FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年02月08日 (火) | 編集 |
北海道で胴突き仕掛けが当たり前に広まっていた中、
カレイを人より少しでも多く釣りたいと言う方々は、
胴突き仕掛けの変形仕掛けを使っていました。
それが誘導式仕掛けと言う物です。

誘導式仕掛けは、カレイの食い込を良くする仕掛けで、
上針はそのまま三角ピン等を使っておりましたが、
下針は中通し錘やスナップを介して錘が動く様に工夫し、
錘よりも下に針が来るような感じになっていました。
餌をひったくる様な食べ方をする根物類には固定式胴突き仕掛けを使い、
比較的居食いするカレイ類には、
少しでも違和感がないよう誘導式胴突き仕掛けが用いられ、
北海道独自の投げ釣りの基本仕掛けとなっておりました。

これが大きく変わりだしたのは、
道南の知内方面でマコガレイが釣れると解った辺りからで、
1990年に入ってからだと思います。
当時、漁師さんでさえマコガレイの存在を知らずにおり、
地元の漁協では、なんと、マコガレイをマガレイとして出荷していたのです。
マコガレイは城下ガレイと呼ばれ、
本州では超高級魚として高値で取引されていました。
「何でコレがマガレイ? マコガレイだろう!」
マコガレイと指摘したのは、本州から函館に転勤してきた釣人で、
そんな高級マコガレイが、当時、どちらかと言えば他のカレイと同等の値段で、
マガレイとして出荷されていたのにはビックリされたようです。
本州から転勤してきた釣人のお陰で、函館近辺でマコガレイが釣れる事、
その後、漁協も何でもかんでも一色端にしていたマガレイから、
マコガレイと正式名で出荷され高値で取引されたようです。
今でこそ、漁師さん方もマコガレイをマガレイと言う方は殆ど居らず、
時々ですが、遥か昔に引退した老漁師さんが言うくらいです。

その高級ガレイを釣るため、近郊の釣り人がたくさん集まり、
その人混みの中でマコガレイをゲットする為にキャスティングも本格化し、
遠投して他の人よりも広範囲を探る事で、
型、数共に釣ると言う事が当たり前になった時期でもあります。
更には、今まで岩場でカレイなんか無理だと思われていたポイントで、
遠投する事により、型、数共に、
砂浜での釣果を上回る事が出来るポイントがある事が、
あちらこちらで解って来ました。
遠投する為に必要なキャスティングを覚える為、
より遠くに投げられる竿として、当時、
内地では当たり前に売られていたカーボン竿の振出しや並継竿が使われる様になり、
ちょうど各メーカーがカーボン竿に力を入れ始めた時期と重なり、
釣具屋さんなどの勧めもあって、徐々に北海道全土に広がって行きました。

仕掛けも同時に遠投に耐えられるもの、より遠くに飛ぶ物として
風の抵抗を受けやすい三角ピンは消え、
船釣りで使われていたクロスビーズ等が使われる様になり
胴突き仕掛けは進化しました。
今でも各メーカーの投げ釣り仕掛けは、
この頃の物が基本となっているものが多く残っています。

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
舌貧乏
こんばんは、ウッキーさん
俺の仕掛けなんて役にたつような仕掛けでなく、どちらかと言えば魚が逃げて行く仕掛けだと思っています(笑) ここ数年、道南ではシンプルな仕掛けが流行っていますよ。

以前、ブログにも書きましたが、昔は道南の江差町を境にして北に行くほどマコガレイはイナイと言われ、マガレイとクロガシラカレイしかイナイと言われてました。 今はだいぶ北上して来ています。 どんな魚にも旬があるように、カレイにも美味しい時期があります。 ある人は秋口のマコガレイを煮つけにすると「ババカレイの煮つけと大差がない。」とおっしゃってました。 俺、個人的にはこのカレイだからって思った事がなく、嫁任せで料理されたモノを美味しいと言って食べています(笑) 我が家は貧乏で俺は舌も貧乏かも(笑)
因みにスナガレイの美味しい時期は5~6月と言われており、この時期だけスナガレイを狙って釣りをする人もいます。 旬の時期のカレイを刺身で食べ比べると一番味が分かると思うのですが、なんせそれぞれカレイの旬が違うのでそれもままならないようです。
ウッキーさん、ぜひ一度釣って、俺に味教えて下さい(笑)
2011/02/09(Wed) 21:54 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
続きは・・・
こんばんは、おっさんさん
おや・・・ネタ帳、こっそり見られてましたか(笑)
今みたくTVゲームもなく親も変な過保護でもなく、どちらかと言えば「ウチに居るより外で遊べ」って感じだったような気がします。 俺の場合は春と秋は川で魚釣り、夏は川で泳ぎ、冬はスキー、山、川、神社などの平野部が遊び場でした。 何がそこまで面白かったのかは忘れてしまいましたが、遅く帰ってよく怒られてました。 それでも懲りずに遊んだもんです(笑)
今、この年でそんな事して遊んだら、間違いなく明日から表札が違う名前に変わっている可能性は大ですよね・・・ちょっとそれを期待して遊ぶのも勇気が必要かもね(笑)

俺もだいぶ歯にきています・・・年だという証明でしょうね。
お大事に!
2011/02/09(Wed) 21:18 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
オレもそう思います
Ver.10とは言わず、その内ひろしさんの仕掛けを画像で貼って
連載して下さい、期待しています(笑)
マコガレイは高級だと聞いてはいましたが、実際食べた事がなく
良く分かりましぇん
パッと見クロと見間違える姿だけど、食味はかなり違うんですか?
個人の好みで結構ですので教えて下さい
毎年この時期はカレイやホッケを大漁するイメージ・・・でなくて夢を
見そうです
他に心配する事がないだけ幸せ者ですが(汗)
2011/02/09(Wed) 18:25 | URL  | ウッキー #-[ 編集]
続きを
こんにちは。
昔の北海道の釣り事情はシリーズ10まであると噂(笑)されていますが
続きが楽しみでヤンス。
この年になって、色々なことを妄想しながら釣りに行きますが
幼児期はやる事がなく、仕方なく海に行ったようなものです。
道具も種類はなく、竿などもって帰るのも面倒で、磯舟の下に隠したり
番屋の裏に隠したり。
錘に直接、針を結んで投げたのが良く釣れた記憶があります。

先週、歯ぐきが痛く、血が出てきたので治療しています。
週末は久々、太平洋の予定です。チョイ釣りですが。
「何か、生臭いな」と思ったらそれはおいらです。
内浦湾を挟んで、円ひろしです。

やっぱり、仕事中にコメントするとおちも何もなく、おもしぇぐネーナー。
2011/02/09(Wed) 11:14 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック