FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年02月17日 (木) | 編集 |
また、釣会の存在も大きいと思っています。
北海道には大小様々な釣会があり、
歴史的に古く格式のある釣会が多く存在しています。
釣会の中には、創立50周年を迎えた所も多くあるとお聞きします。
北海道の釣人が根モノ釣りをする時に使うコマセやイカゴロ、
この戦略を思いついたのは釣会の人達だとも聞いております。

IMGP4076.jpg

一般的な釣会の大会は重量で決する事が多く、
必然的に根物狙いの大会となります。
ましてや年に1回入れるかどうか解らない、
自分の入りたい第1ポイントに先客がいれば、
否応なしでも第2、第3のポイントに入るしかありません。
時間も限られた中で、
どこに入ったとしても魚を釣る事が出来なければなりません。
限られた場所、時間内でより効率的に釣る為に、
自分が投げられる範囲内に魚を寄せて釣る釣り方が主流となって行きました。
ピンポイントでも多くの魚を釣る事が出来る仕掛けへと発展し、
イカゴロを餌にするゴロ仕掛けができ、
寄せ餌(コマセ)を入れる事が出来るネット仕掛け等が主流となって、
現在に至っております。

IMGP8008.jpg

その威力に目を奪われた方々が、この釣会の釣り方をこぞって真似し、
今の北海道の根モノ釣りの餌の原点を作ったのが、
釣会の人達と言っても過言でないと個人的に思っています。

何度か釣場で見かけましたが、釣りの釣果に関しても、
この釣会の方々の釣果には目を見張るモノがあります。
根モノ狙いで岩場に入るのですが、
「この岩の向こうに大きな溝がある。
アソコとココとアッチの岩場の所々に砂地がある。」
海底の中を覗いたかのように釣場を検索し、
ポイントを熟知し、そこを責めることで、
「ここにこんな大きな魚が居たんだ?!」
目からうろこが落ちる様な感覚が俺を襲い、それは見事な魚を釣り上げています。

この他に、何処にも所属せず、一人や仲間で釣りを愉しまれる方々も大勢おり、
自ら歩ける範囲の釣場の隅々まで探求し、
「あの魚にはこの餌、あっちの魚にはこの餌が有効だ。」
グラス竿も徐々に進化(グラスの比率が段々多くなる)し、
「このグラス竿ならこうやって根から引き抜く、
あのグラス竿はここまで対応できる。」
と、実体験を惜しげもなく教えてくれる方も多かったそうです。
竿がカーボンに変わっても、そう言う方々は、
「ポイント? 有るような無いような気がする。 
その時の海の状況によっても変わるからな~、
昨日釣れたから明日も釣れるって限らないし、
ここがそうだと思う場所に投げても、反応がない場合もある。
投げ損ねてまったく見当外れの場所に落ちたやつに、
思いがけない大物が掛かったりする。
だからってソコを責めても、後が続かないなんてよくある事さ。
毎回思うが、魚に好かれるか嫌われるか、ようは運さ。」
と豪快に高笑いし、それは今も変わらず、事細かく教えてくれるそうです。

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
マイカのイカゴロ
こんばんは、おっさんさん
俺もイカゴロで魚を釣るっていう概念はありませんでしたが、親父に連れられて行った釣場で、釣会の人達らしき釣人の釣り方を見てド肝を抜かされました。
同じような釣場で方や小型のホッケ、むこうは大型のホッケ、子供心に愕然とししちゃいました。 ただ、まだ子供だったのでそれがどういう意味があったかまでは分かりませんでしたが、当時、イカゴロは万能の餌だと信じこんでいました(笑)
ウチの冷凍庫にもイカ刺しで食べた後のイカゴロが入っています。 一応、小分けにしていますが、マイカのゴロは売っているイカゴロに比べ小さいのが難点ですが、俺、ソイ釣りに使っていますよ。
2011/02/19(Sat) 01:21 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
論文ではなく駄文です
こんばんは、ボナさん
予想以上に苦戦しています(笑) もっと簡潔に書く予定でしたが、色々とお話を訊いている内に、アレもコレもって欲張ってしまいました(笑) 
そろそろ終盤に差し掛かっているので、もう少し我慢して付きあって下されば幸いです!

俺達なんて釣場に持参する数なんて知れていますが、釣会の方々のお話を聞くと100本近く持参されるそうですね。 それにコマセや他の餌、道具など入れたら相当の重さになりますよね・・・俺、ヘタレなので無理かも(笑)
2011/02/19(Sat) 01:05 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ド忘れ
こんばんは、TKさん
そうそう、その友和えって言葉が出てこなくて困ってました・・・年ですね(笑)
俺、以前にも書きましたがカジカが全く食べれなくてカジカの友和えですが、とても美味しそうなのに・・・残念です(涙)

TKさん、こちらに来られた事があるようですね。
地元だからって油断していると、アッと言う間に時間が過ぎてしまう事がしばしあり、あのサクサク感がしっとりしてしまう事が何度もありました(笑)

イカゴロは完全に根モノ用の餌として冷凍保存され売られ、どこかで書きましたが、アカイカのゴロを使用しているそうです。  売られているゴロは大きいので、俺は狙う魚に合わせてゴロのサイズを変え、時には函館の釣友に頼んで極小サイズを手に入れてもらっています。
2011/02/19(Sat) 00:53 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ごろ
ひろしさんこんばんは。
いかごろをかごに入れて魚を釣るという概念はおいらにはなかったのです。
笑ってください!
札幌に来てから知った事です。
何キロもリュックに入れての磯歩きは大変な事だと察します。
おいらの冷凍庫にイカゴロ冷凍しています。100本ほど。
失敗は1つにまとめて冷凍したことです。小わけすればよかった。
昨年末の「酢いか」を作った時の余りもの。
いつか使ってみたいです。
2011/02/18(Fri) 20:00 | URL  | おっさん #-[ 編集]
弘司さん、大論文になってきましたね。楽しみにしています。生のイカゴロを持って行けるといいですが、冷凍物で我慢しています。TKさんの言われる直接イカゴロに針付けするのは、今も続いています。冷たい時には、コマセに、現地でイカゴロを切ってまぜてネットに入れて投げています。アカハラ狙いには、多くの本数を持参する為もあり、目玉の部分を切って外し、軽量化しています。
2011/02/18(Fri) 16:58 | URL  | ボナ #-[ 編集]
(前コメ)
キモと身と味噌、まさに友和えですよね。
カジカで良く作ります。最高に美味しいです。
あっ、岩シューすごく美味しいですねぇ。
あれは、店の前に止めた車の中で食する物ですよね、地元の方以外は。

しばらく(25年ほど)投げ釣りから遠ざかってましたが、今、冷凍ゴロが販売されているのですか!?
あのころは、八雲農協の魚屋さんと知り合いになり、生を分けてもらってました。
網は使わず、直接、孫針3本付いた仕掛けで引っかけてました。
太いナイロンのせいもあって、ぜーんぜん飛びませんでしたねぇ。
2011/02/18(Fri) 01:08 | URL  | TK #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック