北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年09月12日 (月) | 編集 |
以前からお誘いを受けていた
全日本サーフ・青森協会の第2回オープンキス投げ釣り大会に、
飛び入り参加して来ました。
そして嫁も、
『その場所って有名な神社があるって言うところだよね?
だったらあたし願かけに行くー!』
と言い出したので、食っちゃ寝と豚のように寝ていた事もあり、
体力作りを兼ねて行くと言い出したのです。

土曜日検査入院の退院日となっている嫁に、入院する前から、
「仕事が定時で終わるようでしたら、
夜10時に出るフェリーで青森に行きたい・・・と考えておりますが、
天気次第、その時のあなた様の体調次第で決まりますよね?」
ソレとなく大会に参加したいなぁ~とあくまでお願いする立場として、
嫁の機嫌を伺いをしていました。
その甲斐があって、退院後、4日振りに見た俺に向かって、
『あんたの頭、餅や食パンに生えるカビに似ているわよね。
カビの胞子が生えたような頭の毛、なんとかしたら考えてもよくてよ。』
高飛車的な態度で失礼な事を言うので、
彼女の気が変わらない内にと、私用も兼ねて、
神の手持つ島ちゃんの本職であるお店に顔を出しました。

IMGP3346.jpg
IMGP3345_20110912235608.jpg

俺、美容室で髪の毛を洗って貰うのが初めてで、
「えっ、前のめりで洗うんじゃないのね。
へぇーっ、目にタオルの乗せちゃうんだぁ~。
あっ、島ちゃんからほんのり漂うよい香り、これでおば様方を虜にしているの?
絶妙な力加減、この指、やばい、ホレちゃうかも、ウフフフ」
乙女心を味わいました。
でも、ここの店主、
「リンスって髪の毛に潤いを出すのに使うんだけど、
地肌に直接っていうのは、おーい、中村君以来かな~?」
・・・俺、彼と一緒だなんて・・・目から自然と頬を伝うモノがありました。

IMGP3347_20110912235606.jpg

髪の毛を切って仕上げとなった瞬間、
『ねぇ、島ちゃん、もっと短く切ってよ!
それじゃ、頭頂部の髪の毛がやっと伸びてきたとき、
後ろの髪の毛、グランドの雑草のように伸びきってしまうの。
サザエさんに出てくるカツオのような頭にして頂戴!』
冷たい一言で、
「バリカンで一番短い1mmでいい?」
俺が拒否する事も許されない状況、
低学年の小学生に付添う保護者と美容室のカリスマ店主との会話で、
遠くから見たらまるで剃っているかのよう頭になってしまいました。

IMGP3350.jpg

もう一度、髪の毛を洗って貰い、ドライヤでセットとなりますが、
『犬や猫のように身体をブルブル揺さぶるだけで乾くでしょう?』
鋭い嫁の突っ込みに、
「お金貰う以上、髪の毛が有ろうが無かろうが一通りやらないと・・・」
苦笑いする島ちゃん。
うるさいー!

IMGP3349.jpg 

床に散らばっている髪の毛を見た保護者は、
『針さしの山にも使えない量!』
俺の髪の毛の少なさに文句を言うんです。

IMGP3348.jpg

と言う事で、午後10時に出港する青森行きのフェリーに乗り込み、
青森県つがる市七里長浜 高山稲荷神社と
高山稲荷神社海岸に行く事になったのです。

IMGP3355_20110913073148.jpg
IMGP3352_20110913073149.jpg
IMGP3353_20110913073148.jpg

嫁は高山稲荷神社に願かけ、
俺は高山稲荷神社海岸でキス釣りと洒落こみました。

IMGP3356_20110913073147.jpg
IMGP3357_20110913073146.jpg

そして前日から青森入りし、地の友達とシーバス釣りを楽しんだ函館つるさんと、
キス釣りを楽しんだスキーの指導員さんが、
フェリーターミナルまで迎えに来てくれており、
函館から一緒にフェリーに乗り込んだキス釣りの教授Wさんと、
レンタカーに乗りこんで会場入りしました。

IMGP3358_20110913073145.jpg
IMGP3359_20110913073207.jpg

大会が始まる時間があるので俺は仮眠していましたが、
気の早い嫁は我慢出来なかったのか、
暗い内から本山にお参りするタメに行こうとしたようで、
入口付近でキツネの鳴き声を聞き、転ぶように戻って来ました。
寝ている俺を起こし、
『こんな所にもキツネいるんだね? 
さっきさー、入口付近でキツネとは違う変な影見たぁ・・・
陽が高くなってから昇る事にした。』
その影に半分興味があるのに、急におじけ着いたようです。
嫁はキツネは北海道しか居ないと思っていたらしく、
「北海道に居るのはキタキツネ。
よーく考えてごらん、なんで鳥居の入口にキツネの置きモノがあると思うんだ?」
と皆に突っ込まれ、
『あっ、そうだよね。
神使には狛犬も居れば狐もいるんだよね。 
あたし、地元で狛犬を飾っていたから、なんで神社に狐って思ったんだよね。
すっかり勘違いしていたわー。』
他の人には素直に自分の勘違いを正すのに、
俺にはまったくそんな素振りさえも見せません。
まったく意固地な嫁です。

そうこうしている内に、駐車場には次から次へと車がやってきます。
青森協会長のヘマタイトさんと久しぶりに会い、挨拶を交わしました。
他の参加者はトランクを開け、
大会の用意をして受付場へ移動して行くのを目にして、
慌てて俺達も用意していると嫁が、
『あたしもキス釣るー!』
と言い出し、しぶしぶ嫁の分も用意する事になりました。

この話の続きは明日!

PS,
明日、早朝残業なので、今まで頂いていたコメント、
明日一気に返したいと思っています、すみません。
では、おやすみなさい!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます。
こんばんは、中さん
ようこそ、こんな拙いブログへお出で下さいました。
本来なら、こちらから先にお伺いしなければならない立場なのに恐縮です。
釣本でしか知らない本州の釣り、特にカレイ釣りなど、ぜひ、色々とご教授して頂ければ幸いです。 こちらこそ、どうぞ宜しくお願い致します。
2011/09/15(Thu) 18:18 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
お世話様でした。
はじめまして、仙台広瀬キャスターズの中さんと申します。
先日はご挨拶頂きましてありがとうございます。
大会終了時は大雨で雨宿り優先してしまい、お話もままならない状況。
次回お会いする機会がございましたら、北海道の投げ釣りについて色々お話うかがいたいと思いますので、今後とも宜しくお願いいたします。
2011/09/13(Tue) 10:13 | URL  | 中さん #pAfneXZY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。