北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年10月31日 (水) | 編集 |
娘から、
「コレってどういう意味があるの?
飲食店などで何度か見た事はあるんだけど、ここってコンビニ。
それも大きな通りにあって、見ている限りでは客足は途切れてないんだけど、
つい最近、コレが出没したんだけど、なに?」
写メが届きました。

HI3H0445.jpg
HI3H0446.jpg

俺が勝手に思うには、時々ですが、飲食店などの入口で見かける光景で、
「人を呼び込む」という意味の盛り塩ではないかと。
ですが、娘にはその意味が分からないようで、
タダのインテリアだと思っているのかも知れません。

そんな内容でを娘にメールすると、意地悪な目を持つ嫁が、
『あんたの言う事なんて信じられない、本当にそうなの?
不特定多数の人達が出入りしているんだから、
そんな場所にはいろんなモノが入ってくるからねぇ~。』
と言うと、ジィーと俺の方をガン見したと思ったら、
『ほら、あんたの後ろにも・・・あっ、相当ヤバいモノが憑いているわ。
あたしが祓ってあげようか? 
そこにタウンページあるからそれで叩いたら祓えるかも?
ううん、絶対に祓えると思うの、だからやってみない?』
インチキ霊能者にでもなったのか、ニヤニヤしながら言いやがります。
ただ単に分厚い電話帳で俺を叩きたいようです・・・俺、また何かやった?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月30日 (火) | 編集 |
仕事が休みだった嫁から、
『知り合いから今秋初の生ホッケ貰ったよ、わざわざ届けてくれた。 
今晩はホッケの煮つけ、明日はホッケのフライ。』
メール付き写メが届きました。

IMGP6769_20121030223651.jpg

島牧沖で今朝獲れたばかりのホッケだそうです。
腹にはしっかり卵も抱えており、ホッケの卵も身と一緒に食卓に上りました。
頂いた方に獲れた場所を伺ったら、
「まだ岸寄りはしていないよ。 もうちょっとしないと無理だ。」
嫁が釣りをすることを知っているので、そう教えてくれたそうです。

この他にも自宅で採れた大量の栗も頂いたとか。

IMGP6767.jpg

小粒のも混じっていますが、これで3Kg以上あります。
この栗、どんな風に料理されるのか興味深々です。

ホッケの下ごしらえを終えた後、知り合いの元漁師さんご夫婦を尋ねて、
隣村の島牧村のある場所へ向かったそうです。
年に数回、このご夫婦の元を訪れるのですが、
今回は今までとはガラリと様子が変わったそうです。
この話は後日にでも書きますが、俺もこの話を聴いて、
「いつかは自分達も、そういう選択を迫られる時が来るんだろうなぁ。」
寂しい気持ちにさせられました。

その帰り道、普段は沖を走っている大型船が陸側を走っていたのを目撃。
俺の予想では、沖はそうとう荒れて(時化)ているのではないか?
勝手に想像しています。

HI3H0452.jpg

ついでに釣場を見学。

HI3H0450.jpg
HI3H0451.jpg

こちらの先端は、トンネルが崩壊して今は行けない場所です。

HI3H0454.jpg

雨降りの中、ちょっとした晴れ間に見えた夕焼け

HI3H0456.jpg
HI3H0459.jpg

スーパーの店頭にもホッケの卵が並べられ売られて来ていますので、
もう数週間したら産卵のタメにホッケも岸寄りするでしょう。
問題はホッケの数自体が減ってきているので、
投げ釣り、ホッケの浮き釣りなどでどれくらい釣れるかでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月29日 (月) | 編集 |
昨日の続き

IMGP6745.jpg
ヤベェー、お気に入りのルアー引っ掛けちゃった。
クソ―、切れちゃいやがった。

IMGP6746.jpg
何とか浮きに引っ掛けたけど・・・抜けてこねぇ~。

IMGP6747_20121029212250.jpg
あ~ぁ~、俺のパロディーが・・・

IMGP6749_20121029212249.jpg
この波さえなければ・・・諦めきれねェー。

IMGP6748_20121029212249.jpg
常務「諦めなさい。」
   はーい・・・。

自分で飛ばしてしまった、今は廃番となったルアーが目の前にあるのに、
岩と岩との間の深い溝や波に阻まれ取りに行けないもどかしさ・・・
俺も何度もそんな思いをしたか・・・その悔しい思い痛いほど分かります。

この日の不運はこれだけではなく、
「バッキッ!」
と鈍い音が聞こえてきたので音の聞こえた方向を見ると、
どうやら糸がガイド絡みしたようで、
俺の隣で振っていた見ず知らずのおっちゃんの竿先が折れていました。

風が強くなってきたら波も高くなり、
釣りが出来るような状態では無くなったので、ここで解散となりました。
ウチへの帰り道、
どこかで釣りが出来ないかとキョロキョロして運転していると、
ここで竿を出している釣人発見。

IMGP6758_20121030005624.jpg
南茅部の常呂川河口
この日の朝、少しは釣れたようです。

IMGP6755.jpg
IMGP6756.jpg
常呂川の河口にもサケの姿が見られます。

IMGP6753_20121030010404.jpg
IMGP6752_20121030010405.jpg
常呂川に掛る橋の上から撮ってみました。

IMGP6754.jpg
IMGP6757.jpg
遡上するサケ達

IMGP6759_20121030010402.jpg
IMGP6760_20121030010402.jpg
川の上流
子孫繁栄の役目を終えたサケ達の姿が多く見られましたが、
まだまだ遡上するサケの姿も多く見られます。

今回の獲物
IMGP6750.jpg

上のが俺のサケ、下のサケは、おーい、中村君から、
「サケフライを腹いっぱい食べたいって言うから、
コレ、○○○ちゃんのお土産。」 
嫁へのお土産として頂きました、ありがとうございます。

この日の海の状態は良くなかったのですが、
木曜日の25日には下海岸全体がサケで沸き上がり、
そんなビックチャンスをモノにした釣人も多かったと聞きます。
まだまだ下海岸ではサケ釣りが楽しめそうなので、
来週も休みだったらどこに行こうかな~?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月28日 (日) | 編集 |
IMGP6728_20121028211412.jpg
IMGP6729_20121028211412.jpg

午前5時過ぎの南茅部の大船海岸、あまり条件の良くない海模様です。

IMGP6730_20121028211411.jpg
IMGP6731_20121028211411.jpg

今回の釣り仲間は、嫁の大好きな“常務さん”、おーい、中村君!
若いオネーチャンを二人騙した男さんと俺です。
風は右から左へと吹き、波も高め、潮は満潮から干潮へ。

竿を振って6投目、ルアーが海に着地すると同時にヒット!

IMGP6727_20121028220912.jpg
ピカピカのオスサケです。
IMGP6732_20121028220806.jpg

一年振りのサケの感触、魚体は小さいですがファイトがあり、
サケの引きを楽しませて貰いました。

IMGP6733.jpg
おーい、中村君にもHit 
IMGP6734_20121028221713.jpg
余裕で波にサケを乗せてGet!

IMGP6735_20121028223557.jpg
続いて、若いオネーチャンを二人騙した男さんにHit
IMGP6736_20121028223556.jpg
こちらも余裕でGet! 
羨ましい事に若いオネーチャンを二人騙したテクニックで、
メスサケを虜にしたようです。

ちょっと下がって、他の釣人の動向を見てみました。
IMGP6737.jpg
IMGP6740_20121028225100.jpg
IMGP6741_20121028225100.jpg
IMGP6743_20121028225059.jpg
IMGP6744.jpg

波と風の状態を眺めつつ、これからどうするか思案中の釣り仲間

IMGP6738_20121028230301.jpg
IMGP6739.jpg
一人、波に挑んだ、おーい、中村君!にちょっとしたアクシデントが・・・

この話は明日。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月27日 (土) | 編集 |
コレから俺一人でサケ釣りに出掛けてきます。
俺がサケ釣りの仕度をしていると、明日、仕事の嫁が、
『あたしから逃げるのかい?』
と言いやがるので、
「逃げないよ、食料調達しに行くだけだよ!」
食料調達、この言葉に弱い彼女、納得してくれたようですが、
『分かっているよね? 釣って来なかったらウチの敷居またがさせないよ。』
・・・まったく食欲旺盛、どこまで太れば気が済むんでしょう?

場所は下海岸方面を目指していますが、あまり波・風模様がよくありません。
東風が吹けば日本海側は凪、太平洋側の内浦湾は時化となり、
この風の影響を受けない場所へ行こうかと考えています。
釣り仲間にお伺いを立てると、
「鳥崎(森町)か大船海岸くらいしか釣りにならないと思う。」
「じゃ~、俺、先に行っているから、来たら起こして~」
起きるのも人任せ、すっかり甘えている俺です。

先週、海水に手を突っ込んでみましたが、まだ多少海水温が高めでした。
新聞に南国の魚が掛ったと言う記事が載ってましたが、
なんとなく納得してしまいました。

◆熊石沿岸に南国の魚 サケ定置網に「マツダイ」
 <北海道新聞朝刊 2012/10/24>

【八雲】町熊石鮎川町沿岸のサケ定置網に、
南日本などに生息する暖流系の海水魚「マツダイ」(スズキ目マツダイ科)
がかかっているのが22日、見つかった。
マツダイは、同日鮎川沖で操業していた協宝丸水産の定置網に
サケに交じって1匹が水揚げされた。
体長43cm。
「黒く、平たくて、古代魚のような見たことがない魚だった」といい、
熊石漁港内のいけすに入れて漁業関係者に披露した。

熊石総合支所産業課の職員が調べた結果、マツダイと判明。
漁業者からは
「東北地方の太平洋で捕獲を聞いたことがあるが、この辺では初めてでは」
「猛暑で海水温が上昇した影響か」など、
珍魚来訪に驚きの声があがっていた。
マツダイは、太平洋、大西洋の熱帯ー温帯地域に広く分布。
刺し身などで食べられる。
道内で捕獲されるのはまれだが、
海水が高温化した今秋は十勝沖でも報告がある。

IMGP6720_20121027210351.jpg

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月26日 (金) | 編集 |
今日の新聞を見て、
「目のつけどころが違うよなぁ~、ソコまでして欲しいモノなんだろうか?」
呆れてしまうと同時に思わず嗤ってしまいました。

全てとは言いませんが
(中にはバラコになっていなくて柔らかいままの卵をもつ鮭も居ます)、
真水(川水)についたサケの卵は産卵するために皮が硬くなっており、
自家製で加工して口の中に放りこんでもなかなか歯で潰す事も出来ず、
口の中でピンポン玉の様に跳ねている事から、
通称・ピンポン玉と呼ばれています。
この現象は、
その地区の最盛期から少しずれた時期の海で釣れたサケにも見られ、
特に産卵が近付いて来て河口と海を行き来しているサケに多く見られます。
一般の方がこのピンポン玉化した卵を、
加工されて店頭に並んでいる商品くらいの柔らかさにするのは、
非常に難しいと思います。
巷では熱湯で薄皮を剥く方法もあると言われていますが、
上手くいったとはあまり聞きません。
ソコは餅屋は餅屋と言うことわざがあるように、
ピンポン玉化した卵を柔らかく出来るのは、
加工屋さんだから出来る事なんだと思っています。

さて、今回の窃盗された卵377キロ、
個人で食べるには多過ぎるような気がします。
どこにどのように流れて行ったのかは、
コレから警察が捜査し解明されることでしょう。

◆湧別のふ化場 サケ580匹 筋子抜かれる 窃盗容疑捜査
 <北海道新聞朝刊 2012/10/26>

【湧別】25日午前、オホーツク管内湧別町錦町58の
北見管内さけ・ます増殖事業協会湧別さけ・ます5線ふ化場から、
「大量のサケの腹が裂かれ、筋子を盗まれた」
と遠軽署に届け出があった。
同署は窃盗事件とみて調べている。
同署によると、ふ化場の職員が同日朝、出勤したところ、
採卵のため養殖池にいれていたメスのサケ約7千匹のうち、
約580匹が腹を裂かれ、筋子を抜き取られた状態で水路に捨てられていた。
盗まれた筋子は合計377キロ(58万円相当)ほどとされる。
同署は、24日に養殖池での作業が終わった夕方から25日朝までの間に
何者かが複数で侵入、サケから筋子を盗んだとみている。
今季、イクラは在庫減やサケの不漁などで高値傾向が続いている。

IMGP6723_20121027000915.jpg

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月25日 (木) | 編集 |
昨日、せたな町にある真駒内ダム方面のとある家に用事を済ませた後、
天気に誘われて、風流と言うか嫁らしかぬ行為、
“紅葉を愛でる”散策に出掛けたそうです。
で、俺に写メを送りつけ、
『携帯で撮ったんだけど綺麗に撮れたと思う、どうよ?』
ブログに載せれって事なんだと言う事の様です。

HI3H0441.jpg

残念な事にまだ紅葉は少しばかり早かったようです。

HI3H0443.jpg
HI3H0444.jpg
HI3H0442.jpg

嫁の機嫌を取ったので、暫くは安泰だと思うんです。
で、今週末は嫁は仕事、俺は会社が休みだってことを願って、
密かに仕掛けの一部を作っています。

IMGP6715_20121024224125.jpg
IMGP6716.jpg
IMGP6717_20121024224124.jpg

IMGP6710_20121024225037.jpg
IMGP6707.jpg
IMGP6708_20121024225022.jpg

コレが終わったら、来週末(11月)に俺を置いて、
釣り仲間と内浦湾(噴火湾)の船鮭に出掛ける嫁の仕度をしなければ、
おもいっきりドヤされちゃいます。
なんせ一年前から予約をしとかないと乗れない人気船、
知り合いが一年前に船2艘チャーター予約した時に、
『そのメンバーにあたしも加わっているんだよね、ねっ!』
半強制的に承諾させ、
『旦那仕事だから、あんたがあたしの面倒見るんだよ。』
震える子猫のように懇願しながらも鬼の様に恫喝し、
その仲間に加わる事になっています。
例年だったら、
この時期に試し釣り(船釣りの試し釣り)の話題が流れて来るんですが、
今年はまだ流れてきません。
天候もコロコロと変わることや、
海水温が高く鮭の岸寄りが遅れているのが原因だと勝手に想像しています。

内浦湾の定置網は不振ですが、
川への鮭は大好調のようだと新聞に書かれてました。
記事を読んでいて何となく納得してしまいました。
きっとせたな町の鮭も同じ様に川に遡上していると信じたいですね。

◆海水温高く定置網漁は不振でも・・・河川でのサケ捕獲好調
 海の低温域から「直行」 遊楽部川昨年の2倍 
 <北海道新聞朝刊 2012/10/21>

【八雲】道南沿岸の海水温が高くなっている影響で
秋サケ定置網漁の不振が続く中、
渡島管内の河川に遡上したサケの増殖用の捕獲が好調だ。
管内の主力河川の遊楽部川では昨年同期の2倍を超えるサケを捕獲。
高水温によりサケが川に直行している、との見方が出ている。

渡島さけ・ます増殖事業協会によると、
遊楽部川で今季捕獲したサケは17日時点で約1万3千匹。
不振だった昨年同期の2.2倍で、
過去5年の平均値から見ても今年は多いという。
渡島管内では、戸切地川(へきりち川=北斗市)が2.4倍、
茂辺地川(もへじ川=北斗市)が60%増など、
他の捕獲川でも軒並み前年を上回る。
道さけ・ます増殖事業協会によると、
河川での捕獲が好調なのは全道的な傾向という。

対照的に、
八雲町沿岸の秋サケ漁は不漁だった昨年同期の半分程度しか水揚げがない。
管内では好調な漁場もあり明暗が分かれているが、
道漁業管理課は
「総じて見れば不振が続いている」という。
水産総合研究センター八雲さけます事業所は
「今季が終わらないと何とも言えないが、今夏の猛暑で海水が高くなったため、
サケが低水温の深いところなどを通って定置網にかからないまま川を遡上する
『河口直行』の傾向が強まったのでは」と推測する。
八雲などでの秋サケ漁は11月が最盛期で、
水温の低下とともに復調する可能性はある。
「前半は海がまったくだめだったが、
将来につながる増殖用を確保できているのがせめてもの救い」
(八雲漁協)と話している。

IMGP6712.jpg
IMGP6713.jpg

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月24日 (水) | 編集 |
今年のせたな町のサケ釣りは、いつの間にか下火となって竿を出す人もなく、
釣場もひっそりしております。
と言うより、今年、地元で竿を出していた人が何人居るのか?
例年の1/10くらいの人達が竿を出し、
その結果、鮭が釣れた人はほんのわずかだと思います。
そんな中、ただ一人、人知れず地元で鮭を釣り続けているお方がいます。
巷の噂では今季、ある人が釣った20匹(地元で)が最高だと言われる中、
この方は遥かに片手を超える鮭を釣っていてビックリです。
やはり行動力がモノを言うようで、
一挙手一投足の労を惜しむ者には鮭が釣れないって事なんでしょうね。

ちょっと前の新聞に、孵化事業の見直しを求めていると書かれていました。
このせたな町でも、秋には各漁港内に鮭が戻り、
ソレを狙う釣人で溢れていました。

IMGP2645_20121024210532.jpg
H19/9/15の写真です、この時は鮭釣りで漁港内が湧きあがってました。

孵化事業も縮小され、各漁港から放す稚魚も0~数万匹となり、
自然孵化を促すタメに川から放流するのが殆どです。
ある書物によると北海道の回帰率は100尾の稚魚を放流すると、
約4~6尾のサケが戻ってくるという割合だそうです。
放流される稚魚が少なければ、回帰する鮭も少ないと言う事になります。
釣人の我儘な願いとしては、昔の良い時期の鮭釣りを知っているだけに、
もう一度おいしい楽しい思いがしたいと思っちゃいます。

◆ふ化放流の改善必要 道、秋サケ不振対策で指摘
 〈北海道新聞朝刊 2012/10/16>

道内で不振が続く秋サケ漁の対策を検討してきた道は15日、
稚魚のふ化事業の改善や
さらなる調査研究の必要性などを求める検討結果をまとめた。
地域で事情は異なるため、
研究機関や漁業関係者などには今後も対策の必要性を訴える内容となっている。

検討結果では、道内各地で行われているふ化放流事業の在り方に注文を付けた。
具体的には、飼育施設内の稚魚の密度が高いとさまざまな病気が
発生する原因となるため、密度を抑えることなどが必要とした。
放流時期でも改善を求めた。
道さけ・ます増殖事業協会などが行う放流は3月中旬~5月下旬にかけて、
年間約10億匹が放たれている。
沿岸の海水温は5~13度が最適とされるが、
この温度域から外れると餌不足の要因ともなる。
そのため、
稚魚が川を下って海水域に達するまでの時間差を想定して放流するなど、
きめ細かい対応を求めた。
道内周辺海域からサケが育つオホーツク海域に入るまでの沿岸や沖合での
環境変化も想定される。
国や道の研究機関、漁業関係者との情報交換、連携の大切さも強調した。
秋サケの漁獲量は2003年を境に減少傾向にあるため、
道は北大や水産試験場などの有識者からなる資源対策会議を4月に設置し、
検討を続けてきた。

IMGP6719.jpg

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月23日 (火) | 編集 |
昨日の続き
IMGP6678_20121023102513.jpg
IMGP6679_20121023102514.jpg
IMGP6676_20121023102514.jpg

場所は恵山漁港手前の磯場
上から少し観察していると、1匹釣りあげていたのを目撃し、
竿を担いで磯場へ直行です。

IMGP6677.jpg
IMGP6680.jpg

ここで20分くらい振っていると、嫁がライントラブルを起こし、
若いオネーチャンを二人騙した男さんが仕掛けをぶっ飛ばし、
神の手を持つ島ちゃんも手前の根にラインを擦り仕掛けが切れてしまう、
というトラブルが3連続いたので、いったん車のところに戻る事にしました。

IMGP6681.jpg

この日はこの地区のゴミ拾いだったようで、
じーちゃんばーちゃん達が一生懸命ゴミを拾ってました。
ちょうど心ない釣人が残して行った缶コーヒーを拾いながら、
そのゴミの側に居わせた関係ない釣人に向かって、
「ゴミを捨てるな、持ちかえれ!」
注意を促し、それに「はい!」と答え老人を立ててました。
ソレを見た嫁が、
『可哀そうに見えるけど、
人間やっていると一度や二度ポイ捨ての経験があるものよ。
因果応報って訳じゃないけど、ソレが今注意を受けたってことだと思うの。
でも偉いわよね、
普通だったら反感を覚えて「俺じゃねぇーっ!」って言いそうになるんだけど、
皆が見ているのも考慮してさ、素直な気持ちでに返事出来るから、
潔い良いって言うかすごく清々しく見えたわ。』
俺を一瞥し、
『せいぜい捨てられないように頑張りな。』
捨て台詞を残して、
皆の所にドシドシと熊の様に身体をゆすりながら歩いて行っちゃいました。
あ~ぁ~、相変わらず、意味のわからない事を言いやがります。

IMGP6682_20121023113531.jpg

IMGP6683.jpg

釣り仲間が集って来ました。

IMGP6684_20121023113530.jpg
IMGP6686.jpg
IMGP6691_20121023115521.jpg
嫁の大好きな常務

IMGP6687.jpg
IMGP6689.jpg
IMGP6690_20121023115522.jpg
IMGP6694_20121023120150.jpg
IMGP6695_20121023120150.jpg
元祖・函館スタイル

IMGP6696.jpg
IMGP6697.jpg

↓こちらは別のグループです。
IMGP6685_20121023113529.jpg

俺達が投げている場所より少し離れた岸側に現れた船釣り。
IMGP6693_20121023115521.jpg

ここでの釣果は全員がボンスって事で終了しました。
他のメンバーは違う場所へ流れて行き、俺達は帰路に着く事にしました。

トイレタイムで寄った道の駅
IMGP6698_20121023121510.jpg

裏の海岸では鮭のぶっこみが見られました。 

IMGP6699_20121023121436.jpg
IMGP6701_20121023121435.jpg

下海岸から北上すると段々時化が大きくなってきました。

IMGP6704.jpg
IMGP6706.jpg
IMGP6705_20121023124303.jpg

帰りに鮭釣場を覗いて来ましたが、大船右岸にルアーマンがいて、
俺が見た限りでは良い人で一人3匹釣っていました。
その後の情報では、この日の夕方、大船海岸では、
鮭が岸寄りしてオイシイ思いが出来たルアーマンが大勢いたそうです。

こんな感じで俺の休み&今季初の鮭釣りが終わりました。
後何回出動できるか? 殆ど仕事の都合で無理だと思われますが、
ぜひもう一度だけでも竿を振って鮭を釣りたい、
皆とワイワイガヤガヤ遊びたいものです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月22日 (月) | 編集 |
昨日の続き

IMGP6667.jpg
IMGP6668.jpg
IMGP6669_20121021232633.jpg

場所は函館市原木町(戸井地区)の海岸、俺にとっては初めての場所です。

この釣場に入る前に、嫁がE-ziからこの釣場のレクチャーを受けた途端、
『フルスイングしなければ釣れないって言われたんだけど、
E-ziのフルスイングの距離となれば、あたしには未知の世界の飛距離よ。
それにあの波だし、あたしには到底無理な場所ね。
誰かが釣るのを見てからでも砂場にでも入るとして、
それまで高みの見物と洒落こむわ。』
道路から俺達を眺めていました。

今だけダイワの回し者に変身、
闘魂物語・第79回 を読んで頂ければ幸いです。

IMGP6670_20121022224943.jpg
大輔が小型のメス鮭を釣っていました。

IMGP6671.jpg
IMGP6672.jpg

嫁の判断は正解で、俺が乗っていた岩から岸に戻る時、
岩から滑ってしまい深い溝に落ちて焦っちゃいました。
俺が落ちてから数分後、若いオネーチャンを二人騙した男さんも、
同じ場所で溝に落ちてしまい胸まで海水が入り込んでしまいました。

IMGP6674.jpg
過去に“つ~りんぐ北海道”(北海道の釣り番組)で爆釣していた場所です。

IMGP6673_20121022224941.jpg
IMGP6675.jpg

満潮に向けて波も出始めましたので、この釣場は危険だと言う判断で、
次の釣場探しが始まりました。

つづく

今日は弁当残業だったのに、明日は一時間早出だとお達しがありました。
寝ないと体力が持ちませんので、おやすみなさい!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月21日 (日) | 編集 |
午前1時、雷の明りで東+南+西の空が昼間の様に明るく照らすなか、
稲光に向かって走るボロ車。
せたな町~八雲町を繋ぐ峠にさしかかると、雨の降る中、
路方には風で折れた大量の木の枝や葉っぱの他に、
何やら白いモノが所々で見られゴミに見えたのですが、
どうやらヒョウが降ったようです。

日本海側で鮭を狙うのを諦めた嫁、
『ちょっくら下海岸まで行って鮭しばくよ。』
と言いだし、
『あんたも久しぶりに日曜日休みになったんだから、一緒にしばきに行くよ。
ここでイヤだってごねたら、
あんたが鮭の代わりにしばかれるだけなんだけどね、ギャハハハ。』
なまら小ズルイ顔をしながら俺を脅かしやがります。

嫁は前夜に情報をかき集め、
『一緒に遊んで~、遊んでくれないと鮭みたくしばくよ。』
「・・・・」
『じゃ~、4時にあの駐車場で!』
まったく態度が大き過ぎます。

約束の4時ちょっと前に駐車場に着くと、
神の手を持つ島ちゃん・若いオネーチャンを二人騙した男さんの車があり、
「コレから次々と知り合いがやってくるよ。」
と言われていましたが、次から次へと釣り仲間が集結してきちゃいました。
小雨の降る中、morningの挨拶を交わし、
そこから朝一で狙う鮭を求めて、餌を探しにいくカラスの様に、
思い思いの釣場へ散らばって行っちゃいしましたが、
後で巣に帰るカラスの様に集まるようです。

ここまで打っていたら携帯がナイ事に気が付き車の中を探しに行ったら、
何件もの電話やメールが来ており、
「パンパッカ―パーン、おめでとうございます。
明日、一時間早く早朝出勤が決まりました。」
と言う事になっちゃいました。
遊び疲れも有りますが、早く寝ないと遅刻してしまいそうな気がします・・・
そんな訳で続きは明日、おやすみなさい!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月20日 (土) | 編集 |
コレから嫁に引っ張られて出掛けてきます。
明日、嫁は夕方から仕事なので、
ソレまでの時間30分前に職場に滑り込めればと思っています。
さっき納戸から必要なモノを取り出して車の中に詰め込み、
知り合い数人がある場所に行くと言う情報を得たので、
そこに乗り込み、皆と遊びたいと考えています。

では、行ってきま~す。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月19日 (金) | 編集 |
IMGP6645_20121019205217.jpg
IMGP6648_20121019205217.jpg
IMGP6650_20121019214800.jpg
IMGP6642_20121019214637.jpg
IMGP6643_20121020000000.jpg
IMGP6644_20121019235959.jpg


函館の郊外に新しくラッキーピエロが出来たので、
『今日の検査結果が何でもなかったら、
お祝いにケーキだけ買って帰ろうよ!』
と、病院に行く前に提案してきたので、帰りにちょっとだけ寄ってきました。

――― 昨日の続き ――――

IMGP6628_20121019211737.jpg

↑駐車場から見た建物

IMGP6630_20121019211736.jpg
IMGP6631_20121019211736.jpg

正面玄関

IMGP6632.jpg
IMGP6633.jpg

正面玄関に入ると、この椅子がお出迎えしてくれます。

IMGP6634_20121019212212.jpg

ケーキを注文してから箱詰めされるまで時間があったので、嫁が、
『次、結婚するためにお見合い写真用に撮っておいた方がいい。』
と真剣な眼差しで強く薦めるので撮ってみました。

IMGP6635.jpg
IMGP6636.jpg
IMGP6637_20121019214638.jpg

平日だと言うのに、店内は混雑しており、
ケーキを箱詰めするのにちょっとだけ待たされました。

IMGP6655_20121019221105.jpg
IMGP6659_20121019221105.jpg

甘さ控えめで美味しかったぁ~。

HI3H0439.jpg
HI3H0440.jpg

お店の中で面白そうなジュースを見つけたので、
外にある自販機で買ってみました。

IMGP6652.jpg
IMGP6662.jpg
IMGP6664.jpg

ガラナと言えば北海道亀田郡七飯町にある“小原”が有名ですので、
てっきりソコで作られていると勝手に思ってましたが、
缶の裏側を見るとラッキーピエログループで作られているようです。

IMGP6638_20121019233500.jpg
IMGP6639.jpg
IMGP6640.jpg

そうそう、ラッキーピエロ通の間の巷の噂では、
同じラッキーピエロ店でもお店によって若干味が違うそうで、
函館市内にある店舗が一番美味しいという話ですが、
ほんの15分程度しかいられなかったけど楽しかったので、
ゆっくり時間がある時にのんびりと食事でもしたいものです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月18日 (木) | 編集 |
今日は嫁の半年に一度の定期検診でした。

IMGP6619_20121018204256.jpg

会社に訳を言って時間を頂き、嫁を病院まで連れて行って来たんです。
半年に一回の検査ですが、
難病のほかに右上腹部さい部ヘルニアも併発しており、
時々、腸がポコットと飛び出してくると、
自分でその部分を押してお腹の中に戻していますが、
何かの拍子で突然の腸閉塞にでもなったら困ります。

IMGP6621_20121018204256.jpg

夏の間はヘルニアには殆ど悩まされる事がなかったんですが、
食欲の秋は嫁をぶくぶくと肥えさせる誘惑が沢山・・・
で、何かの拍子にポコリ・・・グッと指で押して戻すって感じだとか。
彼女の話では、
『戻した時に自分の指先の感覚で、
約7mm~1cmくらいの穴が開いている気がする。
あのさぁ~、ちょっとヤバいと思う時があって、
そんな時は事前にお腹のある部分が痛くなるんだわ。
痛む場所をマッサージしてあげると出ないんだけど
そのままほったらかしておいたら、その数分後にはポコリと出っちゃう。
この時はやっぱり少し多めに腸が出ているみたいだよ。
後は知らない間にチョピット出ている時があって、
何となく違和感を感じるから触ってみると出ているから、
軽く押して戻してあげるとちゃんと引っ込むだよね。』
今回は手術の話は出ませんでしたが、
来年にはその穴を塞ぎたいと言います。
難病の方の病状は前回と同じ状態を維持しており、
また半年後の予約を決めてきたようです。

IMGP6622_20121018204255.jpg
IMGP6625.jpg
IMGP6626_20121018204254.jpg

今回、いつもよりも予約の患者が多く、診察時間も丁寧だったようで、
結構な時間待たされたそうです。 
検査や診察が終わったのが午後1時半過ぎで、
会計を済ませから遅めのお昼ご飯を食べ、
帰り道上にあるスーパーで夕食の買いモノをしてきました。

HI3H0433.jpg
HI3H0436.jpg
 
ワタリガニが安く売られてましたが、あまりカニが得意ではない嫁なので、
タダ眺めて終わりです。

HI3H0437.jpg
HI3H0438.jpg

ババカレイも売ってましたが、25cm前後ばかりだったので、
コレも眺めて終わりです。

函館の郊外に新しくラッキーピエロが出来たので、
『今日の検査結果が何でもなかったら、
お祝いにケーキだけ買って帰ろうよ!』
と、病院に行く前に提案してきたので、帰りにちょっとだけ寄ってきました。
その話は明日。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月17日 (水) | 編集 |
今月の初め頃、ほんの数日間ですが、
太櫓漁港の先端で知り合いのおっちゃん二人が竿を出しています。
何やっているのか好奇心から覗きに行くと、
竿と言ってもイワシやチカを狙うのべ竿、
足元にはロック用の竿にエギをつけて置いてありました。
おっちゃんに、
「なに狙ってるの?」
「イカ!」
「マイカ?」
「うんやぁ~、アオリイカ。」
「アオリイカ?」
「うん、アオリイカ。 ほら、うじゃうじゃいるのが分かるだろう?!」
海面に向かって指をさします。
覗いて見ると、確かに相当数のアオリイカが泳いでいるのが見えたので、
「エギで狙った方が早くね~?」
「エギを投げ入れたらフグの餌食さ。
エギを投げたらアオリイカが散らばってしまって、
アオリイカが抱きつく前に、
大量のフグがどこからかやってきてエギに集って団子状態さ。
だから岸壁に集まってきたところにサビキを落として、
それに抱きつかせた方が釣れるけど、
それもなかなか上手くいかないんだよね。」
20㎝くらいのアオリイカ数匹見せて貰いました。

おっちゃんは俺に、
「アオリイカの事黙っててくれ。
何人かは知っているが、みな鮭の方に興味があってイカには見向きもしない。 
ソレにこの狭い漁港の先端に沢山の人が集まっても危ないだけだ。」
そう言うので今まで黙っていました。
アオリイカも数日間だけ釣れたとかで、
後は海が一気に時化たのでどこかに散らばってしまったようです。
俺もアオリイカとちょっとでも遊んでみたかったぁー、残念。

Yahooニュースを見た方も多かったと思います。
9月の気温、北海道だけが異常でなく、全世界もだったようです。

◆9月の世界気温、史上最高=エルニーニョなど影響―気象庁
 時事通信 10月15日(月)16時49分配信

気象庁は15日、今年9月の世界の平均気温が統計を始めた1891年以降、
最も高かったと発表した。
気象庁によると、世界の9月の平均気温は、過去30年間の平均より0.24度高く、
これまで最も高かった2009年(平均より0.22度高)を上回った。
同庁は、エルニーニョ現象の影響で太平洋熱帯域の海面水温が高かったほか、
日本付近やシベリア、
欧州など陸域の広い範囲で気温が高かったことが要因としているが、
長期的には温室効果ガスの増加の影響もあるとみている。 

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月16日 (火) | 編集 |
今日のせたな町は西風が強く、海は時化ています。
早朝出勤だった嫁が、
『これだけ時化ていれば案外港内に鮭が入り込んでいるかも?』
と思って、仕事帰りに見てきたそうです。

HI3H0429.jpg

午前7時ちょっと前なのに、誰も居ません。
と言うより、暫く誰も竿を出していない、釣りにも来ていないようです。

HI3H0431.jpg
HI3H0430.jpg
HI3H0432.jpg

地元のおっちゃん方に訊いても、
「運のイイ奴が数匹釣っただけで、後はまったくダメだ。
毎年、鮭が釣れねぇーって騒ぐけど、今年くらい釣れない年はない。
日本海の鮭、コレで終わりか?」
反対に俺に訊かれても・・・さっぱり分かりません。

今日は弁当残業を逃れる事ができ、
俺が会社から離れた場所に住んでいるので助かりましたが、
会社の近くに住んでいる従業員はいったん帰宅してから、
魚が入荷してくる時間になったら会社に出勤となっています。
体調不良気味なので俺としては助かりましたが、
残業する他の従業員の事を考えるとちょっと複雑です。
取りあえず寝て体力回復しなくちゃ、おやすみなさい。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月15日 (月) | 編集 |
久しぶりの弁当残業でした。
この間まではスーパー猛暑だった北海道、
ところが台風後は一気に秋の気配をみせ、朝夕、肌寒くなってきました。
今日は一段と肌寒く、今季初、
一時間程ポータブルストーブを焚きました。

この気温の差に身体が対応できず風邪の症状をみせる人達が周りにおりまして、
忙しい時期のちょっとした間が開いた時に気が緩むのか、
どうやら俺もその風邪をもれなく頂いちゃったようです。
何よりも怖いのが、この風邪を嫁に移ったら大変な事になってしまい、
病院通いを余儀なくされちゃいます。
何とかそれだけは回避したく、この以上風邪が悪化したら困るので、
熱っつい風呂に入って身体を温めてから寝たいと思っています。

まぁ~、年に何回かある体調不良なので、
ぐっすり寝れば自然と回復方向に向かうはずだと信じてやまない俺、
信じる者は救われますよね? ねぇー、神様!
では、おやすみなさい。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月14日 (日) | 編集 |
お殿様が言うにやぁ~、
「木・金・土と弁当残業ナシにしてやったんだから、日曜日は仕事じゃー!」
皆さんが鮭釣りに勤しんでいる中、オイラはしっかり仕事でした。
そして嫁も一日いっぱい仕事で、鮭釣りどころではなかったようです。

今日のせたな町は昼頃から室内の点灯が時々点滅しており、
どこかで雷が鳴っているようでした。
夕方から本格的な雨が降り始め、
夜空に花火の様に雷が光って幻想的と言いたいのですが、
ピカッ!ゴロゴロゴロ・・・ピカッ!ゴロゴロゴロ・・・
TVや電灯はパチパチと点いたり消えたりを繰り返し、
どちらかと言えば、ダムスファミリー的な雰囲気をかもし出しています。
TVから流れて来る天気予報でも、
全道に色んな警報が出されておりますが、
この天気は明日の朝には落ち着く様です。
個人的には、もうしばらく雨はいらないと思いますが・・・。

話は変わって、磯場で釣りをしていると磯焼けが目につくことが多く、
年々、それが段々と広がっています。
磯焼けの原因は色々とあると思いますが、
どうにかしたいと思っても個人では手も足も出ない状況でしたが、
やっと道(北海道)が重い腰を上げたようです。

◆海中に肥料 磯焼け防げ 道が3年計画 寿都皮切り 効果実証へ
 <北海道新聞10月10日朝刊掲載>

道は今秋から、コンブなどの海藻が激減する磯焼け対策として、
海藻の栄養となる肥料を海中に投入する事業を始める。
肥料は水産加工場から出る魚かすなどを活用し、
道立総合研究機構中央水試(後志管内余市町)で効果を実証する。
3年間の計画で、まず同管内寿都町で実施し、他の地域にも広げる考えだ。

磯焼けは日本各地の沿岸部で広がっており、海水温の上昇などが要因とされる。
コンブやワカメ自体が消失するだけでなく、魚介類の生息環境を悪化させ、
ウニやアワビの漁獲量減少も招いている。
道も2009年に対策会議を設置し、
問題を抱える道内37の市町村や漁協などが解決方法を探ってきたが、
特効薬がないのが現状だ。
こうした中、道は、
寿都町や同町漁協が魚かすと木材チップを混ぜてつくった肥料に着目した。
魚かすなどは海藻の栄養となる窒素分を多く含んでおり、
道は昨春から、町などと町沿岸に投入した肥料が
実際に海藻に付着しているかなどの予備調査に着手した。

効果が見込めたため、10月下旬に本格的な事業を開始する予定で、
町沿岸に10メートル四方の試験区域を設け、
魚かすや木材チップを固化した肥料のブロック片(16キロ)を
30個余り海中にまく計画だ。
試験区域で海藻が他の海域に比べて旺盛に茂るかを確かめるほか、
水槽で肥料が溶け出す時間も調べる。
試験を担当する中央水試の秋野研究主任は
「寿都町での方法が妥当か科学的に研究したい。
良い結果が得られれば低コストな解決方法として全道に広がる可能性がある」
と期待している。

IMGP6613.jpg


良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月13日 (土) | 編集 |
天高く馬肥ゆる秋
空は澄み渡って晴れ、馬が食欲を増し、肥えてたくましくなる秋。

我が家では“天高く嫁肥ゆる秋”と言い、
空は澄み渡って晴れ、嫁が食欲を増し、
コレ以上になく肥えてたくましくなる秋 と解釈しております。

秋と言えば農作物の収穫期、嫁の実家から新米が届きました。

IMGP6568.jpg
IMGP6599.jpg

“ふくりんっこ”という品種だそうです。
炊飯器で焚き上がりフタを開けた時、何とも言えない良い香りがします。
今のところ米をお店から買った事がないのでよく分からないのですが、
普通の古米でも農家直だと焚いた時の匂いが違うと聞きます。

IMGP6610_20121013203045.jpg

今回も嫁の実家から大量のピーマンも届いてました。
つい最近まではナスビとシシトウが大量にあり、
今年も夏から嫌って程頂きました・・・現在も食べていますが。
今年はこの近辺ではナスビの育成があまり良くないと訊きますが、
土地がよいのか、栽培が上手いのか、自家製用に作っているのに、
大量のナスビが生るんです。
あまりにも成り過ぎるのでそのオコボレを頂き、
何度か知り合いのおばちゃん方に差し上げました。

いつもお世話になっている釣好人見さんから、嫁の大好物が届きました。
ありがとうございます。

IMGP6604.jpg
IMGP6605_20121013220910.jpg
IMGP6606_20121013220909.jpg

甘いモノ、しょっぱいモノ(塩辛いモノ)、お菓子なら見境がナイ嫁、
今日も一人占めし、
『毎日一袋ずつ食べるんだ。』
コーラー片手にルンルン気分で言いやがります。 
食欲の秋が残酷にも待っており、
まるで某国の「肥満の統治学」を見習おうとしているとしか思えず、
我が家の帝王学(嫁の独裁国家)の一環と言える、
肥満の政治的効用(俺への威圧感)など重要性を強調するかのように、
益々体格・面の皮が増幅する事が決定的なんです。
決してブタさんからカバさんに変貌し始めているなんて、
口が裂けても言えやしません。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界  
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月12日 (金) | 編集 |
下娘から、
「お父さん、そろそろ冷蔵庫の中が乏しくなってきたから宜しくね!
それと実習先に出向くのにバスを使って行く事になっているから、
バス代ちょうだい。
それと国家試験を受けるのに戸籍抄本いるから取ってってお母さんに伝えて!」
直接嫁に言えばいいのに・・・
親爺の心をくすぐる事だけはしっかり忘れていないようです。

IMGP6570.jpg
IMGP6571_20121012135548.jpg
IMGP6572_20121012135548.jpg

思わず夕日かと思ったら朝日だと言います。

嫁に何時に出て行ったのか?と訊くと、
『娘の話では、白鳥大橋が午前8時~正午まで通行止めだって言うから、
何とか午前8時前には通りたかったの。
だから逆算して5時半頃ウチを出て、高速道路を使って行って来た。』

IMGP6576_20121012141514.jpg
IMGP6573_20121012141515.jpg
IMGP6575_20121012141514.jpg
IMGP6578.jpg
右側の茶色い山は昭和新山、左側の茶色い山は有珠山

下娘に、
「お父さん、そろそろあの白鳥大橋の写真やめたら?」
と言われますが、何のこだわりも無いのですが、
俺の中ではどうしても外せない写真なんです。
なので嫁に頼んで撮ってきて貰いました。

IMGP6579_20121012205433.jpg
IMGP6580_20121012205432.jpg
IMGP6581_20121012205431.jpg

