FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年12月11日 (金) | 編集 |
昨日はパン残業(PM7:00~PM:800までの間の終わる残業)、
今日は弁当残業でした。
今月に入ってから、1~2時間の毎日のように残業がありますが、
久しぶりにそれ以上の時間の残業は身体に堪えます。

取り引き相手の会社には、サケが一段落し、
近海のスケソウダラが入荷し、その対応に追われています。
太平洋側の内浦湾(噴火湾)では大漁で、
反対にサケ同様に日本海側は不漁なんだそうです。
漁の仕方も違い、太平洋側は底網で、日本海側ははえ縄漁法、
そういう事も関係しているのかも知れません。
一般に日本海側のスケソウダラは型が大きいとされています。
新聞にスケソウダラの漁獲枠の事が書かれ、
スケソウダラの卵が成熟する前に枠いっぱいになり
タラコの値段が跳ね上がるのでは?
と言うような事が書かれてましたが、
まだもう少し枠いっぱいになるまでには余裕があるようです。
地域によっては、もう卵を振っていて、
お腹がぺしゃんこになっているそうです。

タラコですが、日本産だけでは間に合わず、
今はどこの加工屋さんでもタラコの原料となるスケソウダラの卵を輸入し、
それを使っていると言います。
北海道で獲れたスケソウダラの卵の一部は、
九州方面へ送られ、明太子へと変わります。
日本で獲れたスケソウダラの身は、韓国、中国へ送られ、
チゲ鍋の具材、白身魚のフライとなり、
加工された物を輸入するそうです。

仕事の話はこのくらいで、ちょっと風が冷たかったけど、
今日も天気良かったですね。
昨日の昼間、外回り中空を見上げると、
飛行機雲が鮮やかに浮かんでいました。
IMGP7834.jpg

この写真を撮っていると、近くの牧場の子牛が不思議な顔をして、
俺の顔を覗き込んでいます。
IMGP7837.jpg

時々ですが、ここの牧場の牛、
脱走して道路に飛び出し、往来する車を止めて遊んだりしています。
近所の人も慣れたもので、すぐに牛を柵の中へ追い込み、
牧場主に電話を入れ、壊れた柵を直してもらうようにしているようです。
IMGP7835.jpg IMGP7836.jpg
人騒がせた牛ですが、コレが田舎ならではの風景ですね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
出走が無理なら
こんばんは、ノリゾー3840さん
走るのが無理なら、横になって転がるのは如何でしょうか? きっと下り坂では馬以上の速さになる可能性は大ですが、 ケガに関しては責任取れませんのであしからず(笑)
大穴ノリゾー馬券はプレミアムがつくかも知れませんので、その時はオークションで売るつもりです(爆)
2009/12/13(Sun) 23:28 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
 出走取り消しです
 メタボのノリゾーは左アキレス腱と右膝の術後経過が芳しくない為にトレーニング不足となり、重量オーバーで出走取りやめになりました(笑)。 でもって、馬券を買ってしまったなら、買戻しに応じますので御一報下さい。手数料90%で引き取ります(爆)。
2009/12/13(Sun) 00:27 | URL  | ノリゾー3840 #-[ 編集]
倍率は
こんばんは、ノリゾー3840さん
馬と馬を運ぶ運搬車、タクシーには近づかないように心がけています。 賠償金、幾ら掛るか分からないし、クワバラクワバラです。
馬と走れる機会なんてそうないので、良い?経験でしたね(笑)
今度、俺、サラブレットに単勝で掛けます、穴はノロゾーさんですが、はてさて幾ら儲かるかな(笑)
2009/12/12(Sat) 23:48 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
エ~ッ !?・!?・!?
 ひろしさん、おはようございます。 数年前ですが、釣りの帰り道、苫小牧から札幌に走る高速道路での事です、 ややスピードを抑え気味に、そして気持ちよさそうに進行方向に走る 馬 を見ました(笑)。 それもサラブレッドです。 車は抑え気味の走りで、馬の方が快適に・・・(爆)。 おそらく陸送の途中で競馬レースに出るのがイヤで車から逃げ出したのではないかと・・・アレッ!? 俺は今、どこを走ってるんだ!? と、自分の目を疑ってしまいました。
2009/12/12(Sat) 11:43 | URL  | ノリゾー3840 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック