北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年09月03日 (金) | 編集 |
今日、函館のある方と話していたら、
この方の知り合いが、
日本海側の漁師さんから訊いた話を教えてくれました。
「毎年この時期、
遥か沖に来ているサケが海面に死んで浮いているが、
今年の死んで浮いている量は、昨年に比べると遥かに多い。」
と言っていたそうです。
沖の海底まで来ているサケですが、
海面の海水温が高いため、遥か沖に留まっており、
河口や漁港に近寄れないでいるようです。
俺も知りませんでしたが、
>サケが海面に死んで浮いている・・・
はっきりした事は海洋学者やおさかな君でないので、
俺にはチンプンカンプン・・・
憶測で申し訳ないのですが、
生き物なので、当然、他の大型魚に襲われたり、
集団で動いているので酸欠なども考えられるようです。

今日のせたなの午前中は雨で海は時化だったので、
これで少しでも海水温が下がってくれればいいのですが・・・。
サケが少しでも好む温度になれば、
サケもアッと言う間に押し寄せ、
釣人も押し寄せてくるでしょうね。

今日は寝やすい温度まで下がり、
室内もやっと30度以下になりましたが、
まだ日中は灼熱。
いつまでこの天気が続くのか分かりませんが、
皆が「今年は異常だ!」と口ぐちに出して言ってましたが、
やっとと言うか今更と言うか、
科学的に異常気象と認めたそうです。

今年の夏、30年に一度の異常気象~気象庁
(日テレNEWS24 - 09月01日 20:24)

気象庁は1日、8月末までの天候まとめを発表し、
30年に一度の「異常気象」と認めた。
気象庁は、気温などで30年に一度程度の記録更新があった場合、
「異常気象」と認定するが、
この夏の気温の高さを「異常気象」と認めた。
気象庁の統計によると、各地で猛暑が続いた8月は、
全国にある154の観測点のうち半分の77か所で平均気温が
観測開始以降、最も高くなった。
全国の観測地で最も高かったのは岡山と大阪で、
8月の平均気温が30.5℃とこれまでの国内の記録30.3℃を
0.2℃上回り、国内の記録を更新した。
さらに、6月から8月までの3か月間の夏の期間でも、
観測地点の3分の1にあたる55地点で観測開始以降、
最も高くなった。
東京の平均気温も27.1℃と、1875年の観測開始以来、
最高だった。
この暑さの理由について、気象庁は、寒気が入らなかったこと、
梅雨明け後も偏西風が北に偏り、
勢力の強い高気圧に覆われる日が続いたためと分析している。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
自然界も厳しいけど、人間界も厳しいかも・・・
こんばんは、ノリゾー3840さん
遂に放流・・・失礼しました、家出ですね(笑)
鮭が死んで浮いているに関しては、毎年の事だそうで、今年は今までない以上に鮭が死んで浮かんでいるそうです。 遥か沖の鮭は、海水温が下がってくるのを待って待機中の出来事のようです。
どちらにしても、自然界の事なので、人間が手出しできない状態でしょうね。
2010/09/05(Sun) 22:17 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
今まであった事なのだろうか?
《鮭が死んで浮いている》 さて、どんな意味なんでしょう?。  鮭も熱中症なのか?、水温が高くて酸欠なのか?、暑さのあまり方向感覚が麻痺して迷子になってしまったのか?。  どちらにせよ自然界で生き抜く大変さが・・・。 やっと開放されそうです。 秘かに、家出のたくらみを練っています。
2010/09/04(Sat) 21:31 | URL  | ノリゾー3840 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。