FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2012年10月30日 (火) | 編集 |
仕事が休みだった嫁から、
『知り合いから今秋初の生ホッケ貰ったよ、わざわざ届けてくれた。 
今晩はホッケの煮つけ、明日はホッケのフライ。』
メール付き写メが届きました。

IMGP6769_20121030223651.jpg

島牧沖で今朝獲れたばかりのホッケだそうです。
腹にはしっかり卵も抱えており、ホッケの卵も身と一緒に食卓に上りました。
頂いた方に獲れた場所を伺ったら、
「まだ岸寄りはしていないよ。 もうちょっとしないと無理だ。」
嫁が釣りをすることを知っているので、そう教えてくれたそうです。

この他にも自宅で採れた大量の栗も頂いたとか。

IMGP6767.jpg

小粒のも混じっていますが、これで3Kg以上あります。
この栗、どんな風に料理されるのか興味深々です。

ホッケの下ごしらえを終えた後、知り合いの元漁師さんご夫婦を尋ねて、
隣村の島牧村のある場所へ向かったそうです。
年に数回、このご夫婦の元を訪れるのですが、
今回は今までとはガラリと様子が変わったそうです。
この話は後日にでも書きますが、俺もこの話を聴いて、
「いつかは自分達も、そういう選択を迫られる時が来るんだろうなぁ。」
寂しい気持ちにさせられました。

その帰り道、普段は沖を走っている大型船が陸側を走っていたのを目撃。
俺の予想では、沖はそうとう荒れて(時化)ているのではないか?
勝手に想像しています。

HI3H0452.jpg

ついでに釣場を見学。

HI3H0450.jpg
HI3H0451.jpg

こちらの先端は、トンネルが崩壊して今は行けない場所です。

HI3H0454.jpg

雨降りの中、ちょっとした晴れ間に見えた夕焼け

HI3H0456.jpg
HI3H0459.jpg

スーパーの店頭にもホッケの卵が並べられ売られて来ていますので、
もう数週間したら産卵のタメにホッケも岸寄りするでしょう。
問題はホッケの数自体が減ってきているので、
投げ釣り、ホッケの浮き釣りなどでどれくらい釣れるかでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用