北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年05月19日 (木) | 編集 |
先週、嫁に、
「寿喜丸船長に会ったら訊いて欲しい事がある。
今年、珍しくタカノハカレイが日本海で釣れているけど、
アレって天然モノ? 養殖モノ?って訊いて来てくれ。」
と頼むと、
『あたしより、あんたが電話して訊いた方が話の内容が見えるんじゃない?』
「俺、ウチに帰って来て一段落したら9時だぞー!
渡船する時間は朝の3時ってことは2時に起きるってことだぞ。
それを考えたら寝る時間は7~8時位だと思うから、
寝込みを襲う真似はしたくない!」
と、嫁を説き伏せて依頼を頼みました。

嫁は渡船の後始末が終わるまで待ち、俺の質問を船長に訊いてくれました。
船長が檜山振興局水産指導所に訊いたところの話では、
「タカノハカレイの泳ぐ距離は相当なモノがあって、
太平洋で育ったタカノハカレイが津軽海峡を泳いで、
日本海まで来ている可能性もある。」
と指摘したそうです。
そして船長の口から初めて聴いた話もありました。
「昔の瀬棚町(合併前)でタカノハカレイの稚魚を買って来て、
東防波堤付近の港内で、生簀に入れて育てていたんだ。
俺が毎日餌やりしていたんだ。
でもな、今から17年前の南西沖地震の年、
あの地震で生簀が全滅して、勝手に海に帰えちゃったんだよ。」
船長は両手の人差し指でタカノハカレイの大きさを示し、
嫁の目測では12~15㎝くらいだったと言います。
船長は、
「あの時の生き残りかな?」
と言った途端、我が家の怪物が、
『ソレはナイナイ。 
それが生き延びていたら80㎝以上の大きさになっているって。』
と突っ込んだようです。
嫁は以前、自分でさえいつ書いたかさえ忘れていた
タカノハカレイの成長を書いた記事を、うろ覚えながらも覚えていてくれた様です。

この話を地元のある人に話していると、
「そういえば・・・以前、せたなでタカノハカレイが釣れたのって、
南西沖地震があった春先だったよな。
って事はよ、大きな地震があった年って
海の中で何か大きく変化しているんじゃないか?」
と憶測で言いますが、実際この目で海底の中を見た訳でもないので、
俺には何とも言えません。
最近、日本海で釣れているタカノハカレイは、
太平洋側からグルリと津軽海峡を渡って来た可能性も高く、
また、瀬棚近辺で釣れているタカノハカレイは、
津波で生簀から逃げたタカノハカレイが、
自然孵化した可能性も秘めていると思われます。

そうそう、今日、嫁が仕事場へ向かっていると、
この地区では年に1回見るか見ないか程度の、がまかつの営業車を見かけたそうです。
知っている営業マンが乗っているかチラ見したとかで、
残念ながら若い営業マンが乗っていたそうです。
ナンバーは神戸だったそうで、この車で北海道・東北を回っているようで、
思わずカッコイイって思ちゃいました。

HI3H0024.jpg

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
タカノハのリリース
こんばんは、sukimaruさん
さっそくのお返事、ありがとうございます。
御存じの通り、放流事業を行っている太平洋側では、漁師さんや釣人に「お願い!」と言う形で、35cm未満は放流する事を義務とまでは行きませんが、ポスターなどで公に促してます。 今まではあまり日本海側で、タカノハが釣れったっていうのは聞く事が少なかったので、暗黙の了解の元、35cm未満を放す方が多かったのではないかと思います。 これだけ釣れてくると、「35cm未満の放流は太平洋側の極一部地域だけの事」と言い張る方も現れる可能性もあります。
なので、道の方針はどうなのか? という疑問が出てきたので、お伺いして欲しいと頼みました。 釣りは楽しんでなんぼ、釣ってなんぼの世界だと思ってますが、最低限のルールは必要だとも感じてます。
2011/05/24(Tue) 21:16 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
質問にこたえ
ひろし。。。さん、お早うございます。

その質問に序に聞いてきて有りましたよ(笑)
マツカワは成長が早いので!35㎝未満はリリースして下さい。
と!言う事に成っていました、
1歳で30㎝、2歳の冬には40㎝に成ります、1㎏に成ります、2歳の秋迄は水深数メートル~数10メートルに分布するが、その後冬には200mより深い所へ移動し、春には産卵の為に岸に寄ると言う季節的な深浅移動を繰り返す。
こんな感じで宜しいでしょうか?
2011/05/21(Sat) 02:03 | URL  | sukimaru #-[ 編集]
釣人の特権
こんばんは、さる。さん
釣人はそんな贅沢を味わいたくて釣りをするのでしょうね(笑)
我が家では俺が魚を釣って来ない時や珍しい魚があった時は買っていますが、それ以外は俺が釣って来るまで待っています(笑) だからって釣ってきた魚を冷凍する訳でもないので(どうしても味が落ちるから)、夏場は枯渇しています(笑)
2011/05/21(Sat) 01:49 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
お久しぶりです
こんばんは、一郎さん
ダイワさんやシマノさんの営業車に比べると遥かにハデ、嫁もこのがまかつ号を見た時、条件反射で思わず写メしちゃったそうです(笑) がまかつの特約店廻りしていると思われます。 せたなにも一軒特約店があるので、そこに行ったのかその帰りなのかも知れませんね。

瀬棚漁港でタカノハカレイ・・・運がイイですね、羨ましいです。
今年はいつものの年と比べると、ババカレイ・タカノハカレイが釣れているので、
何かがおかしいのではないか?と疑問視しております。
この機会にせたなでも繁殖してくれれば面白い釣りが出来るでしょうね(笑)
2011/05/21(Sat) 01:34 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
質問
こんばんは、sukimaruさん
以前、俺のブログにタカノハカレイが記載された道新の記事を載せた事があります。 その記事には、太平洋で放流したタカノハカレイは数年後の秋口から冬にかけて、産卵のタメ、三陸沖に行くそうです。 北海道に留まっているのは4年くらいだと言う事です。 釣りで釣れる大きなタカノハカレイは殆どが三陸で釣られており、稀に留まって大きくなったタカノハカレイが釣人の竿に引っ掛かるくらいだそうです。

成長の早いタカノハカレイ、釣れそうで釣れない、このジレンマ・・・やっぱり俺に運が無いんでしょうね。 

ところで質問なんですが、太平洋側ではタカノハカレイの35cm未満は放流するように言われていますが、それは日本海側でも適用されるのでしょうか?
暇な時、序での時でいいのですが、普及所で訊いて頂ければ幸いです。
その内、嫁が突然現れる可能性もあるので、その時にでも教えて頂ければ幸いです。
2011/05/21(Sat) 01:02 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
釣場は札幌です
こんばんは、ノリゾー3840さん
嫁の釣果は花嫁が投げるブーケ争奪戦に参加して、花束を強奪する事です。
俺は野生に戻った嫁を野放しにしない役目を果たすだけです(笑)
なので、今週末は札幌に赴く事になりました。

日本海のタカノハ鰈は3世代や4世代の可能性があると俺も思っています。
そんなタカノハ鰈を釣りたいと思っていますが、運のナイ俺に掛ってくれる可能性は低いかも(笑)
2011/05/21(Sat) 00:51 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
色んな魚屋さん
こんばんは、おっさんさん
カワガレイをタカノハと記載して載せる魚屋さん・・・どんだけボッタ食っているか分かりませんよね(笑) そんなに安かったら「王鰈」とは言いませんよね(笑)

週末までにはきっと完売すると思いますが、もしもの場合、俺も呼んで下さい(笑) 週末はタカノハパーティーですよね(爆)

2011/05/21(Sat) 00:44 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは!
魚=食いたい
食いたい=釣り
釣り=新鮮
新鮮=うまい

札幌に来るまでは、それが当たり前だったので、
今、考えると、とんでもない贅沢だったんですよね!

未だに、魚を買って食べると言う事に
かなりの抵抗がある、さる。でした(笑)


2011/05/20(Fri) 23:24 | URL  | さる。です #-[ 編集]
天然もの???
実は昨年の5月瀬棚港で竿を出しタカノハを釣りました。
型は36cmでキープサイズぎりぎりでしたが(汗)
釣った本人も周りの釣り人もちょっとビックリでした。
太平洋で釣れるタカノハと違い真っ白でした。
お~これは天然もの?と一人で自問自答した記憶があります。
ババは釣れるわ、タカノハは釣れるわ、最近の瀬棚港恐るべし!
このがまかつ号、一郎も札幌で見た事あります。
見た瞬間体ごと吸い寄せられました(笑)
2011/05/20(Fri) 20:14 | URL  | 一郎 #AWvAdz/Y[ 編集]
タカノハ(マツカワ)
「生態」について又調べました。
茨城県以北の太平洋沿岸、若狭湾以北の日本海沿岸、北海道周辺、
千島列島近海、オホ―ツク海南部から沿海地方にかけて分布する。
日本では北海道太平洋沿岸に主に分布する。
天然魚の生態はよく分かって居ない。人工種苗を標識放流した結果では、
噴火湾で放流された人工種苗は、2歳のはるに日本海側の岩内や北海道東部の釧路で再捕された例はあるが、2歳の秋までは、再捕されることから、定着性が強いらしい。
とマダマダ続くのですが、結構行動範囲は広い様です。
最近瀬棚で釣れているのも、人工天然の区別はつけにくい様です。
2011/05/20(Fri) 11:48 | URL  | sukimaru #-[ 編集]
タカノハ ヒラメの舞踊り
おはようございます。 
タカノハの話 オイラも『寿喜丸』の父さんから聞きました。
ヒラメも養殖していたそうです。 

餌を与えるのに養殖場の側まで近づくと 船のエンジンの音を覚えているのか 
魚たちは水面まで上がってきて ピョンピョン飛び跳ねるそうで 
「めんこいもんだ・・・」と話していました。 

タカノハは成長が早いと言われていますから 
今 瀬棚辺りで釣れているのは 津波で逃げ出したタカノハの3世代 4世代のかも知れないですね 

土曜・日曜日の結婚式 ご夫婦お揃いで 良い結果が出せるといいですね 
結果報告を楽しみにお待ちしております 
頑張ってください
2011/05/20(Fri) 05:31 | URL  | ノリゾー3840 #-[ 編集]
タカノハ
オバンデヤンス。

昨日、産地直送の案内が来て、「タカノハ」の写真が載ってました。
kg1000円です。ところが良く見ると、写真はカワガレイだと思うんです。
こんな魚屋、嫌だ。

なんとなくタカノハ仕入れ用と思い立って、いつもの魚やに問い合わせました。
kg2000円だそうです。

見えはって、活〆、1枚注文しました。
お客様が少ない場合は、週末、我が家の食卓を飾る事となるでしょう。
こんな書き方をすると、●務署の方にしかられますね。
店で仕入れたものは基本、店で消費するべきものなのです。
2011/05/20(Fri) 00:00 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。