何とか7時半頃渡る事が出来たそうですが、
白鳥大橋の半分まで渡ると混雑しだしたそうで、徐行運転を強いられたとか。

IMGP6583_20121012205430.jpg
IMGP6584_20121012205430.jpg

降り口が近づいてくると、
下にある信号にひっかかりなかなか車が進まなかったそうです。

IMGP6585.jpg
IMGP6586_20121012212458.jpg
IMGP6587.jpg

金網の奥に沢山の車が停まっています。
IMGP6582.jpg

渋滞していたその訳が分かりました。
IMGP6589_20121012212457.jpg

後日、新聞にも載ってました。
IMGP6594.jpg

午前8時前には娘のアパートに着き、娘を起こし、
部屋の掃除・洗濯してから買いモノに出掛けたそうです。
途中で寄ってきたリサイクル屋さんで見つけたとかで、
「お父さん、コレ欲しい?」
とメールしてきました。

CAM00454.jpg
CAM00453.jpg

写真を見ると、古いタイプの船釣り用のベイトリールです。
今のところ使う予定がないので、お断りのメールを送っておきました。

俺の趣味に関して理解を示してくれただけでも嬉しいのに、
気にかけてくれたのが何よりも嬉しく、グッと目頭が熱くなり、
もっと娘Loveになってしまった親爺です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月11日 (木) | 編集 |
昨日、仕事から帰って来ると、嫁がすこぶる機嫌が悪いんです。
俺・・・また何かやった?
思い当たる事ばかりで、どれがソレなのかさえ分からない。
ちょっと様子を見ていると、嫁が重い口を開き、
『あのね、今日(昨日)、パトカーに止められたの。 
で、イエロカード切られた。』
「イエローカード?」
『そうイエローカード、警告書だって言っていた。』
何の事なのかさっぱり分からないので、嫁に詳しく訊いてみました。

ある橋の側の広場にパトカーが停まっているのを、
横目でチラリと見ながら、あるお店を目指して車を走らせていたそうです。
お目当てのお店が近づいてきた時、フッとルームミラーを見たら、
パトカーがクルクルと上の回転灯を回しながら、何かを叫んでいたそうです。
『まさか自分?』
半信半疑に思いながらも車を路肩に止めると、
パトカーの助手席から警官が降りて来て、
「少しスピードが出ていましたね。
それとさっき携帯で話していたでしょう!」
『携帯?』
「そう携帯。」
『携帯? えっ、携帯?』
半分驚き、半分苦笑いしながら首をかしげる嫁。
「携帯の発信履歴と着信履歴見せてください。」
と言われたので、
座席に座っているズボンの後ろポケットからやっとこ携帯を取り出し、
警官に渡す気をしたら、勝手に触れられないようで、
嫁に履歴を出せと言ったそうです。
嫁は警官に、
『あそこに停まっていたパトカーですよね?!
あそこからここまで(約1Km近く)ついてきたんですか?』
と尋ねると、
「パトカーの前を通った時、耳に手をあてていたですよね。
その姿を見たと相方がそう言うんで。」
『確かに右の髪の毛が邪魔だったから髪の毛を耳にかけたけど、それが携帯?』
で、嫁は携帯の発信・着信履歴を誇らしげに見せると納得したらしく、
「こちらの見間違いだったようです。」
車を運転しながら携帯電話を使用していた容疑は晴れたそうです。

じゃー、何でイエローカード?

『40キロのところ50~60キロの間で走っていたようで、
なぜここの道が40キロなのかと言う説明されたんだけど、
そのスピードがでていた距離って、そこからって言うじゃないの。
きっと距離にしたらほんの数十mだと思うんだけ、
出ちゃったもん仕方がナイじゃない、
免許証見せるように言われたから素直に見せたわよ。
今回はスピードが出ていたので、イエローカードを切ります。って言われ、
署名するようにって言われてさ、
逆らっても何の特にもならないから素直に書いたわよ。
署名する時に、
え~、せっかくゴールドカードなのにって思わず口から出ちゃったら、
警告書だから点数は引かれないってっさー。』
と一気に吐き出すと、
『髪の毛を耳にかけた動作で携帯電話で話しているように見えるなら、
昔の髪の毛の長かった時代の武田鉄矢だったら、
毎回嫌疑をかけられることだよね?!
バブル時代のワンレンが流行っていた時に携帯電話が普及していたら、
あっちでもこっちでも嫌疑をかけられる人多数、
その度に警官は携帯の発信・着信履歴を調べて歩くんだよね?』
と不満を漏らしていました。

髪の毛を耳にかける動作、
何も考えず不意に取った自然な行動が携帯電話で話していると思われたそうで、
『あたしさ~、こう言う事に関しては凄く意地悪になる体質だから、
今度、パトカーが停まっているのをしっかり確認してから、
その前を通る時に耳に髪の毛をかける仕草しちゃおうかしら。
それとも人差し指を耳の穴に入れて、
耳の穴の中をほじくりながら運転なんてどう?
携帯電話で話しているように見えない?
その度にパトカーに止められて携帯電話を見せてさ、
ザマーミロって嫌疑をはらすのってどうよ?』
・・・彼女ならやり兼ねないかも・・・くわばらくわばら。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月10日 (水) | 編集 |
IMGP6535_20121010160943.jpg

「がまかつカレイ船釣り大会」の決勝戦のお手伝いに急遽決まって行った俺、
他のお手伝いの方々が誰かさえも知らずに船に乗りこみました。

IMGP6505_20121010154656.jpg
IMGP6533.jpg
IMGP6534_20121010154654.jpg

他のメンバーの顔を見ると、
キス釣りやマコガレイ(船)釣りでもご一緒させて貰った
小川のおんちゃんとI氏がいるのを見て、
「お久しぶりです。」
と挨拶すると、
「おかあちゃんは?」
「仕事です。」
・・・・・・・・
何だか挨拶にしては違和感があるような気がしますが、
この日は俺達を知っている人達の第一声は、
「おかあちゃんは?」
それは今回だけではなく、毎回、俺一人で行動していると必ず訊かれるのが、
「おかあちゃんは?」
俺より遥かに存在感があり過ぎる嫁なんです。

IMGP6537_20121010161056.jpg
IMGP6513_20121010154655.jpg

釣り場に着いて俺達も竿を出してマガレイ狙いです。

IMGP6511_20121010160535.jpg
IMGP6531.jpg

小川のおんちゃんも結構型の良いマガレイ・イシガレイを釣っていたんですが、
手から滑ってタックル一式海に落としてしまって意気消沈していました。
予備のタックルを用意していたようで釣りを再開しましたが、
一度落ちたテンションを上げるには、
ちょっとばかり時間が足りなかったようです。

IMGP6538.jpg
IMGP6536.jpg

競技を行っている船よりも早めに帰港し、
大会後の表彰式の準備をしなくちゃなりません。

IMGP6539.jpg
IMGP6540_20121010161425.jpg

準備し終わると選手達が帰ってきました。

IMGP6541.jpg
手慣れた様子で計測するお手伝いのI氏
最初から最後まで彼一人で計測していました、御苦労さまです!

IMGP6542.jpg
↓↑その傍でカレイを狙っているトラ猫
IMGP6543.jpg

この↑トラ猫、ちょっとした隙に計測カゴからカレイを持ち逃げし、
周りに居た人に捕まってマガレイを取りあげられるというハプニングがあり、
ピリピリとしていた計測時間が一気に和ませた立役者でもあります。
その後、大きなマガレイが計測に出てくると、
「持って逃げろ、美味しいそうだぞ~。」
煽る人間に対して、
“お前ら嘘つきだ!どうせすぐに取りあげるくせに”と言いたいようで、
しっかり皆にガンを飛ばしていました。

IMGP6544.jpg
会場の裏手にある海岸、大会中はこんな感じの波模様でした。
IMGP6546.jpg

結果が出ました。

IMGP6551_20121010172957.jpg
IMGP6548_20121010172215.jpg
IMGP6549_20121010172215.jpg

表彰式
IMGP6547_20121010172216.jpg
一位の方は二位に3キロ強の大差をつけダントツでトップです。
IMGP6550.jpg

函館つるさんから上位3名の方の釣り方を聴きましたが、
3人が同じ様な釣り展開をしているのかと思えば、
各々の考えと今までの経験から得た知識で勝ち進んだようです。

IMGP6553_20121010173222.jpg
IMGP6554_20121010173221.jpg

記念写真

IMGP6559_20121010180742.jpg
IMGP6557.jpg

記念写真を撮る函館つるさんを撮ってみました。

IMGP6560.jpg

今は廃校となった函館北高等学校
IMGP6552.jpg
知り合いが着ていたので面白いので撮ってみました。

今回の俺の釣果

IMGP6564_20121010214854.jpg

マガレイ・イシガレイ混みで30~40匹くらい釣った記憶があります。
ウチで食べる分だけ数匹だけ取り、後は全部嫁の実家に届けたので、
実際の数はハッキリと分かりません。
久しぶりの船釣り、すっかり気分転換ができ楽しかった~、
来年も乗れたらぜひ乗りたいなーなんて甘い甘い考えの俺です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月09日 (火) | 編集 |
一昨日の続き。

