北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年10月12日 (火) | 編集 |
仕事が午後からだった嫁は、
運良ければ鮭が釣れるのでは?と思ったようで、
朝の後片付けした午前8時45分、
車に乗って15分の鵜泊漁港へ偵察に向かったそうです。

午前9時頃の写真です。
釣人もまばらでのほほ~んとしています。
鮭の群れも見当たりますが、
食い気がない鮭ばかりのようです。

IMGP9982.jpg
IMGP9983.jpg
IMGP9984.jpg

時々、フカセ釣りで釣っている方に釣れており、
今朝の段階で7~8匹、
嫁が見ている1時間くらいの間に2匹だけ釣れたようです。

IMGP9986.jpg
IMGP9987.jpg

昨日(11日)、竿を出していた方にお伺いすると、
「朝の内はあまり釣れなかったが、お昼からパタパタ釣れた。」
と教えてくれたそうで、
きっと時合いのチャンスタイムだったようです。

嫁が師匠と崇めている方の側に寄り、
『タモ入れにやって来ました。』
と挨拶し、丁重に言葉を選び、釣り談義を始めたとか。
ここ数年、サケに見放されているようで、
今年はまだ1匹も釣っていないそうです。

IMGP9985.jpg

御年90歳になられるこの方が、嫁の師匠です。
耳も遠くなく、健康そのもので、
あの小柄で細身の体で見るからに骨と皮しかなく、
風が吹けば飛ばされそうな、ひ弱さを感じさせるのですが、
その辺にいる若者にも負けない程の体力とバイタリティーを兼ね揃え、
その季節に合わせて釣れる魚を求め、
あちらこちらの港で竿を出しています。

これだけ元気な方なのですから、
てっきりタバコを吸わない方だと思ってましたが、
「こんだけ生きてきたんだから、先なんて知れている。
好きなモノ、今更辞める気などさらさらない。
1箱1000円になってもワシは吸う。」
と豪語されていたそうです。
移動手段はご自分で自動車を運転し、
ごく一般のご老人の運転は危なかしいと感じる事が多いのですが、
無事故無違反なのは当たり前で、反応もよく、
少しも不安を感じさせません。
来年、免許の更新だそうですが、
また講習を受けて更新する予定だそうです。

そして、竿を出すのを日課としているだけあって、
下手したらその辺の若者でも敵わないのでは?
椅子に座りながら投げるコントロールはピカ一で、
ここ一番って時は立ち上がり、
鮭の跳ね目掛けて飛距離を出します。
「年を取ったから思うような飛距離が出せない。」
ってボヤかれる方もいますが、この方を見ると、
それは本人の勘違いでは?と思わせられます。
投げる姿は、まるでインドの修行者が秘伝の技でも出しているかのようで、
自分もあやかりたいとさえ思わせるから不思議な方です。
つい数年前までは内浦湾(噴火湾)に鮭を求めて、
船サケ釣りに出掛けたりもしていたそうです。
そんな釣人のソウルに触れた嫁が、
『師匠!』と崇めるのも分かります。

毎回、師匠に会うとご褒美のようにコレを頂きます。

IMGP9988.jpg

嫁は嬉しそうに、
『コレもらっちゃった。』
とニコニコしながら言いますが、
年寄りの活力の元をせしめて来るんですから、
まったく呆れてしまい不届き者としか言えません。

何より嫁が楽しみにしているのは、師匠が語る昔話(武勇伝)。
とてもユーモアがありウイットにとんだ話は、
人を引きつける魅力があり、尚且つ聞き上手ときている。
だからって人に意見を押し付ける事など一切なく、
我が道をゆったりと歩いている方なんです。
そんな師匠なので、次から次へと色んな釣人が訪れ、
その日の釣果、釣場の状況、
椅子に座りながらも情報が集まってきます。
その情報をハイエナのように訊き出す嫁、
それを惜しげなく嫁に教える師匠、
見た目は孫とおじいちゃんが仲良く座っている様に見えますが、
案外、よい師弟関係なのかも知れませんね。


そうそう釣場で、
こちらに釣りに来ていた道南・江差方面の釣人から、
「さっき地元の友達から電話で、
今、五勝手漁港に新しい群れが入って来て、鮭が沸いている。」
という情報を教えて貰いましたが、
時間的に行くのは無理があるので、
嫁は指をくわえヨダレを垂らしながら聞いていたそうですよ。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
はい、嫁の師匠です(笑)
こんばんは、Stechpalmeさん
嫁の携帯にはIじいちゃんと登録されておらず、師匠と登録されてます(笑)
で、師匠の携帯には『○○○ちゃんって入れておいて』って、年がいもなくずうずうしく頼んでました(笑)

よほどの事がない限り、殆ど毎日のように、どこかの漁港に出没しているようですよ。 昔の人は心臓が強いと言われますが、それを証明するかのように、本当に元気なじいちゃんです。 あやかりたいですよね。
2010/10/13(Wed) 21:43 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
奥様の師匠は・・・
奥様の師匠は、Iおじいちゃんでしたか…(笑)

実は自分もIおじいちゃんには、元気の源、「リポ〇〇ン」もらったことあります。

やはりIおじいちゃんのタモ入れ手伝った時でした。

その後自分もお返しに、ジュースを差し入れしたことありました!(笑)

いつもお元気ですよねー…御歳90歳とは…あんな風に自分も元気に、いくつになってもサケ釣りしたいものですねー。
2010/10/12(Tue) 22:31 | URL  | Stechpalme #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。