北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年01月03日 (月) | 編集 |
元旦の釣りに気を良くした俺、嫁を仕事場に放流し、
2日の午前中、またマメイカ釣りに出掛けちゃいました。

IMGP0314.jpg
IMGP0316.jpg

この日は保安庁の船も出港しており、
外海から帰ってきたと思ったら、停船場ではなく、
反対方向、せたな新港へ向かってきます。

IMGP0313.jpg
IMGP0315.jpg

そして船も岸壁近くまで寄り、
船から一人の保安庁職員も岸壁に降りて来ました。

IMGP0317.jpg

「岸壁は滑るので、安全のタメ、フローティングベストを着用するように!」
と、船と陸から注意を促してました。
先程船から降りた職員も注意を促しながら、
釣人に声を掛けてましたが、俺達のところにはやって来ません。

IMGP0318.jpg
バッカンを覗くフローティングベスト着用の保安職員

釣り仲間の人相が悪かったのか、一癖二癖もあるように見られ、
反対に難癖をつけられると思われたようで、飛ばされてしまいました。
案外、保安庁の人は見る目があるのかもしれません。

IMGP0319.jpg

陸に降りた職員も軽業師の様に軽やかに船に飛び乗り、
再び船は停船場へ引き上げて行きました。

IMGP0320.jpg

潮の流れが速く、マメイカの群れもあまり岸寄りしておらず、
今日食べる分だけ海から分けて貰ったので、1時間半で切りあげてきました。

仕事から帰ってきた嫁は、仕事で疲れた様で昼寝してしまい、
また一人ポツンと残されたので、家出する事にしたのです。
最初は熊石方面で竿を出す予定でしたが、
夕飯前って事もあり、ウチから近いせたな漁港へ車を走らせました。

場所は昔、クロガシラカレイが釣れると言われていた場所で、
今はその座はせたな新港へ移りました。
そんな忘れ去られた釣場ですが、
昔を思い出して竿を出してみるのも面白いかも?
と思い、ソコに決めちゃった。

IMGP0321.jpg

塩イソメを付け、後は魚を待つだけです。
最初に釣れたのはホッケ、次に釣れたのはマコガレイ。

IMGP0324.jpg

マコガレイの大きさは30㎝程あり、身が厚かったです。
それに比べホッケの小さい事。
捌いてから1時間後、冷蔵庫にモノを入れに行った嫁が、
『わぁ~、まだ生きている。』
とわざわざ俺のところまでマコガレイを見せに来たのです。
頭と内臓を落とされているのですが、冷蔵庫の中で暴れていたようで、
俺が見た時には身体をくねらせシッポをパタパタさせ、
まるで海の中で泳いでいるかのようです。
生命の不思議さ神秘さをまざまざと見せつけられました。
釣人の特権である、
“自分で釣って活きのいいのを美味しく食べる楽しみ”
さっそく今晩、煮つけにして美味しく頂きました。
御馳走様!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。