北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年06月08日 (水) | 編集 |
ちょっと古い話ですが、5/27の夜、職場に忘れ物を取りに行った嫁が帰宅後、
『バ、バァ、バンビ、バンビよ、初めて生バンビ見ちゃった。』
興奮しながら嬉しそうに俺に報告してきました。
嫁の話では、職場の数メートル手前のカーブを曲がろうとすると、
何か茶色の獣が見えたそうで、
『キツネ? それにしては大きいけど。
大型の犬? それにしては足が細いけど・・・?』
と思いながらスピードを落としてゆっくり曲がると、
目の前に鹿が警戒もせずゆっくりと歩いて道路を横断し、
民家と民家の間の原っぱに消えていたそうです。
嫁は、
『あれよね、人間って、一瞬の出来事には呆然として見ているだけで、
後になって絶叫しちゃうんだね。
あまり大きくなかったから、きっと小鹿、人間で言えば中学生くらいかしら?
思わず職場に掛け込んで、興奮のあまり事細かく話しちゃった。』
と言います。

次の日、帰宅した俺に、
『あたしのバンビ、死んじゃった。』
とポツリ寂しそうに言い、
『早朝5時に出勤した時、鹿見なかったから、誰か持って帰って食べた? 
それとも通報があって片付けた?』
鹿の行方が心配の様です。
「誰かもって帰って食べた?って・・・お前、食いたかったのか?」
疑問に思ったので訊くと、
『人間って残酷よね。 羊の放牧見ながらジンギスカン食べれる動物なのよ。』
大きなため息をしながら、
『今、この時期の鹿の肉不味いのよ。 小鹿の肉は水ぽっくってダメ。
どうせ食べるなら2歳くらいの鹿で、秋口の鹿が脂乗って美味しいのよ。
素人が解体して内臓を傷つけると、一気に臭い肉になってしまうの。』
どこかの料理研究家にでもなったようです。
要するに可哀そうだけど、食べたかったって正直に言えばいいのに・・・フゥー

嫁が出勤して来た職員に、昨日の事を教えると、
「あたしの近所の息子さんね、仕事帰り、午前1時頃って言っていたけど、
段々橋(北檜山区と瀬棚区の境)のところで、
急に出てきた鹿を跳ねちゃったんですって。
途中まで行って、さっきの鹿が気になって戻って見てきたら鹿死んでたってさ。
車のバンパーとフロント潰れちゃったって、そこの家の人言ってたよ。」
と教えてくれたようです。
嫁にこの事を教えてくれた人の家は海岸沿いにあり、
夜、裏山々から甲高い鹿の鳴き声が聞こえてくるそうです。
その人は、
「移動販売のおじさんがね、
俺、島牧まで商売しにいくんだけど、海岸沿いの道で、
よく鹿が飛び出してくるから、うかうかして走っていられないよ。
って言っていたわよ。」
とも教えてくれたそうです。

猟友会の人の話では、
「海岸線にいる鹿は、中山峠(札幌方面)の鹿が山伝で来たものだ。
黒松内経由で島牧村に入り、それから狩場山の山裾伝って来た。
太櫓方面の鹿は、洞爺湖方面の鹿が国縫方面まで来て南下したモノ。」
という説明を受けました。
昔は道南にイナイとされていたエゾシカが、今はウジャウジャ増えてきており、
海岸沿いの山まで浸透しているようです。
山菜採りに行っている人も、
「去年まで鹿がいなかった沢一面の蕗畑に通じる道路、
鹿の足跡だらけ、それも一頭じゃなく複数の足跡がついていた。」
とグチってました。
ちょっと前までは、キツネ、タヌキ、熊の住みかに、
エゾシカも加わり、山は賑やかになっているようです。
それまでは数年に1~2回程、
「どこどこを走っていたら熊とぶつかった。」
と聞くのが、今までこちらでまったくなかった事で、
鹿が増えると、車とぶつかる確率が高くなってきたって事でしょうね。
ぶつかった方もぶつけられたほうも災難です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
しばらく持つ車のようですね(笑)
こんばんは、ハゴトコさん
俺の知り合いから聞いた話ですが「○○の息子、新車のレンジローバー、鹿にぶつかって直すよりも廃車にした方が得ですって言われて廃車にしたってさ。」と言ってました。 相当大きな鹿とぶつかったようです。 しっかりとした保険に入っていないと、大変な事になるって事なんでしょうね。
2011/06/10(Fri) 01:14 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
美味しかった?(笑)
こんばんは、キムチ親爺さん
きっと嫁もそんな気持ちだったのかも(爆) 
どんだけ小さくても数十キロは有るので、一人では持ち上げられないでしょうね。 流石料理人、今、作るとなるとやっぱり韓国料理ですよね・・・どんな風に変身するのか?ちょっと気になります(笑)

俺も七飯のスキー場に行く最中に大沼に行く途中の道路脇で見ましたよ。 
あまり見た事が無かったので思わず興奮してしまいました(笑)
2011/06/10(Fri) 01:06 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
鹿の居ない地域だったので・・・
こんばんは、ボナさん
なんせ生鹿なんて見る機会がナイ地域に住んでいるので、鹿の大きさ、恐ろしさが今一つ実感できないところがあります。 コレからはよその地域だけのことだと思っていた事が、遂にやってきたって事なんでしょうね。
嫁が『ぶつかってくれるなら、ボンネットでなくて横に体当たりしてくれないかな~、そうすると横の腐食直せるのに。』と相も変わらず自分勝手な事を言ってました(笑)
2011/06/10(Fri) 00:53 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
俺もバニーちゃんスタイルそそります(笑)
こんばんは、おっさんさん
夕方から雨のせたな町です。

嫁の知り合いに猟友会の方がいまして、何度か鹿の肉を頂きました。 美味しい時期と処理方法を知りつくしているようで、焼き肉のように塩コショウだけして焼いて食べても旨かったです。 以前勤めていた水産会社の社長が冷凍庫掃除を兼ねて俺に、「そこにクジラの肉あるから持って帰れ」と言われて頂きました。 冷凍が半解凍した時点で嫁が解体し始めたら包丁が骨に当たって『変な肉貰って来た。』って怒られた事がありました。 その肉は鹿のもも一本まんまで、捌き方が分からない嫁は筋から肉をはがすのに苦労したようです(笑)
ああゆうものは、素人が触るものではナイ!ってことがよく分かりました(笑)

釣具屋さんで何かめぼしいものありましたか? バニーちゃん売っていた?(爆)
2011/06/10(Fri) 00:45 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
会社の私の専用車アベ二ールは前任者が2回旭川と士別で鹿に衝突の過去を持っています。

かなり大破したみたいで、車のボンネットがグチャグチャになったとか。

その影響なのか、先日、この車がエンジントラブルで、廃車になってしまいました。
来月から、ポンコツのカローラバンが美幌の営業所から持ってくるとか。
この車はまだ鹿に衝突していないみたいです。
2011/06/09(Thu) 23:39 | URL  | ハゴトコ #-[ 編集]
むか~しむかし(40年程前) 函館の隣N町で
交通事故に遭って死亡した鹿がいました

キムチ親爺の父とその同僚は かわいそうなので
その鹿を持ち帰り 丁重に火葬することにしました
フライパンで火葬し生姜醤油をかけて 皆の胃袋に
それはそれは丁重に埋葬してさしあげました
今やったら ヤバイですけどね

鹿部から大沼公園に抜ける道路でも
よく鹿が出るようになりましたね
2011/06/09(Thu) 18:37 | URL  | キムチ親爺 #-[ 編集]
奥さんが、轢かなくてよかった。釣りバスの前にも飛び出してきますので、フォーンを鳴らして追っ払っています。やさしくすると、油断してハネラレルので、可哀そうですが、危険ですよと伝える努力も要りますね。
2011/06/09(Thu) 15:25 | URL  | ボナ #-[ 編集]
鹿
こんにちは。

良い天気ですね。
札幌は良い天気です。

鹿が増えているようですね。
おっしゃる通り、処理の仕方や季節で味が違うようです。
頭を撃ったのが良いと聞きました。
内臓を撃った物は体中に大腸菌がまわってしまうとまでいわれてます。
実のところおいしいと思う鹿にはあったことありません。
バンビといえばかわいいイメージですが、バンビよりバニーのほうが
そ・そ・る・・・。

これから釣具店まわりします。
バニーは居ないと思うけど。(しつこいね、ちょっと!!)
2011/06/09(Thu) 10:51 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。