北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年08月31日 (金) | 編集 |
ここ数日、猛暑が続いている事を書きました。
夜風は少しずつですがだいぶ涼しい風が吹き始めましたが、
ウチの中は風が入らず、タダ暑いばかりです。
新聞をパラパラ見ていると、いたる所に猛暑の記事が書かれており、
その中で目を引く記事が何個かありました。
その一つに猛暑がもたらす高い海面水温、
その打撃でスルメイカ漁師さんが悲鳴をあげているようです。

◆「いけすイカ」打撃 高い海面水温 帰港前に半数死ぬ
 (北海道新聞 2012/8/31)
【函館】釣ったスルメイカを漁船の水槽で生かしたまま水揚げする函館名物の
「いけすイカ」が、長引く猛暑で打撃を受けている。
水槽にくみ上げる津軽海峡の表面海水温が高いため、
港に戻る前にイカの半数以上が死ぬ船も出るほど、
関係者は頭を悩ませている。
~略~
函館水試によると、スルメイカが生きられる海水温は23度が限界だが、
津軽海峡の表面海水温は29日で25.4度(速報値)と平年より2~3度高い。
8月はしけが少なく、水温の低い深海と海水が混ざらない事も要因という。
函館市漁協は9月から、いけすイカを全国発送するが、
「このままでは注文量を確保できるか心配だ」
と気をもんでいる。

◆マツカワ稚魚 4万匹を放流 八雲漁協(北海道新聞 2012/8/31)

【八雲】八雲町漁業は28日、カレイ科の高級魚、
マツカワの稚魚4万匹を八雲漁港沖で放流した。
マツカワの資源回復を目指し、
道栽培漁業伊達センター(伊達市)が人工受精で育てた稚魚を、
えりも以西の太平洋海域15漁港で年間計100万匹放流している。
この日は同漁業組合員が、
同センターから運ばれた稚魚が入った水槽をクレーンで船に積み、
沖合で次々と放流した。
稚魚は今春の生まれで体長8~10センチ。
体長35センチ以上になる2年後以降に水揚げされる。
八雲町漁協組合長は
「マツカワは一時はほとんど捕れなくなったが、
八雲でも水揚げが少しずつ増え、放流効果は一定程度出ている」
と話していた。

マツカワの記事ですが、つい先日、皆さんに魚拓を見て頂いたので、
思わず親近感を覚え、いつかは自分も大物を釣りたいと願う魚です。
放流事業のお陰でそのチャンスも増えたんですが、
なかなか釣りに出かけられない状況の俺・・・
やっぱり総体的に運がナイ様です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月30日 (木) | 編集 |
昨日、ラジオから、
「道南、二海郡熊石区雲石町で30℃を記録した。」
という情報が流れていました。
知り合いのトラックの運転手さんが、
「アレだよな、太平洋側から峠を越えて日本海側に出ると、
一気に気温があがるのが分かり車内がムッとする。
エアコン、ガンガン入れないと暑さでやられちゃいそうになるよ。」
と言います。
今日は俺の住むせたな町でも、30℃位まで気温が上昇したようです。

HI3H0354.jpg

数日前に知り合いから、
「暑くて融けちゃいそう~。」
そんなメールが届きました。
この数日後、室内の気温が42℃超えしたそうで、
「南極か北極の氷届けてくれ~。 それがダメならアイス差し入れ頼む!」
なんて図々しいメールが届きましたので、
「嫁を貸す。 俺の代わりにしっかり怒られてくれ。
あっという間に涼しくなるぞ~!」
「遠慮する~、まだ長生きしたいもん。」
・・・不人気の嫁です。

天気予報を見る限り、後数日、猛暑が続く様です。

◆残暑続く 小樽32.5度 札幌、きょうも真夏日(北海道新聞 08/29 )

太平洋高気圧が北海道付近に張り出し、勢力を維持している影響で、
道内は29日も厳しい残暑が続いた。
日本海側や内陸部を中心に晴れ、
小樽市など道内33観測地点で最高気温が30度を上回る真夏日となった。
札幌管区気象台によると、最高気温が最も高かったのは小樽市で32.5度。
後志管内積丹町美国の32.3度、留萌管内羽幌町の32度が続いた。
同管内遠別町の30.2度など11地点で今季最高を観測した。
前日まで真夏日が続いていた札幌市は28.9度と若干、
過ごしやすくなったものの、例年に比べると暑くなった。
同気象台によると、30日も引き続き、道内の広い範囲で残暑が続く見通し。
札幌市では、午前中から気温が上がり、再び真夏日となる見込みだ。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月29日 (水) | 編集 |
羅臼特派員M君から、秋の便りPaet2が届きました。

羅臼特派員M君の釣り仲間について尋ねると、
「今日(28日)もこちらの仲間がそこそこ釣ったようなので、
明日また出撃します。
こちらの釣り人は年中鱒系の魚を追いかけている人達が多く、
常にやられます(涙)
明日は負けないよう頑張りますね(汗)」
そんな仲間との鮭釣り、楽しんだようです。

「今日も前回と同じ場所へ
平たいテトラの先に陣取るのですが、譲り合って5~6人の場所です。

朝の3時半から入りましたが、周りの仲間たちが次々上げていくなか、
自分には無当たりがずぅーっと続き待望の当たりは、
竿を振り続けて4時間後の7時半でした。

釣りあげた後2~3投で2匹目ゲット!
その後11時半まで頑張りましたが、当たりもなく終了。
竿頭は7匹と、こちらの鱒釣り師は強すぎです。

20120829123256.jpg

仕事明け直行の釣りでしたが、地元の仲間との楽しい釣りでしたよ。
また、次も頑張りますね。」

きっと羅臼特派員M君の素性を知っている人達は、
「おっ、元気にやっているな~。」
この報告を読んでそう思っているのではないでしょうか?
ぜひ、そんな人達に見せびらかす様に鮭を釣っちゃって披露して下さいな!
羅臼特派員M君、次回も大いに期待していますね!
 
良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月28日 (火) | 編集 |
世間では、暑さも寒さもお彼岸までと言います。
北海道ではお盆を境に、
「お盆が過ぎた途端、夜は秋風が吹いて肌寒いよな~。」
そんな挨拶代わりの言葉が毎年のように飛び交いつつ、
夜には肌に一枚はおるタメに薄手のジャンバーなりカーディガンなど、
持ち歩いていました。
今年は、
「お盆前にあまり扇風機使う機会が無かったのに、
今年はお盆後、フル活動させている。」
なんて言う会話なんです。
それは我が家にも当てはまる言葉で、
先程まで扇風機が悲鳴をあげるのではないかと思われるほど、
長時間回していましたが、その罰が当たったのか、
お腹を冷やし過ぎたようで、猛ダッシュでトイレにかけ込みセーフ。
あーっ、もう少しでヤバかったぁー。
でも、俺の括約筋、まだ大丈夫だったんだと一安心。

内浦湾(噴火湾)で来月から河口規制が掛る川、
今月が規制解除の最後のチャンスとばかりに、
鮭釣りにアングラー達が一喜一憂していると、
知り合いとの情報交換の中でそう言う話を教えて貰いました。
せたな町ではまだ鮭の便りは聴きませんが、
9月3日に漁師さん達の鮭の定置網が海に投入されるそうで、
某所で試しに竿を出している方がいるという情報だけ入ってきています。
彼が竿を出していると言う事は、
数は少ないが姿がチラリと見えた?
と言う事ではないでしょうか。
来月に入ると、あちらこちらの漁港や河口で、
鮭を探しまわるアングラーの姿が見られるでしょうね。
俺・・・皆と一緒になって鮭を追いかけたいんですが、
きっと仕事で鮭を見て終わりの様な気がします・・・残念!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月27日 (月) | 編集 |
羅臼特派員のM君から秋の便りが届きました。
秋と言えば、味覚の秋! とくれば鮭ですよね~。
どうやら一足早く鮭釣りに行って来たとかで、その報告をしてくれました。

「おはようございます。

今朝(27日)、野付半島での釣果です。
あげた後、痛恨の4バラシ・・・・下手すぎです(笑)

20120827084332.jpg

尾岱沼でも今年最高の釣果だったようです。
いよいよ本格化してきました。
ぜひ今年はこちらへ!」

羅臼特派員M君が道南で鍛えた遠投力、
そう簡単に衰える訳がありません。
きっと鮭の食いが甘かったと想像出来ます。
それにしても毎回ながら羨ましい釣果です。
せたな町の鮭・・・これだけ残暑がキツイと遅れそうな予感がしますが、
時期が来ればちゃんと鮭も戻って来るので、
コレばかりは鮭に訊くしかないのかも知れません。

お盆明け、会社にも2回程、
道東のカラフトマスとサケが入荷してきました。
ピカピカのサケを見た時に、
「一匹買って帰ろうか?」
と思ったんですが、値段を訊いた途端、
頭の中で財布の残金を思い浮かべて断念しちゃいました。
まぁ~、鮭の走りなので浜値も高くて当たり前、
もう少し安くなってからでも買うのには遅くないと思いますが、
『買うなら釣れ!』
嫁にドヤされる可能性が高いです。

道東に釣りに行く釣り仲間から、
「向こうで鮭釣ったら病みつきになるぞ~。
なんせ元気いっぱいで、向こうで鮭1匹釣るんだったら、
こっちで楽に3匹相手にできる。
それだけ向こうの鮭、きかないぞ(手強い)~。」
と言うんです。
残念な事に、鮭の獲れる時期、会社も稼ぎ時・・・
あ~ぁ~、定年後の楽しみとするしかないようですね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月26日 (日) | 編集 |
先週に続き今週の日曜日も仕事で、ちょっとばかりお疲れモードの俺。
昨日報告させて貰った魚拓ですが、
今までに何百枚も魚拓を扱っている方に、
目を入れて貰うようにお願いしてまして、今日、取りに行けませんでした。
なので、目を入れる前の魚拓の写真がありますので、
そちらを載せたいと考えています。

IMGP6303.jpg

IMGP6299_20120826225116.jpg
IMGP6300_20120826225115.jpg

我が家にあった1mの定規で計ったモノですが、
コレはあくまで参考でしかありません。

後は理事会に提出され、
正式に計測されてから初めて認定されるかどうか決められ、
承認を得たら日本記録と認定されます。

この魚を釣った方ですが、昨年の秋から大きな魚に恵まれていて、
晩秋には奥尻島サイズのカジカを釣り上げ、
全キスでも他魚の部でアイナメを釣りトップ10入り、
今回はその上を行く大判カレイ、魚運の良い人です。
何とか俺もあやかりたいのですが、運のナイ自分には無理でしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月25日 (土) | 編集 |
札幌サーフさんの例会の釣り大会が8月19日、
襟裳方面(範囲は襟裳港~岬港)で行われました。
その日の夜、札幌サーフさんの菅原会長と大物担当さんから、
「タカノハカレイ(マツカワカレイ)の大物が釣れた。
(マツカワは、カレイ目カレイ科マツカワ属に属するカレイ)
実寸で65cmあるから、ひょっとしてひょっとするかも?」
と言う嬉しい悲鳴の連絡を頂きました。

IMGP6301 - コピー

さっそく釣ったご本人に電話を入れると話し中・・・
時間を置いて掛け直すも話し中・・・
再度挑戦・・・話し中・・・やっと繋がりました。
皆からお祝い・やっかみの電話が殺到していたようです。
嫁も彼に、
『餌は指だよね? それも血が滴る指先だよね?』
「そうそう、身を削ってさ~、痛かったよ。
その甲斐があって、大きなカレイ釣っちゃったもん、アハハハ。」
なんて冗談に付き合ってくれていました。

ここ数年、放流事業のお陰でタカノハカレイが釣れるようになりました。
釣った方との話の中で、
「去年、元クラブ員が73㎝過ぎのタカノハカレイを釣っているんだ。
今年はあちらこちらで大物のタカノハカレイがあがっているから、
今回、色々と情報を仕入れ、タカノハカレイ狙いで釣場を選んだ。
大きなゴロ(イカゴロ=イカの内臓部分)丸のみして揚がってきた。」
興奮混じりで嬉しそうに教えてくれました。
自分の予想では、
「タカノハカレイ、釣れればデッカイからそろそろかな?」
俺以外の誰かが釣るだろうと思ってました。

IMGP6302 - コピー
 
どうやら全サーの、
その他のカレイ部門の日本記録が更新される可能性が出てきました。
魚拓は菅原会長自ら採って下さり、後は目を入れるだけとなります。
目が入ったら本部に送付し、後は理事会で検討され、
それが認められれば承認される運びとなります。
魚拓が出来上がって来たら、皆さんに披露させて貰いますね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月24日 (金) | 編集 |
ここ数年、春先に釣り仲間との会話で、
「ホッケが釣れない。」
「全サーの登録魚のホッケの最低身長の37㎝以上釣るのが難しい。」
と言う話がよく出ます。
実際、投げ釣りでホッケを狙っても、以前ほどホッケが釣れる事も無く、
ホッケの浮き釣りでも苦戦する事もあります。
春先、俺がカレイ釣りに出掛けると、
『カレイは程々の枚数あればいいから、ホッケ釣ってきてよ。』
嫁にオネダリされますが、そのホッケが釣れないって事がよくあります。
北海道の魚と言えばホッケ、鮭が有名ですが、
そんなホッケが釣れないという現実がありました。
コレに危惧した関係者達が、今後の対策が練るようです。


◆ホッケ初の漁獲制限 資源回復へ道や水産庁
 <北海道新聞8月21日朝刊掲載>

漁獲量が低迷するホッケの資源を回復させるため、
道と水産庁は9月、主産地の北海道北部海域
(オホーツク、宗谷、留萌、石狩、後志管内)で、
年間の水揚げを最近4年間の平均より3割減らす漁獲制限に乗り出す。
出漁日を減らし、網の目を大きくするなどの手段を想定している。
2015年夏まで続け、漁獲10万トンの回復を目指す。

道漁連などによると、
海域全体を対象とする大規模なホッケの漁獲制限は初めて。
サンマやスケソウダラで行われている漁獲可能量(TAC)設定のように
法令に基づかず、漁の許可権限を持つ道や国が
漁業者の自主規制を求める形となる。
ホッケ漁獲は1998年をピークに減少傾向が続き、
とりわけ09年以降は急激に落ち込んでいる。
昨年の全道のホッケ漁獲量(暫定値)は、前年比30%減の5万8千トン。
ほぼ通年で行われている漁は北部と太平洋、南部の3海域に分かれ、
このうち北部は毎年8割の漁獲は占めてきた。
昨年の北部海域の漁獲は4万5千トンで全道の77%。
北部海域の漁獲動向が、全体に響く構図だ。

漁の主な対象は0~5歳魚。
道立中央水産試験場(後志管内余市町)によると、
近年は1歳半以上の成魚が減ったため、漁の主対象は0~1歳の未成魚に移り、
資源量が回復しない悪循環に陥っている。
10年夏の猛暑で日本海の水温が上昇したことで、
餌のプランクトン減少などをもたらした可能性もある。
昨秋から現状分析を始めた道と水産庁、道漁連は
「ホッケ資源に対して現状の漁獲量は過大」(道水産林務部)
との認識で一致。

漁業者の所得を大きく損ねない程度の漁獲制限を検討してきた。
漁獲制限の手段として、刺し網の面積を狭め、
操業隻数を減らす案も出ている。
道や水産庁は、具体的な手段は漁業者の意向にまかせる方針だ。
道の試算では、漁獲制限に成功すれば、
3年後の15年ごろには、北部海域の漁獲量は10万トンを超える見通し。
道などは21日~9月上旬、関係漁協に対する説明会が数カ所で開く。
オホーツク管内のある漁業者は20日、取材に
「末永く多くの消費者にホッケを食べて喜んでもらうために
やむを得ないが、経営への影響を考えれば複雑な思い」と話した。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月23日 (木) | 編集 |
ここ数日の残暑のお陰で扇風機と大親友になり、
寝る時も離れるのがイヤで、朝まで俺に涼やかな風を送り続けてくれ、
扇風機の音がまるで子守唄でも奏でているような気がします。
一晩中、扇風機と遊んでいたら身体に悪いとは分かっていても、
♪分かっちゃいるが止められない♪
そんな状況です。
朝からエアコンをガンガン利かせた車で通勤、
会社ではエアコンの利いた工場内での仕事、一歩外に出ると、
「暑っじ~」と自然と言葉が出てしまい、勝手に頭皮から汗が吹きだします。
残暑のお陰で身体がだるく、何とかソレを打破しようとして早々と寝てしまい、
ブログを書く気力まで奪われてしまい、数日サボってしまいました。
それにしても暑いぞ~。

HI3H0346.jpg

コレ↑知り合いが、短期バイトで勤めている場所の室内の気温です。
熱中症にならなければイイのですが・・・。

この間の続き。

HI3H0340.jpg

このイオンの食糧売り場を徘徊していたら、
フランシスコ=ザビエルが頭の上部分を剃ったのは、
神様に一番先に見つけて貰うタメに話ですが、そんな自分の頭を見たある方が、
俺の肩をトントンと叩くんです。

DSC_0070_20120824002519.jpg
DSC_0182_20120824002520.jpg
数年前の写真ですが、俺に声をかけて下さったのは左側に座っている方です。

年に一回会うかどうかなんですが、俺の事憶えていてくれ、
ほんの少しだけでしたがお話させて貰い、
思わず涙が出ちゃいそうになっちゃいました。
広い札幌、沢山あるスーパーの中で偶然にも出会うとは、
何かの縁があったのかも知れませんね。

IMGP6293_20120824003846.jpg

そうそう、上娘がお友達数人と、
ディズニーランドに遊びに行ってきた時のお土産として買ってくれたんです。
はき心地が良くてお気に入りなんです。
この他に沢山の写真のお土産も置いていったんですが、
それはその内にアップするかも?

上娘をアパートまで送り届け高速道路に乗ると、
「新しい抗生物質処方された。 あと、24日の午前中、再診になった。」
と下娘からメールが届いたんです。
嫁と相談して、途中で高速道路を下りて下娘のアパートに寄る事にしたんです。
思っていたよりも下娘は元気でしたが、
ちょっとだけ切ない顔をしており、
親としては心配ですがどうする事も出来ません。
ここでも冷蔵庫の食材を買い足し、下娘と一緒にファミレスで夕食を頂き、
アパートまで送り届けて帰ってきました。

俺のお盆休みはコレで終わりました。
で、次の日、道東方面からカラフトマスと鮭が入荷し残業・・・
やっぱり遊んだ後はしっかり敵を取られるんでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月20日 (月) | 編集 |
お盆休みの最終日の16日、上娘を札幌まで送って来ました。

IMGP6295.jpg

実際には嫁の仕事が終わった15日の午後から札幌へ。

IMGP6296.jpg

お盆の疲れを取るタメ、道路上にあった温泉へGO-!
ここで疲れを癒す嫁、
『電気風呂最高ー! だって入浴料だけでマッサージよ、お得じゃないの!』
疲れが溜まった腰、坐骨神経痛気味だった腰、
どっぷり電気風呂に使ってマッサージしたようです。

IMGP6297.jpg

その後、娘のアパートの近くにできたお店で夕飯を頂く事にし、
話のタネにと思い寄ってみました。
餃子は宅配で配達される餃子と同じ味だったので納得。
他は・・・何でもそうですが、好き好きがあると思います。
後は北海道人好みの味に近づけるかがポイントの様な気がしますが、
俺にとっては嫌いな味ではありませんでした。

IMGP6298.jpg

娘をアパートに送り届け、俺達は嫁の妹夫婦の家にご厄介になる事に。
復興事業で仙台に出向していた義弟も仕事を終え帰ってきており、
色々と仙台の復興事業の様子を酒のツマミとして聞きましたが、
何とも言えない感覚に襲われました。
まだまだ先は長い様です。

次の日は上娘の冷蔵庫の中身補充のタメに買い物。

HI3H0340.jpg

食材を買いに行ったお店の鮮魚である人物に声をかけられビックリ。

この話は明日。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月19日 (日) | 編集 |
お盆休みも終わり、19日は日曜日だと言うのに仕事の俺。
そんな俺の元に、釣りに関する朗報が飛び込んできたのと、
釣り仲間の函館つるさんから、
「俺は12魚種、畑山さんは16魚種釣った~。」
と言う報告が入りました。
釣りに関する朗報は、確認事項が終わったら皆さんに報告できると思います。

さて、函館つるさんの報告ですが、
彼が毎年恒例としている松前小島周辺の船釣りの釣果なんです。
この時期に決まったのは、
函館つるさんの船釣り仲間の畑山さん(ダイワ―のテスター)の、
「メバル釣りたいねー!」
一言で、メバル用の網が引き揚げられた8月に決定したそうです。
18日の正午頃、船に乗るメンバーが集まり次第出発し、
畑山さんご希望の松前小島周辺のメバル釣り場で竿を出したそうです。
この場では、
ウスメバル(エゾメバル)、クロメバル、アカメバルの3魚種が釣れたとか。

松前小島周辺の夜釣りと言えば、ソイ類は欠かせません。
マゾイ、クロゾイ、ガヤ、ハチガラが釣れ、他の方はシマゾイも釣り、
ソイ類の釣果の8割はマゾイばかりだったそうです。

函館つるさんにはヒラメは釣れなかったそうですが、
この場でワームで遊んでいた方にメーター超えのヒラメが釣れ、
周りは騒然となったようです。
道糸がフロロ1.5号ということもあって、
慎重に浮かせタモ入れまでしたんですが、
メーター超えのヒラメに対応するタモが無かった事や、
ヒラメが狂暴だった事もあって、
3回目のタモ入れの時に糸が切れてバイバイしちゃったそうです。
残念でなりませんが、釣った方は、
「遊ばせて貰ったから!」
はつらつとしていたそうです。
ソイ類のアタリが途絶えた事もあって場所位増したようです。

松前小島の真裏の部分にあたる場所で竿を出したそうです。
函館つるさんはここではイナダ(70cm)、ムシカレイが釣れ、
他の方にはコブダイ、ヒラメが釣れたそうです。
その内、うねりが強くなり遂に函館つるさんもダウンしたと言います。

朝になりましたがうねりが強いため帰港する事にしたそうですが、
「沖五目釣りがしたい。」
と言う方がいまして、沖五目釣りもしたようです。
ソコではホッケ(根ボッケ)、タラ、ヤナギノマイが釣れたんですが、
海底から引っ剥がしてきた魚を目当てにサメが突入してきたそうです。
それも水深20m付近まで上昇して来ると、
電動リールが止まるほどの衝撃が襲い、
フッと軽くなると仕掛けごと無くなっているそうです。
ソレを見た船頭の判断で、
「次行くぞ~」
やはりそこでも同じ結果だったようです。

この他に、サヨリが大量発生している場所に出くわし、
ソレも獲ったそうです。
ここであえて書いてませんが、
竿を出した場所ではどこでもアイナメは釣れたそうです。

松前小島付近の海域ではブリ、マグロの通り道があるようで、
この日も船近くで鳥山ができ、ブリが跳ねていたそうです。
狙ってみたそうですが、残念な事に見向きもされなかったとか。
う~ん、この時期の船釣り、これだけ釣れば十分、
ううん、魚が濃い場所だと思われます。
今年は俺、チャンスを逃しましたが、
ぜひ船釣りで根モノ狙いたい場所でもあります。
あ~あ~、俺も釣りた~い。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月18日 (土) | 編集 |
霊感の無い夫婦から生まれた娘なんですが、
時々ですが、自分だけ不思議な音を聞いたり、
居ないはずの人が見えたりするようで、そんな話を書いてみました。

娘が小学生の時に、祖母方の実家に遊びに行った時のことです。
皆が居間でくつろいでお茶していると、
仏壇のある部屋の戸の開け閉めする音が聞こえてきたので、
娘が振りかえるとキチンと戸が閉まっており音も止みます。
アレ? あたしの聞き間違いだったんだと思いこみ、
何も無かったように雑談の輪に加わると、
「ドン・バタン」
と戸が開いたと思ったら閉まる音がして振り返ると、
開けた様子が見当たりません。

一緒に来た祖母や俺達、そこの家族は何事もないように雑談しており、
その音は娘だけに聞こえているようで、仏壇のある部屋の方を何度も見ても、
キチンと戸が閉まっていたそうです。
娘は、
「何度も振り返って見るんだけど、
あたしが皆の方を向くとまた戸の開け閉めの音がするんだよね。
何で他の人に聞こえないのかな~?」
その音は、俺達が帰るまで鳴り響いていたそうですが、
幼心に自分だけの空耳だと思い、ひた隠ししていたとかで、
つい最近、その事をやっと話したそうです。

この話を娘にもう一度確かめると、
「小さい時から、ばあちゃんのばあちゃんの家に行くとさ、
バッタンバッタンって戸が開け閉めした音がズ~ッとしていたよ。
皆にも聞こえていると思ったんだけど、
皆平然な顔して座っているからさ、不思議に思ったんだよね。
自分一人が挙動な行動しているから、
変な奴って思われていたんじゃないかな~?」
と言うと、
「ちゃんと聞こえていたんだよね?
もしかして、お父さんもお母さんも聞こえていなかったの?」
そう尋ねられたから、二人して首を横に振ると、
「えっ? あたしだけ?」
驚いた顔をしてました。

今はあまり行くことが無い祖母の実家なんですが、
時々訪れると、下娘にだけ、
「バタン・ドン」
誰かが戸を開け閉めする音が聞こえ、
つい先日も・・・聞こえたそうです。
重い口を開いた下娘の話を聞いた祖母は、
「もしかすると○○○かも。 
小さい時に肺炎で亡くなっている弟がいる。
何となくなんだけど、まだあの家に居ると思う時があるの。」
と言い、
「姿を見せてくれれば、いくらでも話相手になるんだけどな~。」
亡き弟を偲んでいました。

ある年の夏休み、祖母の家に遊びに行った時の事です。
外で仕事をしていた祖母を見つけた娘は、
敷地内にある砂利道まで行き、そこから、
「ばあちゃん」
と声を掛け、その声に反応して祖母も孫娘の姿を見つけ、
互いに砂利道まで歩み寄り、そこで立ち話をしていたそうです。
ところが娘の後方からグレー色の服を身にまとった男の子が、
走って通り去るのが見えたそうです。
従兄弟だと思っていたので、気にも留めていなかったのですが、
フッと祖母宅を見ると家の前で従兄弟が猫と遊んでいます。
着ている着衣がさっきの子と違うので、不思議に思った娘は、
「さっき、あそこの道走ってなかった?」
従兄弟の側に行き尋ねたところ、
「ううん、ずっとここに居たよ。」
と首を横に振りながら答えを貰ったそうです。
・・・そう言えば、砂利道を走っていたのに、
砂利を踏みしめる音が一切しなかった・・・
えっ、あの子は誰?・・・なんて事もあったそうです。

鈍感な俺達夫婦の子供として生まれたのに、
我が家の七不思議の一つです。

合掌!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月17日 (金) | 編集 |
よく虫の知らせと言う言葉を聞いたことがあるかと思います。
今日は下娘に「虫の知らせ」と言うべき出来事が起きた話しです。

ある時、綬業移動で教室を渡り歩いていた時、
同級生とワイワイガヤガヤと楽しそうに、
学校の階段の手すりに掴まりながら、階段を昇って行ったそうです。
話しに夢中になりながらも、
足元に気をつけ階段の手すりに片手を軽く添えながら歩いていると、
「アレ? 誰の手?」
慌てて自分の手を確かめ、自分の手を置いてあるちょっと前に、
同じく手すりに掴まる手だけ見えたそうです。
一瞬、目の錯覚だと思ったそうですが、
「へぇ~、一緒に昇って行くんだ~?」
階段を昇りきるまでその手は見え、昇りきった時には消えたそうです。
本人は、
「怖いとは思わなかったけど・・・また・・・自分だけ見えたんだぁ~。」
諦めの境地だったようです。

ある夜、寝ていた時の話です。
何気なく真夜中に目が覚め、自分の寝ぞうの悪さに呆れたのか、
布団を直してもう一度寝ようと考えたそうです。
横着な娘は、寝たままの体制で足で蹴飛ばして毛布を直そうと思ったようで、
毛布の様子を見ようと布団の中を覗き込みました。
「1.2.3脚、う~ん、寝ぼけているな~。」
もう一度数え直してみても、自分の脚が2脚、それに添える様に1脚、
何度数えても3脚あるんです。
寝不足はお肌の大敵と思ったのか、布団を直すのを諦めて、
「疲れているから見えたのかも?」
と自分に言い訳しながら寝てしまったそうです。
「怖いと思わなかったけど・・・誰の脚だったんだろうね?」
あっけらかんとしていました。

こういう事があった次の日、偶然にも、
自分を可愛がってくれた身内が亡くなったという事が何度かあったそうです。
そして子供心で悟ったようで、
誰かの身体の一部が見えた時は身内に不幸な出来事があって、
「あー、知らせに来てくれたんだ・・・」と。

合掌!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月16日 (木) | 編集 |
俺も嫁も霊感ってモノに恵まれておらず、
当然、そんな夫婦から産まれた子供達にも、
そんなモノが授かっているとは思えません。
しかし、どういう訳か、下娘は時々ですが、
不思議な光景を目撃するそうです。
今日はそんな話です。

彼女が高校生の時、学校の授業中の事だったそうです。
ある科目でPCを使う事になり、教室移動し授業を受けていました。
娘の席は教室の一番後ろ、何を思ったのか、フッと後ろを振り向いた時、
そこには机に顔を伏せて寝ている学ランを着ていた男の子が居たそうです。
娘はその風景を見て、
「この子も受験勉強で疲れているんだな~?!」
と思ったそうですが、
「あれ? アタシの席一番後ろだよね?! 横は◎○だし・・・
あんな奴、このクラスに居たっけ?
今は夏、制服は夏服だから、学ランって可笑しくない?
それに机にあるはずのPCもなかったような気がするんだけど・・・?
振り向いた時PCが邪魔でうつ伏せになっている姿・・・
あれ?・・・はっきりと分からないよね?」
と思った瞬間、授業時間なのに確かめずにいられず、
後ろを振り向いたそうです。
そこには、男の子どころか机もなかったそうです。
それって、真夏の日中の白昼夢だったのでしょうか?

そして、この教室のある一部の場所は、
他の人は何とも感じないそうですが、
自分にとってはとても近かづくのさえ嫌な場所があると言います。
もちろん、この事は同級生には黙っていたそうです。
この他にも学校で色んな不思議なモノを見たようですが、
楽しい高校生活を、自分の一言で、
恐怖に陥れるのを回避したと言います。

後日談ですが、クラスメートとの会話の中で、
「ねぇねぇ、笑わないでね?
あのね、私ね、あの教室の掃除用具が入っている所から、
ちょっと行ったところに引っ込んでいる場所あるでしょ?
あそこを通る度、小走りになっちゃうんだ。
何だか誰かに引っ張られちゃうような気がしてならないの。」
という女の子がいたそうで、中には
「うんうん、あたしもそんな気がしてならないの。」と同調する子、
「へぇ~そうなんだ?」と半信半疑な子、
まったく興味の無い子などがいる中、娘はあえて何も語らなかったそうです。
理由は何も語りませんが、子供なりに色々とあるようです。

う~ん、子供は子供なりに気を使って生活していた様です。
そう言えば、俺も同じ高校を卒業したんだけど、
その時にも色んな噂話がでていたなぁ~。
でも、アレは古い校舎で今は新校舎の違いはあれども、
学校と言うところは本当に不思議な事があるようです。

合掌!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月15日 (水) | 編集 |
今日は嫁が体験した話を書かせて貰います。
嫁は俺同様、霊感も何も感じることがない体質なのですが、
ただ、そういう性質の方といると、ちょっとした事があるようです。

ある日の夕方、嫁はある方のところへ遊びに行った時の話です。
ある建物で行われた会合が終わったあと、
その建物のエレベーターの側のイスのところで、
その方とおしゃべりしていたそうです。
そこで世間話に華を咲かせていると、
それまでこうこうとついていた蛍光灯が、一ヶ所だけ点滅したのです。
すると、嫁達の座っている側のエレベータがウィーンと動く音がして、
ガタンと扉が開く音がしたのです。
そのエレベーターは、嫁がそこで話している間中、
1階のランプをずーと示しており、扉も開くことがなかったのです。
嫁が驚いて、
『エッ、なっ、何? 今の音、何?』
と怯えた声で訊くと、ある方は嫁を見据えたまま、
「アレは挨拶にきたの。」
と平然と言います。
『挨拶って誰によ。 あ、あたしにじゃないよね?』
嫁がビビっていると、
「それはね、この土地というかこの建物にいる人が、
ここにいるよーって来ただけだと思う。」
淡々と言います。
『ソレって男の人? 女の人?』
「男の人だと思う。」
嫁は怖いもの見たさというか聞きたさでいっぱいだったそうで、
次から次へと質問したそうです。
「こんなにはっきりとした意志表示は初めて!
きっと、一人だとビックリするから、二人の時を見計らって来たんだと思う。」
と言ったそうです。
嫁は、当分、一人でここのエレベーターに乗れないと思ったそうです。

この日の会合の準備をするタメ、何度かこの建物に足を運んだこの人は、
一人でいる時に限って、蛍光灯の色のトーンが暗くなったり、
男の人の声が聞こえたりしたそうですが、
自分に危害を加えるようではなかったので、
たいして気にも留めていなかったそうです。
この日の前日の夜も、この会場に足を運び、
準備のタメに2階の階段の踊り場付近に差し掛かると、
目の前には大きな柱というか扉みたいのが立ちはだかっていたそうです。
現存するモノではないことは分かったので、
それを通り抜けてまた階段を上り振り返ると、まだそれは見えてたそうです。
「電気をつけたら見えないわ。 暗闇の中の存在するものだもの。」
と言うので、その場所を嫁は目を皿にして見たのですが、
まったく見えなかったようです。
その方は、
「きっと、霊道だったと思う。」
とさらりといいます。

この方が、違う場所で散歩している時にも、
丘の上から自転車に乗って降りてくる音がしたので、
ぶつからないように路肩に寄ったそうです。
音は聞こえているのですが、いつまでたっても、
自転車は降りて来なかった事があったそうです。
その時、背筋がゾーとしたので、
足は早ばにそこから逃げるように帰ったと言います。

つい最近、ある建物でも不思議な事があったと言います。
夜、仕事を終わらせ帰ろうと廊下を歩いていたそうです。
フゥッと窓を見ると、
誰もそこには入れない場所に女の人が立っていたと言います。
その光景は足元から上半身にライトを当てたような感じで、
女の人は青白い顔で下をうつ向いて立っていたそうです。
よくTVなどの心霊特集で出てくるような感じで、それを見た瞬間、
「あら、見ちゃったわ。」
感嘆にいいます。

こうゆう力がある人は大変だと思います。
もし、俺が嫁と同じ現場に居合わせたら、
気を失っているか、気がふれるかのどっちかだったでしょう。
あー、良かった、その場に居なくて!

合掌!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月14日 (火) | 編集 |
今年もこの時期が来ました・・・暑い夜に少しでも涼んでくれれば幸いです。
今日は下の子供が、お盆の夜に不思議な出来事に遭遇した時の話です。

数年前、祖父母の家に泊まった時のことでした。
嫁の弟妹が勢ぞろいし、
祖父母の家は孫を含めて賑やかに宴を開いておりました。
俺達は隣町に住んでいるので、夜はウチに帰ってきていましたが、
上の娘はバイトの関係で一緒に帰宅し、
下の娘はそのまま泊まることにしました。

時間としては、夜の12時ちょっと前だったそうです。
見たいTVもおおかた終わってしまったので、
トイレに行って寝ようと考えました。
娘が泊まった部屋はトイレから離れており、
廊下を歩いて行かなければなりません。
夜は電気も消えているので、
いつものように月明かりを頼りに歩いて行ったそうです。
ただ一か所だけ、廊下の曲がり角だけは小さな明かりがついており、
そこを曲がると違う廊下に繋がる場所の横にトイレはあります。
用を済ませ、部屋に帰る途中、違う廊下から娘の目の前を、
ほのかに光をはなつ物体が通り過ぎました。
それは、白いワンピースと言うかネグリジェぽい服を着た
腰まで髪の毛がある細見の綺麗な女の人だったのです。
娘はそれをボーと見とれていましたが、
フッと我に返り、その女の人の行き先を見たと言います。
娘の行こうとした廊下を歩くのではなく、
エスカレータに乗ったように移動して、
裏玄関をすり抜けて外に出て行ったそうです。

娘の泊まった部屋は裏玄関の横にある部屋だったので、
さっきのあの女の人の事が気になって仕方がなかったと言います。
が、そこはまだ子供なので、
いつの間にか寝てしまったようです。
翌日の朝食の時、昨夜の事を話しましたが、
宿酔い皆は、夢だの見間違いだのはやしたてますが、
娘は見間違いなんてしていないとじょっぱります。
それを聞いた嫁は、
『あれは、私の本当の姿よ!
あんたを産む前のメーテルのようにきれいだった頃のあたし!』
と、説き伏せたそうです。
が、子供は一瞥(いちべつ)をくれて無視したそうです。
今も子供は、その時の事を鮮明に覚えております。

そしてこの話を今年、下娘が祖母に話したら、
「私も過去に一度だけ見たよ。
白いワンピースと言うかネグリジェぽい服を着た女の人でね、
顔までは見えなかったけど、
腰まで髪の毛がある細見の綺麗な女の人だったと思う。
その時は床の間から裏玄関、西から東に向かってスーッと動いて行ったわ。」
・・・同じ人物なのでしょうか?

後日談です。
この話を嫁は知り合いに話しました。
その方は、人より何かを感じるそうです。
この話をしている時、ビックリしたように、
「今、誰か来たよね?」
嫁に尋ねたそうです。
『誰も来なかったと思うけど、誰か来た?』
と訊いたら、
「男の人の声が聞こえたんだけど・・・」
ドアを開けて外を見回しました。
『それって、あーとかうーとか言っていた?』
嫁は興味深々で訊いたら、
「その中間の声。」
と言うではありませんか。
その声は偶然にも嫁にも聞こえたので、
『ふ~ん、じゃー、私の空耳じゃなかったんだ。』
と平静を装っていましたが、内心、
『やだよ~、聞いちゃったよ、コワいよー。』
と思っていたそうです。
「こんな話をしていたから、きっと、誰かが通ったんだね。」
と淡々というその方でした。

嫁も俺同様、霊感も何も持ち合わせてませんが、
彼女は第六感が働くのか、通るのに嫌な場所とかあるようなのです。
そして、怖いくせに、こうゆう話がコーラの次に大好きなんです。
お陰で俺も、大分こうゆう話には慣れたのですが、
やっぱり怖いです。

合掌!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月13日 (月) | 編集 |
昨日からお盆休みに入った俺、嫁は11~15日まで仕事、
上娘も今日帰省しましたが、下娘が帰省出来ずにいます。
以前、鼻詰まりで室蘭市では有名な個人病院に掛った時に、
アレルギー性鼻炎という診断でした。
夏休みに入ってから札幌で国家試験対策のゼミに参加し、
その足でコレから就職する予定の函館の病院数件見学し、
その間、常に鼻水と咳が出ていたんですが、
本人もアレルギー性鼻炎だと思っていたので、
いったんアパートのある室蘭に帰りました。

その夜、熱が出て、
「風邪だと思うから、明日、学校付属の病院に行ってくるわ~。」
と言うメールを頂いてましたが、嫁の携帯に
「朝から点滴。 明日の朝も病院。 
ちなみに重度の副鼻腔炎。 16日も朝から病院。そのため、帰れません。」
抗生物質による細菌除去を行うそうで、抗生剤も頂いてきたようです。
点滴と抗生剤で様子を見て、もし改善されないようでしたら、
手術となると言う説明を受けてきたそうです。
俺はとても心配で何度も電話をすると、
「落ち着いて寝てられない!」
と怒られる始末です。
様子を見に行くにも、
「俺、様子見に行こうかな~?」
というと、嫁が呆れ顔で、
「ご飯仕度も出来ない人が行っても、かえって娘の手を煩わすだけだから、
黙ってウチに居なさい!」
嫁の仕事が一段落しない限りちょっと行くのは無理ぽっいです。

今日、帰省した上娘と動画の話で盛り上がったんです。
以前から、
「60歳になっても歌の上手い人は衰える事ないんだよね?!」
上娘に見るように薦められ、
一度聞くとメロディーが耳に残るんで何度か見た動画なんです。

今日、YaHooニュースでも紹介されていました。
ちょっと気になったので載せておきますね。



良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界  
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月12日 (日) | 編集 |
俺のブログは自分の健忘録も兼ねています。
で、書き留めておこう思って、
写真だけ撮っていてほったらかしにしていたネタが、
次から次へと出てきましたので、しょぼいネタですが、
一気に書き留めておこうと思います。

20120727073835.jpg
20120727073735.jpg

先月(7月)の27日、朝、会社で仕事していると、
「なんだ? あの煙・・・アレって○○の会社の私有地だよな~」
俺の勤める会社の隣のある会社の倉庫から煙が出ています。
皆で会社の敷地内で見ていると、
「ドン!」何かが破裂する音がしたと思ったら、一気に火があがりました。
その後、消防が来ましたが火のまわりが早くて倉庫は全焼となったようです。

20120727074053.jpg
20120727074136.jpg
20120727074533.jpg

変な話し、火事ってマジマジと見る機会がないので、
消防車や隊員の動きなどを見て、子供の頃に憧れた職業、
マジ格好イイって思っちゃい見入ってしまいました。

話は変わって、

IMGP6279.jpg

毎年、キスを釣って来たらお裾分けしている方から、
今年も手作りジャムを頂きました。
俺、プレーンのヨーグルトにジャムを乗せて食べるのが好きなんです。
このジャムも頂いてからもう半分くらい食べちゃっていて、
残り少なくなってちょっとだけ名残惜しいんです。
それだけ俺の口に合うジャムだってことです、ありがとうおばちゃん!

つい先日、就職活動中の下娘を迎えに函館まで行き、
室蘭まで送って行きました。

IMGP6286_20120812234247.jpg

看護師の国家試験は来年2月なのですが、
その前に勤めたい思う病院を自分で探し、アポを取って病院見学するそうです。
人気のある病院は見学日には沢山の看護学生が集まっているそうで、
後は自分にあった病院を探しだし、正式に試験を受けるだけだそうです。

IMGP6288_20120812234246.jpg

今回、下娘は4病院を訪れたそうで、
後は本人の合う・希望する病院を受験するだけです。

IMGP6290_20120812234245.jpg

お盆明けには看護模試も控えているらしく、
「本場の試験(来年の2月)まで時間がない。」
と泣きごとを言ってました。
我が家で運だけは人一倍持っている下娘、本人も、
「あたしの取り柄は運が良い事! 運だけでここまで来たんだから~」
自他共に認めている運の持主。
その運を信じて宝くじを買ってもらいましたが、
どうやら、その運は下娘にかかわる事しか利かないようです。
俺にもその運があれば・・・善からぬ考えが・・・煩悩だらけです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月11日 (土) | 編集 |
IMGP6211.jpg

この日のキスの釣れる場所は3~6色だと言うので、
俺もソレに標準をあてて狙っていました。
ところがFC投人の田村会長は1色で連釣り、
それに比べ俺は6連に3匹と情けない状態でしたので、
田村会長の真似をして釣りをしたんですが・・・
どうも彼のようには行きません。

IMGP6212.jpg

手取り足取り田村会長から手ほどきを受けると連で釣れ、
俺もいっぱしのキス釣り人に見えるから不思議です。
教えて頂く事は目からうろこ状態で、
自分が凄く無知だった事が分かる瞬間でもありました。
ありがとうございます。

IMGP6218.jpg

この日の十三湖河口からサーフの海面には、
何かに追いかけられたイワシの群れが見られ、
ところどころの砂浜にイワシが打ち上げられています。
ちょっと沖でも鳥山が出来るなどし、
「失敗した、あの範囲なら射程内だよな~、
ジグ持ってもってこえばよかった!」
一人反省、いいえ、鮭狙いで遠投好きする奴らならそう思った事でしょう。
俺の釣り仲間は遠投大好きなので、
鮭のタックルで投げても皆が楽勝で届く範囲、嫁はギリギリかな~?
鳥山目掛けてミノーなりジグを投げると、
面白い釣りが出来るように思われます。

IMGP6222.jpg
IMGP6231.jpg
IMGP6232.jpg
IMGP6233.jpg

島ちゃんプロデュースに集まった仲間達

IMGP6221_20120811005641.jpg

今回、↑この人が面白い魚を釣りました。

IMGP6234.jpg
IMGP6235.jpg
IMGP6236_20120811005640.jpg

嫁が、
『きゃぁ~、ムニエルよ。 活きのいいのってどんな味がするのかしら?』
と言いだしたんです。
普通は魚の名前、舌平目と言うと思うんですが、
彼女の場合は料理名が先とは・・・
やっぱりと言うか当然のことのように思えるから不思議です。
俺も初めて舌平目の姿を見て驚いたんですが、
実はこの日、もう1匹、田村会長も釣ったという話です。

IMGP6225.jpg
IMGP6223_20120811010610.jpg
IMGP6224.jpg

↑どうやらスズキ狙いの様です。

IMGP6226.jpg
IMGP6227.jpg

↑こちらは夜通しの釣りのようで、チヌ狙いだそうです。

IMGP6238.jpg
IMGP6239.jpg

陽も段々と高くなり場所移動する事にしたんです。
その前に、キス用のクーラーが壊れて、
自宅に有ったクーラーで間に合わせした方がいらしゃったんですが、
氷の持ちが悪く十三湖の近くの餌屋さんに氷を買いに行って来ました。

次の釣場は先程の場所から5Kmくらい離れた場所(北上した)で、
「朝の内ならヒラメ狙える場所だよ!」
だそうです。

IMGP6246_20120811085824.jpg
IMGP6242.jpg
IMGP6243_20120811085826.jpg
IMGP6244.jpg
IMGP6245.jpg
IMGP6249.jpg
IMGP6241_20120811085827.jpg
さすが田村会長!

これだけ陽が高くなると遠投有利となりますので、
俺も頑張って投げてみる事にします。

IMGP6247_20120811090824.jpg
IMGP6248.jpg
IMGP6251.jpg

でも体感温度は段々と上昇してきたので、足元を冷やす事にしたんですが、
海水がぬるい!

IMGP6252.jpg
IMGP6253.jpg

で、ここでの俺の釣果はサバ

IMGP6255.jpg

少しの時間ですが、皆でおしゃべりタイム。
この後、田村会長と須田氏と別れてフェリー乗り場へ。

IMGP6257.jpg
IMGP6258.jpg
その前に腹ごしらえ。
IMGP6260.jpg


フェリーに乗り込むと自然と眠気が襲い、一人一人と眠りに落ちていきます。
IMGP6261.jpg
IMGP6263.jpg
IMGP6264.jpg
IMGP6265.jpg
IMGP6267.jpg
IMGP6268.jpg

寝ていたらいつの間にか函館に着いていました。

IMGP6269.jpg
IMGP6270.jpg
IMGP6271.jpg
IMGP6272.jpg
IMGP6273.jpg

諸事情で今年度で島ちゃんプロデュースのキス釣りは解散?し、
来年度からは“おーい、中村君”プロデュースのキス釣りに変更する予定です。
理由は嫁が述べていたように、何年ものの間、
大人になりきれない大人がいた事で皆が我慢を強いられて来ましたが、
『単独行動しかできない奴は来るな! そばに寄るな!』
遂に彼女が爆発しちゃったんです。
じゃ、ソレだったら一端解散し、新たに仕切り直す事にし、
今まで散々お世話になってきた、
島ちゃんの肩の荷を降ろしてもらおう事にしたんです。
で、来年度からは島ちゃんにはキス釣りを楽しん貰うために、
無条件で参加して貰い、責任者は違う人ってことにし、
で、嫁の判断で・・・“おーい、中村君”に白羽の矢が当たった訳です。
あ~あ~、また犠牲者が・・・可哀そう・・・。
上記のある方が嫁の琴線に触れた事によって、俺への怒りはいったん収まり、
自分としては安堵する一面もあり、ちょっとだけラッキーかも。

IMGP6281.jpg
IMGP6284_20120812063513.jpg

楽しかった俺達のキス釣りの旅も今年度は終わり、
来年はどんな感じのキス釣りになるのか楽しみです。
期待しているよ、“おーい、中村君”!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月10日 (金) | 編集 |
一昨日の続き。

フェリーに乗り込んだ俺達、嫁は島ちゃんと内密話。
で、ソレをダンボの耳の様に立ててタヌキ寝入りで聞いていたW氏、
「Wさん、口元が段々ニヤケてほころんできているよ。」
と指摘する島ちゃん。
嫁が、
『そりゃそうよ、人の不幸は蜜の味がするじゃない~』
口には出さなかったようですが、そう思ったそうです。

IMGP6193.jpg

W氏の横でタヌキ寝入りしている俺、島ちゃんが言うには、
「男には黒か白かなんだけど、女にはグレーゾーンがあって、
男にとってはセーフ、でも女にとってはアウト、この差なんだよね。
俺にも経験あるからよ~く分かるわ。」
さすが女に関しては百戦錬磨と言われるだけ有ります。
なぜ嫁がアレほど怒っていた理由が、今更ながら分かった気がしました。
なによりホッとしたのは、島ちゃんにも同じ様な経験があった!
俺だけが異常でなく男なら一度や二度、そういう経験があり、
女はそれを許せるか?許せないのか?につきると自分勝手にそう思うんです。

IMGP6194.jpg

結論は、
「弘司は自分ではセーフだと思っているんだけど、○○○ちゃんにとってはアウト!
それは周りから見てもアウト!
やっぱり弘司、お前が一番悪い! 
何でも素直に言えばイイってもんじゃない、言葉を選んで話した方がいい! 
こういうことを言えば相手が傷つくんじゃないのか?
って言う配慮をまったく考えていない。」
結局、俺が一番悪い・・・みたいです。

IMGP6195.jpg

土曜日の午後からマダイ釣りの船に乗る予定で、
先発隊として現地入りしていた函館つるさんと小川のおんちゃん、
I氏が迎えにきていました。
レンタカーで向かった先は十三湖の河口。

IMGP6198.jpg

一度は釣ってみたい竿を出してみたい場所だったので、
少しばかり小躍りしちゃいました。

IMGP6199.jpg

この場所を選択した理由を訊くと、
「昨日、真鯛釣りの船出れなくてキス釣りに変更したんだ。
あっちこっち釣りしたんだけど、海の濁りがひどくてさ、
波も有るし風も向かい風で投げるのに苦労したんだ。
そこでFC投人の田村会長(全サーの青森協会長)に電話で釣場を訊いたら、
ここ薦められたんだ。」
と言う訳の様で、日曜日に田村会長達も釣りに十三湖に訪れるとのことです。

IMGP6200.jpg
IMGP6201.jpg
IMGP6202.jpg

IMGP6203.jpg
IMGP6204.jpg

昨年は数釣りができましたが、今年は型釣りが出来そうです。

IMGP6205.jpg
嫁の釣ったキス
IMGP6206_20120810084724.jpg

今回の平均サイズは20cm前後ばかりが揃っています。

IMGP6217_20120810085702.jpg
IMGP6220.jpg
IMGP6219.jpg

最初はルアー竿でヒラメ狙いしていた嫁でしたが、
ワームからキス仕掛けに取り替えキス釣りをした途端、小型、
殆どが5cm未満のヒラメの下にフグが6連ちゃんで釣れ、
『キェー、こんな小さいヒラメが釣りたいんじゃない、ムキッ。』
ブッたれた顔をしてました。

IMGP6216.jpg
IMGP6215_20120810090803.jpg
IMGP6214_20120810090801.jpg

俺もボチラボチラとキスを釣っていたら、
FC投人の田村会長達も到着し竿を出し、良型をボコボコ釣ってます。

IMGP6207_20120810091212.jpg
FC投人の須田氏
IMGP6208.jpg

IMGP6209.jpg
FC投人会長 兼 全サー青森協会長の田村氏
IMGP6210.jpg

そして俺、田村会長に、
「キス釣り教えて~!」
今にも泣きそうな顔で懇願し、教えを受ける事にしたんです。

長くなるのでこの話は明日!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月08日 (水) | 編集 |
IMGP6191.jpg

年に一度の島ちゃんプロデュース、
「青森でキスを釣ろう!
特に俺だけ(島ちゃんだけ)がサーフから遠投で沢山釣れれば最高!」
のキス釣りに参加してきました。
島ちゃんから、
「今年も行くよ!」
と誘って頂いたのは嫁の逆鱗に触れる前の事で、
二つ返事で参加を決めたんです。
ところが嫁を怒らせてしまい、
『あたし行かない! あんたとは絶対に行かない!』
と言いだし、ほとほど困った俺。
約束した日にちが近づいて来ても、嫁の態度は一向に変わる事がなく、
どう説得するか悩んでいたら・・・・・
もっと嫁を怒らす原因を、自分自身でも気がつかない内にしでかし大ピンチ。
釣り仲間には、
「あんな弘司ほっといてさ、○○○(嫁の名前)ちゃんだけ参加しなよ。
みんな、あんたの味方だよ。」
・・・俺、そんなに悪い事したつもりないんですが、
どうやら自分の感性がズレまくっていたようです。

IMGP6189_20120808234732.jpg
IMGP6190.jpg

出発当日になっても嫁の気持ちは変わる事がなく困った俺、
とっさに出た言葉は、
「車の中でじっくり話聞くから~、車の中なら俺、逃げる事も出来ないし、
答えをはぐらすような事もしないから~!」
散々、問題から逃げまくっていた俺、覚悟を決めました・・・
決めた振りだけしたんです。
コレもキス釣りにタメ、
聞きたくないお小言は右から左へと流すつもりだったんですが、
『真実を話さない限り車にも乗らない。』
と言いだしやがるんです。
真実と言われてもな~、当の本人は嘘は言っていないつもりなんですが、
傍から見ると「すごくフザケタ奴」に見えるようで・・・取りあえず、
「真実を言うから!」
嘘ぶいて嫁を車に押し込んだんです。

もちろんフェリー乗り場までしっかり嫁の小言を聞かされ、
一気に白髪が増えた気がする俺。
そして嫁の求める真実と俺の答えた真実とはうんでんの差があるようで、
結局彼女の求める結果にはならなかったんです。
後で思うと、この時に車に嫁を載せた事が俺にとってはラッキーな事に繋がり、
嫁の琴線、皆さんの琴線に思いっきり引っ掛かる事をした方がいらしゃって、
自分に対する怒りが他に向く事になったんです。

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月07日 (火) | 編集 |
全サー北海道協会長の菅原会長から、
「この間、台湾の選手団から貰った台湾の竿にガイド巻いてみたんだ。
4種目に使うにはちょっと硬過ぎる。
6種目で使うとちょうどイイと思うんだ。
着払いで送るから試しに振ってみろ。」
「えっ? 着払い?」
「そう、着払い。」
「・・・・・分かりました・・・・・」
と言ういきさつがありましたが、我が家に借りモノですが竿がやってきました。

IMGP6185_20120807224042.jpg

メイドイン台湾だそうです。
まだ振っていないので、どこのどの竿に近いのか?
なんて言えませんが、面白い竿の様です。
振ってみた感想は後日にでも報告させて貰います。

この日、我が家に届いたのは竿だけでなく、
北海道でも有名なお店のブツも届きました。

余市町にある「南保留太郎商店 燻製屋」
IMGP6187_20120807230131.jpg

実はこのお店の初代のお孫さんと言う方と知り合いになりまして、
ちょっとした事をしましたら、お礼に頂いちゃいました。
とても律儀な方です、ありがとうございます。

IMGP6188.jpg

燻製と言えば魚や肉などを思い浮かべますが、
開けてビックリ、野菜の燻製と豆腐の燻製も入っていたんです。
全国版のTV番組で何度も取り上げられている商品が目の前にあり、
一度食べてみたかった燻製が沢山入っていて目移りしちゃいます。
当分の間、この燻製で一杯、至福の時が約束され、
「今日はこの燻製でビール。 明日はあの燻製で日本酒。」
なんて考えると、いつになくウチに帰るのが楽しみでなりません。
それはアルコールを飲まない・飲めない嫁も同じ様に考えているようで、
『今日はこの燻製をしゃぶりながら、あのTV番組を見ようかしら?』
と思っているようです。
後は嫁との争奪戦に負けないようにしないと、
一人占めされちゃいそう・・・頑張れ、俺!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月06日 (月) | 編集 |
金曜日の続き。

じゃんけん大会も終わり、
事故防止部長から事故防止講習会が開かれました。
つい先日も苫小牧市のとなり街の漁港で、マガレイ狙いでやってきた釣人が、
何かの拍子でテトラから落下し命を落とすと言う痛ましい事故がありました。
そんな事故に遭遇しないのが一番ですが、釣りをしている以上、
いつどこでケガなどに合わないとも言えません。
もし歩くのに支障が出るようなケガなどの時に役立つ知恵を頂きました。

DSC_0713.jpg

事故防止部長の恵庭サーフ会長の井森氏から、
「竿のバッド部分を使った救助方法」
という説明を受けました。

DSC_0714.jpg
釣りウエアーの上衣を担架のシート代わりにする方法。
DSC_0715.jpg
DSC_0716_20120806212240.jpg
DSC_0717.jpg
DSC_0718_20120806212239.jpg
DSC_0719.jpg
DSC_0720.jpg
ジャンバーなどのファスナーを閉めて着衣を固定します。

今回の想定は、
「海に遊びに来た老人が熱中症にかかる。」
白羽の矢を立てられたのが、ぬらりひょん。

DSC_0721.jpg
DSC_0722.jpg
DSC_0724.jpg
このひょうひょうとした顔、見てやって下さい。
DSC_0723.jpg

余りにも架空の設定人物に似合う人がいたもんだと、
感心しちゃいました。

DSC_0676.jpg
DSC_0732.jpg

後片付けを終え、全サー北海道協会の今年度のSC競技はコレで全部終了です。

閉会式の様子
DSC_0710.jpg
DSC_0711.jpg
DSC_0712.jpg
DSC_0725.jpg

今年度もケガや事故も無く、無事競技が終了しました。
また来年度、皆さんに会える事を楽しみにし、
俺とまた遊んでやって下さい、それまでアディオス!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月05日 (日) | 編集 |
IMGP6275.jpg
IMGP6276.jpg

↑ コレ、頂き物です。

IMGP6277.jpg

↑ 俺の釣果

なんせ載せなければならないネタを放り出しっ放しなんで、
この話はおいおいに書いて行くつもりです。
今回も色々なハプニングが起こり、
『単独行動しかできない奴は来るな! そばに寄るな!』
嫁はブチ切れ寸前までなった出来事など、
どこまで載せていいのか? 
少しばかり考えてから載せたい考えています。
でも、やっぱり、キス釣りは面白い!
コレに尽きる!と思う様な事が沢山ありました。
取りあえず、釣果報告まで!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月04日 (土) | 編集 |
ちょっと誘われて青森まで行って来ま~す。
その前にフェリーの時間があるので間に合わないとシャレにもなりません。
結果は後程!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月03日 (金) | 編集 |
DSC_0232.jpg

今日は誰にしようか? と検討しましたが、ついにネタ切れとなっちゃいました。
候補者は沢山居るんですが、肝心の写真を撮るのを忘れた・・・
おマヌケな話しなんです。
で、写真を整理していたら、やはり絵になると言うか、
色々と話題を提供してくれそうな方を発見。
昨日に続き、恵庭太郎さんにお願いする事にしちゃいます。

DSC_0031_20120803220237.jpg

大会当日は本当に暑くて・・・
変質者と間違うような行動をとる輩が出没中。

DSC_0266_20120803214759.jpg
DSC_0633.jpg
DSC_0638.jpg
あっ、↑ コレ、俺の腹だわぁ~。

ST-Aの主審を任されたんですが、
色々と気づかいしなければならない場面も有ります。
例えば、投擲コートに入ったまではよかったが、
ビーバーの音が途切れたなんて場合もあり、その確認作業もその一つ。
写真の左側の恵庭太郎の行動に注目!

DSC_0201_20120803222158.jpg
DSC_0203_20120803222158.jpg
DSC_0204_20120803222157.jpg
DSC_0212_20120803222157.jpg

では、ST種目の紹介です。

ST-A

札幌サーフ 蒲原選手
DSC_0224_20120803222545.jpg
DSC_0225_20120803222544.jpg
DSC_0226_20120803222544.jpg
DSC_0227_20120803222543.jpg
①159.25 ②F ③F ④151.26 ⑤153.42 三投平均154.64

恵庭サーフ 嘉屋選手
DSC_0228.jpg
DSC_0229.jpg
DSC_0230.jpg
DSC_0231.jpg
①143.20 ②154.88 ③153.45 ④152.60 ⑤150.15 三投平均153.64

恵庭サーフ 遠藤選手
DSC_0236.jpg
DSC_0237.jpg
DSC_0238_20120803223439.jpg
DSC_0239_20120803223439.jpg
①150.53 ②F ③153.06 ④148.40 ⑤F 三投平均150.66

SC抜投会 佐藤選手
DSC_0078_20120803224052.jpg
DSC_0079_20120803224051.jpg
DSC_0080_20120803224051.jpg
DSC_0081_20120803224050.jpg
①147.27 ②150.45 ③F ④149.83 ⑤148.41 三投平均149.56

札幌サーフ 金澤選手
DSC_0252_20120803225214.jpg
DSC_0252_20120803225214.jpg
DSC_0253_20120803225214.jpg
DSC_0254_20120803225213.jpg
①170.95 ②F ③168.87 ④166.17 ⑤F 三投平均168.66

北海サーフ 橋野選手
DSC_0255.jpg
DSC_0263_20120803225946.jpg
DSC_0264_20120803225946.jpg
DSC_0265_20120803225945.jpg
①176.10 ②176.16 ③F ④F ⑤176.79 
三投平均176.35 最長飛距離176.79

DSC_0681_20120803230817.jpg
1位 橋野選手 2位 金澤選手 3位 蒲原選手

ST-B

北海サーフ 谷藤選手
DSC_0170_20120803231432.jpg
DSC_0171_20120803231432.jpg
DSC_0172_20120803232032.jpg
①163.48 ②163.23 ③161.15 ④F ⑤F 三投平均162.74 

一般 古川選手
DSC_0173_20120803231431.jpg
DSC_0174_20120803231430.jpg
DSC_0175_20120803232551.jpg
DSC_0176_20120803232551.jpg
①F ②F ③157.08 ④155.00 ⑤154.72 三投平均155.50

北海サーフ 中田選手
DSC_0187_20120803233102.jpg
DSC_0188_20120803233102.jpg
DSC_0280.jpg
DSC_0281_20120803233101.jpg
①F ②148.19 ③153.98 ④F ⑤141.95 三投平均148.04

はこだてサーフ 石田選手
DSC_0282_20120803234302.jpg
DSC_0283_20120803234301.jpg
DSC_0284_20120803234301.jpg
DSC_0285_20120803234300.jpg
①F ②157.23 ③161.58 ④161.33 ⑤160.10 三投平均163.00

はこだてサーフ 稲見選手
DSC_0288_20120803234951.jpg
DSC_0289_20120803234951.jpg
DSC_0290.jpg
DSC_0291_20120803234950.jpg
①172.06 ②165.78 ③167.56 ④166.71 ⑤167.24
三投平均168.35 最長飛距離172.06

DSC_0683.jpg
1位 稲見選手 2位 石田選手 3位 谷藤選手

第5種ーA

恵庭サーフ 佐藤選手
DSC_0395_20120804000651.jpg
DSC_0396_20120804000651.jpg
DSC_0397_20120804000650.jpg
DSC_0398_20120804000650.jpg
①167.63 ②162.52 ③168.83 ④F ⑤160.98 三投平均166.33

SC抜投会 鈴木選手
DSC_0400_20120804001136.jpg
DSC_0401_20120804001136.jpg
DSC_0402_20120804001134.jpg
DSC_0403_20120804001134.jpg
①F ②173.33 ③201.25 ④203.61 ⑤F
三投平均192.73 最長飛距離203.61

DSC_0690.jpg
1位 鈴木選手 2位 佐藤選手

第5種ーB

札幌サーフ 今村選手
DSC_0479.jpg
DSC_0480.jpg
DSC_0481.jpg
DSC_0482.jpg
①152.87 ②139.92 ③139.29 ④152.72 ⑤150.73 三投平均152.11

はこだてサーフ 古村選手
DSC_0412_20120804002153.jpg
DSC_0413_20120804002152.jpg
DSC_0414_20120804002152.jpg
DSC_0415_20120804002152.jpg
①164.83 ②156.39 ③160.77 ④162.48 ⑤150.73
三投平均164.23 最長飛距離165.39

DSC_0693.jpg
1位 古村選手 2位 今村選手

表彰式の最後に1位に輝いた選手達の記念写真
DSC_0701.jpg

その後、お楽しみジャンケン大会の開催。
景品を買ったお店から、
「ありがとうございます」という気持ちを表したブツを頂きました。
そこで入賞しても景品がもらえなかった方や最初から論外の方達を集めて、
ミノリ賞の争奪戦です。
DSC_0704.jpg
DSC_0706.jpg
DSC_0708.jpg
DSC_0703.jpg

明日は事故防止の講習会の様子を載せます。
妖怪ぬらりひょんが見られますよ。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月02日 (木) | 編集 |
DSC_0005_20120731071212.jpg

久しぶりの登場に戸惑っている恵庭太郎です。

DSC_0292.jpg

この度、初めてSC通信大会のプロジェクトを受け持つ事になり、
大会が終わるまでは肩の力を抜く事は出来ませんが、
クラブ員総出でアタフタしながらもここまで辿り着く事ができました。

DSC_0194_20120802073241.jpg

ここの会場、自然がいっぱいなのか、競技中に野兎が、
右の草藪から左の小丘に向かい全速力で突っ走るハプニングがあったり、
コート設営している時に気がついたんですが、
鹿の足跡が無数にあったりしたんです。

DSC_0406.jpg

ファーブル昆虫記の世界が目の前で繰り広げられていました。
いつの時代も男は女の上に乗りたがる・・・
子孫繁栄のための発情期をとうに過ぎた中年親父には目の毒とも言えるが、
今後の活動のタメ・参考に見た事がない虫の交尾をしっかり見学。

DSC_0491.jpg
DSC_0492.jpg
DSC_0493.jpg

地面より少し高い位置で飛んでいる虫発見。
側によると、シッポだと思っていた部分が落ちてビックリ。
落ちた物をよくよく見ると、芋虫ぽっい。
いったんは飛んで行った蜂も舞い戻り、
落としていった芋虫を見つけ出し、
重そうに持ちながらノロノロと低空飛行でどこかに飛んで行っちゃいました。

DSC_0489.jpg

そろそろ俺、恵庭太郎が出ている競技の紹介でもします。

第4種目

ブログの持主
DSC_0664.jpg
DSC_0665.jpg
DSC_0666.jpg
DSC_0667.jpg
①F ②F ③166.42 ④171.02 ⑤F

SC抜投会 坂下選手
DSC_0506.jpg
DSC_0507_20120802213755.jpg
①157.91 ②159.39 ③F ④F ⑤152.34 三投平均156.55

NSC 庄司選手
DSC_0513.jpg
DSC_0514.jpg
DSC_0515.jpg
DSC_0516.jpg
①161.26 ②165.81 ③164.35 ④161.69 ⑤150.23 三投平均163.95

札幌サーフ 菊池選手
DSC_0295.jpg
Myヘルメットで計測
DSC_0517.jpg
DSC_0518.jpg
DSC_0519.jpg
DSC_0520.jpg
①161.89 ②158.52 ③162.19 ④F ⑤161.04 三投平均161.71

恵庭サーフ 井森選手
DSC_0525_20120803001609.jpg
DSC_0526.jpg
DSC_0527_20120803001608.jpg
DSC_0528.jpg
①164.36 ②F ③166.00 ④F ⑤F

北海サーフ 太田(直)選手
DSC_0531.jpg
DSC_0532.jpg
DSC_0533.jpg
DSC_0534.jpg
①175.86 ②167.46 ③167.98 ④180.55 ⑤177.05 
三投平均177.82 最長飛距離180.55

はこだてサーフ 堀内選手 
DSC_0581.jpg
DSC_0582.jpg
DSC_0583.jpg
DSC_0584.jpg
①161.00 ②170.20 ③174.00 ④173.05 ⑤F 三投平均172.42

キャストフリークス 太田(孔)選手
DSC_0540.jpg
DSC_0586.jpg
DSC_0541.jpg
DSC_0587.jpg
①161.76 ②171.99 ③176.17 ④174.94 ⑤177.05 三投平均177.82

札幌サーフ 濱谷選手
DSC_0293.jpg
今度からオシメの王様と呼んでやって下さい
DSC_0596.jpg
DSC_0597.jpg
DSC_0598.jpg
DSC_0599.jpg
①173.24 ②177.35 ③F ④178.76 ⑤178.34 三投平均178.15

DSC_0695.jpg
1位 濱谷選手 2位 太田(直)選手 3位 太田(孔)選手

女性種目

キャストフリークス 佐藤選手
DSC_0419_20120803004801.jpg
DSC_0296.jpg
DSC_0297.jpg
DSC_0298.jpg
①F ②110.44 ③F ④114.72 ⑤127.34 三投平均117.50

SC抜投会 阿部選手
DSC_0302_20120803005126.jpg
DSC_0303_20120803005125.jpg
DSC_0304_20120803005125.jpg
DSC_0305_20120803005124.jpg
①116.40 ②123.12 ③117.99 ④121.15 ⑤127.41 三投平均123.89

札幌サーフ 外崎選手
DSC_0312_20120803005543.jpg
DSC_0313_20120803005542.jpg
DSC_0314.jpg
DSC_0315_20120803005541.jpg
①137.31 ②F ③F ④138.36 ⑤136.84 
三投平均137.50 最長飛距離138.36

DSC_0685.jpg
1位 外崎選手 2位 阿部選手 3位 佐藤選手

明日は誰にバトンタッチしようか考え中です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年08月01日 (水) | 編集 |
DSC_0233.jpg

どもども、つぎめ親爺です。
いや~、本当に熱いですね。

DSC_0234.jpg

さすがにここまで熱くなると、反対にハイテンションになっちゃいますね。

DSC_0007_20120801070228.jpg

男は朝からカップ麺、そう思うのは私だけなんでしょうかね?
いや~、実はですね、私、まともな麺と言うか、
伸びていない麺に当たった事が無いんですよ。
お湯を入れた途端、あれやこれやで用事を済ませている内に、
時間だけがこくこくと過ぎて行っちゃうんですよね。
いや~、悲しいですね。

DSC_0017_20120801070744.jpg
DSC_0018_20120801070744.jpg
DSC_0020_20120801070743.jpg
DSC_0019_20120801070743.jpg

ここのブログの持主に散々言って来たんですよ、何事も整理整頓しなさいって!
だから今頃、開会式の写真載せる事になっちゃうんです。

DSC_0011_20120801071818.jpg
DSC_0012_20120801071818.jpg
DSC_0013_20120801071817.jpg
DSC_0575.jpg

実はですね、私、見ったんです。
弘司さんの奥さんが、↓
DSC_0015_20120731220630.jpg
この方に、
DSC_0675.jpg
『アホ面させて口をポカーンと開けて寝ている間に、
どのくらいシューしたらいい?』
「蜂は1分程で全滅、やるなら分からないように少量ずつで!」
と、アドバイスを頂いていた奥さんの顔は急に明るくなり、
眩しい程、輝いていたように見えたのは私だけでは無いハズです。
何でなんでしょうね?
人って悪巧みする時って生き生きするんでしょうね?
誰かその理由を教えて欲しいモノです。
で、私、見ちゃったんです、
この殺虫剤を嬉しそうに小脇に抱えて、
あの太い体型から想像しがたい、軽やかなスキップをしながら帰る奥さんの姿を、
・・・くわばらくわばら。

今日は私が出ている一種目から紹介。

DSC_0027_20120802000957.jpg

第1種目

北海サーフ 高橋選手
DSC_0345_20120801233220.jpg
DSC_0346_20120801233219.jpg
DSC_0347_20120801233219.jpg
DSC_0446.jpg
DSC_0348_20120801233218.jpg
①161.48 ②163.40 ③162.03 ④F ⑤164.24
三投平均163.22 最長飛距離164.24

キャストフリークス 佐藤(裕)選手
DSC_0322_20120801233806.jpg
DSC_0323_20120801233805.jpg
DSC_0324.jpg
DSC_0325_20120801233804.jpg
DSC_0326_20120801233804.jpg
①F ②F ③F

DSC_0687.jpg
1位 高橋選手

第3種目

札幌サーフ 桜庭選手
DSC_0451_20120801234759.jpg
DSC_0452_20120801234833.jpg
DSC_0453_20120801234759.jpg
DSC_0454_20120801234758.jpg
①140.14 ②143.22 ③140.62 ④F ⑤F 三投平均141.34

NSC 宮内選手
DSC_0382_20120801235437.jpg
DSC_0383_20120801235417.jpg
DSC_0384_20120801235417.jpg
DSC_0385_20120801235416.jpg
DSC_0386_20120801235416.jpg
①140.14 ②F ③142.69 ④F ⑤138.91 三投平均140.63

札幌サーフ 菅原選手
DSC_0294_20120801234800.jpg
DSC_0387_20120802000120.jpg
DSC_0465_20120802000120.jpg
DSC_0466_20120802000119.jpg
DSC_0467_20120802000119.jpg
DSC_0468_20120802000118.jpg
①138.75 ②151.01 ③144.68 ④141.82 ⑤149.20
三投平均148.30 最長飛距離151.01

DSC_0689.jpg
1位 菅原選手 2位 桜庭選手 3位 宮内選手

さーて、明日は誰に紹介してもらうんでしょうね?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。