北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年04月28日 (月) | 編集 |
26日の土曜日の早朝、我が家の看守が、
『今何時?』
「5時半」
『朝の5時半からTVつけてガタガタ音させてうるさい!』
布団の中から怒るんです。
なんせ俺のモットである早寝早起きだけはしっかり身に染み付いて、
普段通り仕事に行く時間に目覚め、
もう一度寝ようと努力するものの習性とは恐ろしいもので、
しっかり目が覚めてしまったんです。
寝るのにも寝られない状況でして、肉離れした日と次の日は動けなかったんですが、
それ以降だいぶ足の調子も良くなりつつ松葉杖なしで動けるようになり、
ビッコ引きながらもリハビリを兼ねて少し動いていただけなんです。
動いていた内容なんて可愛いもので、
TVをつけてモーニングコーヒーを飲みつつ新聞を読み、
掃除機をかけようと思ったのですが、朝早くに音をさせるのも近所迷惑だと思い、
目に付いた綿ゴミをほうきで払い床を掃き、猫じゃらしで猫に遊んでもらい、
あまりにも暇だったので納戸から釣り道具を出し手入れしていただけなんです。
それだけなんですが、どうやらそれが看守にとっては、
非常に迷惑な睡眠妨害だと怒鳴るんです。

不機嫌に起き出して来た看守が目覚めの一言、
『朝からウザイ事するな!』
と言い放つんです。
その一言を聞いた俺、
急に肉離れしたところがうずき始めたんですが後の祭り状態で、
『あんたのペースがあるように、あたしにも朝のペースってものがあるの。
それを乱されると一日のペースがグチャグチャになって物事が上手く運べない。
黙って寝てられない、黙ってソファーに座っていられないんだったら、
明日から会社に行きなさい!』
調子いいことに動いたバツが下された瞬間でした。

昨年の左ふくらはぎの肉離れの時はふくらはぎが1.5倍まで腫れたんですが、
今年の右ふくらはぎの肉離れは、
すぐに休養してアイシングを施していた事もあってか、
それほど腫れることが無かったんです。

仕事に行く看守が、
『車の運転できるか試しなさい。』
と命令するので、仕事場まで送っていく事にしたんです。
自分でも不思議だと思うんですが、あれほどペダルを踏むと痛んでいた足が、
ちゃんとペダルを踏む事が出来たんですよ。
それに調子こいた俺、鬼の居ぬ隙にキャスティングロッドを持ち出し、
漁港で1~2投投げてみると、足に違和感があるものの投げれたんです。
これ以上足が悪化したらと思うと、2投だけ投げて止めときました。
日曜日(27日)に北海道協会の春季SC通信大会が苫小牧市で開かれ、
選手登録をしていた事もあるのですが、競技に参加出来ないとしても、
どうしても行かなければならない事情があったんです。

そしてその結果、
『月曜日から仕事決定!』
看守が保釈するって言うんです。
エッ?と思われる方もいらしゃいますと思いますが、
俺、みんなが競技で投げているのを見ていたら、
妙にウズウズしてしまって看守が止めるのを振り切り、
ダメもとで競技に参加してしまい、奇跡的に入賞してしまったんです。
『遊びが出来て仕事が出来ないなんて言い訳にならない!』
・・・ごもっともです、はい。
って訳で、今日から仕事復帰しました。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年04月23日 (水) | 編集 |
昨日の午前9時過ぎ、いつものように仕事でフォークリフトに乗っていると、
作業台のベルトコンベアに貝が挟まり止まってしまったんです。
それを取り除くのにリフトを降りて、ベルトコンベアに向かって走ると、
「ブチッ」と何かが切れる音がしたと思った同時に俺、
右足のふくらはぎに激痛が走っり、前に倒れこむように転んでいました。
まだ運動神経があったのか、先に手が出て身体を支えるようにして転んだので、
他の部位を痛めることはありませんでした。

その時は何とか立つことが出来、これ以上作業中断してはとその貝を外し、
序にもう一段高いところにあるゴミも取り除こうとしたのですが、
その上の段まで上る事が出来ず断念。
地面に降りたのですが、右足に力が入らず、地面にドッタと倒れこんだんです。
もう一度立とうとしたのですが、右ふくらはぎが痛くて痛くて痛くて・・・
その場に傷ついた小鳥のようにうずくまっていました。

すぐに職場の仲間が駆け寄って来てくれ、状況を説明し、立てない事を伝えると、
フォークリフト用のパレットを俺の横に置いてくれ、ズルようにして乗ると、
そのままフォークリフトで休憩室まで運んでくれたんです。
その後、事務員に付き添われ総合病院へ。

右足を地面につくと激痛が走るので車椅子に乗せられ、
検査室&診療室に連れられて行ったんですが、あまりの痛さのため、
チレイなナースさんを探すのを忘れたのが心残りでなりません。
診察の結果、右ふくらはぎの肉離れ、
安静2週間+自宅療養+松葉杖使用と診断されたんです。

NCM_0342.jpg

嫁に会社まで迎えに来てくれるよう頼んだら、
『迎え? 引き取りに来いって事でしょう。 それとも回収の間違いじゃないの。』
何とも小憎たらしいこと言いやがります。
看守(嫁)の運転する護送車に揺られ監獄(家)に着くと、
『安静という事はトイレと食事以外は黙って寝てな!』
と言い放つと、囚人の首根っこを猫のようにもち、牢屋の薄汚い布団に押し込まれ、
「去年は左足のふくらはぎの肉離れ、今年は右足のふくらはぎの肉離れ、
何も出来ないじゃん。俺って不幸・・・」
あまりの情けなさと痛さにシクシク泣いてました。

今朝は、
『大人しくしてな。』
睨みをきかせて仕事に出掛けた看守。
足の痛みが引くまで、口が裂けてもたてつくような言葉を吐いてはいけません、
仮釈放が決まるまで我慢、なんたって我が身が一番かわいいですから。


良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年04月18日 (金) | 編集 |
だいぶ疲れが溜まってきていたようで、
ここ数日ブログを休んで早寝していたんですが、
15日の夕方から腰のあんばいが芳しくなく、寝る前にシップを貼って寝たんです。
16日の朝には昨日よりも更に悪化していると感じ、
このままでは以前の二の前になるな~と危惧し、
出勤してから腰の調子が悪いことを伝えて早退させてもらいました。
布団で大の字で寝ている嫁の横にそっと潜り込み、
病院が開く時間まで仮眠することにしたんです。

俺、熟睡していたようで、
『何しに帰って来た?』
おもむろに布団を剥ぎ取られ、嫁が不機嫌な顔で言いやがります。
せっかくの休みを邪魔されたことに怒っているようで、
『だから言ったじゃない、悪化する前に整体に行けって!
この間の日曜日にだって行けるチャンスあったじゃないの、
定休日だけどその時によって開けてある事だってあるんだだから、
何度も電話すれって言ったでしょ?
それなのに自分の好きな事ばかり優先して、このクソハゲ!』
ヤバイ、嫁が暴走蒸気機関車に変身しちゃっています。
機関車トーマスなら可愛らしいのですが、どう転んでも可愛いとは程遠く、
俺が一言発するたびに蒸気がモクモクと上がるのを確認でき、
俺の言葉を燃料にしてどこまで暴走するのかも想像もつかないので、
地球三周程する前に病院へ逃げ込む事に決定。

鎮痛剤とシップを頂き、布団へ潜り込みしばし安静していたんですが、
何度も会社を休む訳にも行きませんので、
即効性を求めて整体に出かけてきたんです。
何が効いたのかは不明ですが、一昨日に比べ昨日、
昨日と比べ今日は比較的に楽になってきています。
昨年のように丸々一年間SCから離れることになるのも嫌だし、
これからの時期、楽しい釣りやSC大会も控えているので、
これ以上腰を悪化しないようにしなければ。


良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年04月14日 (月) | 編集 |
先週末、せたな町大成区宮野~乙部町間にはどれだけの釣人が入所したことか、
「こちらに来る釣りバスのほとんどがそちら方面に向かっていた。」
という情報も頂いております。

そのバスの一台に、ブログ仲間のヨシゾーさんが乗っており、
「今どこ?」
「小樽をちょっと過ぎたところを走っている。」
なんて電話で話しておりました。
翌日の朝、釣場偵察方々冷やかしに行こうかと思ったんですが、
北海道の4月の朝、まだストーブなしでは要られないほどこの日は冷え込んでいて、
愚息も見事にかくれんぼうしております。
色々と野暮用もこなさないといけないのですが、
「どう釣れた?」
などと様子を伺うと、
「お昼、○○で食べるっていうから、会いに来るならそこで。」
と言うので、そちらに伺うことにしたんです。

ヨシゾーさんと言えば、北海道各地の怪しげなネオン街を酒塗れで遊泳し、
チレイなオネーチャンどころを沢山知っている、
もしかすると馴染みのオネーチャン100人や1000人は軽くいると踏んだ俺、
「ヨシゾーさんの友達です、不束者ですが宜しく!」
紹介されたあかつきには、
三つ指ついて挨拶し、俺がアンアン言わせて貰おうと企んでおりました。
不穏な動きをする俺を見て、
『へぇ~、じゃ、息子に邪険にされている顔を拝みに行こうや。』
DVDで仁義無き戦いをみながら嫁が言い出したのです。
我が家の天の声に逆らうことは指詰めにも匹敵することで、
小心者の俺、自分の白魚のような指を守るため、
「へぃ、お供します!」
即効で答えてました。

だいたいこの時間には着いているだろう?と思った俺達、
少し遅かったようで検量は終わっており、お昼ご飯の真っ最中でした。
それからまもなくヨシゾーさんが現われ、
『あっ、ここにもザビエルハゲがいる。』
嫁の失礼な挨拶を皮切りに、
「そうだよ、でも俺の方が毛がある。」
うん? それって俺に言っている、ヨシゾーさん?

ドMとブログで公言しているだけあって、
「一晩中、魚に放置プレイされていた。
魚の指示で重たいカエルバッグを背負い3ヶ所場所移動させられてさ、
朝には足元がシャリシャリと音が出るくらい氷が張っていた。
暖かい時期の放置プレイは好きだけど、この寒さはちょっとね~。
でもさ、竿先が揺れたときにはアドレナ全開さ、お陰で変な汁が・・・」
と言っていたような言ってなかったような・・・、
釣果のほどは ヨシゾーさん のブログで確かめて下さいね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年04月12日 (土) | 編集 |
金曜日の午後、チレイなオネーチャンにメールをしようとポケットから携帯を出し、
一文字打った途端、手の平から携帯がポロリと滑り落ちていきました。
次の瞬間、コンクリートの床に打ち付けられた携帯は、
何とも無残な姿になってしまい、
俺の邪な欲望が携帯の液晶にヒビが入ったと同時に、
無残にも消し去ってしまった瞬間でもありました。
色んな意味でショックを隠せません。

IMGP8540.jpg
取り替えて4日目で落として液晶にヒビが入ってしまいました。

俺の脳裏には、
『あっ、てめ~、何しでかしたんだ?』
怒りに満ちた嫁の顔が浮かび、
恐怖のあまり身震いすると共に鬼の形相の彼女の顔を頭から振り払うおうと、
激しく顔を振ってました。
逃亡者に扮したリチャード・キンブルに変身して、
嫁から逃げ切ろうと考えたのですが、逃げる必要性が無いことに気がつき、
どうやってお金を彼女から引き出そうか?
そればかり考えてしまいました。
いつもなら「やっちまった事はしゃない!」と開き直る俺ですが、
取り替えてから4日しか経っていない事もあって、
しおらしくして素直に謝るのがベスト、
ビックダディーのような謝り方では嫁の活火山に油を注ぐようなもの、
ここは半沢直樹に出てくる大和田 暁になりきって、
土下座をする覚悟を決めたのです。

ウチに帰って嫁に携帯を見せ、
「落としてしまった・・・」
と伝え、しばらく俺の言い分を聞いた嫁が、
『肝心な部分が抜けている!』
クレームを俺に投げかけてきやがりました。
????きょとんとした俺、
それを見た彼女は右手を握り締めワナワナさせながら、
『刺身には醤油って決まっている、
だけどテメェーは刺身にソースを掛けたような話しかしない。
子供だって悪いことしたら謝るってことを知っているのに・・・
こ・の・ハ・ゲ、携帯壊したから金出せって、どの面して言うんだ?』
「ラインで“ごめんなさい!”って謝ったしゃないか・・・」
『はっ、何寝ぼけた事言うんだか。 あんなもん、本心でなくても打てる。』
ヤバイ、すっかり見抜いていやがります。
嫁の手で再教育されないうちに、即効で謝ったことは言うまでありません。

俺の犬波の脳みそで考えて考えて考えて考えた末、
「実はですね、今日の午後3時頃、
手から携帯を落としてしまって液晶画面にヒビが入ってしまったんです。
ショックで立ち直れそうにありません、嫁には散々怒られるし・・・
どうしたらいいでしょうか? お知恵を貸してください、お願い致します。」
相手方に悪いと知りつつも、
最近知り合いになった英国風の紳士にすがりのメールを打ってました。
色々とお知恵を貸していただき、
いったんは奈落の底へ沈みかけたけれども
やっと絶望の渕から這い上がってきた気分です。
ブログが縁で知り合った英国風の紳士、彼の知恵が無かったらと思うと・・・
この時ほどブログやっていて良かった~と心底思う次第です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年04月11日 (金) | 編集 |
道民ならTVニュースなどで、
漁港で漁に出ている漁師さん達の車を狙った、
車上荒しの話題を耳にしていると思います。
TVでは渡島地区の事を言ってましたが、遂に檜山管内でも車上荒しが起きたと、
昨日、町内の防火無線で流れていました。
毎年、春先には上る話題ですが、
駐車場などに車を止め離れた釣場に出向く時には、
車の中に金品など置かないようにした方が良いでしょう。

IMGP8541.jpg

一昨日に続きまして、今回も大会のご案内です。

2014GFG東北地区本部 北海道支部行事予定

NCM_0327.jpg
担当者の名前と携帯番号が書かれている箇所は、
個人情報の基に隠しております。

・投げ釣り親睦会
 5月3日(土・祝日) せたな町 瀬棚沖防波堤

・夏季船マコガレイ釣り親睦会
 7月27日(日) 知内町 脇元漁港 

・鮎釣り親睦会
 8月24日(日) 今金町 後志利別川

・ボートロックフィッシング親睦会
 10月25日(土) 苫小牧沖防波堤

・ワカサギ釣り親睦会
 平成27年1月25日(日) 石狩市 茨戸川

参加表明されたい方は、
俺のコメント欄のシークレット部分にチェックを入れて書き込んでください。
俺の方から北海道支部の支部長に連絡しておきます。

俺が参加するとしたら、
俺の親睦会と平行したせたな町の沖防波堤で行われる親睦会と
夏季船マコガレイ釣り親睦会。
後は季節柄、仕事が忙しくなる時期とぶつかるのでパス。


再度、俺の親睦会のご案内です。

今年も俺主催の
「皆でワイワイガヤガヤ、時には野次を飛ばしあいながら釣りを楽しもうぜ!」
を開催します。

日   程  5月3日(土曜日)
場   所  せなた町 瀬棚東沖防波堤
集合場所  寿喜丸の看板前

渡船時間はまだ未定ですが、船の予約は完了済み。

この日は俺の親睦会の他に、
一般参加者有りの“GFG投げ釣り親睦会”も同じ場所で開催されます。
もちろんがかまつのテスターである函館つるさんが参加されますので、
普段聞けないような釣りの疑問なども訊けるチャンスでもあります。

GFG会員でもある俺、自分自身がこの親睦会に便乗しながらも
自分のところの親睦会もなんて考えています。

俺の親睦会に参加しながらもGFG投げ釣り親睦会に参加される方は、
GFG会員  参加費1000円+渡船代
GFG非会員 参加費1500円+渡船代(中学生・高校生の参加費は500円+渡船代)
俺のところだけと言う方は渡船代だけ掛かります。

俺の親睦会やGFGの親睦会に参加するに当たっての条件は、
老若男女問わず“釣りが好きな方”のみです。
参加したいっていう方がいましたら、
ブログのコメント欄のシークレット部分にチェックして、
お名前と連絡先の電話番号、メールアドレス(携帯メールでもOK)、
俺の親睦会かGFGの親睦会なのか、それとも両方なのか書き込んでください。
GFGの親睦会に参加希望の方は、俺の方から函館つるさんに連絡しておきます。
沢山の応募お待ちしております。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年04月10日 (木) | 編集 |
今週末、釣り会などの大会が、
日本海側のせたな町~乙部町までの範囲が多いと思われ、
せたな町の海岸には大勢の釣人の姿を見られると思います。

熊の移動距離は一説には一日に山を40Kmは軽く歩くそうで、
走るトップスピードは100m 6~7秒とも言われており、
オリンピックに出たら間違いなく優勝でしょうね。
これが人間が手づかずの自然の山谷を歩くとなると、
そう簡単に歩ける距離ではないと思われ、一日で突破できないでしょう。

以前、知り合いの元ハンターが三菜採りの際、
「茂津多(もった)の灯台付近で見た熊、次の日には狩場山の麓にいたぞー。
鉄砲持っていかなかったから仕留めてないけど、目の前を通り過ぎって行った熊、
前日に見た熊と同じ顔で同じ体形だったから間違いない。」
俺には同じ熊だという言葉が不思議でしたが、
「人間だって顔が違うように熊だって違う!」
数多く熊を撃ってきたハンターが言うのですから、
そうなんだと納得しちゃいました。

IMGP8536_20140410172154358.jpg
IMGP8537_201404101721532eb.jpg

ネットで調べていると、目を覆うような悲惨な事件が過去にあったようです。
三毛別羆事件

今回の熊も人の味を知っている凶暴な熊であることは言うまでもありません。
熊除けの鈴をつけて鳴らして歩いたにも関わらず、背後から噛み付いていますから、
数多くある餌の中のうちの一部として、人間を餌としか見ていません。
どの動物にもいえる事ですが
熊も自分の命を維持するために食べること、
外敵から身を守ることを生業としています。
現代の熊の中には人馴れしている個体もおり、
人を危険と認識しない熊もいるそうで、鈴も効果が薄いともいわれています。
この熊もそんな熊だったかも知れません。

何度も警告しますが、凶暴な熊が駆除されるまで、
せたな町大成区太田~せたな町北桧山区鵜泊までの海岸に入る時は、
決して単独行動せず大勢で入ってください。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年04月09日 (水) | 編集 |
昨日の熊のニュースから。
今日、熊の捜索をしましたが、
残念な事に凶暴な熊を見つけ出すことが出来なかったそうです。
せたな町大成区太田地区から北桧山区新成地区の道道は、
午後6時に通行止め解除されましたが、
「大成区太田地区、北桧山区鵜泊・新成・野合、
若松地区小川の山には絶対に入らないでください。」
町内の防火無線で呼びかけてました。

NCM_0330.jpg

せたな町大成区太田地区から北桧山区新成地区の海岸沿いには、
とても魅力的な釣場があります。
この魅力的な釣場に入る時は、人を襲った熊が駆除されていませんので、
常に熊の危険性を感知しながら、絶対に単独では入らないでください。


先週の土曜日、メールを開けると、
「何かに使うのであれば、こちらでお願いします。」
夕方に函館つるさんから2種類のサイズ違いのポスターが届いてました。
なので早速使わせてもらいます。

ハガキ
第3回春季カレイ名人戦

残念な事に俺は参加出来ません。
俺が所属している地元の釣りクラブの釣り大会がこの日とかぶっています。
全サーを脱会した釣りクラブですが、地元に密着した釣りクラブとして残っており、
その全予定日程が2月の段階で決まってまして、
そちらに出席すると3月に意思表示した後で届いたので無理だと判断しました。

日曜日の午後、函館に野暮用があり出掛け、
帰り際に某釣具屋さんに立ち寄ってきました。
何を買うと決まっておらず、ちょっとだけ冷やかしで覗いたら、
これと同じポスターが店頭に貼らさっていました。
参加される方、座布団サイズのカレイどんどん釣って来てくださいね。
陰ながら応援させてもらいます。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年04月08日 (火) | 編集 |
つい先日、
せたな町太田地区の沢で山菜取りの方が熊に襲われたことを書きました。
今日の夕方、町内の防火無線から、
「8日午後7時~9日午後6時まで、せたな町太田~鵜泊まで通行禁止となります。」
と流れてきました。
その他に9日はその近辺の山には入らないようにとも言ってましたので、
どうやらその熊の駆除捜査となるようです。

IMGP8534.jpg

嫁の三菜仲間からの情報では、
「ねぇねぇ新聞見た?
昨年の春、鵜泊のトンネルの沢で人を殺した熊と今回の熊、
DNA検査の結果、同じ熊だっていう話じゃないの。
今回も地元のハンターが探していたけど、前回同様、見つからなかったんだって。
人を襲う熊だし、今回、ナタで傷ついてるようだからもっと凶暴になっているみたい。
明日、道の防災ヘリコプターを飛ばして、
道内のハンターも集結するんだって、大掛かりな凶暴熊の駆除になるようだよ。」
だそうです。

IMGP8535.jpg

嫁に、
「明日駆除するのに、何で今夜7時から明日の夕方6時まで通行止めなんだ?」
と問うと、
『きっと旅から来る業者防止だと思うよ。』
なるほど納得です。
この時期、旅から来る山菜取りの業者さんは、
夜の内に目的地近辺に車を止め車中泊し、陽が昇ると共に山に入って行きます。
熊と間違って人を殺めたら大変な事になる事は想像出来ます。

そして三菜仲間の憶測話ですが、
「今年、鵜泊にある水垂岬の上にある灯台付近から良留石(ラルイシ)川近辺まで、
鵜泊漁港を迂回して山を通る道を作るために測量するじゃない。
今回駆除できなかったら、また人を襲う可能性高いじゃない?
それも視野にはいっているかもよ?」
これも納得できる話です。
昨年の初冬頃、鵜泊を含む新成地域の住民を集めて、
道から道路を移転する計画話があり、
そのために測量させて欲しいという説明会があったそうです。

静かな田舎町のせたな町ですが、明日は少しばかり賑やかになりそうです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年04月07日 (月) | 編集 |
昨日の日曜日、普段出来なかった自宅の雑用を嫁に言い付かった俺、
『まだ片付けてないんだ~、へぇ~、そう、じゃーあんた生ゴミ行き決定。』
ジェイソン化した彼女に、
チェンソーでバラバラにされないうちにせっせと雑用を片付け、
それから俺の雑用をこなしてきました。

その一つに、壊れた携帯をショップに持ち込み、
学年が2つ下の店員に相談していました。
色々と相談しているうちに、
「買うよりも保険で直した方がお得!」
と言う結論になり、
最初に薦められた機種は防水となってはいるのですが俺の趣味でないので却下、
次に薦められたのは防水なしだったので即効で却下、
そこでもう一度、
「防水のないの?」
と直談判して結果、今使っている機種は販売中止となっているので、
その後期方の携帯を代替品として頂きことになったんです。
シムカードは無事だったので、以前のデーターはそのまま使え、
ショップでデーター保存登録契約もしてあったので助かりました。
色々と保険会社と交渉してくれたT君、あざーす。

NCM_0326.jpg

俺の横にスッーと現われた英国風の紳士。
さりげなく自分の携帯を取り出し画面を見せられ、
「この携帯ですよね?」
「あっ、そうそう!」
うん?・・・・もしやジェームズ・ボンド?
俺の携帯に何か国家を揺るがす機密情報が隠されているのか?
目の前に置かれた壊れた携帯を眺めつつも、とっさに反応してしてしまった俺、
とてもスパイには成れそうにありません。

英国風の紳士は屈託のない笑顔で、
「どこかで見たことがある携帯だなって思いまして。
ブログ読ませてもらっています、私も釣りをたしなむんです。」
自分がアップした携帯写真を他の方の携帯画面で見る感覚は不思議なんですが、
それで納得しました。
釣り好きには悪い人はいないという持論の元、すっかり心許してしまった俺、
自分の書いたネタをオカズに盛り上がってしまいました。
投げ釣りもするそうですから、いつか一緒に竿を出せたら幸いでしょうね。

本日、代替品の携帯が届きました。

NCM_0329.jpg

英国風の紳士が秘密裏に、
「綺麗どころ登録してあります。」
と期待したのですが・・・・なんてことはまったくありませんでした、残念!
昔は携帯が無いのが当たり前の生活、携帯依存所ではありませんが、
生活の一部として今では無いと困るのが携帯と分かりつつも、
あ~ぁ~、ここ数日間は野郎や嫁からメールや電話が無くて平和だったのですが、
明日からは・・・これもまた残念で仕方がありません。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年04月06日 (日) | 編集 |
土曜日から日本海側は大時化。
今日の日曜日、お殿様の機嫌が良かったようで休みとなったのですが、
西風が吹いてはせたな町の海は時化で釣りになりません。
密かに釣りに行こうと企んでいた俺の計画も、
西風に乗って降る雪と押し寄せる荒波によってはばかれちゃいました。

今日仕事だった嫁が、
『お昼時、コンビニに行ったら釣り会の人達で込み合っていたわ~。
こんな荒れた海で釣りしたんだ?って思ってちょっとだけ釣果を訊いたら、
“魚の顔、拝めなかった”って言う人もいて、
ほとんどの人がそうだったみたいだよ。』
と言うんです。
そして、
『あの有名な釣り会、あの釣り会の人達が入った後は、
ぺんぺん草も生えないと密かに噂されている凄腕の人達の釣果も、
激シブだったって。
それでもよ、さすがよね~
どの釣り会でも釣る人はちゃんと釣ってくるんだからさー、
運もあるけど腕もあるってことよね。』
俺の方をチラリと見て、深いため息をつきやがります。
フン、どうせ俺には運も腕もないさ!
ちきしょう、いじけてやる・・・・。

俺も知り合いに探りを入れると、
この時化ですから、お目当ての岩場や磯に入る事が出来ず、
港内などで竿を出すしかなかったとかで、
ホッケの姿もほとんど見ることが出来なったそうです。
また、海水温も低いって事も影響しているようです。

これからの週末の夜中、せたな町の道や港には、
釣りバスの無数の明かりが蛍の明かりのように点燈し始めます。
釣場から見ると、それは幻想的でもありますが、
魚の気配を感じされる季節になったと再確認され、
次から次へとやって来る釣りバスの数を数えるのも楽しみの一つなんですよ。
さーて、今年は何台まで数えれるかな?
その前に釣りに行かないと話しになりませんよね~。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年04月05日 (土) | 編集 |
4日の昨日、お昼のサイレントともに食堂に向かった俺、
いつものように携帯を着信やメールを確認しようと、
ズボンのポケットに手を突っ込むと、
「あれ?あれれ・・・どこかに落として来た?」
先程作業していた部署に戻って探しました。

フォークリフトの側に黒い物体を発見・・・
急いで駆け寄ると無残な姿に変貌しています。

NCM_0326.jpg

俺の携帯、事故死してました。
携帯をこんな可哀そうな無残な姿にしたのは、誰でもなく俺自身だったんです。
仕事でフォークリフトに乗って作業していたので、
落としたことも分からずにタイヤで踏んだようです。

それ以来テンションがた落ち、へこみました。
嫁や野郎からの電話やメールはろくな事がないのでNOサンキューですが、
「お父さん、一緒に飲もう~」
とか、
「今晩、どこそこでお待ちしております。」
なんていう甘事もあるかも知れませんから、
娘達やチレイなオネーチャンからのお誘いを受けれなくなっちゃう事は、
人生最大のチャンスを逃す事になり、自分には一大事なんです・・・
でも仕事から帰ってきた頃にはショップは閉まっているし、
次の休みまで俺は無人島に流された状態、う~ん、ショックです。

不意に背後から、
『何わけの分からない事書いているんだか~ぁ。
やっぱり一回、賽の河原あたりで溺れて現実を見るべきよ。』
不気味な声が轟いてきました。
とても後ろを振り向く勇気がございません。
新しい携帯を買ってもらうために、暫くの間だけでも嫁に対して、
もっとも忠実なトップ・オブ・イエスマンでいるしかないようです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年04月04日 (金) | 編集 |
今日の午後3時半頃、町内の防火無線から、
「大成区太田で三菜取りに山に入った方が熊に襲われる事故がありました。」
と流れていました。
今の時期でしたら沢伝いに生えきているアイヌネギ採りでしょう。
高値で取引されると言うこともあって、
商売人は茎の太い葉の開いていないアイヌネギを求め、
誰も入っていない場所を探しだし、実績のある場所は誰よりも先に入っていきます。
嫁の三菜仲間の話では、
「○○市の夫婦で△△の沢に入って降りてきたら熊も後ろを着いて来てたらしい。
奥さんの腕に熊が噛み付いたそうだ、
旦那さんがナタを振り回したら熊は逃げて行ったって聞いたぞ。」
今の段階ではどこまでが本当なのかは分かりませんが、
詳しい詳細は新聞に載るのではないでしょうか。

その沢は毎年、そこで熊が目撃されている場所でもあります。
以前、知り合いのハンターが、
「あの辺やその先は未開だったこともあって熊の巣だらけだ。
冬には風で雪が飛ばされることや日当たりがいい場所だから、
エゾシカが越冬するねぐら場、
素人が簡単に足を踏み入れる場所ではない。」
と教えてくれた周辺です。

昨年、せたな町北桧山区~大成区太田まで道路が開通し、
いとも簡単に山に入れるようになりました。
海岸沿いには魅力的な釣場がありますが、
真後ろはほとんど人が踏み入れたことがない山々、
海岸には民家もない場所ですから、
山の背や沢伝い沿って熊も餌探しに海岸に下りてきます。
魅力的な釣場で釣りをしていた人達からも、
「熊の鳴き声を聞いた。」
と教えてくれた事がありました。
この魅力的な釣場に入所する場合は、単独行動せず、
大勢で入ることをお勧めします。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年04月02日 (水) | 編集 |
今日の食卓に干しカレイが乗っていました。
昨年の物を冷凍保存してあった物? ・・・釣った記憶があまりありません。
「これ、いつ釣ったやつだ? 冷凍から出したのか?」
嫁に訊くと、
『何バカな事言っているの。 冷凍保存で美味しく食べられるのは3ヶ月。
それ以上置くと脂焼けして美味しくないじゃん。』
と言い、
『これ、頂き物なの。
前に話したじゃん、旦那さんが漁師だっていう人が職場にいるって。』
何となく聞いた気がしますが、一度チラリとお顔を拝見した事もあったのですが、
俺好みのタイプの奥様じゃなかったので記憶をどこかに落としてきたようです。

肉団子に箸をブスリと刺し、一気に口に押し込み丸呑みすると、
『今、沖で網さしているんだって。
どの辺にさしているのか聞いたんだけど、その奥さんが言うには旦那さんが、
沖から自宅が見えない場所って言うんだから、
岸からそうとう離れた場所みたいだよ。
旦那さん、毎朝3時半に起きて網を揚げに行って、
網を船に引き上げたら海水よりも外気温が低いからすぐに網が凍るんですって。
旦那さん、漁港に帰って来たて網を下ろす時、
手がしゃっこ(冷たい)くてもげそうだ(取れそう)って奥さんに言うんだってさ。
奥さんも網から魚を外すのを手伝んだけど、網が本当に凍っていて、
岸壁に下ろした時には網は少しずつ解凍さているんだって。』
肉団子のタレ垂れてあごについているのも気が付いていないようで指摘すると、
『このタレで後ご飯1膳はいける。』
食い意地だけは、、、だから太るんです。

頂いたカレイは大半がマガレイ。
市場に卸せない規格外がほとんどでしたが、漁師さんが干したカレイ、
干し加減といい塩加減が良い塩梅で食べ過ぎてしまいます。

その日によって獲れ方が違うそうですが、値段の良いこの時期、
寒さに耐えた甲斐があったと思います。
俺にとっても朗報、今年初のカレイにお目にかかれた事、
本格的なマガレイの岸よりはもう少し先ですが、
確実にカレイは来ているので、これからが楽しみで仕方がありません。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。