FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。    
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
2007年06月29日 (金) | 編集 |
「追い込み漁の名人」と異名を持つT君だが、
室蘭で行なわれたある某メーカーの釣り大会で
大型のクロガシラカレイを釣り、
優勝した経験をもつ実力者でもあるのだ。

クラブの大会の度、自分で大型の魚を釣ると
「これはしめたもんだ。今回は俺が一番だろう。」
とイメージを膨らませ、意気揚々と審査会場入りをする。
次から次へと魚が審査され、彼の番だ。
得意そうに魚を出し、
「やった~俺が今の所優勝だ。」
と声を口に出し子供のようにはしゃいでしまうが、、
上には上が居るものなのだ。

{※ウチのクラブには「K」のイニシャルが4人いるので、
K氏・K兄氏・がまK氏・短K氏と分ける事にした。}

根モノ氏のN氏とK兄氏。
審査の終盤、“これでもか”とドド~ンとBigな魚を出してくる。
そして、優勝をさらっていくのです。

T君は、自分がいかに優勝チャンスを逃したか、
面白おかしく語り始め、
それを聞いたクラブの皆は、大爆笑の渦に巻き込まれる。
独特なその語りべは、他の誰も真似が出来ないし、
言葉たくみなその話術は漫談を聴いているようであります。
一気に皆の疲れが吹き飛び、その場が和やかな時を刻む。
俺はT君の一部でもいいから、
その話術のかけらが欲しいものだと切に思う。

次の大会でも君は、
壮大なイメージを抱き、チャレンジするだろう。
結果ウンヌンより、君がその場にいるだけで
皆を和ませてくれるに違いない。
人間界は、やっぱり、楽しいのだ。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック