FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年12月17日 (木) | 編集 |
昨日の北海道新聞の片隅にオオワシの事が載ってましたが、
俺、生まれてから四十数年経ちますが、
このせたなではオオワシを見たことは数回しかありません。
それは俺だけかも知れませんが、あまり話題にものぼった記憶もありません。
この時期、遥々ロシアから、
八雲町の遊楽部川(ユーラップ川)にサケの死骸をついばみにやって来ており、
時々、その勇壮な姿を写真に収めようとする方々にも出会います。
俺も数日前に通りかかった時、
車を停めてしばしその姿を眺めていました。
あっ、決してサボっていた訳じゃありませんよ、
信号待ちしていた時に眺めていただけです。

▽オオワシ衝突死か 発電風車で1羽 初確認
北海道新聞 2009/12/16(水)

檜山管内せたな町の民間風力発電施設「瀬棚臨海風力発電所」で、
国の天然記念物で絶滅器具種のオオワシ1羽の死骸が見つかり、
環境省北海道地方環境事務所(札幌)は15日、
風車の羽根に衝突した可能性が高いと発表した。
同事務所によると、11月24日、同施設の職員が風車
(支柱の高さ67m、直径80m)周辺で二つに分断されたオオワシの死骸を発見。
羽根を広げると約60㎝で、体重は約4.6キロ。
性別は不明で、生後1年程度の幼鳥とみられる。
希少種鳥類の風車との衝突死は道内で2003年度以来、
オジロワシが13件報告されているが、同事務所は
「オオワシの確認は初めて」としている。
同施設を運営するグリーンパワー瀬棚は
「専門家の意見を聞き衝突事故回避等について検討を進めたい」
とコメントを出した。

日本海側では熊石方面の川でもオオワシが見られるそうですが、
海岸沿いを伝ってせたなに来たようで、
二つに分断されたオオワシの死骸・・・
若い幼鳥にとって、風車の恐ろしさを経験する間もなく、
羽根が勢いよく回っていたところに飛び込んだとしか思えません。
生あるモノはいつか尽きると言いますが、
新聞に載っていたオオワシにとって不運としか言いようがありません。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
初めまして
こんばんは、パスタとの出会いさん
ようこそこんな拙いブログへお出で下さいました。 これからも宜しくお願い致します。 パスタとの出会いさんこそ良い年になりますように!
2009/12/23(Wed) 23:15 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ブログを読ませていただきありがとうございます。
来年も良い年になりますように。
2009/12/23(Wed) 15:46 | URL  | パスタとの出会い #UzsS.eyA[ 編集]
羽根
こんばんは、ハゴトコさん
人間は自分達が住みやすいように色々と手を加えてきましたが、動物にとっては、いつの時代も住みづらいかも知れませんね。
この間、1基、羽根の整備のタメ下ろして地面に置いてあり、側まで行って眺めてきましたが大きいかったです。 あんなのが間違って空中から落ちてきたら・・・と思ったら、一瞬ゾッとしちゃいました。
2009/12/19(Sat) 00:41 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
結構バードストライクしているみたいですねー

なかなか風車の回転が見た目以上に速いですから。

あの羽は、なかなか、大きいですし、しかも、鋭くなっていますから。

ひとたまり有りませんね。

どうも、自然との調和が難しいです。
2009/12/17(Thu) 23:37 | URL  | ハゴトコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック