいました。
さぼったと言うよりも、書ける状態じゃなかったと言うのが正解かも知れません。

今らから12年前の平成12年から7月19日という日は、
俺達夫婦にとって特別な日でもあります。
そんな日を目の前にして、
18日~19日と嫁の琴線に触れてしまい逆鱗を買っちゃって、
それをなだめるのに一苦労しています。
嫁は俺に、
『あんたの感性、どこかでねじ曲がったみたい。
数ヶ月前から何回もそれとなく注意したでしょう?!
毎回怒ってばかりいたら逆効果だと思って優しく話していたんだけど、
それが反対に逆効果だったかも知れない。
何よりも家庭生活に一石を投じるような事をしたのが悪い!』
と怒るのですが、俺には何の事だから良く分からないんです。
俺にとっては何気ない日常生活の一部となっていた事だったんですが、
第3者から見ると、
「それ、絶対に変。」
「条規を悦脱している」
という批判を頂いたんです。
本当にそうなのか? と函館つるさんに秘密裏で尋ねると、
「変、それって変だよ! 真剣に嫁さんに謝った方が良いよ。」
と言うんです。

その後、函館つるさんや嫁にどこが変なのかと言う説明を受けたんですが、
俺にとってはどうも今一つピーンとくるもの、
納得できる回答じゃなかったんです。
あまりにも嫁が怒っているので、何がどうなっているのかと整理し、
状況を把握し、ソレをパズルのように組み立て、
犬並の脳ミソで考えて考えて考え抜いて、
やっと今日、事の大きさを思い知る事になったんです。
慌てた俺、それから平謝りしているんですが・・・
すっかり根性を大曲げてしまった嫁、
ちょっとやそっとでは直りそうにないんです。
どうやったらその逆鱗を収める事が出来るのか、
ソレを考えるだけで、胃がキリキリと痛くなって来ちゃいます。
過去最大級の怒り・・・どうやったら鎮まるんでしょう?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月18日 (水) | 編集 |
昨日の続き

嫁の公式
物をくれる人=良い人
キスをくれる人=善人=仏様に近い存在
となる訳です。
その公式を当てはめると、今回と前回の↓被害者・・・FC投人のケイキさん
IMGP5998_20120718070354.jpg 
IMGP6004.jpg

青森まで来て北海道弁聞けるとは、何とも嬉しいモノがあります。

で、初年度大会で俺にキスを分けてくれた被害者、秋田投魂会の花丸さん
IMGP6032.jpg
今回は俺ではなく函館つるさんの手によって、
花丸さんの釣りあげたキスは強奪された模様です。

両方様、ありがとうございます。

IMGP5999_20120718073241.jpg

大三元さんの司会のもと、大会の結果発表と表彰式が行わました。

IMGP6003.jpg
IMGP6007.jpg
IMGP6000_20120718210219.jpg
IMGP6002.jpg
IMGP6005_20120718211009.jpg
俺の釣果は320gと情けない状態でした。

IMGP6012_20120718210701.jpg
IMGP6017.jpg
IMGP6018.jpg
IMGP6019.jpg

お楽しみジャンケン大会
IMGP6020.jpg
最初はグー、じゃっけんポイ
IMGP6022.jpg
IMGP6025_20120718211556.jpg
IMGP6021.jpg
わーい、勝った、米貰い~!

IMGP6026.jpg

大いに盛り上がった後は閉会式。
青森協会長の有難いお言葉を訊き、恒例の集合写真撮り。

IMGP6031_20120718212156.jpg
参加された方々、御苦労さまです!
主催の青森協会の皆さん、ありがとうございます。

で、記念として青森協会長とツーショット
IMGP6034.jpg
どちらが足が長いとか、イイ男だとかは言わないで下さいね(笑)

北海道では殆ど釣る事が出来ないキス、
激渋と言いながらも良型が釣れ、あのプルプル感を味わえたので俺的には満足!
無事大会も終わり、後はフェリー乗り場まで直行です。

IMGP6037.jpg
IMGP6035_20120718214606.jpg
IMGP6036_20120718214605.jpg

函館つるさんがレンタカーを返しに行っている数十分の間、
フェリー乗り場のすぐ傍の河口で、
ミッチェル10フィートのルアー竿で遊んでみました。

IMGP6043_20120718215015.jpg
本日2匹目のマイクロヒラメ

IMGP6038_20120718215154.jpg
俺は怒っているんだぞ~!
IMGP6039.jpg
「何で釣りあげたんだー、どうしてくれるんだー!」
と駄々をこねています
IMGP6040.jpg
息も続かなかったようでタダのフグに戻っちゃいました。
また怒った姿が見たいので、海に帰って頂き、
次回?に会う約束をして来ちゃいました。

IMGP6041.jpg

出港時間も迫ってきたので竿をたたみ、函館に向かうフェリーに乗り込みました。

IMGP6046_20120718215859.jpg
IMGP6047.jpg
IMGP6048.jpg
IMGP6049.jpg

フェリーに乗り込んでから、
「あれ? 財布がナイ・・・」
とある方がぼやきます。
携帯に車のレンタル屋さんから着信があり、何やら親密に話しこんでいました。
とある方は電話を切ると、フェリーの乗車口に走って行きソワソワしております。

IMGP6044 - コピー
無事受け取り、老体にムチをうちつつ走っています。

IMGP6045 - コピー
届けてくれた方は、誰かと違って軽やかに走っています。

この差は何かと言う事は、本人の名誉ため黙っておきますが、
最後の最後まで話題作りを欠かさない函館つるさんです、
御見それ致しました。

IMGP6054_20120718221413.jpg
IMGP6055.jpg
IMGP6056_20120718221412.jpg
IMGP6057_20120718221411.jpg
IMGP6058.jpg
帰りのフェリーでは爆睡モードに入り、皆して函館まで熟睡してしまいました。

あー、楽しかった!
年に1~2度しかキス釣りが出来ませんが、
あの独特の引きが魅力、
食べて美味しいとなれば人気のある釣りだ~というのも納得です。

IMGP6106.jpg

早速、キス天にして食べました。
冷凍品と違って身がホクホクしてなまら美味かった、
コレだからキス釣りは止められない!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月17日 (火) | 編集 |
昨日の続き。

IMGP5959.jpg
IMGP5960.jpg
IMGP5962_20120717221722.jpg
はこだてサーフのメンバー
IMGP5963.jpg

俺のタックル
IMGP5968.jpg
IMGP5969.jpg
泰皇夢さんから以前頂いた発砲オモリ、使い心地最高なんです。
IMGP5965.jpg
本日の一匹目・マイクロヒラメ

この日のキスの食いは激シブで、5~6色で食いついて来ても、
巻いている内に3色あたりで離れる事がたびたびあり、
腕の悪さを物語っているようで、その度にガッカリと肩を落とす俺。
とても連掛け難しい状態なので、
何とか掛った一匹を大切に拾っていくしかありません。

IMGP5975.jpg
IMGP5976.jpg
IMGP5977.jpg

IMGP5971.jpgIMGP5978.jpg

ジタバタしている内に周りでは、
計測場へ向かう大会参加者達の姿がみられ、
俺も慌てて後片付けし、皆の後ろを追いかけて行きました。

IMGP5981_20120717232552.jpg
IMGP5980_20120717232553.jpg
IMGP5982.jpg
IMGP5983.jpg
IMGP5984.jpg
IMGP5985.jpg

普段、砂浜を歩いて釣りをする事がナイ俺、少しばかり足が・・・ 
早春の砂浜を防寒着で身を包み足元は長靴やウエダーで、
サクラマスを追いかけて徒歩で、
河口から河口まで数キロの砂浜を何往復もする、
地元(俺の地元)のおっちゃん方の脚力が欲しいと思った瞬間でした。

IMGP5988_20120718000238.jpg
IMGP5989_20120718000237.jpg
IMGP5990_20120718000236.jpg

もう一つ坂を登ると計測場に着きます。

IMGP5991_20120718000853.jpg
IMGP5993_20120718000915.jpg
俺の計測

IMGP5995_20120718001248.jpg
青森協会長自ら料理し皆にふるまわれた、
疲れた体に優しい“せんべい入り鳥すき”大変美味しゅうございました。

長くなるので、表彰式の様子と写真は明日載せますね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月16日 (月) | 編集 |
土曜日の午後6時から会社の同僚の結構式が函館のホテルで行われ、
可愛い花嫁さんに見とれながらも、俺の気持ちは対岸の青森へと飛んでいました。

IMGP5917_20120716235520.jpg
秋の空の様な雲

IMGP5923_20120716235522.jpg
駒ケ岳

IMGP5920.jpg
対岸の室蘭市(国道5号線の森町から見た)

IMGP5926_20120716235521.jpg
結婚式の行われたホテル

花嫁の衣装替えして入場する度、
花婿の鼻の下が伸びきっているように見えるのは俺だけではナイと思われます。
今宵奴は・・・俺には遠い、そう、遥かに忘れてしまった本能・・・
と思えば、少しばかり羨ましい気がします。

IMGP5927.jpg
IMGP5928.jpg

フェリーの時間まで少しばかり余裕があったので、
このホテルでは日帰り入浴をやっていないので、
お向かい側の温泉に入って汗を流し、フェリー乗り場へ直行!

IMGP5933_20120717003021.jpg
IMGP5931.jpg
IMGP5932_20120717003020.jpg


IMGP5934.jpg
今回、初参戦するはこだてサーフ会長の池田氏、
同じくはこだてサーフのメンバー達です。
IMGP5937.jpg
車をレンタルするために皆より一足早く出発していた、
先発隊のW氏と函館つるさんがちゃんと迎えに来てくれていました。

青森のフェリー乗り場から車で約1時間チョイ走らせると、
会場であるつがる市七里長浜 高山稲荷神社海岸に着きますが、
我儘な嫁の要望で、
『大会の前に少しだけ試し振りをしたい。 
なんせ1年振りのキス釣りだからさ~、投げ方忘れた。
ちょっと恥ずかしいから誰もいない場所で、
キスが沢山いる場所に連れて行きやがれ!』
最初はしおらしくしていたんですが、
メッキがはがれていつのも暴言が飛び出す始末です。

そんな我儘な嫁の要望に応えてくれたWさん、
会場に近い場所をチョイスしてくれちゃいました。

IMGP5938_20120717005316.jpg
IMGP5939.jpg
IMGP5940.jpg
IMGP5941_20120717005314.jpg
IMGP5942.jpg

時間の関係上、ほんの数投だけ投げて、
時化後の激シブの中、キスのアタリを感じる事が出来ましたが、
後は本番でどのくらいのキスが俺と遊んでくれるのか?
ワクワクしながら会場入りしました。

IMGP5943.jpg

開会式 全サー青森協会長の挨拶
IMGP5944.jpg
IMGP5945_20120717010433.jpg
当日は雨が降っていました
IMGP5946_20120717010742.jpg
IMGP5947_20120717010741.jpg

今年も俺は青森協会さんからの案内を頂いた
第3回 全日本サーフ青森協会『オープンキス投げ釣り大会』に参加してきました。

嫁は大会には参加しませんが、キスを釣りたい・食べたいって事で、
俺にひっついて来ちゃいました。
開会式が終わり、後は高山稲荷神社海岸に下りて行くだけなんですが、
『あたし、この雨で風邪引いたら大変な事になる。
今、風邪引く訳にはいなかい。』
と言いだし、確かに彼女の体長が崩れ咳が出始めると、
一番は本人が苦しむ事になりますが、
寝込まれたりしたら我が家は大変な事になっちゃいます。
雨があがったら高山稲荷神社海岸に下りてくる事にし、
俺は皆と海岸へ降りて行きました。

IMGP5949_20120717012421.jpg
IMGP5950_20120717012421.jpg
IMGP5951_20120717012420.jpg
IMGP5953_20120717012420.jpg
IMGP5954_20120717012419.jpg
IMGP5955.jpg
IMGP5956.jpg

昨年と比べると、海岸に下りて行く道路が凄い事になっていました。

IMGP5957.jpg
IMGP5958.jpg
右の海岸に行くか? 左の海岸に行くか?
迷いどころです。

長くなるので明日に続く!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月15日 (日) | 編集 |
午後6時近くに函館に着いたフェリーで帰ってきました。
その後、函館で夕食を食べ、某量販店の駐車場から花火大会を観覧し、
ゆっくりと帰ってきたら、あら、11時半を廻って大焦りです。
釣ってきたキスと頂いてきたキスの下ごしらえしなくちゃならないし、
眠たいし、ちょっとだけピンチです。
キスの下ごしらえを嫁に任せたいのですが、
『あたし、明日、早朝出勤でそれどこらじゃないわ。
天ぷらにしたら人一倍食べるんだし、明日休みでウダウダ出来るんだから、
あんたやっておいて!』
冷たい言い放されちゃいました。

嬉しい悲鳴でもありますが、コレからキスと格闘しちゃいます。
コレがチレイなオネーチャンとの格闘なら、
意地でも弱音を吐かず、とことん最後までお付き合いするんですが、
と相も変わらず妄想だけはけたたましく激しいのです。
釣って楽しいキス、食べても美味しいキス、
明日の夕食はもちろんキス天に決定。
もちろん揚げるのは嫁なので、
彼女に文句言われないように完璧な下ごしらえを目指したい所存です。
何かの宣言文みたいな事言ってますが、
遊び疲れた事もあって頭の回転がやっと今、回ってきました・・・
まぁ~、いつもの事で、
少しだけ回ると犬並の脳ミソが軌道範囲を大幅に超えるらしく、
プスプスと耳まら煙が出てオーバーヒートしちゃうんです。
で、今、何をするべきか?
それさえ忘れてしまいます。
・・・書いている内から、キスの下ごしらえすることを忘れている俺、
ヤバ過ぎるかも(涙)

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月14日 (土) | 編集 |
今日、コレから会社の同僚の結構式が函館で行われます。
夕方6時からの結婚式に出席し、その後、仲間数人と待ち合わせ、
フェリーでしょっぱい川(津軽海峡)を渡って遊んできます。
今日の正午には先発隊も出発し、
今頃はフェリーから降りた頃ではないでしょうか?!
明日も天気に恵まれそうなので、皆で楽しんできたいと思っています。
では、行って来ま~す。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月13日 (金) | 編集 |
今週末の連休を使って、久しぶりに室蘭から帰省した下娘。
看護学校も3年生となると、実習で求められる事も段々と難しくなってきているようで、
「疲れたぁ~・・・」
とちょっとばかり弱音を吐いてました。
そんな下娘が、
「就職活動の事もあるし、久しぶりに地元の友達とも会いたいし、
3食昼寝付きで楽したい。」
そんな訳で今日、嫁が仕事が終わってから迎えに行ってくれました。

IMGP5912.jpg
IMGP5913.jpg

西風で日本海側は荒れていますが、内浦湾(噴火湾)は凪てます。

IMGP5914.jpg
IMGP5915_20120714000452.jpg

午後5時までに迎えに行けばいいので、途中で買い物しつつ、
ゆっくりと走って行ったそうです。

IMGP5916_20120714000451.jpg

迎えに来い!と言った割には何一つ帰省の用意をしていなかったそうで、
ボストンバックに荷造りし、レポート用の教材を持ち、
「3食昼寝付き御殿へ出発ー!」
なんですが、我が家には帰って来ませんでした。
我が家に帰ってきても3食昼寝付きは無理、
それならばと嫁の実家に行ってしまいました。

CAM00277.jpg
CAM00279.jpg

下娘と会えるのは16日となり、
その時は俺が室蘭まで送っていく事になっています。
嫁に、
「車の中で何話した?」
と尋ねると、
『ザビエルハゲとPCの変な架空請求の画面問題。』
・・・昨日の俺の事じゃん。

CAM00280.jpg
CAM00281.jpg

久しぶりに母子で夕食を外食(ラーメン)し、
俺の悪口をメンマ代わりにしつつ楽しんできたようです。
今度は俺が嫁の悪口をおやつ代わりにし、
室蘭までの道中を食い散らかそうかと思っています。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月12日 (木) | 編集 |
週末の天気を気にしながらも用意する俺。

IMGP5907_20120713004224.jpg
IMGP5908_20120713004224.jpg

やっぱりこの時が一番楽しいです。
今日、嫁は女子会・・・オバタリアンの“ワシにも一言言わせんかい”
いちゃもん・因縁をつける会に出掛けていて俺は自由なんです。
自由気ままに、このままお外にテイクオフしたいんですが、
やる事がちょこっとありまして、今回は静かにネットサーフィンで我慢。

ところがネットサーフィンしている内に、
目の保養・本能のおもむくところを見ていたら、
「ご入会ありがとうございます・・・etc~」
変なところに飛んで行ってしまいました。
画面を消しても数秒経つと、
「ご入会ありがとうございます・・・etc~」
セクシーポーズのオネーチャンが現れ、その度に消す、
また現れる、この繰り返し・・・・
コレはヤバイ・・・そんな事を思っていたら、嫁が帰宅して来て、
慌ててPOの画面を切ろうとする俺の手を払いのけ、
『このザビエルハゲ、またロクでもない事しやがって~、
前回で懲りたかと思えば、お前は学習能力が無いのか? ムキッ!』
背後から罵声がマシンガンのように飛んできやがります。
嫁のマシンガントークでハチの巣になりながらも、
PCを一日前に復旧し、
チレイなオネーチャンの悩ましいポーズから解放されましたが、
『あんたは反省が足りないのよ。 明日から禅の道に入りなさい。
ううん、今からでも遅くない。』
何かを決意したようで俺に箱を投げてきやがりました。

IMGP5909_20120713004223.jpg
IMGP5910_20120713004223.jpg
IMGP5911.jpg

『何かの大切な行事がある時は、のぶさんの所で綺麗にして貰いなさい。
今回は反省の意味を含めて、あたしが切ってあげる。
何か文句でもある? もちろん無いよね、あってたまるもんですか!』
何かの三段活用のような言葉で締めくくられ、
『しゃない3mmで我慢するか。』
毛を刈られる綿用羊のように無理やり電動バリカンで薄毛を刈られ、
『実家に行って手動のバリカン持って来ようかしら?
あっちの方が手にフィットとして綺麗に切れるし、
何だか情緒あるんだよね。』
と言いだす嫁。

そう言えばよく嫁の祖父が、
「ちょうどいいところに来た。 髪の毛切ってくれ。」
年季の入った手動式のバリカンを孫にあたる彼女に手渡し、
祖父の髪の毛を切るのが彼女の仕事だった記憶があります。
愛用していた祖父が亡くなってから誰も使う人も無く、
今も実家の納戸の中で出番を待っているようです。
俺が使ってもいいんですが、管理がキチンとされていないと、
すぐに刃がダメになる品物でもあり、何よりも嫁が切ると思うと・・・
一番先に逃げ出したくなります。

今回は仕方なく髪の毛を切らしましたが、
やっぱり俺、長年親しんできた地元の床屋さんが一番安心できるし、
あの床屋さんの雰囲気が何よりも好きなんです。
今度はそう易々と嫁の手に掛るもんか! 何とか逃げ切ってみせる!
まるで鬼ごっこのような感覚で言ってますが、
果たしてヘタレ男の俺、上手く逃げ切れるのか?
ちょっと無理かな・・・段々弱気になってきています。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月11日 (水) | 編集 |
ブログのコメント欄のシークレットに、
「今年は前田の爺さんの話書かれていませんが、
御健在なのでしょうか?」
こんな拙いブログを読んでくれている方から問い合わせがありました。

毎春、このせたな町を訪れ、
子供・孫のタメにせっせとマガレイ釣りをしている前田の爺、
実は今年も彼はやって来ていました。
こちらに来る数日前に、
「ひろしか? 俺だ、前田だ。
鵜泊漁港に入りたいんだが釣れている様だか?」
「数日間いた泊組も今朝、
車の人も見えなかったから帰ったんじゃないかな~?
何日も釣人が居たって事はソコソコ釣れていたと思う。」
入所したい場所と海の状況を知りたくて数回ほど電話を頂いてました。
俺の返事と天気次第で決行をいつにするか決めていたようで、
「場所が開いたって訊いたからすぐに走ってきた。
今回は2~3日の予定だ。
久しぶりだから仕事帰りに顔を出して行け。」
必ず着いたら電話をくれ、遊んでいけと促します。
俺もずうずうしいのでその言葉を真に受けて、
前田の爺の車があるうちは1~2度顔を出す事にしていました。

IMGP5206.jpg
IMGP5208_20120711235335.jpg
毎年頂く自家製野菜の漬け物

前田の爺のお孫さんも大きくなっているのですが、
娘夫婦のタメ、孫の、
「じいちゃんの釣った魚を食べたら他の魚食べれない。」
何よりも、
「美味しかった!」
この言葉が聞きたくて、彼には最高の賛美となるようです。

2回目の来町の時、
「数日泊まりがけで来ていた鷹ノ巣岬の釣人帰ったみたいだ。
珍しい事に今は誰も居ないよ。」
仕事に行く道中で見た事を教えると、
「すぐに移って来た、ありがとうな!」
そして、
「今朝、潮回りもよくて良い思いさせてもらったよ。
今日帰るのに、良いお土産が出来た。」
律儀にもお礼の電話をよこす方なんです。

前田の爺も年相応の行動を取るようになったのか、
「この後、どこに釣りに行く?」
と尋ねると、
「昔はあっちこっち行っていたけど、
今は春の釣りはせたな町の太櫓方面だけ。
後はサケ時期まで竿を出さない。」
と言うと、フッと一瞬暗い顔をして、
「俺の住んでいる近所も高齢者が多くなってきているし、
同僚や同級生もボツラボツラ旅立っているんだ。
俺もいつ呼ばれても不思議ではないと思っている。」
何とも寂しい話をしますが、
いつそのようになってもおかしくない年代となり、
密かに覚悟を決めているかのように俺は感じとれました。

今年も3回ほどこのせたな町の釣場に顔を出し、
その度に連絡をくれ、前田の爺の武勇伝を聞きつつ、
「来年もまた会えますように!」
帰り際に空を見上げ一番星に願を掛ける俺。

来年もまたな、前田の爺さん、それまで元気で!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月10日 (火) | 編集 |
今日仕入れてきたものです。

IMGP5902.jpg

天気予報を見ると木曜日~土曜日まで雨または一時雨模様となる様で、
そうなると海が濁る可能性も有り、海が濁ると遠投出来た者が有利となります。
俺の地元でキス仕掛けを扱っている店は一件しかないので、
ソコに顔を出して来ました。

IMGP5905.jpg

仕事帰りの嫁もやって来て、お店の中を一回りして目についたモノを指さし、
『そこのトップガン買うとしたら負けてくれる?』
「いいですよ。」
どうやら彼女の目力と高圧的な態度におののいた様です。
電卓ではじかれた値段を見た俺、
妖艶な美女にオネダリされた時のように鼻の下を伸ばして、
「そこにあるトップガン全部ちょうだ~い♪」
すぐにレジに持って行っちゃいました。

IMGP5906.jpg

準備出来る期間も後数日、何とか間に合うかな?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月09日 (月) | 編集 |
今週末の仕掛け作り。
IMGP5895_20120709222004.jpg
IMGP5896.jpg
IMGP5897.jpg

自分の分と嫁の分を作っています。
今日は針を手で結んでいますが・・・
あれ? なんだか見づらいぞ~、自動針結び機に頼るのも嫌だし・・・
ちょっとイライラしちゃって・・・
そろそろ老眼鏡が必要なのか?
認めたくない現実、もう少しだけジタバタする事にします。

IMGP5899.jpg
IMGP5900_20120709222002.jpg 

こういう準備している時が、一番ウキウキし、
自作の仕掛けで釣れた時の事を空想するのが楽しいんです。
さーて、明日も空想して楽しもうかな。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月08日 (日) | 編集 |
昨日、俺の勤めている会社が賛同・協賛しているeventの一つに参加してきました。
毎年、この祭りに会社の社員が参加しており、
祭りの参加は個人の自由と言う事になっています。
今までは家庭の事情などから参加していませんでしたが、
今年はやっと参加するめどがたち、最終日に参加する事が出来ました。

IMGP5831.jpg
IMGP5832.jpg
IMGP5833.jpg
IMGP5834_20120709000714.jpg
IMGP5837.jpg
IMGP5838.jpg
IMGP5839.jpg
IMGP5840_20120709000712.jpg

北海道三大あんどん祭り~第30回八雲山車行列

IMGP5841_20120709001556.jpg
IMGP5843_20120709001556.jpg
IMGP5844.jpg
IMGP5845.jpg
IMGP5847_20120709001554.jpg

北海道3大あんどん祭り(八雲、斜里、沼田)

IMGP5849.jpg
IMGP5851.jpg
IMGP5852.jpg
IMGP5853.jpg
IMGP5854_20120709002014.jpg
IMGP5855.jpg
IMGP5856.jpg
IMGP5858.jpg
IMGP5859_20120709002916.jpg
IMGP5860.jpg
IMGP5864_20120709002915.jpg
IMGP5869.jpg

総勢34台の行灯行列の一部です

IMGP5866.jpg
IMGP5884.jpg

ヤバイ、いやらしい中年男の俺には目の毒ですが、
ちょっと得した気分を味わいました。

IMGP5889.jpg
IMGP5890.jpg
IMGP5891.jpg

俺、本場のねぶた祭りを見た事がありませんが、
「この山車、ねぶた祭りの山車を画いている絵師に頼んで画いて貰った。」
と言われているだけあって見事な絵です。
俺、印刷か何か?と思って見てましたが、
↓ 側によって見てみると確かに手画きでした。

IMGP5885_20120709004247.jpg
IMGP5881.jpg
IMGP5883.jpg

ねぶた祭りで思い出しましたが、ウチの娘達、
小学生高学年の時、北海道の各支庁の企画物で支庁から一部援助を受け、
2泊3日でねぶた祭りに参加し踊ってきました。
下の娘が参加した年が最後だったようで、
その後、予算の関係でその企画自体が無くなったようです。
子供達には良い経験だったようで、しばらくねぶた祭りの余韻に浸ってました、
あー、懐かしい思い出です。

久しぶりに祭りに参加してきましたが、後引きの酒の美味い事!
そのお陰で車中泊し、嫁が仕事に出掛けるチョイ前にウチに帰り、
彼女と入れ替わりで布団に潜り込みました。
結局、今日一日ダラダラと過ごし、大半は寝ていました・・・
で、一時帰宅した嫁に見つかり、
『遊んで帰って来たんでしょ? いつまで寝ているの、このハゲ!
気付の一杯とはいかないけど、
気付用にあたしの汗臭い足の匂いでもかんでもらおうかしら?
素晴らしい・・・きっとバラの匂いがすると思う・・・ドブ?』
俺の鼻先に脱ぎたてホヤホヤの靴下を投げつけてきやがり、
しっかり怒られちゃいました。
いったん目が覚めるんですが・・・でも眠たいのでまた寝る・・・
また見つかり怒られる・・・悪循環な一日でした。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月07日 (土) | 編集 |
20120707195303.jpg
20120707195421.jpg

会社の同僚達と、このお祭りに参加し、
暇を見ては溜まっていたコメントの返事を書きつつ、
今は祭りの後引きで飲んでいます。

!cid_01@120707_235737@______F01B@docomo_ne.jpg

久しぶりに、吐くまで飲むような気がする・・・
と言う訳で、酒の海を泳いできま~す。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月06日 (金) | 編集 |
今日も昨日の続きの草刈りに勤しんだ俺。
俺には草花にしか見えないモノを刈っていると、窓の向こうから、
『ソレ、花! 草はそっち。
違うって、その右側が花でその横が草。』
ウチの中から大声で怒鳴っています。
「そんなの分かる訳無いじゃん・・・」
ブツブツ小声で言いながらカマを振る俺。
夕方だから風も止まり虫が発生し、嫁に怒られながらも虫と草と格闘・・・
「ちっきしょう、何でおれだけ。」
今日もウチの中に居るカーテン越しの嫁の姿に、
聞こえないように愚痴ることしかできないヘタレ男です。
疲れた~。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月05日 (木) | 編集 |
今朝、仕事に出掛けようと玄関に向かっていると、
『今日は逃げるなよ!』
“いってらしゃい”の言葉代わりに、すがすがしい朝なのにドスの利いた言葉、
俺の背に投げつけてきやがりました。
朝から物騒な言葉を投げかけられ、ちょっとばかりムッとしちゃいましたが、
まるで俺が何かしでかし、嫁から逃げ回っているような印象を受ける言葉ですが、
決して彼女の気に障るような悪さをした・・・記憶が・・・有る様な無い様な・・・。

仕事から帰って来ると嫁は仕事に出掛けているようで、
玄関にカマと軍手とゴム手袋が置いてあり、
『コレを使って草刈ってちょうだい。
もし逃げるような事があれば、あんたをとっ捕まえて壁に貼り付けて、
サーカスの芸のようにあたしがこのカマをあんた目掛けて投げてやる。
刺さりどころ悪くても責任持ちません、あしからず。』
まったくお茶目と言うか・・・
俺、嫁の手によって壁に貼り付けられた時点で失禁しちゃいそう・・・
そんな姿を想像しただけでも泣いちゃいそうになるので、
草を嫁だと思ってカマを振りまわし草取りに専念する事にしました。

昨日、今日と嫁に振りまわされているようで・・・
「何で今日なんだよ、残った草とるのに何日かかると思っているんだ?
昼間、仕事の合間みてとりやがれ、お菓子ばっかり食べているんじゃねぇー!」
と面と向かって言いたいところですが、
そんな度胸も発言力も無いヘタレ男の戯言・・・夢の中で叫ぶ事にします・・・。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月04日 (水) | 編集 |
年に数回? 数年に数回? 
嫁の気がむいた時に行う大掃除ですが、
不要なモノを捨てる、少しだけ小物の配置を変えるなど、
何を考えているのか分からないが、その時の気分で行うからタチが悪い。

俺が仕事から帰って来ると、
ここ数日の湿度のせいで床が少しだけベタついたのが気に喰わなかったのか、
スチームクリーナーで床を拭いた後、硬く絞った雑巾で拭いた形跡がありました。
肝心の嫁は仕事に出掛けたようで、
居間は途中半端に移動された家具や小物が散らかっており、
強盗にでも入られたのか?とおもちゃいましたが、
どう考えても財産も無い我が家、盗られるモノなんて何もない・・・
コレって考えようによっては情けない状況かも。

嫁が仕事から帰って来るまで30分以上あるので、
ちょっと用事を済ませに出掛けたら、ついつい長居してしまい、
ウチに帰ったら嫁が玄関で仁王立ちしておりました。
俺の姿を見るなり、
『居間の状況見て逃げたでしょう!』
俺には嫁の頭に角二本しっかり生えているのが見えます、
目を擦って確かめますが、立派な角が二本生えております。
ここで無謀にも反抗など致しますと、
俺の居場所、飯が当たらなくなるという罰が下り、
裸でおんもに放り出さ、
『一生帰って来るな!』
と罵倒される確率は500%確定。
このままでは俺の居場所がなくなるのを防ぐ努力、
何とか角を引っ込めて貰うタメに、
蒸し暑い中、仕事よりも神経を使い、嫁の指示通りしっかり働かせて頂きました。
日当? 
そんなモノ請求した日には・・・言わぬのが長生きする秘訣だと思われます。
ヘタレ男は心の中で、
「何で今何だ? 大掃除、今でなくていいじゃん!」
と叫ぶのが精いっぱいなのでございます・・・。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月03日 (火) | 編集 |
静浦漁港からの帰り道、眠気に襲われ、
道の駅でほんの数時間の仮眠の予定が、目を覚ますと外は明るくなっていました。
嫁に起こされるまで俺、太陽の明りさえも気がつく事も無く、
「もう少し寝かせて~。」
彼女に懇願していました。
そんな懇願は嫁のだみ声に払拭され、
『何バカな事言ってるの! あたし達デブには糖分が必要、今すぐに必要なの!
血糖値を上げないと命取りになるわよ。』
どうやらお腹が空いて目を覚ました嫁、
コンビニに寄って朝飯を調達せよと言いたいようです。
時計を見ると午前7時過ぎ、指折り数えると・・・
車の運転席を倒してそこに7時間も寝ていた計算になります。
嫁も助手席を倒して寝ていたので、
『身体のあちらこちらが痛い、変な寝方したからだわ。』
車から降りて軽く身体を伸ばし、ブツブツ1人文句を言っています。
嫁が煩いのでコンビニで朝食を買い、ボチラボチラと帰ることに。

八雲町熊石近辺に近付いた時、嫁が、
『温泉に入りたい。 温泉、温泉、温泉・・・・』
温泉コールを連呼し、俺が行くと言うまで言い続けやがります。
久しぶりにひらたない荘に入ろうと思ったら、
「午前11時~午後10時」
となっており、それならばちょっとばかり寄り道して、
見市温泉にダメもとで行く事になりました。

IMGP5828.jpg
IMGP5809.jpg

俺は初めての温泉ですが、嫁は、
『小学校の時、お盆に集まった親戚と実家全員でドライブに来て入った事があったの。
建物や周りの風景なんて覚えてなくて、
ただ温泉にタオルをつけたら茶色く変色した記憶しかないわ。』
温泉に着くまで思い出を語ってました。

IMGP5816_20120703140011.jpg
IMGP5818.jpg

午前9時から入れるそうで、俺達がここに着いた時は9時数十分前。
そこで旅館に尋ねると、快く「どうぞ!」と言ってくれ、
小躍りするおデブ夫婦、ありがとうございます。

IMGP5821_20120703140010.jpg

↑ 昔は学校や病院でよく見ましたが、今となっては懐かしい体重計、
なかなかお目にかかる事がなくなったブツだと思われます。

IMGP5820_20120703140948.jpg
IMGP5810_20120703135243.jpg
IMGP5811_20120703135243.jpg
IMGP5812_20120703135242.jpg

一番乗りで温泉に入れたので、誰も居ない事を良い事に写真を撮っちゃった。

IMGP5815.jpg
↑ 露天風呂

IMGP5813_20120703135241.jpg
IMGP5814.jpg
↑ 露天風呂から見える景色

IMGP5827.jpg
↑ 温泉の由来

IMGP5822.jpg

9時を回ったようで男湯には次から次へと客がやってきていましたが、
女湯は嫁がいる内は貸し切り状態だったようです。
どうも身体が疲れきっているようで長風呂が出来ず、
30分程度で出て来ちゃいました。
それは嫁も同じだったようで、俺よりは長風呂でしたが、
いつもよりは短い時間だったので訳を訊くと、
『車の中の荷物片付ける事考えたら、ゆっくりしてなんてしていられないと思ったの。
ちょっとあんた、あんたのお陰で車中泊する事になったんだから、
それにさー、釣道具、あんたの担当だし、
もちろん責任もって片付けてくれるんでしょうね?!』
と言うと、ニヤリとイヤらしく笑いながら、
『あたし手伝ってもいいけどさー、
あたしの知らないモノ(道具)が出てきたら根掘り葉掘り訊き出すけどいい?
今から言い訳考えておいた方がいいんじゃない?』
・・・・・顔は平然を装いながらも内心では慌ている俺、
まったく痛い所ついて来やがります、本当にいやらしい嫁です。
はい・・・喜んで一人で後片付けしたとさ、チャンチャン。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月02日 (月) | 編集 |
昨日の続き

まだ少しだけ陽が出ている内に沖防波堤に上がり込んだ俺。
自分では真っ直ぐ歩いているつもりなんですが、
千鳥足で身体が上下に動いている感じがしてなりません。
まだ船の上にいる感覚が抜けず、胃もムカムカしています。

タラ場からの帰りの船の上で、俺は船酔いでオタオタしている中、
「一端漁港に帰るぞー。
俺、家に帰って飯食ってくるから、その後ソイ場でソイ釣りさせてやる。」
陸近くのソイ場を指さして船頭はそう言い放ちます。
俺を含めた数人を沖防波堤に下ろし、船に乗っていたよろめき幹事長は、
「このまま漁港に戻って車の中で寝て待っているよ。
こんなでっかいタラ釣ったし、それで大満足!
ソイ釣りは体力持たないから無理。」
68歳のご老体なので納得した嫁が、
『皆があがって来るまで、近くの温泉でも行って湯船で身体を休めて、
後は車の中でゆっくり寝て待ってた方がいいよ。』
そんな会話をしていました。
俺も本人がそう言うのでてっきりそう思って、
漁港から出て行くソイ釣り行く船を沖防波堤から見送っていると、
1.2.3.4・・・菊りんとウチのクラブの副会長に操船室の側の船頭だけのはず?
でも1人多い・・・誰だ?

IMGP5798 - コピー
赤い丸が今回参加した人達

IMGP5787_20120702135508.jpg
IMGP5789_20120702135508.jpg
暗くなるのを待っています。

IMGP5790.jpg
IMGP5791_20120702135753.jpg

風が変わるようで、それまで吹いていた風がピタリと止みました。
静粛を破る様に、キープサイズのアイナメをゲット。

IMGP5795.jpg
IMGP5797.jpg
この他にハチガラやアイナメを数匹釣っていたようです。

陽が落ちると風も変わり徐々に強く吹き始め出来ました。
俺の隣で釣り座を開いていたナオさん、俺達は暇なのに、
どうしてか彼だけが忙しそうに動き回っています。

IMGP5799_20120702141215.jpg
IMGP5800.jpg
IMGP5801.jpg
ナオさんの竿にトライしてきた魚の一部。

どうやら仕掛けの違い、
いち早くポイントを見つけたかどうかで差を生んだようです。
う~ん、仕掛け、改良せねば!

IMGP5802_20120702145732.jpg
IMGP5803.jpg
IMGP5805_20120702145731.jpg
俺達の魚、写真撮影後、海に帰って頂きました。

段々と風も強くなり、ソイ釣りに出掛けて行った船も戻ってきて、
「コレ以上は無理だ、防波堤から船を離せなくなる。
迎えに行くから仕度して待ってれ!」
撤収宣言され、皆、大慌てで竿を片付けます。
船頭の言うとおり、沖防波堤から船を離すのに、
風に押されて船は沖防波堤にピッタリひっつき、
大の男が数人掛りで棒で岸壁を押してやっと引っ剥がしたって感じでした。

陸に上がると、よろめき幹事長が、
またしても会心の笑みで俺達を迎えてくれました。
話を訊くと、船頭と仲間に誘われるままソイ釣りに出掛け、
ここでも一番大きなソイを独り占めしたようです。
タラ場ではタラ95cm・80cm・60cm×2匹、
ホッケ20匹位、スケソウダラ4匹、ヤナギノマイ1匹、
ソイ釣りでは45cm×2匹・50cm×2匹、マゾイ25cm×2匹、
誰よりも釣っていた事が判明し、タラ場までの行く道中、
船酔いしリバースしたそうですが、その直後、
お腹がすいたのでオニギリと水を飲んだら船酔いが治ったと言います。
その話を訊いた嫁が、
『年寄りだと思って甘く見ていたわ・・・気を使って損した気分。
リバースした直後に腹減ったからって、オニギリ食べれるなんて考えられないわ、
さすがのあたしも負けた、あ~、クヤシイ~。
それでもって人一倍釣るってどういう事? 
それも殆どビギナーズラックだって言うじゃない?!
良く良く考えれば、あの年でSC大会の常連さんって言うのも納得よ。
まるでアレよね、ひょうひょうとしてつかみどころなナイところなんてさ~、
妖怪のぬらりひょんみたいだよね?
今日からよろめき幹事長からぬらりひょんに改名よ!
今回は最初から最後までぬらりひょんにやられまくりよね。』
俺もそう思います。

午後11時ちょっと過ぎ静浦漁港を後にして、各自、家に向かって帰路につきました。
俺も真っ直ぐ帰れば2時間ちょいでウチに着けるんですが、
船酔いを堪能した身体が自分の意思とは裏腹に動き、
途中の駐車場でダウンし、仮眠のつもりが目が覚めると翌日の朝となってました。
その話は明日。

参加してくださった皆さん、今回の企画に乗って頂きありがとうございます。
来年もまた予定(嫁が)をたてるつもりでおりますので、
嫁の餌食にされる可哀そうな人が続出すると思われ、
来年お声が掛った人達、ご愁傷様です。
そんな訳で、来年こそはぜひ松前小島に渡れるように祈るばかりです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年07月01日 (日) | 編集 |
年に一度の秘境ツアーの予定を立てていました、嫁が。
おもだった方々に連絡を入れ、参加の意思を確かめ、
札幌、函館、せたな町から
当日集まったメンバーは総勢13名になりました。

IMGP5768.jpg

ですが、どうも波あんばいがよくありません。
船頭を含めて会議を開きましたが、
「今の島の風速を見ると14m、これからもっと悪くなってくる。
だから渡すのは無理だ。」
と言う事になり、皆がガッカリしていました。

IMGP5769.jpg

今回の交渉役の嫁が、
『そこにある沖防波堤に渡して貰える事は出来ないの?』
から始まり色々とやり取りした結果、彼女の言葉マジックに掛かった船頭、
「東風が強くなり始めたら、早上がりして貰う。」
と言う条件で、目の前に見える沖防波堤に渡ることに決定。

IMGP5770.jpg

嫁の名誉のタメ・・・俺、命惜しいので・・・ここでは詳しく書けないが、
どうやら彼女は船頭を宥め賺し脅かしたようで・・・
そしてこの影には、今までこの船を愛用している函館つるさんのお陰もあって、
「つるさんの仲間じゃ仕方が無いな~、特別だぞー。
他ではこんな事したことが無いし、コレからもする予定はまったく無い。」
と念を押され、諦め顔されところを見逃さずずる賢くつけ込んで、
船一艘丸ごとチャーターし、お店で物を買って貰うまで駄々をこねる子供の様に、
大変無理を言って色んなオプションまでつけさせたようです。
急な仕事で参加出来なくなった函館つるさんですが、
今回も彼の存在なしではこのオプションは成立するはまずもなく、
楽しい釣りが出来る事になり、
彼の存在は本当に大きい・貴重だと思わせる場面でした。
ありがとうございます。

IMGP5771.jpg

松前小島に渡った時の予定では、夜、数人が船釣りをするつもりでした。
船釣りの用意をして来ているメンバーのタメ、嫁が、
『波の影響が無い場所で、
例えばこの漁港近辺あたりでよいので、短時間だけ船釣りさせてくれませんか?』
船頭の顔色を伺いつつ言葉巧みに尚且つ丁重かと思えば、
眼光鋭く有無を言わさぬ態度で交渉し始めたんです。

IMGP5772.jpg

↑↓ 今日も肉体美を披露の晴彦氏
サンオイルを露出している部分に塗り、日焼けしたいようです。

IMGP5773.jpg
IMGP5774_20120701223229.jpg
IMGP5775.jpg

その結果、シブシブOKを頂き沖防波堤に投げ釣り専門の人達を降ろし、
釣り場は船頭任せ。

IMGP5776_20120701215321.jpg
IMGP5777_20120701215320.jpg
IMGP5778.jpg
↑ 嫁の釣座

IMGP5779_20120701215319.jpg
IMGP5781_20120701215317.jpg

狙いは根モノのアイナメやソイ類、夜になるまで我慢の釣りとなりそうです。

IMGP5782.jpg
IMGP5780_20120701215318.jpg

嫁が沖防波堤の上で太陽を浴び焼き豚化している最中、俺は船の上で・・・
「この白波、うねり、風、ヤバイ・・・絶対ヤバいぞ~」
状態に陥ってました。

IMGP5785_20120701224655.jpg

大型タンカーもうねりを避けるように陸近くを走行しています。

IMGP5784 - コピー
拡大すると赤丸の中に小さな棒みたいなものが見えます。
その棒みたいなものが俺達が乗った船です。

そんな中、船頭にお任せの釣場となっているので、
「今日の潮、波、風、うねり加減ではここまでが限界地だ。
ここはタラ場だから、でっかいタラ釣れよー!」
檄を飛ばします。
写真を撮るのを忘れましたと言うより、撮る気力が無く、
ちょっとでも無駄な動きをすると、
深場から揚がってきたタラは浮き袋が口から飛び出しますが、
俺は口をポカーンと開くと、
船の動きに合わせて胃の内容物が逆流して来るのではないかと心配・・・
でも何とか最後まで持ちこたえる事が出来ました。

IMGP5792.jpg

普段は投げ釣り専門のよろめき幹事長さんですが、
この度、知り合いに道具を借りて久しぶりに船釣りに挑戦。

IMGP5793_20120701230914.jpg 

この日、この船で一番大きいタラを釣り、
至福の笑顔・会心の笑みを放っています。
そしてこの後の彼の行動から嫁によって、
よろめき幹事長から“ぬらりひょん”と改名されました。
因みに俺は、タラ場だと言うのにタラには見放され、
ホッケとヤナギノマイを釣らせて貰いました。

沖防波堤に上がり、夜の根モノ狙いにスイッチを切り替えて挑戦です。

この話は明日!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用