北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年11月13日 (金) | 編集 |
数日前のブログに、
【この時期のサケは川に遡上するタメ、何にも食べないと言われてますが、
これから本州へ下る予定のサケ、
遥か沖合にいるサケなどはまだ捕食しており、
胃の内容物を見ると、オオナゴやソイなどの小魚を食べています。】
と書いたところ、知り合いから、
「本当にソイ食っているのか?」
と電話が掛かって来ました。
もちろん本当の事だと教えると、
「俺も見てみたい。」
と言うので、
「今度、どこかの会社回りで見つけたら携帯で写メするよ。」
だけ伝えて電話を切りました。
で、昨日、仕事で会社回りをしていたら、
偶然にもその場面に出くわしました。
20091112121214.jpg

20091112121244.jpg
ちょうど捕食する最中に水挙げされたようです。
これを見た嫁が、
『コレって、網に入ったソイが、
ただ単に間違って口に入っただけじゃないの?』
そう言われるとその様にも見え、コレ1匹なら嫁の言う事も納得出来ますが、
サケの頭を包丁で落とした時、
一緒にソイの身体の一部も落す事も多いようです。
その事を嫁に伝えると、
『じゃ、コレが最後の晩餐になったって事なんだ。
最後だと分かっていたなら、
ソイじゃなくもっと美味しい物食べればいいのに・・・』
サケにとって小魚は御馳走なんですから、
「大きなお世話だ! 肉ばっかり食っているから、ほ~れ、太るんだ。」
と胸ヒレで指され、反対に嫁を見て笑っているかも知れません。

漁師さんの話では、
「サケの定置網にはサケ以外、
ヒラメ、イシガレイ、ソイ、イカなども一緒に掛かる。
時にはブリやスズキも入るんだ。
困るのはエチゼンクラゲ、コレは食えやしない!」
と教えて貰ったことがあります。
殆どの場合、この魚は市場に出荷すると言います。
漁師さんの頭を悩ませるエチゼンクラゲの事が新聞に載ってましたので、
紹介させて貰います。

◇エチゼンクラゲ、東北の太平洋側に出現 道内オホーツク海側にも
(11/05 14:49)
日本海側の漁業に深刻な被害をもたらしているエチゼンクラゲが、
今年は太平洋側にも大量に出現し、東北地方の漁業者らが打撃を受けている。
津軽海峡を通過し南下してきたとみられ、シラスやサケ漁のシーズンを迎え、
専門家からは
「太平洋側で(過去最悪とされる)2005年を上回る漁業被害」
を懸念する声が上がっている。
福島県いわき市沿岸では9月末ごろから、
漁に出るたびに網に数十匹ものクラゲがかかり、網が破損する被害が相次ぐ。
20年以上シラス漁をしている臼井紀夫さん(50)は
「こんなことは初めて。死活問題だ」と頭を抱える。
福島県水産課などによると、
今年は05年よりも約2週間早い9月下旬からクラゲの目撃情報が寄せられた。
漁への影響は来年初めまで続くとみられる。
被害は太平洋側のほかの東北各地でも深刻化。
青森県・八戸港では最盛期の秋サケ定置網漁の水揚げが昨年より半減。
三沢漁港でもカレイやヒラメの刺し網漁の水揚げ額が
昨年同期比60%減と大打撃を受けているほか、
岩手県・久慈港や宮城県・石巻港などでは
クラゲの毒で魚が傷付けられる被害が出ている。
水産総合研究センター(横浜市)などによると、
今年は中国沿岸でクラゲが大量発生。
例年だと千葉県・房総沖に達するが、
今年は海流のコースがずれていることなどから、
既に静岡県沖の駿河湾まで南下する異常事態となっている。

道内の被害は10月に入り、
日本海側から宗谷海峡を越えてオホーツク海側に拡大、
同月10日には網走管内斜里町の知床半島沖まで達している。
目撃情報の中には100個体超が浮遊しているケースもあるという。
道水産振興課によると、漁業者の定置網に混入したり、
刺されるなどのエチゼンクラゲによる被害は、
記録が残る06年度は106件、07年度147件、
08年度はゼロだったが、本年度は9月末までで234件に達している。

◇エチゼンクラゲ道内でも猛威 漁業被害最多512件 
サケ定置網早期撤去も (11/07 09:56)

全国的に漁業被害が広がっているエチゼンクラゲについて道は6日、
10月末現在の本年度の道内の被害件数をまとめた。
記録が残る2006年度以降で最多の512件に達した。
道内では日本海から宗谷海峡を越え、オホーツク海に達しており、
秋サケ漁の定置網の撤去を早める漁業者も出ている。
<北海道新聞11月7日朝刊掲載>


良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
再利用
こんばんは、やみいさん
愛竿に傷、それは災難、憎きエチゼンクラゲですね! このまま温暖化が続けばエチゼンクラゲは間違いなく増えるでしょうね。
俺、まだエチゼンクラゲの死体を見たことがないので、ちょっぴり興味あります(笑) ゴメや虫や微生物のエサ以外に、何とか再利用出来ないモノなんでしょうか? なんだか勿体ないような気がして(爆)
2009/11/14(Sat) 21:26 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは。先日来岸の砂浜で竿を振っていたとき、
ブヨブヨしたものにつまづいて愛竿にキズが・・・(涙)
何かと思ったらエチゼンクラゲの死体、それも一つではなく
あっちにプカプカ、こっちにユラーリ。
このままでは何年かしたら北海道も本州同様、
エチゼンクラゲだらけになるのでしょうか、心配ですv-12
2009/11/14(Sat) 01:07 | URL  | やみい #CZRq1Y1.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。