FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年09月20日 (火) | 編集 |
昨日の続き。

「師匠の奥さん、毎年通っていた入道崎に行きたいらしい。
ここからバスで行くというが、最寄のバス停すら見つからない・・・。
「適当に行くから」って言うけど、ほっておくわけにも行かず、
五里合の公民館まで行ってよくよく聞くと
バスなんて走ってないとのこと・・・(船川からしか・・・)
やんや・・・結局、入道崎まで送って行く事になった。

なんだかんだで、昼過ぎになった。
釜谷まで戻るのめんどいので、油田の裏で竿を出す。
ココはのどかでいいなあ^^ 昔の釜谷のようだ。 
人もまばら。
釜谷も昔は風車もなかったのに・・・。
ここは遠浅でたまに引っ掛かるが・・・魚はスレてない。

3.jpg

天気予報もようやく当たって、スコールがやってきたが、魚もやってきた(喜;)
5色、3色で当たる。 針数ついてくる。
雨もひどくて餌を付け難いが、食べごろの15~17センチクラスがぼろぼろ付いて
くるのでやめられないwww
ピンギスかからないようにと、
7号仕掛け使ってたら25センチくらいのイシモチガレイまでついてきた。
(いらない~^^;)

4.jpg

潮が満ちてきて、車が水没しそうになったので4時ころ納竿。
短時間だったけど、充実、59本。
ピンギスは20本以上お帰りいただいた。
いらん殺生は慎まないとね^^ 大きくなって帰ってこいよーwww

2.jpg

今年最後の遠征はまずまずの釣行となった。
師匠とかみさんと秋田の海に 合掌 !  」


万感交到るとはこの事を言うのだろうなぁ~と思いながら、
俺はWさんのメールを読んでいました。

以前、函館には、はこだてサーフ、はまなすサーフという
全日本サーフ所属のクラブが2つありました。
俺が全サーに入った時には、はまなすサーフは存続していましたが、
いつの間にか消滅していました。
Wさんは、はまなすサーフに所属していましたが、
その後、はこだてサーフに籍を移し現在に至ります。

Wさんが師匠と呼んで慕っていた方は、はまなすサーフの会長さんなんです。
俺の知り限り、北海道からただ一人、毎年、
ダイワのキストーナメントに挑戦しているのがWさんで、
この影には、釣りに理解が深かった奥様、
キス釣りの楽しさをWさんに教えた師匠の姿があった事は言うまでも有りません。

俺は、はまなすサーフさんの会長さんとはあまり面識がありませんでしたが、
とても立派な方だとお聞きしておりました。
俺の耳に伝わってきた話では、
いつの時代も竿にしてもリールにしても安く買えるモノでも無く、
おいそれと買い替え出来るモノでもありませんので、
会員の懐事情を知っているはまなすサーフ会長さんは、
毎年、新しいリールと竿を買って使い、
数年したら会員に激安で譲ると言う事をしたいたそうです。
そうすることで、会員にもそれなりの道具を持たすことができ、
釣りへの意欲を高めたとお聞きしました。

はまなすサーフ会長さんも残念なことに今年の春先に鬼籍し、
もっと残念な事にWさんの奥様も早春に若くして病死され、
奥様の故郷である秋田県に、
師匠の奥様は旦那さんとの追憶にふけるタメ、
Wさんは奥様の遺影を胸に抱き、
追慕と懐旧談の旅に出掛けられたと言う訳のようです。

合掌!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック