北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年05月19日 (水) | 編集 |
今月の北海道新聞の道南版に、
せたな町瀬棚区の沖に今年もトドが来遊し、
凪の日は国道229号から島歌の沖合の亀岩で休む姿は見れる
と書かれてました。
今日、仕事の帰り、
嫁が自分の体型と同じというか、お仲間を見に行って来たそうですが、
見る事が出来なかったようです。

9日の午後から嫁に連れられて美谷漁港に釣りに出掛けた時、
網に掛かった魚を引き揚げに行く漁師さんの小脇に、
不思議なモノを見てしまいました。
真夏の海水浴にピッタリなモノなんですが、
この春先の冷たい海にソレを持って遊ぶのには、
ちょっとどころか心臓麻痺を起こす事になり兼ねないです。

IMGP8551.jpg

漁師さんの小脇に抱えていたのは、シャチの浮輪なんです。
トドは環境省のレッドリストで、
絶滅危惧Ⅱ類・絶滅の危険が増大している種
に指定されているので、どんなに漁業被害をもたらしても、
勝手に駆除する訳にいきません。
そこで自己防衛にシャチの浮輪を網に取り付けて、
トドを網に寄せ付けないようにしているようです。

新聞には地元の漁師さん談として、
「いつも通る漁船は覚えていて逃げない。早く居なくなればいいが。」
と載ってましたが、いつも通る漁船を覚えているくらいなので、
いつも同じ位置にいる偽物のシャチなんて、
簡単に見破ってしまうかも知れませんね。

トドを見られなかった嫁は、この時期、彼女の趣味?
食への執着とも言える山菜採りに出掛けたようで、
『見て、見て、見~て~、3回目にして、いい場所見つけちゃった。』
と嬉しそうにタケノコを見せびらかしてました。

IMGP8667.jpg
IMGP8671.jpg

場所を訊くと、
『このあたしが山の奥なんて行く訳ないじゃない。
道路から3m以内ってところかな。』
と言います。
毎年の事なのですが、一緒にタケノコを採りに行っても、
こんな場所で?ってところで採取しているんです。
嫁の貪欲な食への追及のお陰で、この時期、
新鮮な山の幸にあり付けちゃいます。
ごっちゃんです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。