「がまかつカレイ船釣り大会」
春に予選大会が苫小牧沖と八雲沖で行われ、
それに勝ち進んだ勝者達が決勝で争い今年度の優勝者を決めます。

IMGP6510_20121008215129.jpg
IMGP6507_20121008215131.jpg
IMGP6509_20121008215130.jpg
IMGP6508_20121008215131.jpg

俺が乗った船は審判船と言われ、
審判員と取材員と大会当日のお手伝いする者達が乗る船です。
もちろん本部の了解を得ており、
お手伝いの空き時間に少しだけ釣りが出来ますが、
船に乗るって事は船賃が発生し、コレは個人負担となります。
そしてメインは審判員が各船の選手達に目を光らせ、
取材員は写真を取って歩くのと、ソレに合わせて船も動くので、
邪魔にならない場所でひっそり竿を出し、
ゆっくりと釣りをするどころではありませんが、
俺にとっては久しぶりの船カレイ釣り、それだけでも満足なのに、
マガレイの顔・釣り仲間の顔が見られただけでも大満足。

IMGP6504_20121008215132.jpg
IMGP6506.jpg

釣り場は、内浦湾(噴火湾)の黒岩~国縫沖。

IMGP6512_20121008230206.jpg
IMGP6514_20121008230205.jpg
IMGP6515_20121008230205.jpg
IMGP6516.jpg
IMGP6517.jpg

潮の流れが速く、カレイ自体の食いも甘い状態でした。

IMGP6518.jpg
IMGP6519.jpg
IMGP6520_20121008230533.jpg

対象魚はマガレイですが、外道の魚にも悩まされていたようです。

IMGP6523_20121008231116.jpg
IMGP6524.jpg

真剣勝負の選手の方々

IMGP6525.jpg
IMGP6526_20121008232646.jpg
IMGP6527_20121008232645.jpg

一早く自分の思っている釣りを出来た者が有利に動いた様です。

IMGP6529_20121008232645.jpg
IMGP6530_20121008232644.jpg

IMGP6521_20121008230533.jpg

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月09日 (火) | 編集 |
グスングスン・・・お殿様が、
「昨日は休みでリフレッシュしただろう。
今日は余自ら弁当を配ってやろう、有難く受け取れ。
もちろん分かっているだろうな、弁当が出るって事は残業、
それもタダの残業じゃない。
終わるのは日にちを跨ぐ有難い残業じゃ~、ふぇふぇふぇ。」
あまりにも嬉しいお言葉に涙が止まりません。

オホーツク方面から鮭が入荷してきたのが夕方~・・・
どのくらいのトン数を捌いたのかも見当がつかない程の鮭が入荷し、
今現在も会社に向かって走っているトラックが数台あり、
こちらの鮭は明日の朝に捌く事になります。

お殿様の言う通り、
キリの良い時に仕事を切りあげたのが日付が変わると同時で、
ウチに帰ってきて風呂に入って、
夜食の鍋焼きうどんを食べたらこの時間です。
さすがに疲れたので寝ます、おやすみなさい。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月07日 (日) | 編集 |
昨夜はloverからのお誘いがあったのですが、
『あんたにメール。 
電話ではしょっちゅう話しているけどメールなんて珍しいわね。』
俺の頭元に携帯をポイッとおいて嫁は立ち去りました。
「船乗れるよー! 今、ブログ見たから遅かったか!」
そのメールを読んだ俺、
一瞬何の事を言っているのか分からなかったのですが、
寝ぼけ眼でメールの主に電話を入れ、
「チレイなオネーチャンの上に乗るの?」
妄想だけが我慢出来ずに先走りしちゃいまして、
「えっ、それだったら俺が乗りたいくらいだ。 フザケタ話はソコまで!」
と窘められ、
「取材なども兼ねている船でちょこまかと動き思う様な釣りも出来ないのと、
大会のお手伝いもして貰うのと、もちろん船賃はかかるけど
審判船に空きがあるが乗るか?」
「すぐに行くー! 餌、お願い!」
ちゃっかりお願いしちゃいました。
ちょっと遠くからその会話をダンボの耳状態で聴いて嫁、
『オネーチャンの餌って言ったらマネーしかないじゃない?
そんなことまでして遊びたいなんて・・・
まったく男って生きものはフザケタ奴ばかり。』
真夜中なのにタコ焼きに喰らいついていやがります。
loverからのお誘いよりも、突然の函館つるさんの誘惑の方が勝り、
ただ単に俺の壮大な妄想が現実の釣りに負けたって話なんですが、
棚からぼた餅のような釣りの誘いに小躍りする俺の姿がありました。

子犬の様に嫁にすがりついて、
「お願い船賃、餌代、人間の餌代、ガソリン代ちょうだい。」
キュンキュンと鼻を鳴らしながらオネダリしていると、
『あーっ、うるさい。 一層の事、首をひねってやろうかしら?』
と脅かしてくるんです。
だったら俺も反骨精神で・・・あ~、無理、絶対に無理、
鶏みたく簡単にひねられるがオチ、やっぱり命が惜しいので、
「コレからまた残業が続くと思うんだ。
釣りも久しく行ってないし、少し息抜きしたい。
お前も来月には鮭釣り船に乗るんだろう?
そしたら俺の気持ちなんて手に取る様に分かるだろう?」
柳葉敏郎が演じる室井警視正のような真顔で、
心の中では舌を出しつつ訴えてみました。
あまりのバカバカしい三文芝居を見切った嫁が、
『うっとうしいから早く出て行けー!』
そう叫びます。

善は急げといいますので・・・
必要経費をゲットした心地よさでハイテンションになり、
真夜中の道を鼻歌混じりで駆け抜けて一気に集合場所まで辿り着き、
皆が来るまで仮眠していました。

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月06日 (土) | 編集 |
浜益+泊(積丹)+伊達+網走+湧別=80トンの鮭を捌くのに、
今日はパン残業でした。
で、お殿様が帰り際に、
「明日は皆の衆に休みをくれてやろう。
もちろん余も休むから会社全体も休みじゃ。
その代り、月曜日の8日は30分早出残業だぁー!」
というお達しがあり小躍りする社員達。

明日は嫁は午前中仕事、俺は・・・う~ん、困った。
鮭を狙おうにも鮭がイナイ状態、地元のおっちゃん方に情報を訊いても、
「鮭? こっちが知りたいくらいだ。
瀬棚漁港? 無理無理、鮭イナイ。
鵜泊漁港内の刺し網に5~6匹掛っているようだが、
釣人まで回って来る筈の鮭が全部網にかかって終わりだ。
網も朝まで刺しているし、釣人が竿を振る事も出来ない。」
そんな話しか聞こえてきません。

今、地元で狙えるモノと言えば、フクラギ(ブリの稚魚)かアオリイカ、
それも短時間勝負だと言う話です。
取りあえず朝起きてから考えるとして、
どこかに仕舞ってあるエギを探さない事には話になりません。
どこに・・・どの辺に仕舞ったのか・・・それさえ忘れています・・・
ヤバいぞ~俺!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月05日 (金) | 編集 |
早朝出勤してきた嫁が仕事帰り、その足でサケ釣場を覗いてきたそうです。

IMGP6502_20121005213306.jpg
午前6時半ごろの瀬棚漁港

数日前にサケ5~7匹程の群れが泳いでいるのが確認され、
二日前にフカセ釣りで3匹釣れたそうですが、
それ以来、まったくサケが釣れてないそうです。

IMGP6503_20121005213306.jpg

嫁が港内を覗いて見ると、1匹のサケが泳いでいたそうです。
ですが皆の話では、
「まったく食い気がないサケ。 クルクルと港内を泳いでいる。」
だそうです。

IMGP6500.jpg

今朝は定置網を引き揚げたようですが、手籠で荷揚げしていたそうで、
「殆どがヒラメだな。 
アレがもしサケだとしても、
手籠で荷揚げされるだけしか獲れなかったってことだな。」
遠くから一緒に眺めていたおっちゃん達がそう話していたとか。

IMGP6501_20121005213304.jpg
朝6時半頃のせたなの海
IMGP6499.jpg

おっちゃん方からの情報で、毎日、サケ釣場に偵察に行っている方が居て、
「鵜泊漁港も見てきたが、鮭も釣人も居なかった。」
と、瀬棚漁港で竿を出していた釣人に教えており、
「鵜泊や瀬棚で、毎朝、偵察に来ているメンバーで雑談するのが楽しみだ!」
とも言っていたそうです。

今回、嫁もこの仲間入りし、色々と情報を得てきたようです。
拾ってきた情報の中には、物騒な事や楽しげな事などがあり、
キチンと裏を取り次第、おいおいその話を書いていこうかと考えています。

アレ? 嫁が動きだしたって事は・・・そろそろかな?
俺の予想ではまだまだ後の様な気がするんだけど・・・。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月04日 (木) | 編集 |
浜益+泊+島牧+オホーツク=50トンと鮭の入荷も少なかったので、
残業は1時間程ありましたが、珍しい事に弁当残業はナシ。

久しぶりに嫁と食卓を囲んだ夕食。
すっかり俺が弁当残業だと思っていた嫁、
『あたし一人だけだと思ってたから納豆飯でいいかなって・・・
どうせ弁当残業だし、夜食はウドンかソバでもって思ってたから・・・
あんたと一緒に食べるとなると・・・困ったわーぁー。』
メールを見てビックリしながらも冷蔵庫を覗きこんでから、
慌てて買いモノに出掛けたそうです。

途中で、
『噴火湾で獲れたサバ食べる?』
そんな写メが届きました。

HI3H0427.jpg

今日はサバの味噌煮、明日はサバの塩焼きかな~と、
勝手に決め付けていたら、食卓にはサバがありません。
嫁に訊くと、
『やっぱりサバは捌いてないのが一番。 
捌いてあればいつのサバか分からないし、
サバの味噌煮を作るなら輪切りしたモノを、
ゆっくり味を染みこませたのが美味しいと思うんだよね。』
どうやら彼女のこだわりに適わなかったようです。

内浦湾(噴火湾)でサバが獲れ始めたって事は、
サバ狙いで釣り船に乗り込む釣人もそろそろ活動するって事でしょうね。
俺の知り合いにも何度か船でサバ釣りに出掛け、お土産のサバと一緒に、
サバ釣りの楽しさを語ってくれます。
以前、友達が遊漁船を行っていた時に、
「午後から出港して、サバやってカレイやって夕方からイカやるぞー!
サバの引き、なまら面白いぞー。」
と何度か誘われたのですが、秋は仕事が忙しくて休みもままならない季節、
結局は一度もサバ釣りに行く事が叶う事はありませんでした。
いつかはサバ釣りに出掛けてみたいと思っていますが、
現段階では無理なので、
コレも仕事をリタイヤした時の楽しみに取っておきますね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月03日 (水) | 編集 |
今日も楽しい弁当残業、
島牧村20トン、伊達20トン、浜益+泊=トン数確認していませんが昼頃に入荷
オホーツク70~80トン夕方入荷のサケと楽しい一時を過ごしてきました。

遅く食べた夜食とも言えるご飯、写真を撮るのを忘れましたが、
食卓にはアオリイカのイカフライが上がってました。
嫁が実家に行った時に母親が、
「魚屋さん(移動販売の魚屋)から、
珍しいモノがあるって、深海のイカで小さいけど身が厚く、
刺し身でもいけるって言うから買ってみた。」
そのお裾分けが我が家にやってきました。
綺麗に捌いてあって、
オマケに冷凍までされていて姿形は原型を留めていなかったと言います。
母親に確かめたところ、9月の末あたりに魚屋さんから買ったとかで、
「チュンチュン(カワハギ)っていう魚もあったけど、
見たことない魚だったから買わなかった。
せたなで獲れたって言ってたよ。」
と言ってたそうです。
カワハギが獲れた事はある重鎮の方から教えて頂いてましたが、
イカについてはどこからも情報も頂いてなかったので、
「本当にアオリイカなのか?」
問うと、
『あたしもどんなイカなのか分からなかったから、
母親に絵を描いて貰ったの。
どう見てもその絵、アオリイカだったんだよね。
それに耳の部分見たらアオリイカの耳なんだよね。』
そう言えば、知り合いのおばちゃんが、
「近所の方(漁師さん)から貰ってアオリイカ貰って食べた。」
って言っていたのをたった今、思い出しました。
本来なら北海道にいないと言われているカワハギやアオリイカ、
海水温が高いのか、
近年ではその姿が目撃されていたり店頭に並んでいたりします。

数年前の9月、
サケ狙いで訪れた鵜泊漁港でアオリイカが泳いでいるのを見た記憶があります。
サケに見放された日
その時の事が↑に書かれています。

昨日の新聞にサケの孵化事業について書かれていました。
サケを扱う会社にとっては、4年後の会社の運営にも関わる事だと思います。

◆秋サケ人工ふ化に難問 道内太平洋側、親魚確保57%減
 <北海道新聞10月2日朝刊掲載>

秋サケの人工ふ化放流で使う親魚の確保が、襟裳岬以東の太平洋側と、
日本海側で難しくなっていることが1日、
北海道さけ・ます増殖事業協会(札幌)のまとめで分かった。
とくに太平洋側は9月30日現在、前年同期比で6割弱少なく、
大幅に不足している。
残暑で河川の水温が上昇し、親魚の遡上(そじょう)を妨げているためだ。

放流は道内9地区の増殖事業協が毎年、河川に帰ってきたサケを捕獲し、
卵を人工ふ化して翌年3~6月に実施。
道の計画では今年の捕獲数は127万匹。
9月30日現在で76万匹と前年同期比2%増となっている。
しかし、海域別ではばらつきがみられ、
オホーツク海側が34%増、根室周辺海域が11%増なのに対して、
太平洋側の襟裳岬以東が57%減、日本海側が15%減と厳しい状況だ。

このため、太平洋側の襟裳岬以東では、漁業者らでつくる協議会が9月29日、
親魚の遡上を促すため、一部の定置網を5日に撤去、
11日に再設置することを決めた。

親魚減少の理由について、
道立総合研究機構さけます・内水面水試(恵庭)は
「サケの来遊に適した水温がそれを上回った。
川では渇水もあり、サケが遡上を嫌がったのでは」
と分析している。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2012年10月02日 (火) | 編集 |
今日も弁当残業でした。
日本海側の島牧村から20トン、
泊(積丹)+浜益=トン数を確認していませんがお昼頃に入荷、
オホーツク100トンは夕方に入荷してきました。

残業を終えてウチに帰ると、嫁が台所で何かと格闘しています。
チラリと見ると、まな板の上が真っ赤っか・・・よく目を凝らして見ると、
真っ赤に色づいたピーマンがのっつり乗っかっていました。

IMGP6492.jpg
袋の中にも赤ピーマンが・・・。

「こんなにどうするんだ?」
と嫁に尋ねると、包丁を振り回しながら、
『料理に合わせて切って冷凍しとくの。
使う時は冷凍のままで火を通す料理しか使えないけど、 
冬季間、野菜って高いじゃない。
今だったら実家に行けば野菜が畑にうじゃうじゃ生っているから、
勝手に盗ってきちゃった。
採り遅れたからピーマンが熟成しちゃってカラーピーマン、
中にはパプリカになっているのも有るんだよね。』
せっせと包丁を忙しく動かしています。

IMGP6496_20121002211908.jpg

カラーピーマンとパプリカ、この違いが分からないので嫁に問うと、
『あんたが好きなピチピチのチレイなオネーチャンがピーマン、
襟足の色っぽいスナックのママさんがカラーピーマン、
熟したのがあたしでパプリカ、呼び名が違うだけで中身は全部一緒なの。
何、その疑いの目は?』
クルリと俺に背中を見せると、
『あたしの悪口書くだけがネットじゃないんだから、そこで調べなさい!
それからあたしがあんたにブゥブゥ文句言っているって書いてあったけど、
アレ間違いよ、ブヒブヒだから~。』
一瞬、
「畑で腐って落ちているのがお前だよな?」
と口を滑らせそうになり慌てて手で口全体を押さえました。
だってドスのきいた地声と台所に立つ嫁の背中から、
『コラ、てめぁ~、余分な事言うんじゃねぇーよ!』
俺に対する殺意が滲み出ている気がしたんです・・・怖~。

IMGP6498.jpg

で、ネットで調べると、
「日本の市場では、有色に着色した果肉の、肉厚の薄いものをカラーピーマン、
肉厚の厚いものをパプリカと、呼び分けているようです。」
と書かれていました。
そうか、だから、
『熟したのがあたしでパプリカ。』
彼女にしては上手い例えだと思ったら、早い話が面の皮がぶ厚い、
全体的におデブだと言うのが嫁だと言う訳ですね、納得!
          
IMGP6494.jpg

嫁の話では、
『ししとうも熟して赤くなっていたよ。
それも採ってきたんだけど、近所のおばちゃんに食べると言うからあげた。』
ピーマンも冷凍出来るのですから、ししとうも冷凍する予定だそうです。
この他に熟したトマトで大量のミートソースを作り冷凍したとかで、
俺の危惧する事は、
「はたして冬季間でコレ全部食べ切れるんだろうか?
使い切れるんだろうか?」
食事を作って食べさせて貰っている身なので・・・
そんな事間違っても口に出せませんよね・・・命惜しいもん。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。