FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2013年04月25日 (木) | 編集 |
24日に開通した一般道道北檜山大成線を見に、
俺の代わりに仕事帰りの嫁が行ってくれました。

IMGP5153_20130419004901.jpg
IMGP5158_20130419004900.jpg

北檜山から大成方面に進路をとり、
以前ゲートのあった所から見えた岩場に向かってみました。

IMGP7643_20130425230421.jpg
IMGP7644_20130425230420.jpg
IMGP7645_20130425230419.jpg

軽い左カーブを曲がると次の岩場が見えます。

IMGP7646_20130425231105.jpg
IMGP7661.jpg

ここから日昼部トンネルまでの間は波返しがついており、
海が見えない状態です。

IMGP7647_20130425231104.jpg
IMGP7648.jpg
IMGP7650.jpg

日昼部トンネルを抜けると次のトンネルが見え、先端には岩場が見えます。

IMGP7659.jpg

太田トンネル
IMGP7651.jpg
IMGP7655_20130425232506.jpg

太田トンネルを抜けると目の前には太田漁港が現れ、
漁港でUターンしてまた北檜山方面に車を走らせます。

IMGP7656.jpg

太田トンネルを抜けた所から日昼部トンネルを撮ってみました。

IMGP7654_20130425234356.jpg
IMGP7658_20130425234537.jpg

大成側から見た日昼部トンネル

IMGP7657_20130425234831.jpg
IMGP7660_20130425234829.jpg

北檜山区太櫓新成にある水垂岬(みだれみさき)の灯台
IMGP7662.jpg

コレを過ぎると鵜泊漁港が見えます。

北檜山から大成に向かって走ると、
新成から少し南下した場所の水垂岬(みだれみさき)には灯台が設置されており、
反対側には山がつならっております。
猟友会に所属していた知り合いが言うには、
「ここから先は熊の領域だ。 日中戸付近の山は鹿の越冬地でもあるんだ。」
と教えてくれ、缶コーヒーを飲みながら、
「先人から訊いたんだが、アイヌ語のカムイミンダラだったかな?
意味は神の庭だとか熊の遊ぶところだとも言うそうだ。
それから地名がついたと言っていたぞ。
実際にある山の麓には盆地となった所があって、
そこは日あたりが良く風もかわせるところで、熊の巣穴が沢山あるんだ。
時期になると小熊が無邪気に遊んでいる姿を見る事が出来るが、
小熊がいるってことは親熊もいる危険地帯だ。
素人が迷い込んだらお終いだな。」
俺を脅かしながら、
山仕事で携わった関係でアイヌの人と関わる事があったそうで、
「アイヌにとって熊とはな、神聖なもので熊の神は山奥に住んでいるそうだ。
熊の毛皮と肉を与えてくれたお礼に“熊の霊送り”って言う儀式を行って、
いろんな物を熊の神様に奉納するそうだ。
いろんな物に神様がいて、常に感謝の気持ちを持って接する事が習慣にし、
だからいろんな儀式があるんだとさ。」
そんな感じの様な事を言っていたのを思い出しました。
北檜山大成間は未開の地ですので、熊がわんさかいると思った方がいいでしょう。

今回、嫁が走っていて気がついた点があったようで、
『大成から走ってきて鵜泊漁港の側の立岩を過ぎたら民家があるじゃない。
北檜山から走っていくと軽い右カーブがあって立岩が見える民家の前に、
その道路、車が一台通れるくらいの狭さだし、
いつも猫が舗装の上でくつろいでいるの。
車が来ても避けようとしないんだよね。
今まではそんなに車なんて通る事が無かったから、
車が危険だって分からないのかしら?
地元の人はそこに猫がいるって知っているから、
ゆっくり走って猫が退けるのを待っているけど、知らない人だったら、
ビックリしてハンドル操作ミスで民家に突っ込む可能性もあるし、
動物を車でひくのって気持ちがイイもんじゃないから、
ゆっくり気をつけて走って欲しいな。』
と言い、
『鵜泊漁港の上の高台に新成の住宅地があるじゃない。
新成から坂道を降りてくる車と、
新しく出来た道路を通って来る車と出合い頭の衝突もあり得る話よね。
だって、見通しが悪いんだもの。』
だそうです。

北檜山から鵜泊漁港に向かって走ると、小さなトンネルがあり、
そこを抜けると鵜泊漁港です。
その小さなトンネルの手前の沢にはロープが貼られていていました。
この沢伝いに登ったところで、
熊に襲われる痛ましい事故が起きたばかりです。
一般道道北檜山大成線の工事をしている最中に、
この工事に携わった人から聞いたのですが、
『熊の糞が道路に幾つも落ちていた。 
時期になれば毎日、新しい糞があっちこっちにある、
熊の巣窟と言ってもいい場所だから一人で行動しない方がいいな。』
とも言い聴かされてましたので、
皆さんも行動する時は十分に気をつけて下さいね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用