北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年01月14日 (金) | 編集 |
今年の北海道の冬の雪の多さを見て、
「雪多くねぇ? 異常気象だ!」
と騒ぐ輩が居りました。
俺に言わせると、
昨年から3年前までの雪の少なさの方が変だった気がします。
年に数回のドカ雪はあっても、毎日雪かきが日課とされる北海道の日常が、
月数回しか雪かきをしなかった方が、俺に言わせると、
とても異常だったと感じてます。
ある方に言わせますと、
「一年間に降る雪の量は決まっている。
平野部が少なくても山間部ではちゃんと雪は積もっている。」
と長年の経験からそう話してました。
ただ、この寒さは冬とは言え、
例年の1月の気温でなく、2月の気温がズレこんでやってきた感じかします。

数日目の新聞に、遂にここまでエコラベルが・・・
と思う記事が載ってました。

◆秋サケ漁にエコラベル 道漁連申請へ 輸出競争力を強化
(01/11 06:31、01/11 07:52 更新 <北海道新聞1月11日朝刊掲載>)

道漁連はオホーツク管内の秋サケ定置網漁について、
英国の海洋管理協議会(MSC)による「海のエコラベル」認証の取得に向け、
3月までに審査を申請する方針を固めた。
エコラベルは環境に配慮した漁業を認証する制度で、
国内のサケ漁の申請は初めて。
欧米市場で競合するアラスカ産サケは取得を終えており、
国際競争力を強化したい考えだ。
審査期間は1年程度とみられ、早ければ来年秋の水揚げ分から、
認証マークを付けて出荷や輸出ができる。
エコラベル認証製品は欧米市場で定着しつつあり、
米国の小売り大手ウォルマートは2006年から、
北米で販売する魚介類を認証製品に限定している。
道内での申請は、今春取得見込みのホタテ漁に続いて2例目。

この他に、
「中国に輸出されそこで加工され、米国へ輸出されている。」
と言う事も書かれてました。
普通なら、米国では紅鮭、白鮭などの鮭類が豊富に獲れるのでは?
という疑問が残ります。
一般に中国に輸出され、そこで色んなモノに加工され、
日本に逆輸出されていると思いがちなんですが、
ちょっとここ数年、違っているようです。
俺の聞いた話では、
「サーモンステーキやサーモンフライ用に加工されているんだ。」
とある会社の方が言ってました。
言われてみると、米国あたりでは、
大量のオリーブオイルやバターを使って調理される事が多いので、
脂の少ない鮭でも料理次第で味が変わり、大勢の方の胃の中へ消費されるようです。
流石米国、
人口も多いが食の文化の発達した国だと言う事が分かるよう出来事でした。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
さしすせそ
こんばんは、ノリゾー3840さん
日本人なら「さしすせそ」が基本ですよね。 
でも俺、マヨネーズ好きです(笑) 

今の若い人は脂の乗ったトラウトサーモンが好きですよ。 って事は、俺達はそれを脂っこいと思うのはもう枯れているってことでしょうね(笑) 
料理次第で色々と変わるので、今度再挑戦してみては如何でしょう? 
そしたら若者の仲間になれるかもよ(笑)
2011/01/17(Mon) 23:55 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
味覚が変になってきた日本人
年間20本以上も鮭を食べる我が家では、 
昨年から今年にかけて大変な事になっています。 
2本べっこじゃどうにもならない。 
スーパーで買って食べても、「こんな味じゃ、どんにもならないべ~」 と、
最近は食卓に上がる事もなくなりました。 

初めての時は「旨い」と食べ、
2回目は「こんなもんか?」と食べ、
3回目は「こんなのは、もう買って来るな、うまぐね~!」
になってしまったトラウトサーモン。

ギットリした脂は口の周りにくっつぐし、
おにぎりを作ってもらっだら、コメにあの気もじ悪い色と脂がベッタリ・・・

やっぱりニッポン人なら塩鮭だべ~。
あのショッパイやつ。 
ちょんみ料は 塩・みそ・醤油だべ。 
ソンス?、ケヂャップ?、マンヨネンズ?、そったら物はいらなぇ~!  
そうやって食ったら だんだん血圧が上がって来たノリゾーだべや 
おっさんの名前みだら 段々と訛ったべ(笑)
2011/01/16(Sun) 09:00 | URL  | ノリゾー3840 #-[ 編集]
トラウトサーモン
こんばんは、おっさんさん
今じゃ養殖のトラウトサーモンが幅を効かせ、鮭は端っこに追いやられていますよね。 きっと美味しい鮭を食べた事がナイ人が多いのでしょう。
どんな魚も塩加減で味が変わるので、その辺を分かっていないと思われます。 俺はどんな魚も塩を掛けてから数日置いた魚を焼いて食べるのが好きなんですよ。 

一度、回転寿司で荒汁を頼んだら、トラウトサーモンの荒汁が出てきたときにはビックリしちゃいました。 焼いて食べるならいいのですが、 同じ荒汁ならキンキのような上品な脂なら許せますが、あのしつこい脂が浮かんでせっかくの荒汁が台無しだったのを思い出します。 料理する時に一度お湯を掛けて要らぬ脂を落とすなどの工夫が有れば・・・と、料理もしない貧乏舌のオイラが言うのも可笑しな話ですね(笑)

そうそう、ウチの下娘、高校生の時、地元の食料品店でバイトしていたんですが、お客様に「この果物どんな味なの?甘いの?」と聞かれた時のタメ、お店では必ず果物を試食させ、今日のお勧めモノなども試食させ、答えに詰まらせないようにしていました。 なので、下の子の舌は肥えてしまい、このメーカーのこの箱の果物は美味しい、美味しくないといい、食材そのモノの味を大切にし、買いモノにいくと・・・親がどんだけ貧乏舌なのか思い知らされます(涙)
2011/01/16(Sun) 01:51 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんにちは。
札幌も雪だらけですがおいらは結構のんきにしています(笑)
今は天気いいですよ。

鮭の話を聞いて黙っているわけにはいきません、鮭マイスターだから(嘘)
なんでもマイスターと付ければ良いと勘違いしているんですおいら。

鮭が好きなんです。白鮭、紅鮭が。
トラウトサーモンと呼ばれているのには興味がないんです。
回転寿しの人気商品にサーモンがありますが、まずいわけではないのですが
食べる気にならないのです。
「鮭荒汁」というのを注文したらサーモンの荒で作ったもの。
昭和育ちのおいらの口にはあいません。
しかしメニューから消えないのです。うれるのでしょうね。
荒汁といえば塩鮭や、塩たら、ソイなんかをイメージしてしまいます。
その昔、ドナルドソンの刺身を食べた時はおいしいと思いましたが2,3日経過した
その刺身を食べたら脂っこくて気分が悪くなった記憶があります。

数年前、中国に渡る新巻鮭のニュースを見ました。
「こんなに美味しい鮭を日本人は食べないで中国に出すのですね」と現地のコメントでした。スーパーに行くと鮭の切り身に塩をさっと振った物が陳列されていますね。
あれもげせないのです。塩をきちんとして水分を出し、熟成した鮭が好きなんです。

なんか、めんどくさい書き込みをしてしまってすみません。
だって、おいら、いんちき鮭マイスターだから・・・。(笑)
2011/01/15(Sat) 13:37 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。