北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年04月26日 (火) | 編集 |
今年も前田の爺が、せたな町に現れました。
以前、↓ブログで書いたものです
人工関節、それでも釣りがしたい。

IMGP1103.jpg

数日前のお昼頃、
「そろそろ活動するつもりだけど、そちらの様子教えてくれ。」
という電話を頂いてました。
前田の爺の狙いは、せたな町北檜山区太櫓(ふとろ)にある鷹ノ巣岬で、
ホッケやマガレイと戯れ、本州にいる子供達や孫達にその魚を送り、
「じいちゃん、美味しかったよ。 また宜しくね!」
と言われたいようです。
俺は、
「鷹ノ巣岬は海が荒れたら無理だけど、
鵜泊漁港の先端に1週間寝泊まりしている釣人がいるから、
何ぼか釣れているかもよ。」
と教えておきました。

そして昨日のお昼、
「今、鵜泊漁港に着いた。 仕事帰り、旦那に寄ってくれって伝えてくれ。」
俺の携帯なのに・・・旦那????
残念な事に、男には興味無いんだけど・・・
どうやら嫁の携帯と間違っているようです。
以前、どこかで書いたと思いますが、俺の声、凄く特徴があり、
「一度聴いたら忘れられない!」
と言うより、変声期前にカストラートされた訳では有りませんが、
女の人の声とよく間違えられます。
何度、前田の爺に、
「あっ、奥さん、旦那に・・・」
と言われるたび、
「俺、旦那の方だけど・・・・」
と答えるのですが、この声のお陰で勘違いされたままで、今日まで来ました。

仕事の帰り、前田の爺の車に寄ると、
一杯飲んでおり、色々と釣りの話やら、現在の生活の話などで華を咲かし、
「コレ、俺が作ったんだ!」
と毎年頂いている前田の爺の手作りの漬物と、
昨年から作り始めたハスカップでハスカップのジャムを作ったそうで、
それを頂きました。

IMGP1107.jpg

「俺も今年で70歳になった。
右足は大丈夫なんだけど、手術で入れた左足の人工関節、
あまり調子が良くないんだ。
冬の間は大人しくしていたが、雪が融けて来ると、
ついつい竿を車に積み込み、ここまで来てしまう、一種の病気かもな。」
と笑いながら言いますが、元来の釣り好きがそうさせる様です。

今回も2泊3日の予定で来られたので、
今日の午後、嫁が前田の爺とご対面してきたようです。
俺よりも長く話していたようで、以前約束していたモノを貰ってきたとか。
その話は明日!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです
こんばんは、くろいねこさん
釣り好きも有りますが、いつまでも子供の事が気になり親として自分の出来る事をするのを楽しそうに語ってました。 いつまでも親心って有難いと思います。
俺の両親も生きていれば・・・アレ、やばい忘れてしまった(笑)

毎年、こちらに来ると必ず俺に声を掛けてくれる事が凄く嬉しく、いつまでもその時が止まってくれるのを祈るばかりです。 
2011/04/29(Fri) 00:06 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
老いる
こんばんは、TKさん
俺も30代で両親を相次いで病気で亡くしました。
今思うと、あんな事やこんな事をしてやりたかったと色々と思うけど、「木静かならんと欲すれども風止まず」とは、本当ですね。

俺、思うんです。 よく聞かれる言葉で、「昔より、遥かに飛ばなくなった。」って言う方がいますが、アレは嘘のような気がします。 チャンと基礎を重ねてきた方は、多少飛距離が落ちても、同年代や下手したらその辺の若者よりも飛距離は出ています。 何事も基礎は大切だとつくづく感じます。

我が子のミニスカは見たくありませんが、他人様のミニスカはイイもんですよ(笑)
2011/04/28(Thu) 23:38 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
映画館に行きた~い
こんばんは、おっさんさん
ありがとうございます。
俺も仕事で、少しの隙間を渡る時、一瞬自分がその距離を飛べるか再確認し、「こんなところヘチャラで跳べたのに。」と思う事が良くあります。
自分が思っているよりも、身体は老化しているようで、えっ?って思う事が・・・情けないと感じます。

レナードの朝、俺も見ました。 
短い時間の中で、人はどれだけの事が出来るのか?
最後は病気が再発。
俺だったらどうするだろう?と思わされる映画でした。
2011/04/28(Thu) 19:29 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
親の気持ち
ひろしさん お久しぶりです。
すっかりご無沙汰してしまいました><

「前田の爺」さん 自分の身体が辛くても 子どもさん 孫さんの喜ぶ顔を見たくて頑張ってしまうのでしょうね。
     まあ、釣りが好き と言うのが 一番なのかもしれませんが・・・
親の心って ありがたいものですね*^^*
でも、釣りをしているから 元気なのかもしれませんね。

ひろしさんのブログを読んで、両親のことを思い出しました。
生きていれば 79歳と77歳かな・・・

「前田の爺」さんには もう少し頑張ってもらわなくちゃね^^    v-283
2011/04/27(Wed) 23:48 | URL  | くろいねこ #ohHGnunA[ 編集]
少し涙しました。
私の両親は、私が30代に他界しました。
その両親は本当に素晴らしい人物で愛すべき親でしたが、血のつながりはなく、兄弟もいない私は、天涯孤独でした。
人は年を取ります。
必ず、身体に変化、いや退化を伴いながら年を取ります。
今まで出来たこと、これからやりたいと思ったことが少しずつ奪われていくのは必然です。
でも、ゆったりとした時間の楽しみや、新たな楽しみ事など、人生がつまらないと言うことはないような気がします。
老化に応じた釣りを、そう、釣りだけはやめられまへんがなぁー!ガハハハ(やっぱミニスカポリス見たい!)
2011/04/27(Wed) 20:49 | URL  | TK #-[ 編集]
3本指。
おばんでやす。
ひろしさん、今日のブログ(過去へのリンクも含む)。
今まで読んだブログの3本指に入るいい内容です。

最近、老いるということを考えながら生活しています。
若い頃は、「素もぐりさせたら、K君(俺のこと)の右には誰もいない」
「朝から晩まで運動してる」と言われたものです。
今は普通のおじさんになり体力も落ち、このままでは、楽しみが減ってしまうのではないかという不安もあります。
もう一つ、両親の老いというものにも直面しております。

話は、ど~~~んと飛びますが、以前、ロバートデニーロ主演の映画で「レナードの朝」というのを観ました。さほど見せ場の少ない盛り上がらない内容でしたが
心打たれました。この映画を観た時と同じ感覚が、今日のひろしさんのブログを読んでよみがえったのです。

へばな~~
2011/04/27(Wed) 01:23 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。