FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年06月06日 (水) | 編集 |
今回は嫁が、
「オレにも一言、言わせろ」
と言う事で参戦です。 昨日のつづきです。

2投目を投げようとすると、
「左側に投げろよ。」と言います
「エー何で?」
「お前、投げた時、抜けて被さってきたらイヤだからさー」
とイヤミを言います。
心の中で、
<あんたが、絶対に抜けないって保障あんの?>
と毒つきました。
まったく、人の事を信用していないのかバカにしているのか・・・
<私だって、正面に投げれるのにー!>
でも、被さったらブログで書かれるし、
私は仕方なく左側に投げました。

その内に、砂浜が段々と姿を現し、干潮になってきていました。
何か落ちていないか、面白い事がないかと
砂浜でエサを捜すトドようにウロウロする旦那は、
「おい、オキアミが打ち上がっているぞ。」
とスゴイ発見でもしたかのように子供みたく喜んでいました。
再び思う。
「オキアミって、そんなにスゴイ?」 
IMGP1919.jpg
オキアミ

私はエサ交換のために竿を上げたら、
小さなカレイがついていました。
こんな小さなイシモチカレイは、初めて見ました。
20cmあるかないかですが、一応キープしました。
そのうち、投げてある竿の糸がだらりとふけていて、
巻いて見ると、大きなゴミがところどころについています。
仕掛けには、本日2匹目の小さなイシモチカレイがついていましたが、魚よりもゴミのほうが大きいなんて、なんかショックでした。
まもなく、アイナメのような当たりがあり、
喜びあわてて糸を巻くと、ガーン!今年、初のウグイです。
IMGP1913.jpg
ピカピカのウグイ

旦那は、
「何でお前に釣れるんだよ。俺だって、今に釣れる。」
とちょっと焦り気味です。
でもね、私に言わせると、
<投げすぎなの、そこの掛け上がりの所がポイント>
と思いましたが、あえて、言いませんでした。
助言しても、
「俺は遠投したいんだ!」
と言い張るのが目に見えています。
普段は優柔不断なのに、釣りに関しては、
変なところに意地を張るのが玉に瑕です。

大会終了の時間が近づいて来ました。
そろそろ後片付けしなくてはいけませんが、
旦那はまだ頑張る気です。
私は、そんな旦那を横目でチラリと見ながら
片付けに取り掛かりました。
その内の1本に、イシモチカレイの20cmが掛かっていました。
旦那は、干潮になった消波ブロック目掛けて、
まだ投げています。
時間が気になり、
「ねぇー、そろそろ片付けようよ。」
「消波ブロックの廻りには、アイナメが付いているはずだ。」
諦めの悪い男です。
今回の大会はカレイが対象なんだけど、判っている?

ついにギリギリの時間になりました。
とにかく早く片付けないと、集合時間に間に合いません。
旦那はシブシブ後片付けして、車に乗り込んだら、
今度は、「トイレ・トイレ」と騒ぎます。
近くに公園があるんだから、釣りの途中でも行けたのに、
今頃になって騒ぐなんて、子供と一緒です。
でも、出物腫れ物所構わずって言いますから。
「ヤバイ、漏れる、漏れる。」
とわめいて、旦那はトイレに直行し、
その御蔭で、集合時間に少し遅れました。
子供より性質が悪過ぎです。

いつもなら時間にうるさい旦那ですが、
余程、釣れなかった事が悔しかったんでしょうね。
遠投出来る者は分らないかも知れないけど、
時には遠投が出来ない者の気持ちも考えないとイケナイと思う。
「そんな事、分っているよ。」
ときっと旦那は言うでしょうね。
でも、今回は私の勝ち!
今の私の気持ちは、
「釣りは、飛ばしてナンボのゴルフとちゃいまんねんでー」
ということです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif

スポンサーサイト



テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
ヨシゾー さんこんばんは。そうなんですよ!!
男は何でも飛ばしてナンボの世界ですが、 此の頃は
何故か飛びません。特に嫁相手には。
だから、チレイなおねーちゃんの名刺下さい。
そしたら、飛ぶどころかぶっ飛びます。(大爆)
2007/06/06(Wed) 22:34 | URL  | ひろし。。。。 #-[ 編集]
ひろし。。。。さん、奥さん今晩は。
かなり言われまくってますね(笑) でも、ひろし。。。。さんの気持ちは痛いほどわかりますよ。チョイ投げで釣れるとわかっていても飛ばしたくなる気持ち。男は釣りに限らず何事も”飛ばしてなんぼ”ですから(爆)
2007/06/06(Wed) 20:52 | URL  | ヨシゾー #rO4P2RG.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック