FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2010年11月18日 (木) | 編集 |
今日、会社に、このような黄色い鮭が入ってきました。
沖で獲れた鮭なんですが、他の鮭に比べると遥かに黄色く、
鮭の群れの中に居てもひときわ目立ち、
思わずこの鮭を手に取ってマジマジと見てしまい、
勝手にゴールドサーモンと名づけてしまいました。

CIMG2543.jpg

河口などでホッチャレ鮭がこのような姿で見受けられますが、
沖の定置網で獲れた鮭なので、その可能性は低いと思われます。

CIMG2548.jpg

顔(頭)や腹のあたりを見ると、
まだホッチャレまでいってません。
俺が注目したのは目のあたりで、仕事柄、
今までに何万匹、何十万匹の鮭を見てきましたが、
ブリのような色合いをしている鮭は初めて目にしました。

CIMG2546.jpg

それにお腹に紫色に浮き出る模様も薄く、
何かがこの鮭に起きたのではないか? と考えています。
考えられる事は、先天的なメラニン欠乏のアルビノ種なのか、
もともとが白変種なのか、
繁殖時期になって突然変異を起こしたのか、
色々と頭の中を駆け巡りますが、
俺の犬並の脳ミソでは解明出来そうにありません。

IMGP5240.jpg

以前釣ったオスのサケ↑少しブナかかってます。
これと比べるとはっきりその差が分かると思います。

鮭も時間が経つと色が変色しますので、
丸1日経つと、どのように変化するのか実験を兼ねて、
会社の片隅にこの鮭を放置して様子を見る事にしました。
同僚がこの鮭を片付けてなければ、
明日、どのようになったか報告しますね。

アルビノ種は稀少価値があると言われ、
時には信仰の象徴とされ、崇められたりすることがあります。
俺は白蛇は見たことがないのですが、自分の住む地区でも白蛇が、
とある庭に積んである石垣の中へ滑り込むように入って行ったのを
数人の方が目撃されてます。
その白蛇見たさに何日も通った方もいらしゃったそうで、
「白蛇は神様の使いだと言うじゃないか。 一目でも見たい、手を合わせたい。」
と信心深い方もいらしゃったようです。
でも俺、蛇が大嫌いなので白蛇を見た日には、
拝まないと神様の罰が下ると言われても、
きっと負け犬のようにキャンキャンと叫んで、シッポを丸めて逃げ惑っているでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック