FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2013年04月17日 (水) | 編集 |
早朝出勤をしましたが、
「どうだ腰のあんばい? 
今日はそれ程忙しくないから、ウチに帰って休んでいいぞ~!」
お殿様の直属の家臣からそう言われたので、お言葉に甘えて帰って来たんです。

午前8時半頃にウチに帰ってくると、こっちは足が痛くて仕方ないのに、
嫁は高イビキをかきながらヨダレを垂らした情けない顔で寝ていやがり、
何だか腹ただしくなってきたんです。
思わず布団を引っ剥がして叩き起してやろうと、
掛け布団に手を掛けたんですが、
嫁が口のヨダレを寝まきの袖で拭いながら目を開け、
『おしっこ』
ムクリと起き、
『なんであんたがウチにいるのさ?』
言い残して、小走りでトイレに駆け込んだんです。

トイレから帰ってきた嫁に説明すると、
『えーっ、今日休みだからダラダラ過ごすつもりでいたのに・・・
どうしてくれるのよ?』
ガッカリしやがり、
『帰ってきたんなら仕方が無いけど、
トイレとご飯とオヤツ以外には寝室から出てこないでよ。
用事も無く出てきたら、
残っている足も負傷する事になると思った方がいいわよ。』
俺の枕をサンドバックに見立てて拳を何度も打ちつけるながら、
大人しく寝てれ!と脅かすんですよ。
昨日は痛みであまり寝れなかったのもあって、
今日は枕に頭をつけた途端、寝むりに落ちたんです。
その甲斐があったようで、だいぶ調子が戻ってきました。

話は変わって、
北海道に住んでいる方ならTVやラジオ、新聞などで、
せたな町北檜山区の主婦が山菜採りに出掛け熊に襲われ亡くなったと言う、
不幸な事故の話を目に耳にしたことだと思います。
昨日の夕方、町内の防災無線からこの事故の事が流れてましたが、
今朝、知り合いのおばちゃんに教えて貰うまで、
誰なのかも分かってませんでした。
ウチに帰ってから新聞で確かめたら、顔見知りの方の奥様で、
とても残念でなりません。

今、せたな町には、
山菜採り(アイヌネギ)の業者さんや愛好家の姿がボツラボツラと見られます。
噂で聞いた話では、親指程の太さの新芽のアイヌネギを狙って、
熊の巣があると言われている超危険地区にも足を踏み入れている人もいるとかで、
いつ・誰が・どんな事故に出会うかも知れませんので、
危険を避け、十分に気をつけて欲しいものです。

ご冥福をお祈りいたします。
合掌!

◆女性襲ったヒグマ、発見できず…捕獲わな設置
 読売新聞 4月18日(木)9時17分配信

北海道せたな町北檜山区新成の山林で、
山菜採りに来ていた近くの◎◎さん(52)がヒグマに襲われて死亡したことを受け、
町などは一夜明けた17日も警戒を続けた。

地元の猟友会檜山北部支部では、ヒグマの発見に至らなかったことから、
現場付近にわなを仕掛けた。
猟友会のハンターたちは朝、昼、夜の3回、
現場付近の道道沿いで人里にクマが下りて来ていないかどうか巡回した。
現場から北東約500メートルの山林には、箱わな5基を設置した。
同支部は当面の間、捜索を続ける。

町によると、2005年の合併後、住民がヒグマに襲われたのは初めてという。
現場は町役場から南西約10キロの山林で、雪解け時期は、
山菜採りに住民がよく訪れている場所だが、
ここ数年間、ヒグマの目撃情報はなかったという。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用