北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年11月27日 (土) | 編集 |
ある方と嫁が電話で話している会話を聴いていると、
『アイナメ? 30㎝くらいのならいくらでも釣れるけど、
それだけ狙って釣った事ないもん。
ホッケやカレイを狙った時に、序に釣れるって感じかな~。』
・・・・
『旦那の話では昔、45㎝以上がゴロゴロ釣れたようだけど、
今じゃ45㎝以上になると結構難しいようだよ。』
・・・・
『なんでシックスナインなの? 愛を舐め(アイナメ)るからだって? 
はぁーっ、まったくおバカな発想というか、スケベな男の発想よね。』
・・・・
『本州では、それだけを狙っている人いるって話じゃない?!
聞いた話では、本州方面では高級魚扱いなんだってね。
北海道はね、アイナメの地位は低いよ。
好きな人は好きだけど、殆どの人は食べないじゃないかな?!』
・・・・
『何それ? 北海道のアイナメ全部がウサギアイナメだって思っていたの?
ウサギアイナメは道東の方で釣れるけど、道南は普通のアイナメしか釣れないよ。
アイナメの親戚のドンコ(エゾイソアイナメ)も釣れるけどね。』
・・・・
『えっ? 刺身? 寄生虫が怖いし、
釣っても食べないからリリースか猫の餌になるだけ。』
・・・・
『勿体ないって? だったら釣りに来たらいいじゃん。
相当高いアイナメになるけどね、キャハハハ。』
・・・・
『じゃあ、間をとって東京で会いましょ。
それまでに男磨いておいてね、じゃ~ね~。』

ドンコ(エゾイソアイナメ=タラ目チゴタラ科)はタラの仲間なので、
嫁の言っているアイナメ(カサゴ目アイナメ科)とは、
全く違う種類で、見た目も異なります。
まったく知ったかぶりして嘘を教えていました。
本州ではドンコと言えばハゼ(淡水のハゼも含む)を指すようですが、
北海道では淡水ハゼをゴダラッペ・ゴダッペと呼んでいます。

嫁の言うように、北海道では本州に比べると遥かにアイナメの地位は低く、
大会で狙って釣る以外、普段、それだけを狙って釣るって事は少ないようで、
俺もその内の一人です。
特に日本海側で釣れるアイナメには寄生虫が多く、
必ず火を通して食べた方が良いとされてます。
店頭にもホッケなどは並びますが、アイナメは余り並ばず、
地域によっても違うと思いますが芳しくないようです。

余談ですが、某コンビニの手作り弁当でも、
瀬棚区では魚系の弁当は売れないようです。
漁師町と言う事も関係していると思われます。

ところで、何が“男磨いておいてね”って言ってるんですか?
コレは嫉妬でもなくどちらかと言えば呆れに近く、
人様の事どうのこうの言う前にその太った身体を絞り、
言葉使いを直し、女を磨く方が先だと思うんです。
その事を突っ込もうと思ったんですが、
『じゃ、あんたのそのお腹の肉はどうなのよ!』
と反対に突っ込まれ、スッポンの噛みつきのような指力で、
「ギャ~、痛い、やめてくれ~」
泣いて頼んでも、一度食付いたら肉が獲れるまで放さないので、
我が身かわいさのタメ止めておきました。
舌の剣は命を絶つ・・・って事になり兼ねませんから~ね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
見てみたかったなぁ~大型アブ
こんばんは、ドラム缶さん
へぇ~、初めて知りました、ありがとうございます。
銚子岬でドンコを山積みしている釣人は何度も見ましたが、あそこでも釣れるんですね。  全カレイでも56.1cmのアブがあがり、あちらこちらで55cm以上のアブがあがっているようですから、当然と言えばそれまでですが、なかなか手中に収められるモノでもないので運があったんですね、おめでとうございます。
2010/11/29(Mon) 00:32 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
お久しぶりです
こんばんは、神戸MPVさん
お気づかい、ありがとうございます。 体力が戻ったのかも確かめる暇なく、毎日、残業をこなしています(笑)

今回のネタを打っている時、以前拝読した神戸MPVさんのブログの事を思い出してました(笑) おしゃる通り、どうも道民にはあまり人気のない魚でありまして、あれが高級魚扱いされるのが今も不思議なんです。 土地が変われば価値が違うという事なんでしょうね。

ぜひお待ちしております。 落とし込みロッドだけと言わず、投げ竿も持参して下さいね。 せたなではソイの養殖事業が軌道に乗っていますので、沖防波堤ではアイナメよりも先にナガラゾイが掛る気がしますから、カレイを狙いながら落とし込みも楽しんで下さいね。
2010/11/29(Mon) 00:16 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
カレイ
こんばんは、釣好人見さん
カレイ、残念な結果?と言うべきなのか、少し早めに〆過ぎたようですね(爆)
秋の全カレイはやはり東北が強いですね。 やっぱりと言うか俺の予想通りでした。 北海道勢も頑張ったんですがババカレイ(ナメタカレイ)の44cmが最高で、その日、同じ釣場に入った一般の釣人がすぐ横で51cmのババカレイを釣ったそうです。 運があるのかないのか、ちょっと複雑な気分で話を聞いてました(笑)
2010/11/28(Sun) 23:56 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
アイナメ
こんばんは、南国黒熊さん&闇のST刺客さん
闇のST刺客は似合わないので、明るいST刺客に改名して下さい(笑)

はい、しっかり象さんのお耳になってしまいました(笑) 今、北海道では秋の大型アイナメが釣れる時期なので、丁度良い機会だったので、ちょっぴり会話を拝借しました、ありがとうございます(爆)
また、何か閃くネタが転がっていたら拝借しますね、その時は宜しく!

今度、ぜひ北海道にアイナメを狙いに来て下さい、色んな人が色んな所へ案内してくれますよ。 あっ、俺、札幌の夜のネオン街にはぜひご一緒しますから(笑)
2010/11/28(Sun) 23:30 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
道南でも
ウサギアイナメは釣れますよ。
今日は尾札部~恵山岬で大会でした。
銚子岬辺りでは場所によりますが25~40cm位ですが結構な数が釣れます。
不調な今年もなんとか50UPが捕れてホッとしました。
全体でも3本の50UP、55UPも揚がり、久しぶりに大型アブが揃い、壮観でした。
2010/11/28(Sun) 20:47 | URL  | ドラム缶 #-[ 編集]
ご無沙汰しておりました。
ご無沙汰しておりました、ひろし。。。先輩。

先月~今月初めは大変でしたね。あえてコメントを差し控えさせて頂きました。心の中で「早くお元気に」と思っていました。

今だから言えますが私からの「励まし」の言葉は「なにかが少なくなって、なにかが増す」ような風に受け取られてもいけないかと思いまして。。。

ところで以前私も北海道のアイナメについて書きましたが・・・非常に地位が低いような気がいたします。私はこのコラムでせたなの女神と話されているお相手とまったく同じ気持ちでございまして・・・コチラに来て3年半、今なお釣れると嬉しいです。

ただ、ブログ記事に「50アップのアイナメとったどー」と書いてもきっと北海道の方には「所詮、アブラコだろーが」と思われ、道外の方には「ふぅーん、北海道にはどうせゴロゴロいるんだろ」くらいにしか思われず、まったく心響かない内容になっているのではないかと思ったりいたします。

う~ん、寄生虫危ないんですね。結構無警戒・無神経に刺身にして食べておりました。以後気をつけます。

昨日は落とし込みでチッと違う50アップを釣りました。まぁ、フロックに過ぎないんでしょうが・・・。

来年こそはせたなの沖提に落とし込みロッドだけを持って行きたいなぁと思っております。無論、狙いはアイナメです。
2010/11/28(Sun) 09:56 | URL  | 神戸MPV #-[ 編集]
全カレイの結果
ひろしさん。こんばんわ。全カレイの私の結果は、トカゲエソ42,5センチ。これは、今の所、淡路会場の他魚の部で、4位。。。。問題のカレイは、釣った時は、53センチでしたが、検寸時に23センチに縮んでいました。早い段階から、〆め過ぎ、冷やしすぎたんでしょうか?・・・・・・速報を見ていると、昨年の優勝者が連覇されている様子で、先を越された。。。の一言です。すごい熱意と研究の賜物ですね。
2010/11/27(Sat) 23:54 | URL  | 釣好人見 #-[ 編集]
なんだなんだ
お父様、ネタに困りませんね(≧∇≦)隣でシッカリとダンボになってからに~たまりませんばい(笑)シックスナインも最初は意味不明オロオロでした(笑)
お父様は決して下にならないように(^з^)-☆Chu!!

話変わりましてアイナメの大型を釣りたい食べたい。こちらじゃ中々釣れなくなりました。
2010/11/27(Sat) 23:40 | URL  | 闇のST刺客 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。