FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2012年10月27日 (土) | 編集 |
コレから俺一人でサケ釣りに出掛けてきます。
俺がサケ釣りの仕度をしていると、明日、仕事の嫁が、
『あたしから逃げるのかい?』
と言いやがるので、
「逃げないよ、食料調達しに行くだけだよ!」
食料調達、この言葉に弱い彼女、納得してくれたようですが、
『分かっているよね? 釣って来なかったらウチの敷居またがさせないよ。』
・・・まったく食欲旺盛、どこまで太れば気が済むんでしょう?

場所は下海岸方面を目指していますが、あまり波・風模様がよくありません。
東風が吹けば日本海側は凪、太平洋側の内浦湾は時化となり、
この風の影響を受けない場所へ行こうかと考えています。
釣り仲間にお伺いを立てると、
「鳥崎(森町)か大船海岸くらいしか釣りにならないと思う。」
「じゃ~、俺、先に行っているから、来たら起こして~」
起きるのも人任せ、すっかり甘えている俺です。

先週、海水に手を突っ込んでみましたが、まだ多少海水温が高めでした。
新聞に南国の魚が掛ったと言う記事が載ってましたが、
なんとなく納得してしまいました。

◆熊石沿岸に南国の魚 サケ定置網に「マツダイ」
 <北海道新聞朝刊 2012/10/24>

【八雲】町熊石鮎川町沿岸のサケ定置網に、
南日本などに生息する暖流系の海水魚「マツダイ」(スズキ目マツダイ科)
がかかっているのが22日、見つかった。
マツダイは、同日鮎川沖で操業していた協宝丸水産の定置網に
サケに交じって1匹が水揚げされた。
体長43cm。
「黒く、平たくて、古代魚のような見たことがない魚だった」といい、
熊石漁港内のいけすに入れて漁業関係者に披露した。

熊石総合支所産業課の職員が調べた結果、マツダイと判明。
漁業者からは
「東北地方の太平洋で捕獲を聞いたことがあるが、この辺では初めてでは」
「猛暑で海水温が上昇した影響か」など、
珍魚来訪に驚きの声があがっていた。
マツダイは、太平洋、大西洋の熱帯ー温帯地域に広く分布。
刺し身などで食べられる。
道内で捕獲されるのはまれだが、
海水が高温化した今秋は十勝沖でも報告がある。

IMGP6720_20121027210351.jpg

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用