北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年12月26日 (金) | 編集 |
上娘から、
「サンタとソリ、どこかに置いてきちゃったようだよ。
私のプレゼントもどこかに落としてきた?」
写メが送らさってきました。

1419513496211.jpg

娘の勤めている会社の玄関前に現れたトナカイもどきの鹿達。
札幌市街地に現れたそうですが、近くに山などない地域なので、
どこからやってきたのでしょうか?
また、どうやって山に帰っていったのか、辿り着けたのか?
ちょっと気になります。

事務仕事で疲れた目を少し休め、
パソコンで数字ばかり見つめて頭の中の数字をしばし忘れ、
ホッと一息つきながら現実社会とは別に、
色々と想像力を膨らませた方が楽しいよって。
もしかすると、コレが、
サンタクロースから娘へのクリスマスプレゼントかも知れませんね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年12月25日 (木) | 編集 |
♪走れそりよ 風のように
雪の中を 軽く早く
笑い声を 雪にまけば
明るいひかりの 花になるよ
ジングルベル ジングルベル 鈴が鳴る
鈴のリズムに ひかりの輪が舞う
ジングルベル ジングルベル 鈴が鳴る
森に林に 響きながら♪

日本中、この歌が聞こえる日です。
本来ならキリストの生誕を祝う行事でもあるのが、
いつの間にか日本ではイベント化しちゃっています。
若者にとっては一大イベント、もっとも異性交流が盛んなともいえる日、
若いカップルにはケーキよりも甘い甘い至福の時間、
これ以上ない昂揚感の中で汗にまみれで・・・、
中年化しているおじさんには体力的に無理で悔しいのですが無縁話。
あっ、失礼、無縁でない方もいらしゃるかもしれませんよね。
そして俺も過去にそんな事があったとしみじみ思う此の頃。
基本はオスなので、死ぬまでには、枯れ木に花を咲かせましょう、パァーと、
身体が骨抜きになってドロドロに溶けてしまうような、
危険な香りがプンプンするような韓流風の大人の恋愛などと・・・
お家騒動にも繋がる一生叶わぬ蜃気楼のような夢見る花咲かジジィ化しつつも、
そんな無謀な度胸はこれっぽちも持ち合わせていないんです。
地獄を見るか?天国へ行くか?打算的に結果を考えてしまい、
野郎ばかりの職場から判を押したように直帰する生き方をしている残念な男です。
何よりも平和なのが一番!

いやおうなく我が家にもこの日はやってきました。
『今年はウチにもサンタさんやってくるかな~?
そろそろ消息不明から脱出してウチに帰ってくる頃じゃない?』
しっかり手を出して催促するように嫁が言いやがるんです。
子供達が独立した後、クリスマスツリーなども飾ることもなくなり、
こじゃれた料理もなくなり、有るのはちょこっとした料理とクリスマスケーキ。
夫婦二人ならコレで十分だし、我が家のサンタクロースは、
まだまだ消息不明、きっぱり断言しちゃいます!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年12月19日 (金) | 編集 |
函館近郊の漁港などでマハゼ釣りが盛んですが、
せたな町の漁港でマハゼ釣りをする人はまず見ませし、
それをターゲットにしている釣人を見たこともありません。
俺のコメンターの敏さんが奥様と一緒に釣りに来て、
「あら~ハゼドン釣っちゃった~、即座にリリース!」
と言われるまで、瀬棚漁港でハゼが釣れるなんて知らなかったんです。

1418950722132.jpg
函館近郊の漁港で釣友が釣った25.5cmのマハゼ

函館近郊の漁港などでは、
時々、日本記録魚に近いマハゼが釣れることがあります。
Wikipedia/マハゼ を見ると、
「寿命は1年だが、2年で成熟・産卵するものもいる。」
と書かれているので、日本記録魚に近いのが出ても不思議ではないと思われます。 

DCIM0063.jpg
瀬棚漁港
DCIM0064.jpg

俺も日本記録魚に近いのを釣ってみたいと思い、
夕方から地元でちょっこと狙ってみました

1418977876795.jpg
19cmのマハゼ
DCIM0070.jpg
DCIM0071.jpg
21cmのマハゼ

もう少しだけ調査したかったのですが、
『今日のご飯はあんたの好きな炊き込みご飯、
20分以内で帰ってこなかったら隣の犬にくれてやる!
ほら、後、19分29秒、19分28秒、19分27秒、さーどうする?』
と脅かすんです。
もちろん速攻で帰ったことは言うまでもありません。

NCM_0461.jpg

こから時期、投げ釣りで狙えるターゲットが少ないので、 
もう数回、遊んでみるのもおもしろいかも。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年12月17日 (水) | 編集 |
朝の風物詩と言えるバス停でバスを待つ高校生に遭遇するのですが、
この爆弾低気圧の影響で、学校等は臨時休校となったとかで、
俺の地元の高校も臨時休校となったそうです。
余程のことがない限り、交通手段となる路線バスは稼動しているのですが、
私立や市立以外の高校は殆どが道立高校となっているので、
日本の将来を背負っていくであろう学生達に、
何らかの事故が起きてからでは遅いという判断で、
道側でも学校等を休校としたと思われます。
近辺の小中学校も爆弾低気圧を考慮して、
休校となったところが多かったと聞きます。

今のところ地元では爆弾低気圧の影響もそれほど受けずにおり、
地元の知り合いのJKに聞いた話では、
「今日の天気だったら学校に十分に行けたと思うんだ。
明日のほうがひどくなるんだって。 今日に続き、明日も休校になるかも?
明日の朝、判断するって先生が言っていたよ。」
だそうで、近隣の小中学校もそういう判断だそうです。

急速に発達する低気圧の影響で、飛行機、フェリーやJRの特急なども欠航や運休、
道東方面では、高潮を恐れて避難勧告や避難指示が出されたり、
降り続く雪の影響で国道が通行止めになっているため孤立した状態に陥り、
各地で急激に積もった雪に除雪が追いつかず混乱し、
暴風雪の影響によるものと思われる停電となり復旧工事が行われているなど、
「気象庁は、暴風や高波、高潮、猛吹雪や吹きだまりに厳重に警戒し、
路面の凍結や雪崩、落雷、突風などにも十分注意するよう呼びかけています。」
朝からカーラジオで頻繁に流れてました。

冬場の停電は道民にとって命取りにもなりかねません。
寒い冬を乗り切るために暖房器具でもあるストーブは欠かせないもので、
ほとんどが電気で稼動しているものばかりです。
停電直後に早く気がつけば、ストーブの機能であるスイッチを押して、
電気なしで動かせることも出来るのですが、
ストーブが完全に止まってしまった状態ではそれも無理。
電気を使わないポータブルの反射式ストーブで暖をとっても、
灯油を切らせてしまったら暖を取ることも出来なくなってしまいます。

例年なら2月の上旬に猛吹雪が発生するのですが、
この時期に発生するのは珍しい・・・・と言うか、殆ど聞いたことがない話です。
やっぱりExtreme Weatherなんでしょうか。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年12月16日 (火) | 編集 |
知り合いの方々から、
「不要不急な外出は控えるようにって言っているけど大丈夫?」
などの心配のメールや電話を頂き、
こんな俺に気遣いをしていただき、とてもありがたいことです。

16日の21時頃には東風もいったん収まったのですが、
TVでは暴風雪注意報が発令されたことを表すテロップが流れ、
23時半頃に南西風に変わり粒状の雪が降ってきました。
風も徐々に強くなってきており、窓に風があたる音がしています。
17日のせたな町天気予報を見ると日中は乾雪が降り続き、
気温が下がる夕方から18日の朝にかけてみぞれ雪となっており、
天気図を見ると、道北・道東の方が吹雪が強いと思われます。

17日は仕事の関係で、朝から日本海側にある江差町や、
松前町の一歩手前の地区まで行かなければならないので、
雪の降る中、強風で車があおられるかと思うと憂鬱です。
熊のように冬眠できるならそうしたいのですが、道民でいる限り、
雪や吹雪とうまく付き合っていかなければ生活していけませんが、
吹雪は本当に厄介、ため息が自然と出ちゃいます、ふぅ~。

◎<天気>低気圧発達、17日大荒れ…暴風雪に厳重警戒を
  毎日新聞 12月16日(火)20時34分配信

気象庁は16日、前線を伴う低気圧が急速に発達して冬型の気圧配置が強まり、
18日にかけ全国的に暴風や大雪など大荒れの天気が続くとして
厳重警戒を呼びかけた。
低気圧の発達度合いは「数年に1度のレベル」で、
昨年3月に北海道で9人が死亡した暴風雪災害をもたらした低気圧と同程度という。
特に北海道では数メートル先も見えないような猛吹雪の恐れもあり、
同庁は吹雪や吹きだまりによる車両立ち往生などに注意を求めた。
気象庁は、
中心気圧が24時間に約24ヘクトパスカル下がる低気圧を
「急速に発達」と表現している。
同庁によると16日現在、上空の気圧の谷付近で暖気と冷気の差が大きく、
日本海と本州の南海上にある二つの低気圧が発達。
17日朝までに北海道付近で一つになり、中心気圧は約50ヘクトパスカル下がり、
台風並みになる見込み。
偏西風の蛇行の影響で、この低気圧は北海道付近で動きが遅くなり、
日本の上空には真冬並みの寒気が流入するため、
18日にかけて強い冬型の気圧配置が続くという。
北日本から西日本の広い範囲で沿岸部を中心に非常に強い風が吹き、
17日の予想最大風速(最大瞬間風速)は、北海道35メートル(50メートル)
東北、北陸28メートル(40メートル)。
関東甲信より西は20~25メートル(30~35メートル)。
北海道や東北、北陸では9~10メートルの高波となり、
18日も猛烈なしけになる見込み。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年12月14日 (日) | 編集 |
12月14日、全サー北海道協会のH24年度末の総会が開かれました。

NCM_0448.jpg

道協会の各サーフから役員が集まるとなると距離的な問題もあるので、
ちょうど各サーフから来ても同じような距離にあるお店に集合となります。
毎年、お世話になっている豊浦町大岸にある 「あらた」さん です。

NCM_0453.jpg

札幌サーフ以外のクラブへ、
全カレイで入賞した景品、道協会の大会で入賞した景品を各クラブに配布中。
誰がどのような物が当たったのかは、貰ってからのお楽しみ!となりますが、
自分は大会に参加していなかったので・・・犬のようにヨダレが・・・
俺もクーラーが欲しいです。

1418544291824.jpg
道協会の広報担当者、他魚の部の優勝者でもあります。
おめでとうございます。

NCM_0456.jpg

道協会役員が集まり、加齢臭を撒き散らしツバを飛ばしあい、
時には風邪の菌を散布し、熱い討論がくりひろげられたんです。

NCM_0457.jpg

道協会の役員は2年毎に改正となり、今回はその改正もあり、
俺は4つの現職のまま続行となりました・・・プスプスと煙が~、
やべぇ~犬並みの脳みそがパンクしちゃうかも。

北海道は広いので、寒波の影響も様々でありまして、
ウチから国道229号線を走り国道5号線に出て、
総会が開かれたお店に向かったのです。
国道229号線の山間部地帯は雪の降る威力が強く、
前が見づらい、走りづらかったのですが、
国道5号線(太平洋側)に出ると雪も降ってなく晴れていたんです。

函館市内から来た役員さんはもっと大変だったようで、
前日から雪が降りっぱなしで、雪かきに追われていたようです。
知り合いに聞いた話では、
「昨日から降り続いている雪、もうヒザくらいまで積もっている。」
と言い、札幌は・・・聞くの忘れちゃった。

なんだかんだと言いながらも無事総会も終わりました。
寒波の中、ご苦労様です、新年度総会にまた合いましょう!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年12月13日 (土) | 編集 |
エルニーニョ現象の影響か、寒波が来ている北海道。
例年なら降った雪は日中に融け、夜にしばれて氷になり、
道路はブラックアイスバーンになるのを繰り返し、
徐々に道路や平野部に雪が積もり根雪となっていくのですが、
今年は最初の寒波以来、雪融けがなくアッと言う間に根雪となってしまいました。

IMGP0032_20141213132122b82.jpg
12月12日のせたな町の海 西風が吹き海は時化ています

そうなると、せたな町の海岸や漁港では、投げ釣りをする釣人が極端に少なくなり、
ショアからアメマスやサクラマスを狙うルアーマンが増えてきます。

IMGP0043.jpg
IMGP0042_20141213133358076.jpg
12月12日の瀬棚新港  誰も居りません

アメマス(海マス)とは、川で孵化したイワナが数年後降海した魚をさし、
海で餌を捕食し体長は大きいもので70cm前後まで成長します。
北海道では水産魚種に指定されていないので、ゲームフィシングの対象となり、
隣村の島牧村では村を上げて、 
「アメマスダービーin島牧」
なるものを時期を限定して行われ、
毎日のように竿を振っている強者もいるようです。

知り合いの漁師さんに聞いた話では、
「沖の網に1m近くまで大きくなった海アメ(アメマス)が掛かる事がある。
俺達漁師にとって、海アメは鮭の稚魚を食べる害魚でしかない。」
と言い、中には、
「まだアメマスの実態が解っていない。 
降海したと思われる大きなアメマスを川で見かける事があるから、
産卵に遡上したのではないかと思う。
川魚がいなくなれば生態系に異常をきたすから必要な魚だ。」
と言う人達もいます。

IMGP0040.jpg
もう少しするとアメマスやサクラマス狙いの釣人が出没する海岸

俺も結婚したての頃、冬に狙うターゲットがないことから、
釣り仲間とアメマス狙いで漁港や海岸に出没してました。
元日そうそうに、神社参りとも言えるアメマスの聖地に出向き、
海の神様に今年の釣果を占うかのように島牧村の江ノ島海岸でルアー竿を振り、
「あっ、あそこで釣れた! あっちでも・・・・。」
横目で羨ましく見つつも、
「何で釣れないんだ・・・そんな日もあるさ!」
自分を慰めつつ、
鼻水を垂らしながら聖地で竿を振った事だけに満足して帰ってきたものです。
今では愚息が寒さで縮み上がっているのを感じ、
「寒いのはもう無理!」
身体を労わっています。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年12月10日 (水) | 編集 |
ピンポーン♪
玄関に出てみると、
「お届け物です、印鑑お願いします。」
大きなダンボール箱が届きました。

差出人の名前は大型家電店・・・????・・・俺、買った覚えないし・・・嫁?
彼女は家電だったら直接手にとって品定めするタイプだからありえないし・・・・
まっ、いいか、えい、開けちゃえー!

1418219272984.jpg

娘達からのクリスマスプレゼントでした。
前々から嫁が、
『ホースがだいぶ痛んだから、新しい掃除機欲しい~。
でもまだ使えるんだよね~』
2年程ボヤいていたのを覚えていたようで、
子供達からのプレゼントとなったようです。

IMGP0024.jpg
IMGP0023.jpg

「いつもありがとう 大事に使ってね  ◎&○」
と言うメッセージがついてました。
読んでいるだけでウルウルきちゃいましたが、そこに、
「お父さん、大好き!」
なんて書いてあったら俺、声を出してワーンワーン大泣きしちゃっているでしょう。

サプライズな贈り物に嫁も大喜びしましたが、
『あんた宛になっているのが気に食わない。
あっ、そうか、あんたに掃除すれってことだわ。』
ポンと手を叩いて、どこかのお偉いさんのように
『頑張りたまえ、ひろし。。。君!』
俺の肩に手を置いたポンポンと叩くんです・・・えっ、俺?

早速子供たちに、
「すみませんね、大事に使いますので。
来年は洗濯機がいいなー、大きい靴下作って待っています~」
ラインで送ると、
「コノオヤジナニヲイッテイルンダ」
まるでどこかの場末の△▽パブにいる、
日本語は理解できているが話せない振りをしている女の子のような事を
書いてきやがりました。
これが嫁だったら思いっきり突っ込むんですが、
娘達が書いたと思うとついつい口元が緩んでニヤケてしまうんですよね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年12月09日 (火) | 編集 |
今が旬のカジカは見た目がグロテスクなのが難点ですが、
カジカ鍋といえば鍋壊しと言われるくらい美味しいと言います。
鍋壊しの由来は、あまりのおいしさに箸が すすみ、
鍋底をつついて壊してしまうという意味だそうです。

1418532940750.jpg

カジカ鍋は、北海道では漁師料理だったのですが、
今では一般家庭まで広がっており、北海道のスーパーに行くと、
カジカを捌いて食べやすいように切身になって売っています。
鮮度の良いカジカは刺身として食べても美味しいと言い、
この恩恵に与るのは釣人ならでしょうね。

1417840285904.jpg
釣友が釣ったカジカ

俺はプライベートでは狙わないターゲットですが、
1匹身長+5匹総重量などで競う大会では、カジカは大きな戦力となります。
カジカの餌は、主に身餌+イカゴロ(イカの内臓)を使用しますが、
人によってはそれに+αといった具合に、独自の餌があります。
大きな口を広げ、口いっぱいに海水を含んでグワァ~と揚がってくるので、
小さなカジカでも凄く重たいと感じちゃうんです。
大会で釣ったカジカは、俺が食べやすいように捌いてから、
『コレ食べて~。』
嫁の手によって近所で物々交換のブツに変身しちゃいます。
もちろん物々交換された物は、
『あ・た・し・の・お・や・つ!』
独り占めする事は言うまでもありません。

俺のカジカ鍋の思い出といえば、鬼籍した父親が好きだった鍋でもあるのですが、
自分にとっては悲惨な想い出しかありません。
釣りが好きだった親父が釣ってきたカジカを、
いつものように鍋にして皆で食べていたんです。
子供の頃から親しんできた鍋なんですが、その時ばかりは・・・・
カジカの卵が半煮えだったようで、他の家族は何ともなかったのですが、
体調が悪かったのか、俺一人だけ、一晩中、トイレと大親友になってました。
それ以来、俺はカジカ鍋・・・カジカに絶交誓言したんです。

水産加工に勤めていた時の昼飯にも、時々、カジカ汁が出たんですが、
「俺、汁だけ。 絶対身は入れないで!」
涙目で懇願して汁だけすすってました。
肝いりのカジカ汁は出しが出ていて美味しいんですが、トラウマが俺を阻むんです。

我が家では俺が食わないので、必然的にカジカ鍋は食卓に上る事はありませんが、
ある日、突然、カジカ鍋と納豆が俺の目の前に置かれた日は・・・
俺がウチをおん出される日でしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年12月06日 (土) | 編集 |
はこだてサーフの仲間や釣友からも、
「今年は津軽海峡に面した下海岸一帯でババカレイが好調。」
という情報を頂いています。
あまりにも羨ましいので釣友に、
「場所は?」
「下海岸ならどこってことないっすよ。」
なんてぬけぬけと言いやがるんです。
悔しいので少し突っ込んで聞くと、釣友の話しぶりでは、
さぞかし有名な釣場かと思えば、どうやらマイナーな釣場で釣ったと言うより、
「はっ? なんでそんなところで釣れるんだ?」
と思わせる場所ばかりで、いくら聞いても俺にはピーンとこないんです、
と言うより、そこはどこなのよ?って感じなんです。

彼曰く、
「有名な釣場は毎日地元のおじさんや常連客でいっぱいで、
俺みたいな奴がポッと行っても入れないっすよ。
有名な場所がチラリと見えて誰も入っていそうにない場所とか、
もしかするとココも釣れるかもって自分の勘を信じてやってみたっす。
釣れるかどうかなんて、やってみないとわからないじゃないですか~
何事もチャレンジっす!」
と、少し照れ笑いしながら言うんですが、冒険心もない俺、
これだもん、釣場も知らなければ、
魚も釣れるはずもないとつくづく思い知らされちゃいました。
今度、勝手に師匠と呼ばせて下さい。

1417840306871 - コピー

11月後半から超マイナーな場所を転々としながら、
ババカレイを拾い歩いているそうです。

この時期のババカレイ、煮付けにすると美味いんです。
「年中揚がる魚だが、春先の産卵に向け、
子を持ち脂ののった秋から冬が一番美味しい。
海水温の冷たさに加え、潮の流れ速い海峡の海底に生息しているので、
身がしまって旨い。」
と言う漁師談とか、
「ババガレイの煮付けは三陸地方の正月に欠かせない“年取り魚”としても有名だ。」
この間読んだ雑誌に書かれていました。

きっと彼の家族は、
「お父さんの釣ってきた魚、新鮮で美味しいね。」
夕食を囲みながらそう言われているんでしょう。
そして彼もまた、その言葉を励みにして、楽しみながら釣りに行くんでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年12月03日 (水) | 編集 |
俺がよく立ち寄るコンビニで、時々見かける若いオス猫が居ます。
迷い猫なのか捨て猫なのかは分かりませんが、とても愛想の良い猫で、
子供が触ってもされるがまま、甘え上手で猫好きな人のハートを射止めてました。
そこの店員さんや常連客から聞いた話です。
にゃんこ店長になった気分で書いてみます。

おいらのファーストネームは秘密、人間が勝手に「にゃんこ店長」と呼ぶ。
今年の初夏、気がついたらおいらはこの店先に居た。
なぜ?と言う問いには、おいらは答えない事にしている。
理由は教えない。

おいらの朝は早い。
6時ちょっと過ぎに出勤する事にしている。
毎朝、でっかい車に乗ってやってくるおっちゃん方に会うためだ。
ゴミ箱の横や出入りするドアの横でちょこんと座って待機していると、
「よっ、店長!」
と、毎回声を掛けてくれるんだ。
一声、にゃ~んと返事をし、後はおっちゃん達が出てくるのを待つだけ。
気の良いおっちゃん達が自分達の飯とおいらの飯を買ってくれ、
「店長、ご苦労さん!」
頭や身体をなでてくれて朝飯を提供してくれる。
そう、これはギブ&テイク、一時の癒しを与えた報酬が飯って訳さ。
そしておいらの名前が「にゃんこ店長!」に決まった瞬間。

ある朝、いつも飯を提供してくれるおっちゃん達が、
「現場も今日で終わりだ、店長、元気でな!」
いつものよりも多く撫でてくれ、少し贅沢な飯をくれたのが最後に、
おいらの死活問題が発生したんだ。

最初の頃、おいらはこんな感じの猫ではなかった。
もともと人間は怖いと感じてはいなかったが、
知らない人間には一歩引いて接していた。
でも、腹が減ってきたらそんな事は言ってられない。
満月の夜、またたび酒で酔った夜会に集まった仲間達から、
「人間にコビを売るなんて、お前にはプライドがないのか?」
なんて言われる事があるが、プライドだけでは腹は膨れない。
おいらも学習したのさ、袋の中には食べ物があると!

おいらに興味がある人間は立ち止まり、
「にゃんこ、おいで!」
呼ぶだけ呼んで、撫でるだけ撫でて立ち去る奴もいる。
「お腹すいているよね?」
中には自分用に買った食べ物を分けてくれる奴もいる。
おいらに興味津々の人間に呼ばれると、
ここからが肝心、人間の足に身体をこすりつけ、とっておきの甘えた声で
「にゃ~あ~ん。」
ブルーの瞳で見つめりゃいちころさ。
秘儀、猫かぶり!
その結果、おいらの身体は一回り二回りと巨大化し始めたのさ。

そうそう、人間のくれた飯もいいが、野性の血が騒ぐって言うやつですかね、
時には生肉も食べたくなって小鳥やネズミなど捕ることもある。
そんな時は、軒先を勝手に拝借させてもらって恩義があるから、
そこの人間達に、
「どうだ! すごいだろう? 誉めてくれよ! お前も食うか? 」
見せにいくと、
「いやーぁー、頼むからドアの前で食べないで~。」
泣きながら懇願される。
生肉の美味しさを分からないとは情けない。
グルメでない奴らに、
少しくらいなら分けてやってもいいと思ったが、や~めったぁ~。

軒先を勝手に拝借している手前、おいらの中で独自のルールが出来上がっていた。
ドアより向こう(店)には入らない、
車の邪魔はしない、
店の周りではトイレは絶対にしない、
飯を提供してくれるまで人間の歩く邪魔をしない、
飯を提供してくれたら思いっきり甘える振りをする、
知らない仲間(猫)が来てもケンカはしないなど、
お利口なデブ猫!という触れ込みで通っている。
秘儀、猫騙し!
おいらの演技力も満更でもないようだ、
今度、劇団四季でも受けようかと思っている。

どうやらジゴロのような生活も終わりを迎えようとしている。
おいらの愛らしい魅力を振りまく演技に騙されたようで、
「今度、家に来るか?」
と言う方が現れた。
初秋からおいらの事を見つめる瞳に気がつかなかった訳ではないが、
チレイなオネーチャンのスベスベした足肌も、
太ももの香りも捨てがたいと思っていた。
自由な気ままな生活もいいもんだと思いつつも、
これからの時期の事を考えると有難い話でもある。
何よりも、そこには、おいらの好物の、
若くてチレイなオネーチャンのスベスベの生肌があるという話を聞き、
太ももを枕にして丸くなって寝るのもよいかも知れないと思うようになった。
飛ぶ鳥跡を濁さずではないが、
そろそろ身辺整理でもしておこうかと思っている。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年12月02日 (火) | 編集 |
今日の北海道は荒れた冬型の天気となりました。
前日までは道路の舗装が出ており、夕方頃から風が強くなるにつけ、
朝方には雪が降ったようで道路には雪が薄っすらと積もってました。

NCM_0444.jpg

日中はまだ道路の舗装が見えた分、吹雪となっても走りやすかったのですが、
夕方には雪が積もり、舗装と歩道の境目が見えない箇所もあり、
風が強く車があおられ走りづらい日でした。

NCM_0443.jpg

携帯で写真を撮るとそのように見えませんが、実際、車で走ると、
30m先の対向車が見えません。
場所によっては地吹雪で雪が舞い、
ライトを点けて走ってくる車が見えるのが10m先なんて事もあります。

NCM_0445.jpg

朝仕事に行く時は何ともなかった隣の灯油のホームタンク、
昼飯を食いに帰ってきたら倒れているではありませんか。
お隣さん、引っ越してきたばかりだから、
400リットル入るホームタンクは空だったからよかったものの、
満タンに入っていたら4万前後の灯油代が損失となってしまいます。
タンクの足4本はしっかり土台に固定されていたのですが、
強風で煽られているうちに土台と足を固定していたボルトが緩んだようです。
もしコレがウチだったらと思うと・・・ブルブル。

ストーブがないと越せない冬、雪一色に包まれ、雪かきに追われる日々、
たった3~4ヶ月の事とはいえ、雪のない地域に住みたいと思ちゃいます。
でもきっと雪のないところに住むと、雪が恋しくなり、
どっちにしても無いもの強請りばかりするんでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2014年12月01日 (月) | 編集 |
11月29日PM19:00~11月30日(日)正午まで、道南一帯を釣り範囲とし、
俺が所属するはこだてサーフの今年度最後の大会が開かれました。
俺は仕事で不参加となりましたが、有難い事に写真提供を受けました。
いつも気にかけていただいて、ありがとう、KUROちゃん。

今回参加された仲間の成績表を見ると、
太平洋側は森町~津軽海峡に面した下海岸~日本海側は八雲町熊石まで、
足を伸ばしていたようです。
今回の大会は、12月1日の正午より計測が行われ、1匹身長+5匹総重量で競い、
ババカレイの50.5cmが登場するやら、アイナメの49.7cmなど、
イシガレイ・マガレイ・カジカ・クロゾイ・ホッケなど多数が提出されてました。

5お魚
4お魚
3お魚検量

大会に参加されていたKUROちゃんのブログに、大会様子が載っています。
函館爆釣会クロちゃん釣行 そちらも宜しく!

12上位者
上位入賞者

11サーフ集合写真
今大会に参加された会員、寒い中、大会ご苦労様です。

この日は、他の釣りクラブや釣会でも、
日本海側や太平洋側で大会が開催されてました。
知り合いの釣友に釣果を聞くと、
「ホッケが湧いた場所に入れ者や、カジカやアイナメの大物を釣った者もいる。
俺? それなりに釣れたけど、上には上が居るってことさ。」
とか、
「下海岸でババやアイナメやカジカの大物も揚がった。」
という情報も頂いており、羨ましい限りです。 

う~ん、どうして俺には魚が寄り付かないんだろう~?
きっと持っているものが違うんでしょうね・・・落ち込みます。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。