FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年10月25日 (月) | 編集 |
昨日の夜中からまた熱が出てしまい、
咳が止まらず息苦しくなり呼吸困難になりかけたので、
酸素吸入しながら寝てました。

本日の朝食
朝食

今日で入院して1週間ちょい経ちましたので、検査しました。
胸部CT、血液検査の結果、
肺炎は改善されていないそうです。
この間はボーッとした頭で聞いていたので、よく理解出来ませんでしたが、
胸部CTの写真を見せられながら、
「左肺の中葉のところに炎症があり、下葉にまだ水が溜まった状態です。
血液の中にも雑菌もまだ多く、入院時と変わらない。」
という説明を受けました。
以前の上葉の炎症は俺の聞き間違いだったようです。

本日の昼食
昼食

同じ時期に同じように急性肺炎で入院した方がいらしゃるそうで、
その方は俺と同じ点滴をして回復され、
明日退院されるそうですが、俺はまだ出来そうにないです。

!cid_01@101025_163636@______F01B@docomo_ne - コピー

体質とか色々の要素があるようで、俺にはその抗生剤は効かなかったとかで、
今度は強めの抗生剤を使い、
「取りあえず、コレを3日間・朝晩しましょう。
コレが効かないようでだったら、また違う治療となります。」
と言う事になりました。

夕方6時半頃の熱
20101025183454.jpg

同じような熱が出ても、
昨日は身体がとても辛く座薬に頼りましたが、
昨日より熱は高めでも座薬に頼らなくても何とかなっています。

午後から、
お世話になっている釣具屋さんが顔を出してくれました。
その時も熱は全開で39度越えており、ちゃんと会話ができましたが、
相変わらず情けない顔をしていたようです。
夕方、会社の事務のチレイなオネーチャン二人、
書類を持って来ながら俺の顔を見に来てくれたようです。
差し入れしてくれたお菓子、
俺の好物だったのでさっそく頂きました。
おいしゅうございました、遠い所、ありがとうね!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
難病“ボンズ”
おはようございます、TKさん
少し動いただけでも呼吸が上手く出来ないのと肺が痛くなるので、トイレと食事以外ベッドに居ります。

>ちまたの魚は、ぜーんぶ人のもの
嫌です、少しは俺の魚も残しておいて下さい(笑)
本当ですよね、ボンズだけは避けられないのは、腕もありますが運もあるでしょうね。
2010/10/27(Wed) 08:00 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
肺炎
おはようございます、ヘマタイトさん
俺も簡単に考えてましたが、そう甘くなかったって事ですね。
焦っても仕方が無いのと、少し動いただけでも肺が痛いので、私生活共々ベッドで大人しくしている事にしました(笑)
2010/10/27(Wed) 07:57 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
おはようございます、おっさんさん
TVを見てビックリしてました。 道南なのでまだそこまで雪は積もるまで行きませんが、朝夕とミゾレが降ったようです。
前の抗生剤は肺炎と愚息には効かなかったようですが、口と舌には抜群の威力を発揮しました。
入院している病院は俺の地元の病院で、全国展開されている大きな医療グループの傘下にある病院で、確か札幌にもこの系列の病院が2ヵ所ある筈ですよ。

今、俺の脳ミソは沸騰したお陰で腐りかけているようで、まだそこまでのアイデアが出てきません。 なので、落ち着くまでお待ちを(笑)
2010/10/27(Wed) 07:54 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
お久しぶりです
おはようございます、カッチさん
俺自身もまさか入院するとは思ってませんでした(笑)
熱もだいぶ落ち着いてきましたが、今が咳との戦いです。
咳をすれば胸が痛くなり、仰向けで寝ている時は何ともないのですが、横向きになると息苦しいく痛みがあります。 また熱が出るのが怖いので、ベッドの中で大人しくしています。
2010/10/27(Wed) 07:52 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
函館も、今日が初雪でした。
まだまだ、熱が下がらないようですね。
人間は、休むしかありません。
どんないい薬を使ったとしても、治すのは自分の体ですから。
ムリをしてでも食事をきちんと取り、起き上がりたくなっても寝てなきゃダメです。
ちまたの魚は、ぜーんぶ人のものと思ってあきらめきって、今は、自分の魚体、あっ、いや、肉体をいたわってください。
今の医学はすごいもんです。
治せないのは、釣り場のボンズぐらいなもんでしょう。
2010/10/26(Tue) 19:12 | URL  | TK #-[ 編集]
安静に
ひろしさんこんばんは。。。入院長引いてますね(泣)私も以前肺炎で入院したことがあります
その時は2週間掛かりました
昔も今も肺炎は優しい病気ではありませんのでくれぐれも安静に
早く回復されること切に願っておりますm(__)m
2010/10/26(Tue) 19:01 | URL  | ヘマタイト #-[ 編集]
札幌は雪
こんにちは。
今日は札幌、雪です。
そちらはどうですか?と、いっても
病院がどこかも知らないのです。
きっと、道南。

口の中は良くなったでしょうか。
ゆっくりと休んで、早く竿、振りましょう。
朝、昼、晩と振りっぱなし・・、あっ、またしもネタだ。
チレイなオネイチャンの「ブログ、やてるでしょ?」
チョと笑ってしまいました。

ひろしさん、次回のUPは笑えるネタでたのみま~~す。

また、コメントします。
2010/10/26(Tue) 14:01 | URL  | おっさん #-[ 編集]
ご無沙汰です。
ひろし。。。さん
ご無沙汰しておりました。
まさか、入院されているとは・・・

とにかく、早く回復される事を願っております。
まずは熱が下がれば、かなり楽になりると思います。
肺炎は悪化させると厄介な病気です。
無理せずゆっくりして完治して下さいね。

2010/10/26(Tue) 13:59 | URL  | カッチ #-[ 編集]
照れちゃいます
こんにちは、つーさん
ひろし。。。節、初めて言われました、何だか照れくさいです(笑)
携帯からの発信は限度があるので(親指と目が疲れるので)、いつもよりは短めに書いているつもりです(笑) 何が不自由だと言えば、携帯から皆さんのブログ廻りが出来ない事なんです。 退院したらゆっくり遊びに行きますね。
2010/10/26(Tue) 12:56 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
お久しぶりです!
こんにちは、Kazさん
ありがとうございます。 不思議なモノで、熱が頻繁に出ても身体が順応するようで、慣れっこになってしまいます(笑) ただ、その日によっては身体が悲鳴を上げる時も有れば、今日はこの熱で一日過ごそうぜ!なんてどこかでスイッチが入るようですよ(笑)
2010/10/26(Tue) 12:50 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
横綱級
こんにちは、釣好人見さん
嫁ですか? 彼女は何も言いませんよ。 「どんな病気でもなる時はなる!時期が来れば治る!」どっしり構えていますよ、さすが我が家の横綱だけのことはあります(笑) 
ジタバタしても仕方がないので、外に出た時、再発しないようにゆっくり治したいと思っています。
2010/10/26(Tue) 12:43 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
俺も年中金欠病
こんにちは、ハゴトコさん
正式な病名は訊いてませんが、急性肺炎としか教えて貰っていません・・・俺がショックで倒れたら困るからかな~(笑)
一番先に病院に掛った時点で血液検査をした時にも「血液に雑菌が多い」と指摘されおり、その時はただの風邪だと思っていたようですよ。
2010/10/26(Tue) 12:34 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
早く復帰して歯切れの良い ひろし。。。節を炸裂させて下さい!!! マジで早く良くなって下さいね!!!
2010/10/26(Tue) 03:02 | URL  | つー #pg5mlrj6[ 編集]
ご無沙汰しております
ご無沙汰しておりましたが、でも日記は拝見していました。
なかなか治らないようですね、、
1~2日くらいでも39度の熱が出たら死に目にあうのに、
一週間以上も!大変だと思いますが頑張って下さいね。
早く良くなる事を願っています。
2010/10/26(Tue) 00:43 | URL  | kaz #-[ 編集]
ひろしさん。きっとマッチする抗生剤があるので、もう少し辛抱して下さいね。お菓子、美味しく食べられて良かったです。奥さんはどうされてますか?しっかりしなさい!と活を入れててもきっと、心の中では早く良くなって家に帰ろうね。と思ってますよ。私も毎日、ひろしさんの回復を願ってます。
2010/10/25(Mon) 22:00 | URL  | 釣好人見 #-[ 編集]
やはり、敗血症に罹患されたんですね。

別名菌血症・・・・

私は金欠症

お互い早く治しましょう。

2010/10/25(Mon) 21:52 | URL  | ハゴトコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック