FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年05月07日 (土) | 編集 |
昨年の12/21のブログに、全サ―のマハゼの日本記録を狙って、
夜な夜な函館近辺の漁港に通っている御仁の事を書きました。
マハゼ
この御仁が、函館近辺の漁港での釣果は今一つだったようで、
次のチャンスを狙ってました。
御仁の言うには、
「次のチャンスは5月GW中。」
それを実行に移したようです。
毎年GWには夜釣りでクロガシラカレイ、マコガレイやマハゼを狙い、
その舞台は上ノ国町のとある小さな漁港です。
この小さな漁港のGWのマハゼ釣りは隠れたスポットで、
極わずかな知る人しか竿を出す事がナイ場所です。

この日は5月5日・子供の日、ちょっと童心に戻って、
午後4~11時まで一人でノンビリ竿を出したようです。
午後7時頃からポツラポツラとマコガレイ28~33㎝を5匹、
マハゼも25~31㎝を5匹射止めたそうです。
31㎝のマハゼを釣った時、御仁の頭の中では、
マハゼの日本記録魚の実寸の計算がされたようです。
拓寸32.9cm×0.05-32.9=31.255 → 31.3cm
惜しい事に3mm程足りないことが分かり、ガッカリしたそうですが、
楽しみはこれからの長い釣りの中の一部として取っておくそうです。

嫁のご意見番のMr,Kさんから、マハゼの写真が送らさって来ました。
自宅に帰ってから写真を撮ったそうで、
その時にはもう収縮は始まっていたようです。

110506_1415~01

後3mm・・・凄く惜しい気がし、この分だったら、
もしかして本当にマハゼの日本記録魚が釣れる可能性も高い気がします。
俺、一応、全サ―の北海道協会の大物事務局を任されているので、
釣場で撮った写真は、後日俺のところに送らさってきます。
ソレまでの楽しみにして取っておきます。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
天ぷらの材料
こんばんは、TKさん
マハゼの寿命は1年だそうで、中には2年生き抜くモノもいるそうです。 普通のマハゼの大きさは15cm程で、25cmもなると大物とみなされます。 それを遥かに超えるマハゼが釣れる場所は北海道では数カ所あるようです。
俺の地元の瀬棚漁港や鵜泊漁港でも釣れ、せいぜい20cm前後くらいが多いようです。 地元の人間はマハゼを狙って竿を出す事は有りませんが、天ぷらの材料として旅の釣人が狙って釣っています。

その遥か上のサイズとなるとなかなか釣れないのが現状で、狙っても釣れるって可能性も低いのですが、あえて狙うって事に意義があると思います。
2011/05/08(Sun) 21:40 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
おしい!っていうよりも、十分に日本一に並んだと言ってもいいかも。
ハゼってばあの小さなかわいい魚ですよね。
私、カジカの子だと思ってたこともあり、人に教えてもらいました。
これだけのサイズはそう滅多に釣れないのでしょうね。
いいものを見せていただきました。
2011/05/08(Sun) 08:29 | URL  | TK #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック