北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年09月30日 (金) | 編集 |
あるサケ釣り場のある光景を目にした時の俺の驚きは、
筆舌に尽くし難いくらいのショックでした。
この人は、ある一箇所でしかサケ釣りをしませんでした。
それが、まだ、救いだと感じます。

この日は、いつものように皆と合流し、朝のサケ釣りを楽しんでおりました。
一列に並んだサケ釣り人の中で、一際、サケを釣っているお方がおりました。
初めは遠くで眺めておりましたが、帰り際、その人の側を通った時、
俺はビックリしてしまいました。
今、竿に掛かっているサケは、背掛かりをしていましたが、
<まぁ~、そんな事もあるよなー。>
と思って見ていました。
すぐに、タモ入れをして、また竿を振ったのですが、
次のサケも背掛かりしているではないですか。
1度ある事は2度あると言いますが、明らかにおかしい行動です。

そこで、知り合いに聞きました。
『○◎さんで、△▽で働いているよ。』
と教えてくれました。
「何で、あんなに背掛かりするんだ?」
『ルーアーの下に、ピンポン玉くらいの3本針がついているんだ。』
俺はそれを聞いて、
「それって、思いっきりヤバイよ。密漁だよ。 それも白昼堂々とやるのはマズイよ。」
と言うと、周りに知り合いのオジサンが居て、
『うん、分ってはいるが、注意が出来ん。そこに、孫が世話になっているからなー。』
と困惑している様子です。
そうか、コレが“シガラミ”と言うものなんだ。
特に田舎では、この“シガラミ”が、大きく左右されます。
それでも俺は、注意をしようと思い声を掛ようと
思ったまさにその時、皆の手が俺の肩を押さえつけました。

皆が言うには、彼に注意をしても、
「ミノーが良くて、なんでサケのルアーはダメなんだ?
鱈釣りでも同じだろう、原理は同じだ。」
と切り替えしてくると言います。
それは少しでも釣りをする人なら、当然の疑問だと思えますが、
それぞれの釣りには、それに帰属したマナーがあります。
マナーを守ってこそ、楽しい釣りが出来るのです。

今まで、俺の住む地区では、
おおっぴらに白昼堂々とサケの密漁をしている話は聞いた事がありませんでしたし、
地元の釣り場でも目にした事がなかったのです。
教育者の密漁?
今、この方は、転勤して居りません。
違う土地に行っても、このような振る舞いだけは、やめて欲しいと切に願っております。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
しがらみ
こんばんは、TKさん
個人的には許せるか? コレが問題かも知れませんね。 田舎に居るほど、色んなしがらみが絡み合って複雑化しています。 俺がコレを書くまでには、やはりこの複雑化したしがらみに縛られていました(笑)

なんでもそうだと思うんですが、極一部の人達が起こす問題が、その分野を得意とする人達の足を引っ張り、全体が周りから白い目で見られる・・・コレが一番の問題だと感じます。 最後は個人の道徳問題なのかもしれませんね。

2011/10/02(Sun) 23:11 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
教育者ぁーーーーーーーーーーーーー!(`Д´)
個人的に許しません。
その場にいたなら、私、本気モードでトラブル起こすでしょうね。
サケ釣りは、特に「釣り」の領域を逸脱した人がいますね。
でも、そんな人ばかりではなく、純粋にあの引きと獲物の喜びを味わっている人が大多数なのですよ。
ほんの一部の人の目立った行動に全てが悪者にされてしまう。
サーモンサミットみたいなもので事をオープンにする時代が来たのでしょうか?
大会にしてレギュレーションを設けると案外とマナーも復活するかも、なんて考えたりもしてますが、釣りは釣り、個人的に楽しみたいというのも本音です。
2011/10/01(Sat) 08:52 | URL  | TK #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。