北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年12月04日 (土) | 編集 |
生涯で一度でいいから釣ってみたいカレイ、
和名オヒョウ、ハリバッド。
久しぶりにこの話題の記事を見つけ、
ちょっと小躍りしちゃいました。

体長2.5mの巨大オヒョウを70歳男性が釣る

アイスランドで、70歳の男性が体長2.5メートルにもなる
巨大なオヒョウを釣り上げたと、メトロ紙が報じた(Metro 2010年11月23日)。
巨大なオヒョウを釣ったのはドイツ人のグンター・ヘンゼルさん(70)。
旅行で訪れたアイスランドの西部フィヨルド地方で、
自身よりもはるかに大きなオヒョウを釣り上げた。
オヒョウは体長約2.5メートル、重さ約220キロにもなる超大物。
ヘンゼルさんはオヒョウと2時間以上にわたり格闘した末、
周囲の助けも借りて釣り上げたという。
オヒョウはカレイ科の海水魚。
両目とも体の右側にあり、北太平洋や北大西洋などに広く生息する。


オヒョウは平均的な成魚で11~14Kgになる最大の平たい海魚で、
成長が遅く、最高55歳まで生きるそうです。
ウチの嫁もオヒョウ並に、
年々と体型、態度がどんどんとでかくなっているのは
俺の目の錯覚、勘違いではなくと思われます。

昔は回転すしの縁側の原料として使われていたそうですが、
今はカラスガレイやアブラガレイにその座を奪われたようです。
俺の想像では、釣人が釣り上げる個体なんて全体の何%しかなく、
網で捕獲された個体にはモンスター級が居るかも?
深い海底には人間の手を逃れた恐竜並の巨大な個体が居るのでは?
そして、人知れずその海底で一生を過ごし死んでいくのも居るかも?
などと夢を膨らませてます。
この上記のサイズだと、
尻尾一振りで人間の首なんか簡単に折れちまう可能性が高く、
船に引き上げる瞬間、ショットガン一発ぶち込むそうです。
アラスカやカナダあたりでは、
ハリバッド釣りをハンティングと言うそうで、
そんなスリリングなハンティングをぜひやってみたいです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
同じ匂い(笑)
こんばんは、ノリゾー3840さん
そんな事もナイと思いますが、俺も笑わせて貰っています(笑)
北海道で標準語だと思っても、東京と比べると遥かに訛っていますよ(笑)
しょせん北海道は移住民の集まりなので仕方がナイかも(爆)
2010/12/07(Tue) 01:16 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
オヨ食いたい
こんばんは、おっささん
お爺さんの年齢聞いただけでもビックリです。
それでもって釣った魚の名前を聞いて、ビックリ×2です(笑)
オヒョウの話題はちょっと横に置いて、そのオヨが気になり、ネットで調べました。 大物釣り師がクエの更なる上の大きさになるイシナギを釣る事が夢と言われているそうです。 普段は深場にいるようですが、産卵期になると60~150mくらいまで上がってくるようです。
昔の漁師さんは、今見たくGPS付きの漁探なんてなかったので、山を見立てて独自の探し方をしたと聞きます。 そんな場所は人には教えず、独自の釣場として守っていたとか。 乱獲を恐れた漁師さんの賢い知恵だと俺は思います。
今度、夢にお爺さんが出てきたら「およ根」の場所訊いて置いて下さいね(笑)
一緒に釣りに行きましょう(爆)
2010/12/07(Tue) 01:10 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
親近感 同じニオイがする・・・
おはようございます 
皆さんのコメントを見て 楽しくて こんなに笑い転げるのは 
ひろしさんのブログ以外ないのではないでしょうか? 
『おっさん』に親近感を持ってしまいました 
オラのいながじゃ し(ひ)ょうじゅん語がナマリに聞こえるべ~(笑)   
2010/12/05(Sun) 07:20 | URL  | ノリゾー3840 #-[ 編集]
大きい魚
真夜中です、こんばんは。
107歳で他界したおいらの爺さん。
村一番の漁師。それは死んでから漁協の人に聞かされました。
すごい大きい魚を2回見たことがあります。さめや鯨。マグロは除く。
ひとつはおひょう。
でかいカレイとしか思わなかった記憶があります。畳ぐらいの大きさでした。
二つ目は、いしなぎ。おおいしなぎです。
爺さんも、その息子、つまりはおいらの父も オヨ と呼んで
「すごくうまい、脂あって」と言ってたのを思い出します。

コオナゴ、いかなごを活きたままとっておいて、磯舟で毎日のように
釣りに出ていたのを思い出します。
漁協の人が「オヨのいる場所は、おめだい(お宅の)の爺さんしか知らない場所あるんだわ~」と言ってました。
オヨの溜まる場所を「オヨ根」と呼んでました。オヨネ、です。

浜言葉、直訳して表記したほうがいいでしょうか?シティーボーイさん?v-218
2010/12/05(Sun) 00:59 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。