北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年04月14日 (木) | 編集 |
俺のブログに、時々登場する『ジジィ』と嫁が呼び捨てしている方がいます。
彼の写真を載せるたび、
「あの人って幾つなの? どうしてジジィなの?」
という質問が数多く寄せられます。
誰も俺の年は訊かないのに、何故、彼だけが訊かれるのかは
未だに摩訶不思議としか言いようがありません。

CIMG1360_20110414231753.jpg

彼のハンドルネームは函館つる。
1961年6月生まれ(昭和36年5月)のB型、
今現在49歳、5月を迎えると50歳になります。
俺と同じB型なのに、なぜか彼の部屋は綺麗に整理整頓されており、
コレは生まれ持った性格・育った環境の違いなんでしょうね。
1995年に全日本サーフ・北海道協会所属・はこだてサーフに入会し、
現在17年目を迎え、仲間内では「つー」「つる」「つるさん」と呼ばれています。
函館市内の某会社に勤めながら、
がまかつの投・船のフィールドテスターをこなしてます。
北海道新聞・つりしんの通信員、
報知新聞のAPC(アングラーズ・ペン・クラブ)を兼ねており、釣り記事を書いています。
その他に、あちらこちらのHPに顔付写真で登場しております。

CIMG1347_20110414231759.jpg

コレが俺が知る函館つるさんの表の顔です。
人間ですから、表があると言う事は裏の顔もあるってことになりますが、
この裏の顔を俺よりも嫁の方が見抜いており、嫁よりも時々、
俺のブログの登場するあつし君やナベの方が、もっと先に見抜いていました。
反対に言うと、彼の素の顔をさらけ出せるのは、
この3人を含む数人の方だけだと言う事です。
以前、とある場所で釣り談義をしていると、お調子者のある方が嫁の真似をして、
「ジジィに訊けば一発じゃん。」
と言った途端、先程まで笑っていた顔が真顔になり語尾を強め、
『ジジィにジジィって言っていいのは、あたしとあつし君とナベだけなんだからね。』
眼光鋭く睨みつけ、言論の封殺をはかった事は言うまでもありません。

函館つるさんとの出会いは、俺が全サーに所属した数年後、
俺が子供に感化されブログを書きだしてからです。
ソレまで名前だけは存じてましたが、殆ど接点がなく、
言葉も二言、三言話しただけで、それ以上進展してませんでした。
全サ―の北海道協会・春季SC通信が函館で行われた時、
「◎○君、もしかしてブログやっている?」
と声を掛けられ、最初は気恥しかったので言葉を濁らしていると、
「せたな町で全サ―所属で、弘司って名前って殆どいないじゃん。」
観念して、
「俺です。」
ポッと頬を染め愛の告白をしたことが始まりでした。
その頃、俺は地元で釣りをすることが多く、遠い場所と言うと寿都方面に行くくらいで、
行動範囲が狭く、狙える魚も決まってました。
函館方面の方々は、時には離島などへ遠征、津軽海峡を渡りキス狙い、
どこそこで大物が釣れたと言えば、どんなに遠くても走る兵が多く、
その話を聞くたび、指をくわえて眺めていました。

嫁にダークな部分を握られてから、オバタリアンパワー全開で、
「それいいな、あたし達も連れってってよ。」
イノシシの様に突進され、ボタン鍋にするどころか反対に、
カモがネギを背負って歩いているように見えたようで、恰好の餌食にされました。
そして嫁は最初は、
「○○○さん」と一歩引いて呼んでいたのが、
彼女よりほんのちょっぴり年上なのに、今じゃ『ジジィ』扱いです。
一度嫁に、
「あの年でジジィって可愛そうじゃん。」
彼は俺の一番上の兄と同じ年だったので言うと、
『あのさー、時々あんたのブログチェックすると、
あたしの悪口書いているじゃないの。 それって可哀そうだと思わないの?
ソレにさー、あたしとジジィの会話、
忠実にブログに載せているあんたはどうなのよ?』
と俺に詰め寄るように言うと、ちょっと意地悪な顔をして、
『ねぇ、物は考えようよね。 あんたのブログの中では、
ジジィ=函館つるさん=がまかつのフィールドテスター
ってちょっと有名になったんじゃない?
反対に感謝されるかもね・・・それはナイかっ。』
一人ツッコミをしていました。

「ジジィって誰だ? 幾つなんだ?」
と外野が騒いでも、何処吹く風とやりすごし、彼の女友達の一人として、
コレからも『ジジィ』と連呼する事でしょう。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
やっぱり・・・
こんばんは、ノリゾー3840さん
『そこのジッコ』が近づいて来ましたね(爆)
前田の爺元気なんだろうか・・・あの人はタフだから大丈夫でしょうね。
2011/04/17(Sun) 00:04 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
はい! 前田でした(汗)
歳を取ると 記憶に障害が・・・
2011/04/16(Sat) 15:03 | URL  | ノリゾー3840 #-[ 編集]
エチケット
こんばんは、たけさん
はい、その通り、落ち着き過ぎて若さが無いと嫁に言われています(笑)
反対にあの年でうろうろされたら、困りもんですが(爆)

嫁曰く、「鬼の様に耐える」だそうです。 俺も我慢します。
俺の仲間は常に新聞紙を持ち歩き、その上でして、丸めて海に流す方もいます。 その方が人目につかず、誰にも迷惑掛らないでしょうね。
2011/04/16(Sat) 00:55 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ホッケのフライ、煮つけが食いたい
こんばんは、おっさんさん
嫁に言わせると若さが無いからジジィだそうです。 それだけ慎重に動く方なんですけどね。 まあ、嫁の親密度を表すバロメーターだと思ってくれれば幸いです。

嫁の力ですか・・・ノリゾーさんに合った時にでも聞いて見て下さい。
きっと怖がって言わないかも知れません(爆)

やっとあちらこちらでホッケの便りが聞こえてきましたよね、コレからが楽しみです。
2011/04/16(Sat) 00:49 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
そこのジッコ・・・そう呼ばれる日も近いかも(笑)
こんばんは、ノリゾー3840さん
竹田のジジイ? 初めて聞くお名前ですね・・・もしかしたら、前田の爺?

気さくなのは表も裏も有りませんよ。  アレが普段の彼です。 
裏の顔という表現をしましたが、彼の心の中を覗きこんだという表現が最適なんですが、それでは誤解される面も出てくるので、あえて裏の顔としました。 
今度、嫁の心の奥底を覗きこまれたら、『そこのジッコ』と呼ばれるかも(爆)
2011/04/16(Sat) 00:26 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
え~
こんにちは!49でジジィですか?厳しいですね。きっと落ち着いた方なんでしょうね。ではジジィより歳くってる私はオジジィですかね(笑)。ちょっと気になったのですが、沖防に渡って、大をもようしたらどのようにしてるのでしょうか?
2011/04/15(Fri) 17:48 | URL  | たけ #HDDGojUI[ 編集]
やめた!!
お晩です。

ジジぃ といえば、こきたない、ひげづらをイメージしますよ。
とてもジジイには見えません。が、奥様に言わせるとジジイなのでしょうか?
あくまでもニックネームですね!!

今日のブログを見て感じたのですが、つるさんのカレイよりも、あぶらっこよりも
奥様の力を垣間見たような気がしています。

明日、ろうそくを●●本買って、送る予定でしたが、や~めた!!
がっつり、おこられて、今後、ココへの出入り禁止になれば困るはんで・・・。

あちこちでホッケ情報が出てきましたね!!
2011/04/15(Fri) 00:50 | URL  | おっさん #-[ 編集]
私が今度呼ばれる時  そこのジッコ?
初めてお名前を目にしたのは「釣り新」で 
2度目は竹田のジジイから お名前を聞き 
3度目は ひろしさんよりご紹介された 昨年の苫小牧のSCで 
そして 今回の ご一緒でした 

人見知りをするものですから あまりお話は出来ませんでしたが(笑) 
大変気さくな方で(これ表の顔?)
楽しい時間過ごさせていただきました 
そしてこのブログを見て 
奥さんが呼んでいた様に
ジOイって声をかけなくて良かったです(笑)

今度会うときは 
オイラが 『こら そこのジッコ・・・」と呼ばれそうです(爆)
2011/04/15(Fri) 00:33 | URL  | ノリゾー3840 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。