FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2013年04月27日 (土) | 編集 |
火曜日(23日)の午後から予約してあったMRIに入ってきました。
診断の結果は、
「五番がかなり圧迫している。
三番と四番も少しだけ出ている。
腰は来れる時にリハビリしに来て下さい。」
画像を見ながらの説明でした。

診察が終わってリハビリに行くと、
・・・俺より遥かに年上だとひと目で分かる紳士淑女達がわんさかとおり、
敬老会・・・失礼、社交界の会場かと思っちゃいました。
その社交界に仕事着のまま乗り込んだ俺、
すごく場違いなところにやってきたのでは?
一瞬、入口付近でたじろいでしまいました。
はじかんでいる俺に会場案内人が、
「じゃ~、その台に仰向けで寝て下さい。」
と案内され、促されるままにドキドキさせながら仰向けに寝ると、
コレから始まるショーの主役の俺、
腰にベルトを装着、両片にもベルトを通され、
じっくりと負荷を掛けられて腰を引っ張られ、
紳士淑女に囲まれて曝しモノにされてました。
時々、肉離れを起こしている足がベッドに擦れ、
うっとかあっとか小声が漏れるたびに、
この根性無し、わしらを見習え!と言いたげに、
紳士淑女方の冷たい視線が一斉に向けられるのが分かるんです。
この冷たい視線が快感に変わる日も近いと思うこの頃です。

以前の診察で、ふくらはぎの出来モノを処置して貰いましたが、
「かなり炎症が進行してますね。
切開して膿を出します。 その方が治りが早いので!」
と言われ、診察ベッドにうつ伏せに寝かされると、
部分麻酔の注射を打たれました。
部分麻酔が効いてきた頃に一気に切開されたようで、
自分ではどの様な事がなされているのかも分からない状態です。

IMGP7615.jpg
IMGP7616.jpg

お風呂に入るのに嫁に見てもらうと、
『しっかりガーゼが傷の奥まで入っているわ。
消毒するのに暫く病院通いしないと行けないじゃん。』
恐る恐るガーゼを引っ張るとズルズルと奥から出てくるのが分かったんです。
俺、この感覚だけでもう、クラッと気を失いかけました。
嫁の、
『まったくコレくらいで気絶しそうになるなんて、本当に残念な男だよ。』
ここでも冷たい視線を注がれ、この日は冷たい視線に縁があった俺です。

ここ数日、残業が無くても早朝出勤は相変わらず続いており、
昨日はご飯を食べ風呂に入った後、
化膿止めの薬を飲んだまでは憶えているんですが、
どうやら倒れるように布団に潜り込んだようで、
目を開けたら出勤時間だったんです。
そんな訳で昨日はブログを書くところまでの体力が無かったようです。
後数日すると、俺の嬉しい楽しい連休が始まりますので、
それまでの辛抱です。
そろそろ俺の初釣りの予定を決めないと、
一緒に釣りに行く仲間に怒られますよね?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用