FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2012年11月12日 (月) | 編集 |
今回のサケ船釣りのネタを載せるにあたって、
プライベートでサケ釣りに来ていた、
工藤準基さん、三好りささん
の写真撮影と撮った写真を、
個人ブログに載せる許可を快く頂いた事に深謝致します。



◎ 嫁のつぶやき ― 引きの強い者

開口一発、
『世の中って上手く出来ているわよね。
陰があれば陽もある。 魚の引きが強い者もいれば弱い者もいる。
それで調和がとれているんだと思うんだ。』
と、天井を見上げてポツリと言う嫁。

IMGP6808.jpg

八雲沖の航路でサケの跳ねを一度見つけ投げましたが、ここでは空振り。
次に山崎の航路を見て、黒岩の航路でサケの跳ねを見つけ狙ったんですが、
ここでも空振りで終わってしまいました。
船頭から、
「近い場所から見て行く。 そこがダメなら静狩沖まで行く。」
船に乗った時点でそう説明されていましたので、
仲間の船が居る静狩沖へと船は急ぎます。

IMGP6816.jpg

今回乗せて貰った船ですが、
所属する漁港の中で一番足が速いと言われている船でして、
フルスピードで静狩沖に到着。

IMGP6813.jpg

サケの跳ねを見つけ、サケを追いながらサケを狙う釣り方で、
噴火湾(内浦湾)名物のサケの跳ね打ちの始まりです。

IMGP6830.jpg
↑↓サケの跳ねを探す釣り人と船頭
IMGP6821.jpg 
IMGP6812.jpg 
IMGP6811.jpg

船頭・釣り人が一緒になってサケの跳ねを見つけ、
いち早くサケの跳ねた場所に走り、サケの鼻先へルアーを投入します。

IMGP6810.jpg

船中で一番先にサケを掛けたのは、嫁が ↑ 社長と呼んでいる方です。

IMGP6815.jpg
IMGP6809.jpg
IMGP6814.jpg

嫁が、
『あっ、今、リサちゃんの右前でサケが跳ねた。
頭は左側に向かっていたから、前にいる人の誰かが釣れると思う。
跳ねたサケ自体はあまり大きくないけどね。』
と函館つるさんに報告した瞬間、リサちゃんにサケがHit!

IMGP6817.jpg
IMGP6818.jpg
IMGP6819.jpg

おめでとうございます、さすがです!
俺への笑顔ではありませんが、この写真、俺の宝物とさせてもらう予定です!

↓ その後も順調にサケを釣るリサちゃん
IMGP6835_20121112231657.jpg

↓ 船尾(トモ)に乗った釣り人とその仲間の釣果

IMGP6832.jpg
IMGP6834_20121112231655.jpg
IMGP6837_20121112231655.jpg
IMGP6833_20121112232057.jpg

静狩沖はまだ凪ていましたが、
船団のある漁港側では風も変わり時化となってきているという情報が入り、
11時ちょっと過ぎには漁港へと急ぎます。

IMGP6831.jpg
IMGP6838_20121112233215.jpg
IMGP6839.jpg
IMGP6840_20121112234057.jpg
IMGP6841_20121112234056.jpg

フルスピードで走る船がいきなり減速し、
うねりの強い中、サケの跳ねを見つけたと言うので一斉に竿を振ると、
引きの強い者が制覇したんです。

IMGP6842_20121112234410.jpg
IMGP6844_20121112234409.jpg
IMGP6845_20121112234409.jpg

さすがです、このうねりの中からサケを引っ張り出すとは、
御見それ致しました。

因みに嫁もここでサケの当たりがあったんですが、
途中でバレてしまったと自己申告していました。

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用