北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年07月10日 (日) | 編集 |
7月9~10日は、6月の25~26日に渡れなかった場合を考えて、
松前小島遠征の予備日として予約を取っていました。
一度押さえた船、今更キャンセルという訳には行きませんので、
どうしたものかと思案していましたが、
そこは漁師さんとの信頼の厚い仲の函館つるさんが、
「船で夜釣りする事に決めた!」
と連絡が回ってきました。
嫁は船釣りに興味がナイのと、両日とも仕事&バイトが入っているので、
喜んでお留守番って事になりました。

小島

9日のPM9:00、函館つるさん、ナベ、小川のオンちゃん、大工さん、
整体師さん、俺の計6人が、前回のソイ釣り場へGO-!
船は暗い海に漂い、360度見回しても霧が掛かっていて、
まるで映画の中のワンシーンのように感じられました。
やっと松前小島近辺に来ると、
青森から来たイカ釣り船の明かりが煌々と周りの景色を映し出し、
幻想的に松前小島を映し出しており、
思わず何かの映画の主人公になったような気分になり、それに酔いしれてました。
これで島に上陸となれば、ジュラシックパーク気分を味わえるのでしょうが、
この日は残念な事に上陸する予定は有りません。
前回のソイ釣場に向かうかと思えば、
船頭の判断で、今回は、大ヒャク島・小ヒャク島と松前小島の間で釣る事になりました。

IMGP4390_20110711000636.jpg
前回のソイ釣場
IMGP2476.jpg
今回のソイ釣場

今回は前回と違って、どうやら海の状況が違っていました。
イカはいるのですが、それを追う小魚が見えず、
ゴメ達も集まる事がなく、潮も動いていません。
こんな状況ではあまり釣果は望めませんが、
海は刻々と変わるので、竿を出してソイを狙います。
前回があまりにもソイが沢山釣れ、
自分の希望サイズでないモノは全てリリースだったので、
今回もそんな期待をしていたのです。
もちろんソレは俺だけでなく、参加者全員がそうだったと思います。

IMGP2550.jpg
こんな感じで周りは真っ暗です

竿を出した途端、大工さんの竿がグニャリと大きく海にささり、
糸がリールから凄い勢いで出て行き、仕掛けは一気に船底へ引っ張られて行きます。
何とか船底にラインを擦らないように頑張ったのですが、
魚の勢いと言うか引っ張る力が強くて、
ラインはプツリとモノ悲しい音をして切れてしまいました。
以前の釣りと今回の釣りを比べると、
前回参加した浜氏の時の様な引っ張る力が強かったので、
コブダイが掛かった様です。

その後、小川のオンちゃんに1m弱のヒラメが掛かり、
何とか船縁まで寄せ、船頭がタモ入れした途端ハリスが切れ、
「コレはチャンス!」
と思ったのか、ヒラメはタモから飛び出して、
アッと言う間に海底に帰って行ってしまいました、残念です。
その後、皆の竿にはまったくアタリがなく、虚しく竿先を見つめるばかりです。
竿を出してから2時間くらいして少しずつですが、
皆の竿に反応があり、やっと俺にも反応が有りました。
ソイはイカには反応せず、その理由が分かりました。

IMGP2544_20110711000955.jpg
IMGP2545.jpg
ナベに掛ったソイ

海底のエビを主食にしていたようです。
それにしてもこのエビ、初めて見ました。
何と言うエビなんでしょうね?

IMGP2547.jpg
IMGP2549.jpg
函館つるさんにもソイが釣れました。

雨&風が強く、時々風波も強かった事や、
俺自身の体調が良くなかったのか船酔いをしてしまい、
釣れるのも1時間に1匹って感じなので、殆ど船で横になってしまいました。
気がつくと餌を取り変え、また横になって目を閉じるって感じで、
竿を上げるとソイがついているから不思議です。

IMGP2548.jpg
やっとゴメ達が集まってきました。

IMGP2546.jpg
俺のタックル

大きなソイを釣った時には皆に、
「寝ててソイは釣るもんだな~、コレが新しいソイの釣り方だ!」
と小馬鹿にされながらも、釣ったもん勝ちって事で!

IMGP2552.jpg
IMGP2554.jpg

本来なら朝方、場所を移動して五目釣りの予定だったのですが、
雨や風、うねりも強かったので、
五目釣りはまたの機会にって事になり帰路に着きました。
ヘタレの俺はそれを聞いた途端、船頭の寝床である船底にある寝室に潜り込み、
一人で漁港までしっかり寝て帰りました。

ウチに帰ってもまだ振れているような感覚が残っており、
どうやら陸の上でも船酔いが継続しており、それは今も続いています。
それでもきっとまた誘われると、船酔いの事など忘れて、
またヒョコヒョコと懲りずに行っちゃうんでしょうね。
ヘタレなのに懲りないヤツ・・・自分でも呆れてしまいます。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
予備日
こんばんは、JCAさん
はい、予備日だったので、行ってきました(笑)
変なエビでしょう? 海底まで30m位な場所を攻めたんですが、初めてこんなエビ見ました。 もしかすると、ザリガニ風のワームなんぞで攻めるとソイが釣れてくるかも知れませんね。 コレは来年?に持ち越しって事でしょう(笑)
今回、タイノエはついていませんでしたよ。 珍しくクロゾイの身にもゴマ虫も居なかったです・・・もちろん刺身用に卸し、明日はクロゾイの刺身で一杯かな(笑)
2011/07/11(Mon) 21:57 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
おおっ!小島再びですか!?羨ましいですよ~。
主食にしてたエビ、なんだかザリガニみたいな容姿ですねぇ。(笑)
今回もしっかり美味しそうなソイ、、、羨ましいです。
タイノエは大丈夫でしたか?
2011/07/11(Mon) 01:07 | URL  | JCA #Lw7AwD2w[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。