北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年03月18日 (金) | 編集 |
嫁のイトコが、地震直後すぐに、
北海道の某駐屯地から被災地・岩手に派遣されて行っているそうです。
岩手のどこら辺に派遣されているかまでは分かりませんが、
一度だけ連絡が取れたと叔母が言っていたそうです。
「ヒドイ状態だ。 任務の時間になるから電話切るよ。
これから忙しくなるから電話は遠慮してくれ。
何かあったらこちらから電話するから。」
と言って電話が切れたそうです。
今のところ連絡がないようですが、支援作業、復興作業に従事しているようです。
ただ俺は座して頭を下げ、
「自分の身体を壊さない程度、頑張ってくれー!」
としか言えません。

せたな町から消防士1名、隣町の今金町から救命士1名が、
被災地に派遣されていく事になっています。
もう現地入りしているかも知れないが、ココでも俺は座して頭を下げ、
「自分の身体を壊さない程度、皆を助けてくれ。」
と頼むしかありません。

町の中で偶然出会った方がいました。
仕事は海に潜るダイバーさんで、夏の間は北にある離島で仕事をし、
今年の冬は茨城県のある港に仕事に行っているはずでした。
震災後、
「もしかして海に仕事に出ているかも?」
心配して奥さんが電話をしていたのですが、
連絡が取れていないという話は聞いてましたが、翌日、そのダイバーさんから、
「俺は何ともないから。」
とだけ言い、電話が切れたそうです。
その後もなかなか連絡が取れずにいたそうですが、数日前の早朝、
「コレから帰る!」
と一言だけあり、夕方、最寄りの駅まで迎えに行ったそうです。
これからの事はまったく決まっていないそうですが、
復興工事が始まると呼ばれるだろうと言い、
「今度行く時は年単位であちらにいる事になるが、
家族に迷惑かけるけど分かってくれると思っている。」
と言ってました。

↓ここの会社の社長さんを知っていますが、行動力がありますね。
先日、この社長さんと出会いましたが、
その時は仕事の話でおわりで、後から、
「取引のある会社と連絡が取れないんだよな~、無事だといいけど・・・。」
と言葉少なめに心配していたという話が聞こえてきました。

◆八雲町内の10社 水2万本を陸路
北海道新聞 2011/3/16 渡島檜山(道南)版

【八雲】東日本大震災の被災地、岩手県宮古市へ向けて、
八雲の水産加工会社や建設会社など町内10社が協力して15日夜、
地元企業「ヤクモ飲料」の
500ミリリットルボトル入りミネラルウォーター2万4千本をトラックで送った。
水産加工会社「イチヤママル長谷川水産」の長谷川博之社長が、
長年取引のある宮古市の業者から深刻な被害状況を聞き、
仲間に呼び掛けて実現した。
24トントラックを手配し、八雲署から緊急通行車両の許可書を受けて
「災害物資輸送」と車体に表記。
函館―青森間はフェリーで渡る。
東北の道路事情は未知数で、普段の倍の時間が掛かれば、
到着は16日午後になるという。
長谷川社長は
「行政頼みでが時間がたつばかり。 民間の力で、できることから援助したい」
とトラックを見送った。

IMGP0666.jpg

ちらりと小耳に挟んだ話しですが、↑この社長、その後も物資を援助しており、
昨日、緊急通行車両の許可書を受けた運送屋さんのトラックに、
軽トラックとそれに付属するもの一式と支援物資などの身の周りの物を積み込んで、
自ら現地に乗り込んだとか。
頭が下がります。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
文部科学省初等中等教育企画課
こんばんは、TKさん
新聞には文部科学省初等中等教育企画課が、「検討しておらず、即答できない」ような事が書かれてました。 法律的な面もあるようで、色々と考えされられますね。
2011/03/20(Sun) 23:56 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ちなみに、北海道教育委員会では、すべての小中学校と道立高等学校、特別支援学校において、震災にあわれた小中高校生の受け入れ体制を整えています。
ギモンは、このことどうして一般の方にお伝えしていないのだろうか?被災者に伝わっているのだろうか?ってことです。
役所のパフォーマンスに終わらないように言っておきます。
2011/03/20(Sun) 07:02 | URL  | TK #-[ 編集]
学校
こんばんは、おっさんさん
新聞に北見市で「学校全体を受け入れする」と言うよな事が書かれてましたね。 ちょっと前の言葉で表せば疎開に近いモノがあります。 それが受け入れられるかどうかは分かりませんが、そういう事を思いついて活動すること自体すごいことです。
コレから色々と調整して、受け入れを考える自治体が出てくるはずですよ。

3月だというのにまだまだ寒い、俺も昨日は鍋をいただきました。 俺の苦手なモノが入っていて端に寄せたら「食べられるだけでも幸せなんだからね。」TVを指さし説教されました・・・が、嫁はしっかり残し、俺の皿に移してました(笑)

TVで映るのはほんの一部で、コレから色んな問題がでてくるでしょうね。 それでも学校のグラウンドなどに仮設住宅が少しづつですが建ち始めていますね。学校が再開された時、どうするんだろう?っとちょっと要らぬ心配をしてしまいました。 
2011/03/20(Sun) 00:24 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
災害の度に持ち上がる問題
こんばんは、TKさん
この問題は災害が持ち上がると、かならず持ち上げる問題です。 今一番心配なのは原発問題で、コレが治まり安全性が保証されたら、きっと旅行客が戻ってきます。 今は原発が治まるの待つしかありません。

日本中の観光地は悲鳴をあげています。
嫁のイトコが勤める定山渓にある有名な某ホテルも同じくキャンセルが相次ぎ、何とか集客しようとしています。 従業員にも、最低○人集める事なんて業務命令などがあり、ノルマが課せられているそうです。 結局、膨大な集客を命じられ(数十人)、ノルマが達せられそうにないと踏ん切りをつけ、今月いっぱいで辞めるとか。 それだけひっ迫しているようです。

TKさんの声は、全国の観光地の叫びだと思います。
2011/03/20(Sun) 00:02 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
食料、飲料
おばんです。
今日は寒い一日でした。
自宅で暖かいものを食べてます。

同じものをみんなに食べさせたいという気持ちです。
私の知らない問題がたくさんあるのでしょうね。
地震の被害にあった方はもちろん、今、復旧に従事している方々にも
健康でいてほしいと思ってやみません。

希望者をつのり、半年ぐらい札幌で生活するのも選択肢の一つではないかと思っています。ふるさとから離れたくないという気持ちもとっても良くわかりますが。
2011/03/19(Sat) 00:20 | URL  | おっさん #-[ 編集]
前回の続き・・・
自粛?そのことが経済の二次障害に拍車をかける?
今、できること二つ思ってます。
まず、義援金、いっぱい送ります。
次、消費、地元のために地元にお金の落ちる使い方をします。
私のいる函館では、ホテルや温泉のキャンセルがGWにまでおよび、観光で食っている街がじり貧を迎えようとしてます。
食って飲んで温泉入って釣りして、不謹慎きわまりない暮らしを考えてます。
そしたら、函館にお金が落ちます。
お願いいたします。
皆様、函館に観光に来てください。本当にお願いいたします。
2011/03/19(Sat) 00:11 | URL  | TK #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。