FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年06月22日 (金) | 編集 |
茂津多岬の滝床前方面の秘境の小冒険に出た俺は、
何とか大きな崖を登りきったのだ。

崖の上は少し平らで、そこを釣り場としました。
竿をセットしてアタリを待ち、
先にN氏に大きく竿の引き込みがあったのです。
秘境と言うだけあって、大型のソイが釣れました。
だが、N氏は「小さいな~」とこぼした。
当然、俺は不思議に思った。
「どこが小さいんだ?十分でしょう。」
と聞くと
「前回はもっと大きかった。」
と言う。

その内に俺の竿も大きくしなり、
慌てて竿をしゃくると、大型のソイが掛かって来た。
ゆうに40cmはあるだろうと思われる、
丸々としたソイだったのです。
俺の新記録かも知れない。
嬉しかったが、N氏の方がもっと大きかったのだ。
なのに俺ときたら、シマゾイ5匹と小型のソイ数匹が
掛かっただけだった。
帰りの荷物の事を考えて、小型のソイ類は逃がしてやりました。

陽が高くなり、魚も釣れなくなって撤収することにしました。
そして、崖を降りようとした時、俺は声を失った。
海は見えるが、足の掛けるところが見えない。
例えると、茶碗の外壁ような所を登って来ていたのだ。
童謡で
「行きはよいよい、帰りは怖い」
という唄があるが、
まったくもって、その通りである。
感心している場合ではない。

冒険は続きますよ。
長文につき、少しずつ書きます。
根モノの師匠 N氏 その2‐4(回想)につづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック