FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2014年04月23日 (水) | 編集 |
昨日の午前9時過ぎ、いつものように仕事でフォークリフトに乗っていると、
作業台のベルトコンベアに貝が挟まり止まってしまったんです。
それを取り除くのにリフトを降りて、ベルトコンベアに向かって走ると、
「ブチッ」と何かが切れる音がしたと思った同時に俺、
右足のふくらはぎに激痛が走っり、前に倒れこむように転んでいました。
まだ運動神経があったのか、先に手が出て身体を支えるようにして転んだので、
他の部位を痛めることはありませんでした。

その時は何とか立つことが出来、これ以上作業中断してはとその貝を外し、
序にもう一段高いところにあるゴミも取り除こうとしたのですが、
その上の段まで上る事が出来ず断念。
地面に降りたのですが、右足に力が入らず、地面にドッタと倒れこんだんです。
もう一度立とうとしたのですが、右ふくらはぎが痛くて痛くて痛くて・・・
その場に傷ついた小鳥のようにうずくまっていました。

すぐに職場の仲間が駆け寄って来てくれ、状況を説明し、立てない事を伝えると、
フォークリフト用のパレットを俺の横に置いてくれ、ズルようにして乗ると、
そのままフォークリフトで休憩室まで運んでくれたんです。
その後、事務員に付き添われ総合病院へ。

右足を地面につくと激痛が走るので車椅子に乗せられ、
検査室&診療室に連れられて行ったんですが、あまりの痛さのため、
チレイなナースさんを探すのを忘れたのが心残りでなりません。
診察の結果、右ふくらはぎの肉離れ、
安静2週間+自宅療養+松葉杖使用と診断されたんです。

NCM_0342.jpg

嫁に会社まで迎えに来てくれるよう頼んだら、
『迎え? 引き取りに来いって事でしょう。 それとも回収の間違いじゃないの。』
何とも小憎たらしいこと言いやがります。
看守(嫁)の運転する護送車に揺られ監獄(家)に着くと、
『安静という事はトイレと食事以外は黙って寝てな!』
と言い放つと、囚人の首根っこを猫のようにもち、牢屋の薄汚い布団に押し込まれ、
「去年は左足のふくらはぎの肉離れ、今年は右足のふくらはぎの肉離れ、
何も出来ないじゃん。俺って不幸・・・」
あまりの情けなさと痛さにシクシク泣いてました。

今朝は、
『大人しくしてな。』
睨みをきかせて仕事に出掛けた看守。
足の痛みが引くまで、口が裂けてもたてつくような言葉を吐いてはいけません、
仮釈放が決まるまで我慢、なんたって我が身が一番かわいいですから。


良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用