北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年12月14日 (月) | 編集 |
昨日(13日)、Mr,Kさんからこんなメールが届きました。

【昨日(12日・土曜日)の19時から今日(13日・日曜日)の11時30分まで
はこだてサーフの秋季釣り大会(順延)でした。
久しぶりのボーズで移動中、朝の7時頃古部漁港に寄ったら、
救急車が止まっていて、沢山の漁師さん達も。
間もなく漁船が入港し、タンカに釣り人が固定されて運ばれました。
釣りバスの参加者が銚子岬で岩場から転落したらしく、
頭に巻いていた白いタオルから血がにじんでいました。
私には意識があるように見えましたが?トンネルを抜けたら、
凄いレスキュー隊の人数で、驚き。】
091213_0701~0001
091213_0702~0001
椴法華漁港側の銚子岬の駐車場付近

この銚子岬は古部漁港と椴法華漁港との間にある岬で、
新しい道路が出来るまでその岬の海岸沿いなりに道路がついていました。
高波に弱いという難点があり、岬の根本(山側)に新しいトンネルを掘り、
今は岬に出るタメには歩いて行くしかありません。
ババカレイ・タカノハカレイ・大型アイナメが釣れ、
場所によっては大型イシガレイも狙える釣場で、
秋にはサケを狙う人達で溢れています。
俺も一度だけ、この岬にクラブの仲間と行ってサケを狙いましたが、
残念なことに空振りでした。
091213_0701~0002
Mr,Kさんの話では、
ケガした方は自分より年配のように見えたそうで、
レスキュー隊員が彼の名前を何度も呼び掛けていたそうです。
彼は釣り会ご用達のカエルバック(緑色のリック)を持っており、
近くには釣りバスが2台程停まっていたそうです。
この岬のどこら辺で釣りをしていたのかは分かりませんが、
古部漁港管轄の場所だったようで、
崩れかかった道を歩いて救助に向かうより
船で救助しに行った方が早かったのか、
上記の事のようになったようです。

椴法華漁港から船を出した方が早い気がしたので、
Mr,Kさんにお伺いすると、
「銚子岬~椴法華漁港までの湾内には複雑に無数の網が入っていて、
現場までは真っ直ぐに走れず、それを迂回しながら走るので時間が掛かる。
岬のある岩から左右に分かれ、魚場を決めているようだ。」
と教えてくれました。
ケガをした釣人自身の限界を超えた場所だったのか、
釣場での判断ミスだったのかは分かりませんが、
楽しい釣りと不運の釣りは背中合わせなので、
自分たちも十分気をつけたいものです。

この他にYaHooニュースに、茨城県の釣りでの事故の事が載ってました。
北海道での事故が日本中に流れている中、
自分達は大丈夫、海の上でなく陸続きだから安心、
なんて甘い考えがあったのでは?と勝手に想像しています。

▽夜釣り3人不明、海に転落?=防波堤は立ち入り禁止-茨城
12月13日19時20分配信 時事通信

13日午後1時40分ごろ、茨城県神栖市東和田の鹿島港で、
会社員の男性3人が12日に夜釣りに行ったまま連絡が取れないと
会社の上司から110番があった。
同港の南防波堤近くでは、3人が乗っていた車が見つかった。
茨城海上保安部などは3人が防波堤で高波に流され、
海に落ちた可能性があるとみて巡視船で付近を捜索したが、
手掛かりは見つかっていない。
同保安部などによると、
3人はいずれも同市に住む機械関連会社社員の
Uさん(59)とSさん(33)とYさん(29)。
3人は12日午後5時すぎ、
「鹿島港の南防波堤へ行く」
と言って夜釣りに出掛けた。
同日午後9時ごろには、Sさんが妻に「今から帰る」と連絡したが帰宅せず、
心配した家族が上司と同港を捜し、南防波堤近くで車を見つけた。
防波堤は東京電力鹿島火力発電所の裏手にある立ち入り禁止区域。
入り口の扉は鍵が掛けられていたという。
同署によると、
この防波堤は転落事故が相次いでいることから立ち入り禁止になっている。
鹿島海上保安署によると、12日夜は波の高さが3~4メートルあったという。 

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
寒さに弱い俺
こんばんは、ボナさん
札幌方面の釣り会だと聞いたので、俺、思わずボナさんのブログを開き、日高方面だと書いてあったのでホッとしました。
この時期、岩などに乗る時には十分気をつけないと転落事故になりかねないですよね。 それにしても、氷点下の中、一晩中竿を振るとはヘタレの俺にはとても真似が出来ません。 あっ、だから大きな魚が釣れないんですね(笑)
2009/12/15(Tue) 21:36 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ヘタレは寒さに弱い
こんばんは、神戸MPVさん
その通りだと思っています!が、大会となると結果がモノを言うので・・・こうゆうことが起きるだと思います。 俺もヘタレなので、この時期は車が横付け出来る所しかしません、出来ません(笑)
2009/12/15(Tue) 20:25 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
自分の想い
こんばんは、ウッキーさん
函館の銚子岬での転落事故ですが、大会って事もあったようで結果を求めてた故の事故のように思います。 今までに何度も入っていた場所かも知れませんが、その日の状況を判断できないと、家族が泣く事になります。
茨城県の事故、ウッキーさんの言うとおりだと思います。 ましてや大の大人相手に、子供に言ってきかせるような事も出来ませんよね(涙)
自分たち(釣り仲間達)だけでも、家族を泣かせる想いはさせたくないと思っています。
2009/12/15(Tue) 20:19 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
あの日、釣りバスで日高海岸に行ってきました。遭難の知らせを聞いていましたので、幹事は危険な場所に入らない。防波堤には出ない、を徹底していました。風は10m以下に落ちてきてましたが、うねりは相当なもので、私は、浦河の市街地前浜の波の届かない高台から遠投していました。満潮の午前2時頃から急に冷え込んできましたので、銚子岬のような大きな岩がごろごろの釣り場はスパイクが効かないように凍結したものと思われます。三石から様似の砂混じりの浜に入った皆も平均2-3匹の不漁でしたが、釣果を気にせず、バッカンを提出してました。じっとしていると眠くなり凍死の危険があり、投げ続けたといってました。
2009/12/15(Tue) 13:11 | URL  | ボナ #-[ 編集]
ひろし。。。先輩、こんにちは。
釣り場に入る勇気より釣りをあきらめる勇気が大切かと。
私は「ヘタレ」なのでとてもそういう状況、釣り場に入れませんが・・・。
2009/12/15(Tue) 08:07 | URL  | 神戸MPV #-[ 編集]
海の事故。痛ましいですね。人より釣りたいとの意識は
すごく理解できます。ましてその場に居たら、その環境に
居たら一人拒否するのも難しいでしょうね。その場にそぐわない
行動や言動を主張するのは。

分るだけに悲しい事件ですね。でもそれで片付けては
いけないのでしょう!
2009/12/14(Mon) 22:11 | URL  | ウッキー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。