北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年07月22日 (木) | 編集 |
いつもの年ならサケの予想が出回っている時期なのですが、
今年はまだ俺の耳に届きません。
少し流れてきた情報では、
「あまり良くないのではないか?」
という憶測的な話でしかありません。
いつもの年なら、
オホーツク沿岸や遠業漁業で獲れたカラフトマスを載せたトラックが
数台入荷するのですが、取引相手の会社で出向いても、
そんな話も聞きません。
最盛期はお盆過ぎなのですが、
今年はどんな感じなのか今から手探り状態です。

嫁と買い物に行くと、仕事柄どうしても魚を加工したしたモノや、
魚卵を加工したモノが目についてしまい、必ず手にとって、
後ろに書かれている加工屋さんの名前を確認してしまいます。
最初の頃は、
『恥ずかしいから止めてよ!』
とよく嫁に怒られていましたが、
今では素知らぬ顔をして他人の振りをされても、
どうしても止める事が出来ず、一種の職業病かも知れません。

マスの筋子・サケの筋子と表示されているブツに、
時々ですが、嫁に質問される事があります。
『サケとマスでは粒の大きさが違うから分かるんだけど、
どう見てもマスの筋子なんだけど、
サケの筋子って書かれているんだけど?
コレって偽装なの?』
言われて見てみると、確かにマスの筋子のように見えますが、
間違いなくサケの筋子、それも紅鮭の筋子と思われるモノなんです。
値段も普通のサケの筋子より若干高めについてました。
店によってはマスの筋子をサケの筋子として表示されている所もあり、
消費者には優しくナイ場合もあります。
『あんたは見慣れているから分かるけど、
あたし、さっぱり分からないわよ。
何処がどう違うか、あたしにも分かるように教えてよ。
単語10個で簡潔にね。』
と言いますが、
ただ言える事はマス・紅鮭・サケの卵の粒の大きさが違うと言う事で、
人に説明するには、並べて見比べないと俺も出来ません。

来月の末か、さ来月の末には店頭にサケが並び、
嫁も冬眠前の熊のようにエサを求めて海岸を徘徊しているでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。