北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年08月16日 (火) | 編集 |
嫁の実家に親戚筋が集結し、我が家の冷凍庫から、
青森のキス釣りで釣れたキス80匹の天ぷらと、
イカ釣りで釣れた活きの良いイカが、
イカ刺しをなって食卓の一部となって上がりました。
前回、一緒に釣りに行った小川のおんちゃんが、
「俺の兄弟が飲食店開いているんだ。
キスは全部、そこに貰われていくんだ。
キスのウロコも内臓も取らずそのまま冷凍し、
使う分だけ解凍すれば美味しく頂ける。
ただし、2週間過ぎれば味が落ちてくるから、
ソレまでに食べ切れれば美味しいキスが食べれるぞー。」
と教えてくれたので、さっそく我が家でも実行しました。

親戚筋の女共が集まり、初めて見る本物のキス、
中には「チカ?」と訊いてくる人もいたそうです。
キスのウロコはあの身体に似合わずばバキバキとした大きなウロコに覆われ、
そのウロコ取りを一気に引き受けたのが、
彼女の姪っ子で魚料理を食べるのが大好きな女の子。
ペットボトルのフタでウロコを落としていたのですが、祖母が、
「ドリンクのフタの方が取れやすいよ。」
と教えてもらい、一生懸命ウロコを取る姪っ子、
キスを開くのは嫁、天ぷらを揚げるのは彼女の妹と役割分担が決め、
温かい内に皆の胃の中へ一気に泳いで行ってしまいました。
集まった親戚も、
「このチカ美味しいわ。」
「違うわよ、ワカサギよ。」
『チカやワカサギでなくてキス!』
訂正して歩く嫁の姿があり、思わずクスッと笑ってしまう場面もありました。
今回、俺の持ち込んだキスとイカは大盛況で完売し、
「来年も宜しく!」
ビールがはかどり会話も盛り上がりつつ喜んでいただき、
これで少しは肩の荷が下りたような気がします。

そうそう、来年こそは函館つるさんが釣ったマダイが仲間入りする事を、
ここで希望したいなぁ~と思っています。
俺達がキス釣りに伺う前日、函館つるさんと小川のおんちゃんが、
土曜日の早朝、むつ湾内の浜奥内沖で、お仲間と船でマダイ釣りをし、
珍しい事と言うか当然と言うのか・・・
函館つるさんが5匹のマダイを射止めたと言います。
それをハイエナのように聞き付けた嫁が、
『食べたい! 絶対に食べたいんだけど、ちょうだい!』
と、強行にオネダリしていましたが、
「マダイを待っている人達がいるの。
順番が来たらそっちまで行くから~。」
と、呆れながらも言葉優しくなだめてました。
「順番が来るまでこの写真のマダイでも眺めてなさい。」
と言いたいようで、意地悪な事に写真だけ送らさって来ました。

P8060180.jpg

来年こそ、どうぞ宜しく―!
と今から予約を入れちゃおうかな~。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
今度、嫁に作ってもらおうかな~
こんばんは、おっさんさん
この真鯛を頭に5匹程釣ったそうで、1匹くらいは俺のところへ・・・考えが甘かったようです(笑) 
春先には日本海側のせたな町の大成区あたりでは、時々ですが、真鯛が数匹網に掛る事があるそうです。 きっと海流に乗ってやって来たんでしょうが、その後北上したのかまでは不明。 アオリイカのように越冬出来ずに死んでいくのも有るのかも知れませんね。

釣具屋さんに顔を出すと、新作のサケ用のルアーが並び始めていますね。
来月にはサケの第一群が到来してくれるのでは?と甘い期待を抱いています。

そのイワシ、何に追われていたんでしょうか? 嫁も昨年の秋、何かに追われて斜路に打ち上がるイワシを拾って来ました。 その時は何に追われていたのかまでは分からなかったようです。 真っ直ぐな性格なのか、曲がる事を知らないイワシ、時にはそういう性格になってみたいです(笑)
イワシの南蛮漬け、今度試してみますね。
2011/08/17(Wed) 22:40 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
いわし>ちか>キス
すばらしい写真です。
うらやましいの一言ですわ。
津軽海峡周辺は魚種も多いですね。

そろそろ秋の釣りの用意でしょうか。
昨日も釣具屋さんは鮭の色が濃くなってきました。
鮭つりは未経験です。

そういえばお盆期間中に実家のうらの防波堤で
チビソイとあそんでたら、
いきなりカタクチイワシの群れが、右から左にものすごいスピードで泳いで行きました。
そしたら回遊しないで、左にあるシャロにうちあがったのです。
釣りどころではなく、かもめ、からすと競い合いながら手でいわしをかき集めました。
バケツに一杯。
すぐに南蛮漬けになりました。
年老いた爺さんは「あのチャッコイさがな、けれ」と気に入って食べてました。

あのカタクチイワシはなぜに急いで逃げたのか・・・。
妄想しています。
2011/08/17(Wed) 10:47 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。