FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年03月06日 (土) | 編集 |
数年前の2月、俺たちのクラブの総会がありました。
釣り大会の日程と場所を決める時、
その席でN氏は、
「岩内港でも、型のいいマガレイが釣れているから、
今度そこにしよう。」
と、提案して来ました。
ここから車で移動すると、2時間くらい掛かりますので、
賛否両論でしたが、
「いつも同じような所ばかりで進歩しない。
釣れる時に釣らない手はない。」
と、N氏に押し切られる形で決まりました。

大会は、前日の夜7時から次の日の午前11時と決まっています。
現地に着くと、竿を出すのもためらうような強風で、
車の中で思案していると、先発組と出会いました。
情報交換し、朝方狙いで少し寝ることにしました。
時計を見ると、朝の3時30分。
窓から周りを見ると、
数台しかなかった車が数十台まで増えておりました。
慌てて仕度をし、
「先に行って場所とっておくからな。」
と、嫁に声を掛け釣場へと急ぎました。
防波堤の先端には釣り人が釣座を構えており、
空いている場所は、中間部から防波堤の付け根までしかありませんでした。
少し空がしらじらと明けてきました。
先端に居るであろう先発隊を捜したが、
どこにもおりません。
違う場所に入ったようです。
その内、クラブの皆が俺の横に入って来ました。

俺は外海と内港に投げておりましたが、
外海の方は遠投すればする程、
隠れ根に仕掛けが取られる始末です。
内港は場所にもよりますが、殆ど引っ掛かるものはありません。
最初にカレイを釣ったのはY君で、
通称ブタカレイ→アサバカレイを釣りました。
俺には、ホッケとアイナメしか釣れませんでした。
いくら待てども、N氏が言う大きなマガレイは釣れません。
先端の方を見ても、付け根付近を見ても、
数枚の小さな宗八カレイとマガレイが上がっただけでした。
地元の釣り人に聞いても、
「運が良ければ、釣れるよ。」
と、言われるしまつです。
その釣り人の言うには、
「数週間前に一時釣れたが、それっきり姿が見えない。」
今回は時期が悪かったようです。

すっかりやる気を失くした嫁は、
遂に人間ウオチィングを始めておりました。
嫁のお眼鏡に留まったのは、若いカップル。
そのカップルは、釣座も近いという事もあり、
会話まで聞こえておりました。
その会話を耳ダンボ状態にし、
一つ残らず聞こうとしておりました。
ちょっとでも関心がある事を、逐一皆に報告してました。
これだから、オバタリアンと言われるのです。

集合時間になり、皆で魚を見せ合いました。
この時は、カレイだけが審査の対象だったので、
アサバカレイを釣ったY君が優勝し、
漁業組合前に入ったY氏のクロガシラカレイが2位でした。
フッと周りを見ると、言いだしっぺのN氏の姿がありません。
電話をして見ると、
「仕事で参加していない。で、どうだ、釣れたか?」
と聞いてきました。
もちろん、皆の口から不満の声が漏れた事は
言うまでも有りません。
後日、N氏に、
「早く岩内港に行って、釣って来て見せてくれ。」
とカマをかけて言うと、
「釣れるならともかく、釣れない時に行ってどうする?」
と言います。
俺達は結果として、下見をさせられた形になりました。
そう、彼の陰謀にまんまと載せられたようです。
それ以来、彼の口からは、岩内港の話は一切出ません。
まぁー、新しい釣場を開拓出来たので、
それはそれでOKとしましょう。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
正しい夫婦のあり方というより虐げられ方かも
こんばんは、神戸MPVさん
どんどんアピールしちゃって下さい(笑) ウチの場合は知っている方は、「やっぱり嫁さん強いよなー!」と感じ、存在感は俺以上あります。 この辺は神戸MPVさん宅との違いだと思っています(笑)

なかなか使える舎弟さんお持ちだったんですね。 彼らは義理人情に厚く、何事にも熱くなれ、情報網も凄い物があり、若さゆえ怖い物無しと来ている。
特攻隊としては最高の相棒ですが、そんな舎弟をお持ちだった神戸MPVさんって何者?(爆)
2010/03/08(Mon) 23:29 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
申し訳ございません。
ひろし。。。先輩、こんばんは。
私はNさんの気持ちがわからないでもありません。
私もかつてよく使った手でした。
当時、私には舎弟が3人おり、彼らに「ちょっと入ったらヤバいかなぁ」と思うような表面上「立入禁止」の釣場に特攻隊として入ってもらっていました。
何度か警報機やサイレンが鳴ったものの、彼らは罪を重ねることはなかったようです。
なぜ彼らにそういうことを依頼していたかと言うと彼らと出会った頃の彼らは「押しも押されぬ暴走族」でありまして、不法侵入は慣れていた・・・と私が理解していたためです。
「彼ら入る人、私後から釣る人」という役割分担が出来上がっていました。中には私が「依頼した」と同時に「あーあそこは警備員が8時には帰りますから~」などという・・・普通考えれば難攻不落と思われるヤードの事情などもよく知っており、「さすが」と思うと同時に「こんなヤツらが舎弟なのはオレの人徳?」と一人自惚れたりするのでした。

ところで、今回「わがヨメ」をブログテーマとするにあたり、「正しい夫婦のあり方」をブログ化されているひろし。。。先輩のブログを読者の参考資料としていただくべく、文中にリンクを貼らせて頂きました。

誠に申し訳ございません。
このお詫びの言葉でお察し下さい。
いつもながら事後承諾頂きますようお願い申し上げます。
2010/03/07(Sun) 22:05 | URL  | 神戸MPV #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック