北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年11月28日 (日) | 編集 |
春の天気予報はアテにならないのですが、
秋口から冬の天気予報の当たる確率が高いのはなぜなんでしょう?
予報通り、27日の午後9時過ぎに風が出てきて、
28日の午前0時を過ぎた頃、暴風となり雨が降ってきました。
それにともなって気温もグッと下がり、
我が家のバカ猫はストーブの前で陣取ってました。

27~28日の土~日とかけて、今年最後の釣り収めとするクラブや
釣会の大会を開かれたところが多かったのではないでしょうか。
俺の所属するクラブも今年度最後の大会が開かれる予定でしたが、
この時期、色々と用事を済まさなければならない方々が多く、
お殿様が、
「これから年末までは稼き入れ時じゃ~、働け働け、
皆の者、明日も仕事に励めよ!」
とお優しい激が飛び、俺も仕事となり、この荒れた天候の中、
強固に大会を開いても事故の元になるので中止にしました。
バスを調達して大会を開かれるところは、
年間を通して契約されているとか、中止となればキャンセル料が発するので、
そう簡単に中止には出来ないようです。
大会を開かれたクラブや釣会の方々、この悪天候の中、御苦労さまです。

話は変わって、夕食時、嫁が急に、
『あんたの会社でもイクラ作っている?』
と訊いてきたのです。
一応、水産関係の会社なのでイクラも手掛けていますが、
もう鮭も終盤になり、注文は殺到していますが、
真子(まっこ=最高級の鮭の筋子)が足りない状態です。
俺にイクラでも買って来いとでも言うのか?
と思いましたが、どうやらそう言う事でもナイようです。
『塩イクラが食べたくて買って来たんだけど、
粒が小さいって・・・コレ、カラフトマスのコッコみたい。
それに味が醤油味の薄味なの、あたし、騙された?』
とゴネるんです。
一口食べてみましたが、間違いなく醤油味で、
パッケージを見てもちゃんと醤油と書かれてました。
「何を基準に塩って決め付けたんだ?」
呆れて訊いたら、
『色が薄かったからてっきり塩味だと思った。』
と言います。
今、消費者に受けるのは、昔みたく醤油の独特の色のついたイクラではなく、
白醤油を使ったイクラが売れ筋なんです。
会社でも塩イクラを作ってますが、注文分しか作っていません。

IMGP0187 - コピー

嫁は市販のイクラに満足できず、
更にその上に自家製のイクラを乗せ食べてました。

IMGP0186.jpg
自家製のイクラ

イクラで思い出しましたが、上の子は小さい時、
イクラご飯が大好きだったんですが、
「昔、食べ過ぎたから、今は見るのも嫌!」
と言い、大人になってから口にすることはありません。
小さい頃、茶碗に山盛りで食べ、
旬の物は旬に食べれって感じで親も黙認してましたが、
トラウマまでとは言いませんが、それが今となっては仇となったようです。
何事も程々が良いと言う事ですね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。