北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年12月03日 (木) | 編集 |
子供の頃、よく母親が作ってくれたモノで、
ビスケットの天ぷらがありました。
「ビスケットの天ぷら?」
と驚いた方もいらしゃると思いますが、
地域的なモノかも知れませんが、結構、イケるものでした。
今、食べると、味覚が変わっていなければ、
ほんのりと甘い味でサクサクとした食感で、美味しかった記憶があります。
嫁が誰にも取られまいと箱を小脇に
抱えて食べていたビスケットを見たら、
急に思い出して食べたくなったのです。
そこで、ビスケットの天ぷらを作って欲しいと嫁にお願いすると、
『いいけど。 使うビスケットは決まったメーカーで、
袋に入ったモノなんだけど、それ全部使っていいの?
責任もって食べてくれるんだよね?』
と言うので、
「えっ? ほんの数枚だけでいいんだけど・・・。 全部って何枚?」
と訊くと、
『そうね~、40~50枚は軽く入っているけど。』
と言います。
「数枚だけでいいんだけどな、全部は無理だから、
残ったビスケットはお前に進呈するよ。」
きっと嫁は食べてくれるモノだと決めつけていたので、
『えー、そのビスケット硬くて好きじゃないんだよね。』
いつもならどんなモノでも皿まで食べる勢いなのに、
拒否とも思える発言にビックリする俺です。
思わず、
「腹でも壊したのか?」
と訊いてしまったくらい驚いたのです。
嫁は、
「子供の頃、オヤツ代わりに食べた記憶があるけど、
あの時は美味しいって思ったんだけどね。
大人になって、もっと美味しいモノが沢山ある事に気づいて、
そっちの方にどうしても目がいくんだよね。』
と非常にシンプルかつ真っ当な感想を述べていました。

俺の生まれた地区では、ベコ餅の中に小豆あんが入っていました。
各家庭にはベコ餅を作る型があり、
そこに食紅で色付けしたもち粉+上新粉+上白糖を練ったモノを、
蒸し器で蒸すと出来上がりです。
嫁の実家にもベコ餅の型がありますが、
今は作ることもなくなったそうです。
後で知りましたが、この小豆あんを入れて作るのは、
このせたな町でもほんの極一部の限られた地域だけだそうです。

他とはちょっと変わった食べ物なんですが、
子供の時から親しんできたモノなので、フッと食べたくなる時があります。
案外、コレって、お袋の味かも知れませんね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
べこ餅
こんばんは、ノリゾー3840さん
昔のべこ餅は作り方を失敗すると、粉が固まったまま口の中に入った記憶があります。 食紅も赤、緑、黄色、時には黒砂糖入れなんてあって、今みたいな柔らかい物でもなかったような気がします。
俺も近くのササ藪にササの葉を取りに行き、腰まで雪に埋もれた事もあり、綺麗な葉を取ればいいのですが、半分枯れたモノを取って、もう一度なんて事もありました。 今も実家に行くと、どこかの隅にその型は残っているような気がしますが、今ではそれを使って作る人もいませんよね。
2009/12/05(Sat) 20:24 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
海外ドラマ
こんばんは、神戸MPVさん
海外の映画やホームドラマなどで焚き木をしている際に、木の枝などに刺して焼いている場面を想像してしまいました。
確かに北海道ではそういうモノに憧れ、ついつい真似をしてしまうところがあるような気がしますが、絵にならないところが日本人ゆえの体型のせいかもなどと思っています。
俺はナイのですが、嫁に訊くと、『やった事あるよ。でもね、一緒に刺した木の串も燃えてしまって、焚き木の中に落ちちゃったわ。』で、「食ったのか?」と訊くと、『焦げちゃったから苦い味しかしなかった。』と答えておりました。

「桜井長一郎」懐かしいお方の名ですね。 この弟子で田渕岩夫って方がおり、藤山寛美や鳳啓助などの真似をしていたのを鮮明に覚えております。
桜井長一郎と田渕岩夫の田中角栄の真似は、その当時は面白かったのですが、今考えると、それ程似ていなかったような気が・・・(笑)
2009/12/05(Sat) 20:22 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
お正月の餅付き
こんばんは、釣りキチペーペーさん
俺も他の地区の人に話したら笑われましたが、このせたな線の人達は懐かしんでくれます。 嫁の話では、農家の主婦の集まり「婦人部」の提案が広まったようです。
お正月になると切りもちも作るので、ストーブ(薪ストーブ)につけてこすって薄い膜を作って、それを食べるのが好きでした。 今じゃ、薪ストーブを使っている家が少ないので、そんなことをして食べる人もいませんよね(笑)
俺と嫁の実家には、まだうすときねが有りますよ。 今度、お貸しするので餅付きでもしては如何ですか(笑)
2009/12/05(Sat) 01:09 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
なつかしい~
 べこもち、懐かしいです。 今ではお店で売っていますが、あんなのじゃなかったですよね。 たしか寒い時期に作ってもらった記憶があります。 餅の下に敷く笹の葉を、雪の山へ取りに行った事があります。 冷えて硬くなったのをストーブで焼いたのも旨かったですよね。 木型はノリゾーの家にもありました。  
2009/12/04(Fri) 20:15 | URL  | ノリゾー3840 #-[ 編集]
再び、こんにちは、です。
私は小さいときにごくごくたまにバーベキューに連れて行ってもらったのですが、そのときには必ず母親が「マシュマロ」を持っていっていました。それを串に刺して焼いて食べておりました。

東京にいる頃、会社の仲間とバーベキューに行ったときマシュマロを焼こうとしましたら「ゲッ!」と言われ・・・全く賛同を得られない上に「それって東北のどんど焼きの誤った伝承だ」などと会社の先輩に怒られたりしましたが、北海道に来てその話題を出すと「あ、やったやった」という方が何人かいて嬉しかった覚えがあります。

そういうことって嬉しくなります。つい先日も「桜井長一郎」のことがわかる人が同世代でいたときには本当に嬉しかったです。「新春ヒットパレードで最初に出てきたよな。モノマネじゃなくて声帯模写とか言ってたよなぁ。島倉千代子や双葉百合子とかやってたけどぜーんぜん似てないの。単なる声の高いジィさん。」
その後左ト全の「ズビズバ~」でも話が合いました。こういった「話がわかる」しかも「同じような感想を持つ」人とは「絶対に仲良くなれる」と確信するのでありました。

朝から失礼しました。
2009/12/04(Fri) 07:25 | URL  | 神戸MPV #-[ 編集]
えっ[e:263]
ビスケットの天ぷら
は・初めて聞きました
広いですね~北海道は
恐るべし
ペーペーは固くった正月の鏡餅をハンマーで砕いて、油で揚げて砂糖を振ったものが好きでした
最近の鏡餅はパックになっちゃったので、固くならないから出来ませんが
2009/12/03(Thu) 23:40 | URL  | 釣りキチペーペー #86O5Hz3I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。