北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年06月30日 (日) | 編集 |
IMGP8083_20130701011022.jpg

計測場所に行くと、俺達が釣ったババカレイを見て、

ババを釣る時、ババを連れて行け!
                                 by 大輔

大きな声で叫ぶんです。
それも嫁の真後ろで・・・命知らずです。
もちろん、スパイク靴で臭くなっている嫁の右足キックが、
大輔のお尻にドスンと鈍い音して入った事は言うまでもありません。

IMGP8082.jpg
ババ=ババ(嫁)の恩恵を受けた三人

お尻を押さえながら、
「一昨年の全カレイの時、ひろし。。。さん、
ババ(嫁)を連れてったからババ釣ったんじゃん。
今回もババ(嫁)を連れてったからババ釣れたじゃん。」
偶然にも嫁を連れて参加したらババカレイが釣れただけなんですが、
2連ちゃんで大きな大会でババカレイを釣れたって事は、
偶然と言い切れない部分もあるかも知れません。

IMGP8075.jpg
他魚の部で日本一になったクロゾイ

そして今大会では、
はこだてサーフの大会と北海道協会の大会も兼ねているので、
三大会で優勝したババちゃんです。
おめでとうございます!

IMGP8080.jpg
IMGP8081.jpg
俺のババカレイとマコガレイ

俺のババカレイですが、何とか他魚の部でトップ10入りさせて貰い、
有難い事に、はこだてサーフの大会では2位、
北海道協会の大会でも2位を頂きました。
あーざす!

IMGP8084_20130623211137.jpg

同じく他魚の部でトップ10入りした、
若いオネーチャンを二人騙したさんのアイナメ
おめでとうございます。

IMGP8078.jpg
Mr,Kさんのババカレイ

IMGP8079.jpg
IMGP8085_20130701015326.jpg
函館つるさんのババカレイとアイナメ

はこだてサーフの皆に次に会えるのは、全カレイの時となります。
その時はまた俺と遊んで下さいね!

終わり

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界

スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月28日 (金) | 編集 |
ババを釣る時、ババを連れて行け!
                                 by 大輔

素敵なと言うか、今回に限って言うと的を得た格言を頂きました。

昨日の続き

今回、函館つるさんがチョイスしてくれた釣場ですが、
大型根魚、ババカレイが釣れる実績のある場所で、
ポイントは沖磯場全体で近間は根掛かり覚悟の場所、
遠投で沖を狙うとマコガレイが釣れ、
後は魚のご機嫌と運次第ってことになります。

IMGP8058.jpg
IMGP8057.jpg
対岸の青森

時間と共に潮が動き始めると、川のように流れがきつくなり、
所々では渦を巻いている箇所が見受けられました。

IMGP8050_20130629075714.jpg
IMGP8051_20130629075713.jpg
IMGP8055.jpg
IMGP8056_20130629075711.jpg

潮の流れのきつい場所を避け、魚のご機嫌を伺っていると、
Mr,Kさんの竿先に魚信を知らせる合図がありました。
どうもその合図ですが、
俺は根魚の様なガンガンと強いアタリだったのとは対照に、
ババカレイ特有のモソモソしたアタリのようでして、
「しっかり食い込むまで待つ!」
暫く竿先とニラメッコしているじゃありませんか。

IMGP8038.jpg
待ったかいがあって、37.5cmのババカレイをゲット。

釣りをしている時は真剣な険しい顔で竿先を見つめているのに、釣った途端、
「コレで孫にババカレイ食べさせてやれる。」
嬉しそうに語るおじいちゃんの目尻が下がった優しい顔に変貌してました。

それを見た函館つるさん、
「俺、人を連れてくると、
何故か自分だけ釣れないってパターンが多いんだよな。」
ボヤきジジィになっています。
でも、神様はボヤきジジィに、
「今回だけは釣らせてやるか。 
コレ以上ボヤくと本当のジジィになってしまうのも可哀そうだ!」
愛の手を差し伸べてくれたようです。

IMGP8062_20130629080751.jpg
38cmのババカレイ

船が迎えに来る時間帯が近づくと、
「時間通りに迎えに行っていいのか?」
船頭からお伺いの電話が函館つるさんに入ってました。
どうやら潮の流れがキツイので、
「コレから潮が複雑に流れる。
約束した時間より先延ばしされたら、 
迎えに来いっと言われても迎えに行けない状態になってしまうぞ~。」
という心配だそうです。

先程からカレイ特有のアタリをしていた俺の竿を一番最後に片付ける事にし、
嫁の竿、自分の竿などを片付けてました。
しばらく放置していた最後の竿をあげ巻いてくると、
カレイの姿が見られ、その瞬間、俺、高笑いしてしまったんです。
だって、狙ったポイントで狙った魚が付き、
それもそこそこのサイズとくれば、
何もかもが自分の思惑とドンピシャで、
「これだから釣りは止められない!」
自然と嬉しくて笑ってしまったんです。
函館つるさんの、
「あーっ、高笑いして、嫌な奴!」
賛美とも思えるお言葉を頂きました
あーざす!

IMGP8063_20130629083309.jpg
41cmのマコガレイ

少しだけ余韻に浸ろうとしたら、
「潮が複雑になる前に早く乗れ!」
と船頭の号令がかかり、渡船が迎えにきちゃいました。

IMGP8065.jpg
IMGP8066.jpg

沖で腹ごしらえをしたゴメ達に見送られ漁港へ。

お年寄り大好きな嫁が船頭と何やら会話をしていたようで、
釣果を聞かれたそうで、
『旦那が50近いババと41のマコと30ちょいのマコ2匹釣った。』
と教えると、
「嫁さんさしおえて、自分だけ釣るとはフザケタ奴だ。」
ここでも賛美とも言えるお言葉を船頭から頂きました。
あーざす!

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月27日 (木) | 編集 |
昨日は人手が無い上に、早出+残業で疲れきってしまい、
夕飯を食べたら目を開けているのも辛いくらいで、
シャワーも浴びる事も無く寝てしまいました。
今、会社では沖縄に慰安旅行の最中で、
やっぱり旅行に行くのなら、まだ行った事がない土地に行ってみたいので、
以前と同じコースだと判明して時点で参加を見合わせたんです。
どうやらそれが裏目に出たようで・・・しっかりこき使われています。

一昨日の続き

IMGP8030.jpg
IMGP8031.jpg

まったりとした時間を過ごしていると、
どこから湧いてきたのかと思うくらい海鳥が沖に向かって飛びだって行きます。
海鳥が飛んで行くのを目で追うと、
沖では鳥山が出来ているじゃありませんか。

IMGP8033.jpg
IMGP8035.jpg

そして先程から沖を右往左往していたイルカに追われたイワシを、
海鳥もお相伴に与ったようです。

IMGP8049_20130628013355.jpg
IMGP8036_20130628000552.jpg

この光景は小一時間程、あちらこちらで見られ、
ルアー竿でルアーを振ったら届きそうな位置でも鳥山がたち、
「ルアー持ってこえばよかった・・・」
とボヤく函館つるさん。

IMGP8048_20130628011017.jpg
IMGP8052_20130628014253.jpg
IMGP8053.jpg

俺が仕掛けを投入している位置にカレイ狙いの船が接近し、
少しだけ焦ってしまいました。

IMGP8059.jpg
IMGP8060.jpg

それでも30cmちょいのマコガレイをゲット

IMGP8044_20130628014729.jpg

その後、もう一匹マコガレイをゲットしましたが、
俺、釣った瞬間嬉しさのあまり大声で笑ってしまったんです。

その話は明日。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月25日 (火) | 編集 |
先程、全サーのHPを覗くと・・・
嬉しいことにはこだてサーフの仲間が他魚の部で暫定1位を頂いてました。
美味しい魚を釣って、
それでもって俺も暫定ですが他魚の部でトップ10以内に入る事ができ、
我ながらビックリしています。
今年の運、思い切り使いきったかも知れません。

昨日のつづき

今回、運転手代わりに連れてきた嫁も一緒に竿を出していました。
函館つるさんに、
『ねぇ~、どこがいいの? どこでババカレイが釣れるの?』
「この辺一帯、どこでも釣れるよ、魚が居ればの話だけど。」
「ふ~ん、そうなんだ・・・。」
キョロキョロ周りを見回したら、何を思ったのか、
皆から少し離れた磯場で釣りを始めたのです。
嫁が選んだポイントですが、
目の前に高根があって何度もその高根に仕掛けをとられてしまい、
『やっぱりこっちにしよう!』
うんざりした顔で俺達が竿を出している場所に戻って来たんです。

IMGP8014_20130626011918.jpg
IMGP8016_20130626011917.jpg
IMGP8017.jpg

何となくそのポイントを磯場から覗いてみたら、
「アレ? もしかしてあいつ、打つ場所間違っていたんじゃないかな?」
直感でそう思ったので嫁の捨てたポイントですが、
俺、そこに竿1本だけ持って、
イソメを一本掛けした胴付き仕掛けを投入してみました。

IMGP8021.jpg

それから十数分後、
『あんたの竿、根魚ついたんじゃない?
アイナメのアタリみたいな感じでガンガンって2回竿先おじぎしてたよ。』
やはり先程のポイントが気になっていたのか、
時々、俺の竿を横目でチラリと見ていたようでそう教えてくれたんです。

IMGP8019_20130626011915.jpg

岩盤が張りだしているポイントで、根に潜られでもしたら大変だと、
思いっきり竿を煽って急いで回収する事にしたんです。
自分ではアイナメかソイだと信じ切っていたので、
浮き上がってきた魚を見てビックリ、
人生で3匹目となるババカレイがいるじゃありませんか。

IMGP8041.jpg
明るくなってから記念写真を撮りました。

タモの柄は常に竿ケースに入っていても、前夜、準備している時に、
「俺には魚なんて釣れない!」
自己判断でタモの網をウチに置いてきてたんです。
磯場ってこともあって低い位置にあるので抜き上げようとしたら、
「ちょっと待て、でっかいぞ。 今、タモを持ってくるから。」
横で見ていた函館つるさんがタモ入れしてくれたんです。
ありがとう、函館つるさん!
そしてタモを貸してくれたMr,Kさん、ありがとう!

IMGP8047_20130626012326.jpg

函館つるさんがチョイスしてくれた沖磯場、彼に理由を訊くと、
「身長とポイントを考えると、
アイナメかソイかババカレイしかないと思ったからここを選んだ。」
いつもながら見事な選択だと感心させられます。
そして、
「ブログのタイトルは前回に続き、
“ついて行ったら釣れちゃった”しかないな。」
タイトル名まで考えてくれたのでしっかり使わせて貰いました。

IMGP8024_20130626013407.jpg
ガヤとアイナメを釣る函館つるさん
IMGP8025.jpg

この時はババカレイを釣った事が嬉しく、
「今晩、ババカレイの煮つけでビール!」
その事だけが脳裏に浮かんだんです。
まさかそれがあんな事になるとは・・・予想外でした。
そしてコレから皆に起こる展開にも驚かされました。
この話は明日!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月24日 (月) | 編集 |
全キスのアイナメ狙いの釣場、
嫁のご意見番のMr,Kさんにおんぶにだっこ状態でお任せし、
「函館つると話した結果、小谷石(知内町)の沖磯場に決まったから。」
と嫁に前日に連絡があり、それと同時刻、
俺も函館つるさん連絡を頂いてました。
なんせ俺の休みはお殿様のご機嫌次第で決まるので、
すぐには返事が出来ず、夕方まで待ってもらってました。
帰り際、
「明日は休みにしてやろう!」
お殿様の嬉しい言葉を頂いた後、
「今晩会場で会いましょう!」
函館つるさんに連絡してました。

午前1時、函館会場から一斉にスタート。
車で一時間ちょい走ると知内町小谷石漁港に着き、
船渡しをしてくれる船頭を待ってました。
予約してくれた函館つるさんを見た船頭は、
「何しに来た?」
「えっ? ひでぇ~、予約したんだけど・・・。」
「忘れてた・・・。
沖磯場に渡っている客が餌切れしたから迎えに来てくれって、
さっき電話が入って迎えに行く事ばかり気をとられていた。」
すっかり俺たちの事を忘れられてましたが、
他の沖磯場に渡っている客を迎えに行く道中、
沖磯場に降ろしてくれる事になり、ホッと胸を撫で下ろしました。

今回渡してくれた沖磯場ですが、
俺と嫁は以前函館つるさん達と一緒に渡った事があり、
時期も7月と遅かった事もあってサメと戯れた記憶しかありません。
そんな事を思い出していると、
Mr.Kさんが1m強のサメと戯れているじゃありませんか!

IMGP8002.jpg
Mr,Kさんの一投目の釣果 サメ

IMGP8006.jpg
すぐに良型のアイナメを釣ったMr,Kさん

IMGP8007.jpg
俺にはガヤ
この他に小型のサメ達が遊んでくれたんですが、
すぐに海に帰って貰いました。

IMGP8018_20130625010727.jpg
函館つるさんにもガヤとアイナメ

沖の海に目を凝らすと、何かが動く気配を感じたので観察してたら、
小グループにイルカが泳いでいるじゃありませんか。
それも小グループが何個もあり、沖を右へ左へと泳ぎ回っているんです。

IMGP8014_20130625011440.jpg
IMGP8028_20130625011628.jpg

嫁が、
『せっかく竿先が動いたと思ったら、イルカにラインが触ったみたい。
何で目の前で泳ぐのよ~。』
愚だをまいてました。

IMGP8027.jpg

この光景は、この沖磯場にいる間中見られてました。

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月23日 (日) | 編集 |
天気に恵まれた今日、思い思いの釣場に散ったメンバー、
計量時間に間に合うように全員が集まり、
会心の笑みで戻ってくる者、
ちょっとだけガッカリした顔で戻ってくる者、様々でした。

皆の釣果の一部

IMGP8074.jpg
IMGP8080.jpg
IMGP8084_20130623211137.jpg

全キスに合わせて、はこだてサーフの大会も兼ねて行われており、
身長+魚の持点で争われ、上から順番に入賞した魚達です。

IMGP8086_20130623211136.jpg

今回会場をわかした魚、
スジアイナメ(北海道ではハゴトコ)と呼ばれている魚でして、
ここまで大きなハゴトコを俺は見た事はなく、
コレを釣ったノッポ君も自己記録だと言ってました。

俺に至っては他魚部狙いでアイナメを本命としていましたが、
本命には振られぱなっしで自棄を起こしそうになりグレかかりましたが、
個人的に嬉しい事が連チャンし、結果的には口元が緩みぱっなしでした。
さすがに今日は疲れたので寝ますから、
その話は明日から写真整理をしながら追々に書いて行きますね。

では、おやすみなさい。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月22日 (土) | 編集 |
コレから全日本サーフの全キス大会に行って来ます。
ウチから函館会場となる場所には、車で2時間半くらい掛かるので、
ゆっくりと走りつつ、
運転の交代要員として嫁も引き連れていこうと思っています。
釣場は嫁のご意見番であるMr,Kさんにお任せしてあるので、
金魚のフン状態でひっついて行くつもりです。
さて、どんな魚が釣れるのか?
ちょっと魚と戯れてきますね。

では、行って来ま~す!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月21日 (金) | 編集 |
北海道では釣りでタコが掛かった場合、リリースするように促しています。
タコは漁師さんの大切な資源となっているので、
多くの釣人がそれに基づいてリリースする姿が見受けられます。

嫁の知り合いの方が漁師さんに嫁いでおり、
「今、タコ漁しているの、少しだけどお裾分け。
それと私の実家で作ったこなごの佃煮。」
わざわざ届けてくれたようです。
今、タコの値段も上がってきたそうで喜ばしいのですが、
ナマコ漁もやっているとかで、こちらは、
「ナマコがいない。」
『深場は?』
「そこにもいないって旦那が言ってた。」
と言う話だそうです。
そして、
「コレからウニ漁が始まるから、それに期待するしかないわ。
ウニ漁が終わったら鮭の定置網が始まるんだけど、
去年は散々な目にあったから、今年こそ大漁であって欲しい、
そうしないと生活出来なくなっちゃう。」
漁師さんも自然相手の仕事なので大変なようです。

IMGP8001.jpg
ソイの開き タコ こなごの自家製の佃煮

以前、嫁が知り合いの方にこなごの佃煮の作り方を訊いていたようで、
『ザラメと醤油を煮だらせて、そこに洗ったこなごを入れて、
ひと煮立ちしたら水飴を入れてひと煮立ちさせるんだって。
でも、自分で作るより頂き物の方が美味しくかんじるよね。』
ご飯にたっぷりと乗せて口の中にかきこみながら言います。
俺も食べましたが、シンプルですが昔から食べ慣れた味つけで美味い、
「俺にもたっぷりと乗せてよ~。」
と要求してました。
ケチな嫁が、
『今日だけだよ。 明日からはあたしが全部食べるから。
だってあたしもそろそろお年頃になるから、
カルシウム取らないと骨粗症の危機にたたされる。』
どうやら一人占めする予定のようです。

今年はどういう訳かタコを頂く機会が多く、
冷凍したタコが切れそうになると、運良くタコが我が家にやってきます。
有難いものです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月20日 (木) | 編集 |
昨日の続き

午前7時には大中漁港に見切りをつけ帰路についたのですが、
帰路にある大きな交差点に差し掛かり、
ここを右に曲がれば魔が家に続く国道、
ここを左に曲がれば国縫漁港、
そう思っていたら左にウィンカーをあげてました。

IMGP7985_20130621010800.jpg
IMGP7986_20130621010759.jpg
IMGP7987_20130621010758.jpg
IMGP7988_20130621010757.jpg

俺が想像するよりも釣人の多さにビックリ、でも・・・暇そうです。

IMGP7989_20130621011850.jpg
IMGP7990_20130621011849.jpg
IMGP7991.jpg
IMGP7992_20130621011847.jpg

近くにいた初老のご夫婦に伺うと、
「昨日の夜からやっているけど、
カレイ3匹とウグイだけしか釣っていない。
こんなはずじゃなかったんだけどな、ハハハァ」
苦笑いしながら力なく言うんです。
どうやらここも、あまり良い釣果を望めないようでした。

IMGP7993_20130621012655.jpg
カレイ釣りの遊漁船

IMGP7995_20130621013220.jpg
IMGP7996_20130621013219.jpg
IMGP7997_20130621013218.jpg

これでもって、俺の太平洋側と言うか内浦湾(噴火湾)のカレイ狙いの投げ釣りは、
一応終わりとなります。
後は全サーの行事をこなしつつ、
釣り仲間とのプライベートの釣りをこなしていこうかと考えています。
来月には釣り仲間と初挑戦となる試みもあり、
ワクワクしながらも無謀だったかも?
と思う部分もありますが、参加するのに意義を感じて来ようかと思っています。

今週末には全サーの全キスが控えており、
キスは釣れないのでアイナメ狙いで、
函館近辺の磯場にでも入ろうかと思っています。
もちろん函館近辺の釣場はあまり知らないので、
知り合いの後ろを金魚のフンのようについて行くだけで、
おもいっきり他力本願に頼っている俺。

そして北海道協会の初の試みとして、道協会の釣り大会も兼ねて行われます。
初の事で試行錯誤しながらも今後の事を考えて、
色々と模索しながらもよりよい方向へ進めればいいかな~なんて思っています。
総会の時に、
「全キスは従来通り各開催地の担当者が集計し送り、
道協会の大会は大物事務局で集計する。」
と言われたので、早い段階で集計表を作成しておきました。
皆がどんな大物を釣ってくるのか、凄く楽しみでなりません。
その前に俺、魚釣れるかな?
それが一番の問題かも(笑)

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月19日 (水) | 編集 |
すっかり寝むり病に取り憑かれたようで、
夕飯を食べたら目を開けているのもつらく、
パソコンを開けることなく、ちょっと横になると朝まで熟睡してしまい、
早朝出勤のタメに掛けていた目覚まし時計の音で目が覚める、
きっと身体が眠りを要求しているようです。

日曜日、タカノハカレイとマガレイの調査に行って来ましたが・・・
結果は悲惨な物でした。

最初は国縫漁港に入ろうと信号待ちしていたら、
目の前で何台も連なって国縫漁港に入って行く車。
それを見た時、ウインカーを左に上げ大中漁港へと車を走らせてました。

IMGP7966_20130619001152.jpg
IMGP7965_20130619001151.jpg

珍しい事に、外防波堤の先端寄り側には誰一人釣人がおりません。

IMGP7964.jpg
IMGP7967_20130619001150.jpg

今回、俺も先端寄りではなく中間あたりに釣座を開いたんです。
IMGP7971.jpg

理由はコレ

IMGP7972_20130619010544.jpg
IMGP7973_20130619010543.jpg

日曜だと言うのに、漁師さんの船の出入りがあるんです。

IMGP7974_20130619011402.jpg
IMGP7975.jpg
IMGP7976.jpg
IMGP7977_20130619011400.jpg

俺の目の前の沖では遊漁船が出ていて、
何かがあった時では遅いので、思いっきり投げれません、

防波堤を歩いて気がついたんですが、
釣人によって釣りあげられヒトデの量が
1週間前に比べはるかに多く、何やら嫌な雰囲気が漂っています。

IMGP7982_20130620041605.jpg
IMGP7983_20130620041604.jpg

竿先を揺らすあたりがやっとあったと思ったら、
小さなスナガレイ・・・元気なうちに速攻でリリース。
周りを見回しても、餌交換で竿をあげるだけで、
殆どの釣人はカレイを釣っていませんでした。

IMGP7984.jpg
朝霧

午前6時過ぎ、地元のおっちゃんが偵察しに来たら、
「急に魚がいなくなった。
もしかしたら近い内に地震があるかも知れない・・・
温暖化のせいかもしれない・・・etc~」
おっちゃんの憶測を含めてここ数日の釣り情報を教えてくれたんです。
地元のおっちゃんの話を半分だけ訊いていると、
目の前でイルカが跳ねたのが確認できたので、竿をたたむ事にし、
午前7時には釣場を後にしたんです。

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月15日 (土) | 編集 |
前回行った釣場で、暖かな日差しに誘われてうたた寝していた俺の耳に、
「今、でっけータカノハカレイ落としてしまった。
すぐそこで落としたぁ~。」
「俺もチラリと見たけど、大きかったなぁー。」 
残念そうに語る釣人達のざわめきが聞こえ、
思わずダンボの耳のようになっていました。
リリースサイズの小さなタカノハカレイは釣った事はありますが、
キープサイズのタカノハカレイは一度も釣った事がありません。
うっ、釣りたい!

今日の夕方、嫁に誘われるまま隣町のスーパーに買い物に行った時、
この間、釣りに行った産地の地名の良型のマガレイが、
大量に売られていました。
地元の釣りクラブの釣り大会も中止になった事もあり、
岸寄りしだしたんだなぁ~と眺めていたら、ウズウズし出したんです。
そんな俺をチラリと見た嫁が、
『明日仕事?』
と訊くので、
「夕方までは仕事の雰囲気だったんだけど、お殿様の側近が帰り際に、
急遽明日は休み!
と言ったから休みとなった。」
『いいな~、あたしなんて休みだったのにいきなり仕事になった・・・。
宝くじが当たったらすぐに辞めてやる!
あんたにやって貰いたい事沢山あるんだから逃げるたらダメ!』
鼻息荒く言いやがります。

嫁に仰せつかった事は小一時間位で出来そうなのと、
何とか彼女の許可も下りたので、コレからプチ家出する事に決定。
では、行って来ま~す!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月14日 (金) | 編集 |
数日前、お殿様が、
「少しお前達に楽な仕事を与え過ぎたようだ。
今は朝日が昇るのが早い。
朝日と共に仕事をするのも良いもんじゃ。
明日から早出して働け~!」
天守閣から下々にお達しがあったんです。
6月に入ってから通常勤務しかしていなく、休日出勤も無くて、
確かに楽な仕事ばかりでした。
怠けていた身体に早出出勤は堪えます・・・
ここ数日間、風呂入って夕飯を食べたら自然と眠くなり、
目を閉じていたらいつの間にか朝。
今の会社の雰囲気では休日出勤もありそうな感じで、
今週末の予定もキャンセルしなければならないかも知れません。

今月末には会社の慰安旅行も控えており、
前回行った観光地なのと、
旅行のスケジュールの内容も前回とまったく同じ内容なので、
俺は今回はパスさせて貰いました。
そんな事もあって、
人数がいるうちに仕事をしろと言いたいようです。

因みに慰安旅行に行かないメンツは・・・楽しいお仕事が待っていて、
う~ん、今更ながら旅行に行けばよかったかも・・・後の祭りです。

明日も早朝出勤! 
疲れた身体には睡眠が一番なので、おやすみなさい。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月13日 (木) | 編集 |
また足に違和感を感じたのが、9日の日曜日の事。
少しだけ悪化させたようで・・・それから嫁の機嫌が悪く・・・
俺がちょっとでも「いででぇー」なんて口にしたら、
キッと睨みつけるんです、グスン。
ひょんなことから彼女の琴線に触れかねないので、
昨日はさっさとシップを貼って寝ちゃいました。
そのお陰なのか、
今日はだいぶ痛みがなくなり普通に歩けるようになったんです。
今週末は地元の釣りクラブの釣り大会もあり、
来週には全キスも控えているので、数日間は大人しくしているつもりです。

全キスと言えば、釣り仲間がその下見に釣りに行ったという話を聞きました。
この時期、北海道ではキスは釣れないので、
狙いはその他の魚種となり、アイナメなどの根魚となります。
今回はルート確認とアイナメ狙いで探りを入れに行ったら、
良型のカレイが釣れたと言います。
興味深々に彼に電話を入れ状況を訊くと、
「場所は太平洋側で苫小牧市と伊達市の間にある釣場。
道路から徒歩で30分程下った場所で、身軽な格好でないと降りられないよ。」
どうやら崖のような所を下る場所だと想像させられます。

彼は、
「ルート確認だから明るくなってから降りたんだ。
まさか、あんな大きなモノが釣れるとは思っていなかった。」
ちょっとだけ興奮気味に言います。
「ブログにネタにするから写真ちょうだい!」
いつものようにオネダリする俺に、快く了解をしてくれたんです。
ありがとう、S君!

DSC_0008_20130614012227.jpg

ひときわ大きなカレイが写っていたので、
「何センチあった?」
図々しく伺う俺。

13711264210481.jpg
42cmのイシガレイ
DSC_0006_20130614012227.jpg
52cmのイシガレイ

居るところには居るんだな~と思って写真を眺めていました。
コレが全カレイの大会なら、
間違いなく上位に食い込んでいるだろうと思われます。
今度の全キスも昨年同様、
また上位に食い込むようなアイナメを釣って来て欲しい物です。

久しぶりに大きなカレイを拝ませて貰い、目の保養をさせて貰いました。
ありがとうS君!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月11日 (火) | 編集 |
釣場でのある出来事と昨日書きました。
釣人なら一度や二度経験した事があると思う出来事です。

午前6時過ぎ、
お父さんに連れられた小学校中学年と思われる息子さんがやって来て、
俺の横で釣座を開いたんです。
お父さんが竿を振れば次に息子さんが竿を振る、
そして父親が竿をあげれば息子さんもあげる、
俺には息子はいないので、
「男の子がいれば一緒に釣りしたんだろうな~。」
その光景を微笑ましく横目で眺めてました。

その父親の投げ方が他の人と比べると独創的で、
父親に釣り方を教えて貰ったと思われる息子さんも
同じく独創的な投げ方をしているんです。
一瞬、ベートリールが竿尻近くについている竿で、
キャステイングの2種目の競技でも見ているような投げ方をしており、
ちょっと俺には真似が出来そうになかったんです。
父親は長年その投げ方で通してきたようでコントロールは抜群、
俺、それに感心していました。

息子さんとなれば話は別、
不慣れな部分もあってコントロールが不安定な部分もあって、
俺が投げた後に投げるもんですから被さってしまうんです。
俺自身もコントロールが悪かった部分もあったようで、
自分では真っ直ぐに投げたつもりだったんですが、
もしかしたら無意識で少し右側に投げていたのかも知れません。
息子さんが竿をあげるたび、俺は自分の竿を持ってテトラに降りて、
自分の糸を引っ張る仕掛けを外しに降りる事になり、
人の良さそうな父親が、
「すみません。」
と何度も謝ってきます。
最初から真っ直ぐに投げれる人なんて少なく、
こうやって経験して上手く投げれるようになるのと、
子供が喜んで釣りをしている姿が微笑ましく、
そんな事はまったく気にしていなかったんで、
かえって謝る父親が気の毒なくらいです。

問題だったのは俺自身の足。
以前、肉離れをおこしていた足がだいぶ良くなってきていたんですが、
何度も何度もテトラを上り下りしている内に違和感を感じたんです。
触ってみると筋肉が異常に張っているのが分かり、
コレ以上悪化させようものなら、
『ハゲ、いい加減にしなさいよ。 なんならその足切ってやろうか?』
包丁を持って仁王立ちした嫁の姿が目に浮かんだと同時に、
背筋にツーッと冷や汗が流れたのを感じたので、
釣座を撤去し、さっさとウチに帰ったんです。

ウチに帰ってから、
少し足を引きずっている俺を見た嫁がうんざりした顔で、
『学習能力ってもん、どこかに落として来たんだー。
頭トンカチで叩けばどこに落としてきたか思いだせるよね?』
納戸に向かおうとしているのを慌てて止める自分。
コレで数日間、嫁の機嫌が悪くなるのが決定した瞬間でもありました。
あ~ぁ~、情けないです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月10日 (月) | 編集 |
昨日の続き

仮眠していた車の周りで、パタパタと皆が釣りの準備をし、
次から次へと釣場へ向かっている気配で目が覚めました。

今回はどこでもいいから竿を出せればいいと思っていたので釣場に向かうと、
前回釣座を開いた場所が開いていたので、
ラッキーと思いそこで竿を出し事にしたんです。

DCIM0031.jpg
DCIM0033.jpg
DCIM0034.jpg

日本海は西風が吹いて時化気味でしたが、内浦湾(噴火湾)はベタ凪。
夜が明けた頃、カレイ釣りの船も出港して行きました。

DCIM0036.jpg
DCIM0038.jpg

困った事に船は漁港のすぐ側で釣りをしており、
思いっきり投げる事も出来ないんです。
それでもって海は底荒れしていて、
カレイの魚信かと思って喜んで竿をあげると、
ゴミが掛かってくるんです、ガッカリ!
何とか食べる分だけ釣れたのと、
ある事があって早々と引き揚げる事にしました。 
ある事・・・微笑ましいと言うのか、釣場では良くある出来事なので、
コレは後でブログのネタにさせて貰うつもりです。

DCIM0039.jpg
DCIM0040.jpg

リベンジ出来たのか?
と問われると、出来たような出来なかったような、
贅沢を言えばキリがないので、出来たと言う事にしておきます。

DCIM0045.jpg

9日の釣果。
最大36㎝のマガレイを頭にスナガレイ混じりで11匹。
このマガレイ、スナガレイとダブルで掛かっており、
いちいちテトラに降りて取り入れするのも面倒くさかったので、
一気にゴボウ抜きしたんです。
今思うと、テトラにぶつかりながら揚がってきたので、
よく落下しなかったもんです。

潮回りが良くて底荒れさえしていなかったら、もっと釣れたような気がしますが、
こればかりは自然の成せる事なので仕方がナイ事です。
今回も楽しませて貰い、食べる分は確保したので、
大手を振ってウチに帰宅しました。

あ~、面白かった!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界                
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月09日 (日) | 編集 |
8日の土曜日、仕事で身動き出来ない嫁から、
『あんたに頼みたい事がある。
悪いけど長万部町の親戚の家に、◎◎を届けて欲しいの。
宅急便でもいいんだけど、早くて半日、
受付時間によっては次の日になるなら、
車で一時間で行けるんだったら持って行った方が早いじゃん。
間違ってもあんたの親戚でないからね、あたしの方の親戚に届けてよ!』
人に頼みごとしている割には高飛車な言い方をしやがります。
頼まれた用事を済ませに行く事になり、
用事を済ませてそのまま帰宅しても何もする事が無いので、
「そのまま釣りに行っていい? 
お駄賃にガソリン代と俺の飯代ちょうだい。」
なにわの商人のように手を揉みながら下でに出る俺。
『日曜日は一日いっぱい仕事だし、
あんたのご飯の用意するのも面倒くさいから、
どこでも好きな所に行ってちょうだい!
暫く帰って来なくてもいいからね!』
仕方がないって顔をした嫁からお駄賃を頂き、
ちょっとした俺の不要な一言で、
彼女の琴線に触れたら没収されるかも知れないので、
昨日、ブログを書かずに逃げました。

せっかく長万部町まで行くので、
「リベンジで大中漁港するか? 
少し南下して黒岩漁港でマガレイを狙うか?」
マガレイと戯れる事を考えながら運転し、嫁のお使いを済ませた帰路、
「ココを曲がれば大中漁港だよな~。」
と思った瞬間に車はその道を走ってました。
結局、リベンジする事にしたんです。

DCIM0030.jpg
DCIM0032.jpg

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月07日 (金) | 編集 |
今週末、
全サーの北海道協会主催の第三回北日本選手権が苫小牧市で開催されます。
足の肉離れが少し良くなってきたので申し込みするつもりでいたら、
『肉離れだって完治していないのに、あんたいい加減にしなさいよ!
あんたの顔に油性マジックで右頬に馬、左頬に鹿って書いてやろうか?』
手にマジックを持って言いやがります。
今年は何かに祟られているのか、
腰やら足の肉離れなど身体に故障だらけで泣かされており、
今回は見送る事にしたんです。
それでもまだ半分出てみたい気がしますが、
後の半分は無理して出場して、また身体に故障を抱える事になったら、
今度こそ嫁に、
『出ていけ!』
と宣言されちゃいます。
それはそれで嬉しいんですが、
出来ればもう少しだけ俺の世話をして貰わないと困るので、
少しばかり大人しくしておくことにします。

今週末、SCに興味がある方がいましたら、
ぜひ冷やかし身分で見に行って下さいね!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月06日 (木) | 編集 |
「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」と言う本がありましたが、
俺、この本は読んでいませんので内容も把握していません。
今日は近所で起きた「さおだけ屋」に関する話です。

昨日の夕食時に嫁が俺に、
『あの奥さん、さおだけ屋さんから物干しセット一式買ったんだけど、
後で値段訊いてビックリしちゃった。』
ホッケフライにブスリと箸を刺して口に押し込むと、
『量販店でセットで買っても1万前後で買えるのにね・・・
年寄りだと思ってボッタクリもいい所よ。』
と怒り口調で言うのです。

11日振りで休みとなった嫁が、
洗濯物を干しに行ってウチに入ろうとしていたら、
お向かいさんの奥さんがさおだけ屋さんと何か話していたそうです。
フットと庭先を見ると新しい洗濯台が設置されており、
丁度、竿を選んでいる最中でした。
その奥さんと目が合い、
「ねぇ、どのポールがいいと思う?」
と訊いてきたそうですが、嫁は一切口を挟まず、
そのやり取りを見ていたそうです。

さおだけ屋さんがお向いの奥さんに、
「見比べてちょうだい。 
こちらは竿は竹にビニールカバーを貼っているだけの物。
こっちは全部ステンレスで出来ているから、錆にも強いし折れにくいよ。
布団を干すならコレくらいの太さがないと。」
と説明し、
「セットで買ってくれたから一本サービスするよ。
本来なら2500円するんだけど、今日はおまけで一本2000円。」
と言うまでの会話を聞いていたそうで、トラックに目を移すと、
古い竿が10本くらい積まさっていたそうで、
『古い竿もあるんだ~。』
と漏らすと、
「みんな引きとって来た物で、こうやって回っていると、
畑の作物を支える棒にするからくれって言う人が多くて、
ちゃんと需要があるんだ。」
と言ったそうです。
その後、金額のやり取りとなるようだったので失礼にあたると思い、
我が家に引き払ったそうです。

洗濯物を取り込むのにウチから出ると、嫁の姿を見たお向いさんが、
「ちょっと奥さん、私の話を聞いてよ。」
と言い出したそうです。
「私も悪いんだ。 
竿を受ける台座が3900円だと勘違いしていた部分もあるけど・・・。」
愚痴を言いだしたとか。
洗濯台と竿を受ける台座が48000円、
竿一本2000円+サービスの竿一本ついて5万円。

俺、声がうわずってしまい
「払ったのか?」
と問うと、
『玄関開ければ嫌でもお向さんの庭が目に入るわよ。』
思わず、箸を置いて玄関を開けてお向さんの庭を覗いてました。
その間、嫁は平然とご飯を食べ、
『買ったものしゃないじゃん、
本人がビックリしながらもその値段に納得して払ったんだから。』
俺が食べようとしていた最後のホッケフライに箸をつき刺し、
やったね!って顔して口に放り込んでいやがります。
やられた・・・その手で来たか!

嫁の話では、
『さおだけ屋さんって小太りの中年のおっちゃんのイメージがあったけど、
30歳前後のがたいのいい兄ちゃんだったよ。
それまで、さおや~あおだけ~って流れていたスピーカ音が、
お向さんで買ってから数秒だけ流れて一分後には消えてた。』
だそうです。

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」・・・潰れないはずですよね、納得!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月05日 (水) | 編集 |
昨日は夕飯食ったら眠気が襲い、仮眠のつもりが朝まで爆睡しちゃいました。
嫁に、
「一時間経ったら起こして!」
と頼んで仮眠したつもりでしたが、
彼女の臭い足を鼻先に押し付けられようが、
顔にマジックで落書きされようが、
俺の可愛い愚息の余った皮を引っ張られようが、
彼女の俺に対する罵倒の声も子守歌代わりに熟睡しており、
まったく起きる気配が無かったようです。

一昨日の続き

IMGP7947.jpg
目の前に北防波堤が見えます

IMGP7951.jpg
瀬棚漁港から伸びている外防波堤と西防波堤

IMGP7953.jpg
島牧・須築方面

IMGP7949.jpg
展望台がある立像山

IMGP7948_20130605232132.jpg
サクラマス狙いの地元のおっちゃん

ここでの狙いはカレイとホッケに絞り、沖は砂地なのでそこに仕掛けを投入。
俺、ここで爆釣した事はありませんが、
自分の好きな釣場の一つに入ります。

IMGP7958_20130606000329.jpg

まったりした時間が流れて、時々、竿先が魚信の合図を送ってきます。

IMGP7960.jpg
俺の蝋燭岩での釣果

今回優勝したのは会長のS氏

IMGP7962.jpg
おめでとうございます!

瀬棚区の美谷漁港の先端に入り、
船道を狙った竿には小型のカレイしか釣れなかったそうで、
遠投した結果だそうです。

仲間と雑談していたら、
「この間、蝋燭岩でもカレイが結構釣れていたという話だ。
コナゴが岸寄りしたからカレイも押し掛けてきたんだろうな。」
という話を教えてくれた店長。
その時期は、俺が5月26日で鷹ノ巣岬で釣りをしていた前後の話のようです。
そして余談として皆との話の中でクラブ員が、
「コレから島牧方面でコナゴ漁が盛んになる頃だから、
あっち方面が良くなるな。」
皆して勝手に予想をたててました。

今回も誰もケガ一つなく大会が終わり、
次回の大会もそうあって欲しいと願っています。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月03日 (月) | 編集 |
昨日の続き。

大会規定では、2魚種3匹の身長+魚の種類のポイントで競われます。
俺の狙いはマガレイとホッケまたはアイナメと決めていたので、
岩場で竿を出す事にしたのですが、第一候補の鷹ノ巣岬は満員御礼、
次の候補地の岩場は数日前に視察すると、
目と鼻の先に漁師さんの網が入っていて無理だと判明、
乏しい犬並の脳ミソで考えて釣場に向かうも、
日曜日の朝方となればどこも入れそうな場所がありません。

IMGP7941.jpg
構えた釣座から見た鷹ノ巣岬

色々と見て回った結果、
俺がカレイ狙いで入っている太櫓海岸の岩場が開いていたので、
そこに釣座を構える事にしたんです。

IMGP7940_20130604010916.jpg

この場所は足元の深さは1m強くらいで砂地で、
沖にかけて遠浅が続いています。
めいっぱい投げてやっとカレイが多くいる場所に到達って感じです。

IMGP7945.jpg

投げてすぐにカレイがパタパタと2匹釣れ喜んでいたんですが、
それっきりカレイのアタリもなく時間だけが過ぎて行き、
カレイだけでは話にならないので、場所変えする事にしたんです。

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月02日 (日) | 編集 |
5月27日、会社のおばちゃんから、
「ハネ物のイチゴだけど食べる?」
二つ返事で喜んで頂いてきました。

IMGP7936_20130603012651.jpg
IMGP7937_20130603012650.jpg

商品にならないハネ物なんですが、試しに一個口に放り込んだら、
コレが凄く甘くてビックリしちゃったんです。
イチゴを眺めていたら、果物大好きな下娘の事が脳裏に浮かび、
親バカとしては娘の喜ぶ姿を見たくて、
室蘭まで持って行ってやりたくなりましたが、
時間的に余裕が無くて泣きながら諦めました。
夫婦二人が食べるのには多過ぎるイチゴだと思っていたら、
『あら、コレ、もしかしたら甘王よりも甘いかも?』
と言うと、よほど気にいったようで、
『全部食べていいんだよね、あたし一人で!』
3日間掛けて殆ど食いしん坊の嫁の胃袋へ流れて行っちゃいました。

普段はあまり果物を食べるチャンスがない俺にでも、
久しぶりに美味しい果物に出会った気がしました。
ありがとうございます!

今日、俺の地元の釣りクラブの釣り大会が開かれました。
もちろん俺は参加させて貰いましたが、嫁は仕事で不参加表明したので、
夜通しで釣りをしようと思ったのですが、金曜日の帰宅後、
ブログを書き、ちょっと横になると、
『ご飯出来たよ!』
嫁の問いかけも無視し、夕飯も食べるのも拒否して朝まで直行で寝てました。
まだ風邪が抜けきらないでいるらしく、また悪化させる訳にも行きませんので、
朝マズメ狙いに的を絞りました。

この話は明日。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2013年06月01日 (土) | 編集 |
昨日の続き

ウチを出る時、嫁が、
『ホッケスペシャル持って行った方がいいよ。』
と言うので、素直にキススペシャルを持って行く事にしたんです。
北海道ではキスは殆ど釣れないので、
キススペでカレイやホッケ、アイナメを釣って遊んでいるので、
我が家ではキススペの事をホッケスペシャルと呼んでいます。

IMGP7909.jpg
IMGP7911.jpg
IMGP7910_20130602000859.jpg
IMGP7912_20130602005047.jpg
俺の釣座

鷹ノ巣岬の一等地には先客が居たので、一人だけ入れる岩場があり、
今回はそこで竿を出す事にしたんです。
先客で入っている釣人が居るのですが、扇形に投げているので、
それを交わすようにしてはいたのですが、どうもあずましくないので、
左側の岩場の一等地に入っていた釣人が帰って行ったので、
カレイ数匹釣ってからそこに移動。

IMGP7913.jpg
IMGP7912_20130602005047.jpg

こちらに釣座を移してから少し経った頃、
俺の目の前で海面がざわめき始めたのです。

IMGP7915_20130602011338.jpg
IMGP7916.jpg
IMGP7917.jpg

突如、コナゴが湧き始めたらゴメも騒ぎだしたんです。

IMGP7918_20130602011334.jpg
IMGP7919.jpg
IMGP7921_20130602011953.jpg
IMGP7920.jpg

それまではカレイばかり釣れていたのが、
コナゴが湧くとホッケも湧きだし、ホッケ祭りの始まりです。

IMGP7922.jpg

ホッケの合間に釣れてくるカレイも口いっぱいにコナゴを咥えてました。

IMGP7931_20130602012935.jpg
上がマガレイ 下が宗八ガレイ

地元の知り合いも俺の横でサクラマス狙いでルアーを振っていたのですが、
ルアーチェンジしてホッケ狙いに切り替えたんです。
彼の話では、25日の朝方に小規模のコナゴが湧き始め、
その時に数匹のホッケをルアーで釣ったそうで、
同日の夕方にもコナゴが発生したのですが、この時は釣れなかったそうです。
26日の朝にもコナゴが湧いたそうで、
この時は色んな色のルアーを試したそうでが、
まったくルアーに見向きもしなかったとか。
「朝(26日の早朝)ホッケの浮き釣りに来ていた人も、
コレは大漁だ!と思って一生懸命コマセを撒いたけど、
コマセに見向きもしないホッケに困った顔をしながら沖を眺めていたよ。」
とも教えてくれました。

それまで順調にカレイやホッケが釣れていたのが、
不意に釣れなくなってしまったんです。

IMGP7929_20130602015227.jpg
IMGP7927.jpg
IMGP7928_20130602015228.jpg
IMGP7930_20130602015226.jpg

コナゴを追いかけてきたホッケを狙ってイルカが登場したんです。

IMGP7932_20130602020849.jpg

目の前で繰り広げられる食物連鎖を暫し眺めていると、
陽も傾きかけてきたので撤退する事にしました。

26日の夕方の俺の釣果

IMGP7925.jpg

この他に知り合いがルアーで釣ったホッケも頂き、
暫くホッケ料理が食卓に上った事は言うまでもありません。

アーッ、楽しかった!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。