FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年02月17日 (水) | 編集 |
天龍・PWM12.6F

上記の竿は、
好意にさせて貰っている釣具屋さんが試作用に入れた竿でしたが、
この竿を試し振りした嫁が、
『コレよ、あたしが長年求めていたブツよー。』
彼女のオメガネに叶ったと言うより、
一目惚れに近いものがあったようです。
数本ある中で、俺も手に取り試し振りをしましたが、
この長さの竿の張り具合がもっとも良いと思われるモノでした。
そして嫁は、
『コレはあたしのモノ!』
と駄々をこねる子供と一緒で、
しっかり胸に抱きしめて離さなかったのです。
その光景を見た店長も呆れてしまい、
「お金は後日で良いから、ウチに持って帰っていいから~。」
と言い、嫁のお気に入りの竿をなりました。
嫁が唯一、気に入らないのがグリップ部分だそうです。
嫁はラバーが好きで、その竿にはコルクのグリップがついています。
嫁の言うことには、
コルクのグリップは汚れを洗ってもキレイにならないし、
手垢がついているみたいで嫌いだと言いますが、
この汚れがコルクの味を醸し出すんだと言われる方もおります。

あるメーカーがアンケートを取った結果、
北海道では、コルクのグリップがダントツに支持が多かったそうです。
13Fや13,6Fの長さの竿は、
北海道・道南地区が主に使用されていますが、
道内の売れ筋は11Fか12Fが多いそうです。

実は嫁は肩を壊して以来、
以前使っていた竿は、肩に負担が掛る事もあり、
自分にあった竿を探し求めていました。
この他にもサケ用の竿を何本か購入していましたが、
そのどれもが今一つのような感触で、
嫁はその竿を処分したがっていました。
が、俺がそれをあえて阻止してました。
俺には、思案していた計画があったのです。
ベイト用の竿は、
エビスのミスタードンの12,6Fしか持っておらず、
嫁が処分する予定の竿をベイト用に改造するつもりなのです。
この竿(エビスのミスタードン)を買う時、
スピーニングの竿をメーカーさんにお願いし、
ベイト用に改造して貰いました。
今は、やってくれるかどうかは分りません。
と言うより、もうメーカーの会社がありませんので無理です。

もう1本、俺の気にいる硬さの竿が欲しく、
新しいベイト用の竿を手に入れるために、色々とPCで検索をしていたが、
中々思い通りの竿が見つかりません。
俺の希望としては、13Fくらいの長さで
嫁に買って貰ったパームス サーフスター 12,6F
くらいの張りのある竿が欲しいと願っているのですが無理なようです。
嫁のシマノ・オシアの13,6Fを改造しようと、
お伺いを立てたのですが、彼女に渋い顔をされちゃいました。

長文になりますので、少しずつ書いてゆきたいと思っております。
嫁へのあくなき挑戦 NO、18-2(回想ー中篇)につづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、泰皇夢さん
良い事教えて下さりありがとうございます。 
俺は気にしていないタイプなんですが、嫁は「あたしの手が汚いように見られるじゃない?」と気にしてます。 俺は手よりもその根性・・・・今更・・・無理ですね(爆)
2010/02/18(Thu) 22:27 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
コルクの汚れは・・・
アルコールランプ等に使う工業用のアルコールを使えば綺麗に落ちますv-218

2010/02/18(Thu) 00:11 | URL  | 泰皇夢 #TEBJj9ms[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック