北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年02月08日 (月) | 編集 |
俺と子供は朝早く起き出し、買い物に行く準備に取り掛かりましたが、
寝ぼすけで大食いの嫁は、
『まだ早いって。 道路の雪も融けてないって。
なによりあたしまだ寝たいの!』
と起こした俺達がさもさも悪いという態度を取り、
布団を頭までスッポリかぶってしまいました。
それから娘と交代しながら嫁を起こすのに1時間掛かり、
函館へと向かいました。
IMGP8024.jpg
雪帽子をかぶった駒ケ岳、動いている車から撮りました。

嫁の予想通り、
昨日の天気とはうって変わったような気温も高い一日でした。
道路の雪も融け舗装が出てきている状態でしたが、
夕方にはマイナス近くの温度になるので、
ブラックアイスバーンになると思われます。
IMGP8028.jpg
尊菜(じゅんさい)沼でわかさぎ釣りをする人達

函館には下娘の新居に使う台所用品と小物を買うタメと、
俺の用事は島ちゃんにリールの修理を頼む事、
そして函館つるさんとあつし君に会って、
あるブツを頂く事です。
IMGP8029.jpg
国道5号線より見える大沼国定公園の小沼
IMGP8034.jpg
道路脇に生える白樺の木

ウチから函館まで行くのに約2時間以上掛かりますが、
函館市内に入ると、けっこう知り合いの車とすれ違い、
みな買い物に来ているようでした。
IMGP8036.jpg
大野方面から見る函館市街地外れ

子供を大型量販店に放流し、
俺と嫁は島ちゃんが待つ「釣迷人」に顔を出す事にしました。
IMGP8052.jpg
島ちゃんにリールをチェックしてもらったのですが、
「どうやったらこうなるの?」
と目で語られたのですが、サーフウォーカーさんが、
「俺も釣りに行ったらそのままバッグに入っている。
なんせあまり釣りに行かないからね。」
と援護射撃をしてくれました・・・が、島ちゃんの目が・・・怖かったです。
IMGP8050.jpg

で、俺に使用した時の簡単な手入れの仕方を指導してくれました。
部品は3台分取りよせて貰ったのですが、
1台は年に1~2回のキス釣りにしか使っていなかったので、
箱に入ったまま納戸で眠っています。
次に会う時はそのリールも持参し、
しっかりとチェックしてもらう予定です。

これまでに2台程、島ちゃんにリールを直してもらいましたが、
メーカー以上のオーバーホール、
素人では分からない微妙なガタつきを見つけ出し、
リールにかかる負担を最小限にくい止めてくれます。
何より嬉しい事は、リールがチューンアップしている事!
「どうやったらそうなるの?」
と毎度訊きますが、
「超微妙な調整だけだよ。」
と笑いながら答えるのです。
俺にとって、この領域は未知の世界なので、
『神の手を持つ島ちゃんが居るじゃない。
彼の口と手に掛かった日にゃ、落とせない女は居ないって噂でしょ。
すごく繊細できめ細やかな気配り、何よりもあの指よ。
ピアニストのようなしなやかな指、あの指にかかちゃどんなモノでもイチコロ。』
以前、嫁の言った意味がよく分かり、どんなささやかな囁きも聞き逃さず、
言葉を交わさなくても目で語る事も大きな武器なのかも知れません。
などと勝手に憶測しています。
IMGP8051.jpg

さて、俺の手元に戻って来る時には、
どれだけチレイで魅力的なオネーチャンになってくるか楽しみです。

明日、もう今日になってしまいましたが、
函館つるさん宅であつし君から奪ったブツを紹介したいと思っています。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。